jfluteの日記 このページをアンテナに追加

2013-10-23

散らかったピースを大切に

| 00:54 |

いまとむかし、比べると、
ずいぶんと覚えることが多くなった。

プログラマーのできることは少なく、
ただひたすらプログラミングをすることが多かった。
いまもプログラミングはたくさんするが、
多くのことをあらかじめ知らなければなかなか前に進めない。
高度になった分、その背景の概念を捉えないといけない。

漠然とWebサービスの開発を考えてみても、
Java, DB, JavaScript, HTML, CSS...
一つ一つがとても深いのに、
求められるのはこれらのコラボレーション。
「...さえ勉強したらいいよ」と言うことはできない。
「...から勉強したらいいよ」と言うこともできない。
好きなものから勉強したらいいよと言いつつも、
求められる実務がそれと一致はなかなかしない。

また、新人はそのスキルからしてどうしても、
つまみ食いのような仕事になりがちである。
それはそれで実践力と応用力が鍛えられる貴重な場である。
しかしながら、個々の内容をスキルとして身につけるのは難しい。
体系化されていない頭の中で、その場限りの論理でこなす。
記憶には残りにくい仕事となる。
ただ、ビジネスの都合上、それは致し方ない部分はある。

だから...
せめて、その散らかったピースが少しでもまとまるよう、
いつか、その散らかったピースをかき集めてリンクできるよう、
「そのために、おまえにできることはなんだ?」
そう自分に問いかけるのでした。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/jflute/20131023/1382457243