雑記帳兼備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-15 (Tue) (1937)速達郵便全国で実施

安易!安易わよ!安易わ!ぼよよ〜ん

安易 15:14

洋菓子ウエスト青山店の無線LANを利用して久々にPCより更新


クラシックが流れる店内、シック内装ケーキ珈琲も味は申し分ない。なのに珈琲紅茶はお代わり自由でしかも呼ばずとも店員が注ぎに来る。時節柄テレビには無音で甲子園の様子が映し出され、青山店と目黒店では無線LAN完備。本物の敷居は決して高くないのだ。


さて、Yahoo!ニュースより


<首相靖国参拝>小泉首相、靖国神社に参拝


 小泉純一郎首相は15日午前、東京九段北の靖国神社に参拝した。首相は「内閣総理大臣小泉純一郎」と記帳。献花料をポケットマネーから3万円払った。参拝方式は「一礼」だった。首相靖国参拝は01年の就任以来6年連続で、これまで回避していた終戦記念日の参拝に、退任を控え初めて踏み切った。現職首相の「8・15参拝」は85年の中曽根康弘首相以来21年ぶり。首相は01年自民党総裁選の公約であることを参拝理由として説明するとみられるが、中韓両国の反発は必至で、自民党総裁選の論議にも影響しそうだ。

 首相モーニング姿で公用車に乗って公邸を出発、午前7時41分に同神社に到着し、本殿で参拝した。

 首相は01年4月の自民党総裁選で「8・15参拝」を公約に掲げた。しかし、同年は外交上の配慮から8月13日に前倒しした。その後、春季例大祭初日の4月21日(02年)▽1月14日(03年)▽元日(04年)▽秋季例大祭初日の10月17日(05年)??と日付を変えて参拝、8月15日は見送ってきた。

 しかし、首相として最後の参拝となる今年は、首脳交流を拒絶する中国への批判を強め、8月に入ってからは「公約は生きている」「公約は守るべきものだ」などと参拝の意向を強く示唆していた。

 現職首相の「8・15参拝」は三木武夫首相が75年に初めて実施。その後、福田赳夫首相鈴木善幸首相が行ったが中曽根康弘首相が85年に公式参拝として実施して以来、参拝自体が中断。その後、橋本龍太郎首相小泉首相らが参拝した際は、別の日程を選んでいた。

 首相が「8・15参拝」に踏み切ったのは、首相参拝を支持する安倍晋三官房長官自民党総裁選での優位が揺るぎない情勢で政局への直接的な影響が回避でき、退任を控えての参拝なら中韓両国の反発も限定的との判断からとみられる。小泉首相の参拝への反発から中韓両国は首脳交流を凍結しており、今回の参拝で反発を強める近隣諸国との関係改善は次期政権の課題となる。【鬼木浩文、小山由宇

毎日新聞) - 8月15日8時15分更新


靖国参拝自体の是非は敢えてここでは問わない。ともあれ小泉はこれを「正しい」と確信して行った訳だ。問題は「正しいから良い」という論理の安易さに騙される愚民にある。


世の中は知恵の輪に似て、局所を動かそうとすると必ず全体が動く。局所のみの問題解決など机上の空論に過ぎない。小泉本人は「靖国参拝は個人の自由」という詭弁が罷り通るとなど本気で信じてはおらず、彼の目的はその「余波」にこそあるのだが、この国のバカどもはどうやら本気でその詭弁を真に受けた上で発言しているように見える。


複雑系社会を安易な論理で語られるとすっかり騙される愚かな国民、そしてその国民が支える愚かな民主主義大杉栄が生きていれば何と言っただろうか。

ki_shki_sh 2006/08/18 03:48 ところで、欽ちゃんはどういう関連があるの??
すさまじく昭和の雰囲気がただよう写真だが……?

jilinjilin 2006/08/18 15:24 ブー。これは欽ちゃんではなく海野かつをです。この画像は「ファイト、ファイト、新栄!ファイト、ファイト、新栄!安い!安いわよ!安いわ!ぼよよよ〜〜ん」でお馴染みの新栄電気のCMですよ。次にお会いするときにCMを再現して差し上げましょう。ちなみに当記事との関連は、画像にカーソルを合わせてみればわかるかも!?

ki_shki_sh 2006/08/18 22:59 なにっ!! またもやちい兄さんのCM攻撃にやられた!
これからに期待♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/jilin/20060815