jesterseraの日記 RSSフィード

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006-11-11

CapistranoをRails以外で使う方法

CapistranoRailsと非常に親和性高いんですが、他の言語でも使えます。

例としてEthnaプロジェクトを capistranize してみます。

1.Ethnaプロジェクト作成

 $ ethna.sh add-project test
 creating directory (/path/to/project/test) [y/n]: y

2.Rails環境の適用

 $ rails rails-tmp
 $ cp rails-tmp/Rakefile test
 $ cp -a rails-tmp/config test
 $ cp rails-tmp/db db
 $ cp -a rails-tmp/test test
 $ cp -a rails-tmp/lib/* test/lib
 $ cp rails-tmp/vendor test/vendor

これでRails環境が動作するようになりました。

プロジェクトディレクトリ内で Rake -T 等を実行してエラーがでなければOKです。

3.capistranizeの適用

ここからは普通のrailsアプリケーションと同じです。

 $ cap -A test

config/deploy.rbを設定するとcapistranoが使えるようになります。

標準のRailsアプリディレクトリ構成が違うため、それに併せてタスクをオーバーライドします。

config/deploy.rbの最後に以下のコードを追加します。

 desc "Set up the expected application directory structure on all boxes"
 task :setup, :roles => [:app, :db, :web] do
   run <<-CMD
     mkdir -p -m 775 #{releases_path} #{shared_path}/system &&
     mkdir -p -m 777 #{shared_path}/log &&
     mkdir -p -m 777 #{shared_path}/tmp &&
   CMD
 end

 desc <<-DESC
 Update all servers with the latest release of the source code. All this does
 is do a checkout (as defined by the selected scm module).
 DESC
 task :update_code, :roles => [:app, :db, :web] do
   on_rollback { delete release_path, :recursive => true }
 
   source.checkout(self)
 
   run <<-CMD
     rm -f #{release_path}/config/id_rsa.contents* &&
     rm -rf #{release_path}/log #{release_path}/tmp &&
     ln -nfs #{shared_path}/log #{release_path}/log &&
     ln -nfs #{shared_path}/tmp #{release_path}/tmp
   CMD
 end

その他にもフレームワークによっては変更しなければいけないタスクがあるかもしれません。その場合は

/path/to/rubygemsroot/capistrano-1.2.0/lib/capistrano/recipes/standard.rb から変更するタスクをdeploy.rbにコピーして変更すればOKです。

capistranoのヤバさは実際に体感してみるとわかります。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

SEO
loading
jesterseraの日記
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |