大西オサム(日本共産党 広島市東地区委員長)

2014-12-03 2014年衆院選で有権者のみなさんに訴えます

2014年衆議院選立候補にあたって、すべての広島の皆さんに訴えます

総選挙がはじまりました。

さまざまなお立場のみなさんがこの選挙戦に注目されていると思います。

同時に、「どうしたら先が見えてくるのか」とお考えの方も多いと思います。

それを指し示すことに、政治の責任があります。

私は、日本共産党候補者として、この選挙戦を通じて、安倍政権の暴走ストップの審判を下し国民本位に政治を変える選挙にすること、「日本政治の5つの転換」を、一人でも多くの広島有権者のみなさんに直接訴え、選挙戦の中での責任を果たしたい考えています。

日本共産党総選挙政策をご参照ください】

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/11/post-625.html#_aa


■私は第1に、消費税10%への増税中止、「消費税に頼らない別の道」への転換を訴えます。

 4月に消費税が8%に上がり、「くらしや営業がたちゆかなくなった」と悲鳴のような声があちこちで上がっています。「地域経済の先が見えない」という声も寄せられています。広島の商店街や中小企業はこの不況の中、歯をくいしばって頑張っています。

 この急速な景気悪化は、?円安で物価が上がったことに加え、?消費税を8%に上げることを強行した結果です。増税による不況です。安倍政権と、増税を強行した勢力の責任は極めて重いものがあります。

 しかし安倍首相は「2017年4月に、景気の状態がどうあろうと10%への増税を絶対に実施する」と断言しました。

 このまま「10%先送り実施」に踏み込めば、ますます内需が冷え込み、景気の底が抜けるのは明らかです。

 今度の総選挙は「消費税10%への増税を実施させていいかどうか」が争点です。

 今進められている消費税増税ほど道理のないものはありません。

社会保障のため」といいながら医療費は上げる、年金は連続削減、介護サービスは取り上げる。あらゆる分野で切り捨てのオンパレードです。

財政再建のため」といいながら、大企業には2・5兆円から5兆円もの大減税をばらまこうとされています。

 この選挙で「消費税10%は「先送り実施」ではなく、きっぱりと中止」の審判を下してこそ、くらしも、社会保障も、国の財政も、先が見えてくるのです。

 日本共産党は「消費税に頼らない別の道」をみなさんにお示ししています。

 ?富裕層大企業に応分の負担を求める税制改革で財源をつくること、?大企業内部留保を活用し、国民の所得を増やす経済対策です。

 消費税増税は、くらしや営業を壊すだけでなく、国の財政を壊します。「増税中止の声」は大義があるのです。ごいっしょに「増税中止」の声をあげようではありませんか。


■第2に、格差拡大アベノミクスから、暮らし第一で経済をたてなおす政治への転換を訴えます。

 アベノミクスで笑いが止まらないのは大資産家と大企業です。円安へ誘導し、無理やり株価を釣り上げた結果、この2年間で資産が100億円以上増えた人が日本で100人以上うまれました。

 一方、庶民は、働く人の実質賃金は15か月連続で下がり続けています。地域経済の主役=中小企業には「円安倒産」が広がっています。この2年間、正規雇用は30万人減りました。「貯蓄なし世帯」が5%増えました。

 いくら待っても「格差を広げ、庶民のくらしが悪くなる」のがアベノミクスです。

 暮らし第一で経済をたてなおすために、私は?人間らしく働ける雇用のルールをつくります。?社会保障を切り捨てから充実に転換します。?広島県農業を壊滅させるTPP交渉からただちに撤退することを求めます。

 大企業応援から、暮らし第一へ、経済政策の軸足を移そう。がんばりが報われる社会をつくろう。心から訴えます。


■第3に、被爆ヒロシマから、「海外で戦争する国」づくりを許さない声をあげ、憲法9条の精神にたった外交戦略で平和と安定を築く日本への転換を訴えます。

 7月に自民党公明党によって閣議決定が強行された、「集団的自衛権行使」。

集団的自衛権行使」とは、日本を守ることではありません。アフガンイラク戦争のような戦争でアメリカ軍自衛隊が一緒になって戦争をすることです。

 日本を殺し、殺させる国にしていいのか――原爆の惨禍を体験した被爆ヒロシマからその声があがるのは当然すぎるほど当然です。

 「集団的自衛権行使を容認した閣議決定を撤回せよ」「秘密保護法は廃止せよ」の審判を下す選挙にしようではありませんか。

 私は、アジアで平和と安定をつくるためには、軍事で構えるのではなく、「戦争をしない」と決めた、憲法9条を生かした平和の外交戦略こそ必要だと考えています。

 そうしてこそ、日本がアジアや世界で信頼され、尊敬される存在になれると思います。軍事優先の外交から徹底した平和外交への転換が必要です。

 「どんな問題でも話し合いで解決する」――ASEANの国々が作っているTACのような、紛争を話し合いで解決する平和の枠組みをつくることが現実政治の日程に上っています。そういう枠組みを日本が率先して作ろうと訴えています。

 日本共産党は党をつくって92年。一筋に反戦平和をつらぬいてきました。

 被爆ヒロシマのもう一つの顔――かつての「軍都広島」で日本共産党の先輩は、宇品港で出征兵士に命がけで「侵略戦争反対」のビラを配った記録が残っています。それは戦後の平和憲法に結びました。

 この選挙でなんとしても憲法9条を守り、戦争への道をストップさせようではありませんか。


■第4に、原発再稼働ストップ、「原発ゼロの日本」への転換を訴えます。

 原発放射能廃棄物の処理技術が確立されておらず、一たび事故が起きれば取り返しのつかない事故になります。

 日本のすべての原発が停止して1年2カ月。電力不足はどこにも起きていません。この間の省エネ努力は「原発13基分」とされています。

 「原発再稼働許すな!」この声を国会に届けます。

 

■第5に、沖縄米軍新基地建設を中止し、基地のない平和な沖縄への転換を訴えます。


さまざまなお立場の方が、この総選挙のゆくえにご注目されていると思います。

今の政党状況を見た時、日本共産党が伸びてこそ、政治がかわる状況があります。消費税問題でも、原発問題でも、TPPでも、雇用の問題でも、自民党政治に正面から対峙し、対案を示し、共同を広げる確かな足場を持っているのは日本共産党だけだからです。この党が伸びれば政治は必ず変わります。

あらゆる分野で、党派や立場をこえて日本共産党の躍進へ、お力をお寄せください。

政党名で投票する比例代表選挙では「日本共産党」と書いてご投票ください。

小選挙区では「大西オサム」をお願いします。

ごいっしょに「国民の声がストレートに国会に届く」新しい政治をつくりましょう。


2014年12月2日

衆院広島1区候補(日本共産党広島市東地区委員長)大西オサム


以上

2013-10-19 ご案内

2013年秋、「清潔であたたかい民主県政の会」ブログを立ち上げました。

この会は多くの労働組合市民団体政党では日本共産党が参加する「会」です。

ぜひご覧ください。お知り合いなどに広げてください。

大西オサム(清潔であたたかい民主県政の会)

ブログ http://kakushinhiroshima.hatenablog.com/

また、facebooktwitterもご覧ください。

2013-07-20 2013年参院選、日本共産党へのご投票を心から訴えます!――選挙

2013年参院選、日本共産党へのご投票を心から訴えます!――選挙戦最終日の活動を終えて 日本共産党比例候補 大西オサム

f:id:jcposamu:20130720235433j:image

多くのみなさんから激励を受け、また、多くのみなさんに支えられ、選挙戦を終えたことを心から感謝申し上げます。

1.本ブログでも紹介しているとおり、選挙戦では多くのみなさんから安倍自公内閣に対する強い怒りが多く寄せられました。

 今日(20日)の街頭宣伝でじっと演説を聞いてくださった(福山市東深津町で、60代)女性は私に年金が少ないうえ、介護保険料は年金から天引き。何が『アベノミクス』か。本当に腹が立ちますよ。物の値段も上がった。孫にチョコレートを買ってあげたら同じ製品なのに『チョコレートが少なくなった』と孫から言われて気がついた。アベノミクスで大儲けしている人は一握り。庶民には何も良いことがない」と訴えられました。

 福山市の別の場所でベランダからじっと話を聞いてくださった女性は、介護のうえ、子どもが進学。どうしたらいいかわからない」と訴えられました。

 投機バブルだのみのアベノミクスでは、庶民が景気回復の“実感をその手に”(自民キャッチフレーズ)することはできません。

f:id:jcposamu:20130720235423j:image

2、選挙戦では「自民党政治と対決し、抜本的対案をお示しする」立場を貫き、次の4つの点を訴えぬきました。

 1)日本共産党を伸ばしてこそ、消費税増税ストップ!本物の景気回復ができること。

  「大企業内部留保」の還元は企業団体献金を受けている政党からは発想できません。

  消費税増税は国民一人ひとりの「都合」だけでなく、国の財政を救う大義があります。

 2)日本共産党を伸ばしてこそ、原発即時ゼロの確かな道が開かれること。

  原発事故からの2年4か月は原発なしで十分やっていけることを証明した2年4か月となりました。今も稼働原発大飯原発だけです。

  「原発利益共同体」にくみしない日本共産党を伸ばすことは「即時ゼロ」のもっとも確かな力です。

 3)日本共産党を伸ばしてこそ、自民党がたくらむ平和憲法改悪をストップできること。

  安倍首相が9条改悪を表明した7月15日。日本共産党は91回目の党創立記念日でした。91年の歴史は「反戦・平和」を命がけで貫いた輝かしい歴史です。

  各地で日本共産党の先輩が「戦争反対」を貫いた日本共産党を伸ばしてこそ憲法9条を守るもっとも確かな力です。

 4)日本共産党を伸ばすことは、TPP参加撤回をさせる確かな力であること。

  「亡国の協定」=TPP。アメリカ言いなり政治のおおもとに日米安保条約があります。

  日本共産党安保条約を廃棄して対等平等の友好条約を結ぶことを提案しています。

  アメリカにもモノ言う日本共産党だからこそTPPの問題でも米軍基地の問題でも国民の立場でどこに気兼ねすることなく立場を貫くことができます。

f:id:jcposamu:20130720235430j:image

3.福山市での最後から2番目の訴え(約10分)を最初から最後まで聞いてくださった高校2年生の女性。

「9条を変えようと自民党が考えているなんて、思ってもみなかった。原発「即時ゼロ」も私の考えとピッタリ同じ。自分の考えていることと同じことを言う政党があることを初めて知りました」と話してくれました。これほどうれしい反応はありませんでした。

 今朝の新聞・テレビでマスコミは「ねじれ解消」が最大争点と書きたて、自民党の言い分そのまま報道しました。「ねじれ」を言うなら国会と国民の願いとの「ねじれ」が問題です。消費税憲法原発、TPPなど国民生活に直結する問題こそマスコミは報じるべきです。

 戦後続いた自民党政権、それに代わった民主党政権は「財界アメリカ最優先」で国民の願いはその下に置く政治(=自民党型政治)でした。

 その矛盾はもう限界点に達しています。「財界アメリカ最優先」政治を打ち破る政治勢力を伸ばしてこそ、国民の声が国会に届きます。

 現時点では選挙結果はどのようになるのかわかりませんが、「財界アメリカ最優先」の自民党政治が続く限り、国民との矛盾のさらなる激化は避けられません。

4.最後にもう一度みなさんに心から訴えます。

 日本共産党をこの参議院選挙で大きく伸ばしてください。

 日本共産党を伸ばして、消費税増税をストップさせ、本物の景気回復を実行しましょう。

 日本共産党を伸ばして、原発ゼロの日本を実現しましょう。

 日本共産党を伸ばして、憲法9条改悪、国防軍づくりをストップさせましょう。

 日本共産党を伸ばして、TPP参加撤回をさせましょう。

 日本共産党を伸ばして、核も基地もない、平和な日本を実現しましょう。

 日本共産党を伸ばして、子どもや孫に胸をはって残せる日本をご一緒につくりましょう。

 日本共産党への投票でご一緒に未来を切り拓きましょう。

2013-07-19 「憲法9条を守ってほしい」尾道→因島→三原市→府中市

尾道→因島→三原市→府中市

今日は尾道から「しまなみ海道」スタートでした!

f:id:jcposamu:20130719223540j:image

尾道市JA二庄で演説を聞いてくださった70代の女性は

「憲法9条を守ってほしい。私は戦争で弟を失ったので」と話してくださいました。

府中市では花に水をやりながら演説を聞いてくださった車屋さんの奥さんが選挙はやっぱり消費税と景気ね。応援するわ」と言ってくださいました。

三原では演説後50歳代の女性から「軍人恩給」についての質問が寄せられました。正確な日本共産党の政策については、少し古いのですが下記をご参考ください。

http://www.jcp.or.jp/faq_box/001/210418_onkyu_nenkin.html

 〈問い〉 軍人恩給や遺族年金の改善についての日本共産党の政策や主張について教えてください。(京都・吉田実)

 〈答え〉 日本共産党は、戦争犠牲者の生活保障は国家の責任でおこなうべきだという立場から、旧日本軍兵士を対象とした軍人恩給、戦傷病者戦没者遺族等援護法にもとづく障害者年金、遺族年金ついて生活水準の上昇に応じた引き上げを主張してきました。国会でもこの問題を積極的に取り上げています。

 一九八二年から八六年にかけて自民党政府が恩給引き上げを凍結・抑制し、他党もこれに同調する態度をとったとき、日本共産党は修正案を提出して恩給引き上げを要求しました。

 軍人恩給は、赤紙一枚で徴用された下級兵士などの老後の貴重な支えとなっています。しかし、普通恩給(軍人として十五年以上務めた人が対象)の最低保障額は現在でも年間五十六万円程度です。恩給額の引き上げは当然です。

 同時に軍人恩給には、(1)旧日本軍の階級制度を反映し、兵と将校の間で上厚下薄の受給格差がある(普通恩給で最低保障額五十六万円程度に対して最高額が三百四十一万円)、(2)A級戦犯のような戦争責任者やその遺族に巨額の年金が支払われている、(3)同じように従軍しながら日本人でない、年限が足りない、軍人でない等の理由で恩給の対象に加えられていない人々が不服を訴えているなどの問題点があり、解決を図る必要があります。日本共産党は、上厚下薄の問題については、格差を広げる一律ベースアップ方式ではなく、下に厚い方式を主張。また、韓国台湾など旧植民地日本軍の軍務についた人も対象とするよう恩給法の国籍条項の改正を主張してきました。戦後直後十二倍あった兵と将校の格差(仮に同経歴とした場合)は現在三倍に縮まっています。

 本年度の恩給法は昨年の公務員給与にならい全体のベースアップは見送られたものの低額恩給の引き上げを含む改善があり賛成しました。障害者年金・遺族年金も同様です。(馬)

f:id:jcposamu:20130719223536j:image

因島でもあちこちでポスターの「自共対決」。

中山間地でも島でも、どこでも日本共産党のポスターは枚数でも存在感という点でも目立っています。

f:id:jcposamu:20130719223539j:image

夕方、府中市での遊説では能島市議がカブで先導。演説の際、私を紹介してくださいます。

f:id:jcposamu:20130719223537j:image

f:id:jcposamu:20130719223535j:image

大浜PAでの午前休憩時についつい手が出た「ミックスソフト(はっさく・しおなみ)」。これは美味!260円。

f:id:jcposamu:20130719223538j:image

明日は最終日、福山でフィニッシュとなります!

よろしくお願いします!

2013-07-18 三次市→庄原市→三次市郡部など

三次市→庄原市→三次市郡部など

今日は三次市から出発。広島県北部です。

中山間地の死活にもかかわるTPPの問題や、三次市作木での米軍機プラウラーによる低空飛行の実態、これらの根底に日米安保条約があり、安保を見直して友好条約に切り替えるという天安をしている日本共産党の優位性、「原発即時ゼロ&自然エネルギー転換」で中山間地の発展を、などについて訴えました。

f:id:jcposamu:20130718213659j:image

田んぼが本当にきれいです。PCデスクトップの壁紙にしようと写真をとりました。

f:id:jcposamu:20130718213702j:image

商店街で演説をするときは何人もの方が店先に出て聞いてくださいます。

「ウチのような小さい電器店は消費税が心配。(人生の)これから先は短いけど、せめて消費税増税だけはやめてほしい」(70代電器店主)

野党ではあんたとこしかない。消費税増税はやめてほしい」(60代男性)

「志位さんや小池さんにがんばってほしい」(50代男性)

医療費を下げてほしい。入れ歯を替えて3万円。糖尿病で2週間に一度の薬代で5000円ずつとられる」(50代男性)

 甲奴の商店街(カーター通り)での演説は、ぞろぞろと10人以上の商店主が暑い中店先に出て聞いてくださいました。

お礼を言いに行くと、こどもたち2人が「これどうぞ」というので見ると「いちごみるく」キャンディー2個の差し入れ(!)がありました!うれしかった。年配の女性からの「のどあめ」の差し入れもうれしかったです。

60歳代の男性は自民党が多すぎる。アベノミクスも値上げだけ。いいことは一つもない。それと年金からの保険料の天引きはひどい。ひどいことだらけだ。あんたらにがんばってもらわんと」と激励してくださいました。

f:id:jcposamu:20130718213701j:image

今日の夕食は宿舎近くで「尾道焼き」というお好み焼きを食べました。

砂ずりとれんこんが入っていて、とてもおいしかった!

f:id:jcposamu:20130718213700j:image

明日も景色のいいところ。

因島などしまなみ海道三原府中市などです。