Hatena::ブログ(Diary)

Jima-Don

2018-10-23

婚約しました

 言葉通り。

 おそるべきスピードで決まったので、自分でも困惑していますが。
 再婚を決意しました。

 色々あったんですが、3回忌法要の後に嫁の母から「そろそろあんたも自分のこと考えり」と言われたこと。付き合いの出来た彼女の夢にどんちゃんが出てきて
 「こんなとこに来てくれて、ありがとう」
 と泣き笑いの表情で言われたと報告があった事。
 いろんなことがありました。相手は、どういう人か公表しません。それに、ちょっと心境があって。もう、この歳になって幸せの押し売りってカッコ悪いなと。若いときはやっぱ同世代の励みになるじゃないですか。でも、俺の歳になると取り返しのつかない不幸せの深みに嵌った人からのやっかみを貰ったりで、いいことねえなあと。

 何で、幸せな報告は控えめに。そんで、どんちゃんの導きがあった事だけ伝えておきます。

2018-09-16

新しい職場にて

 コンバンハ、モリシンイチデス(※笑点のたい平がやる似てないモノマネで)。
 信じられないことに就職しています。
 懸案材料だったパニック障害を起こしてミス連発と連鎖というアレ、どうやら乗り越えてしまったようです。鬱にはよくある挙動ですね。自分はどうやら「その先を知っている」から、パニックの時点で修整方法を覚えてしまったようです。なものでこの自分の変貌振りに驚いています。

 さて新しい職場では、総監督が現場事務所で腕組みをしながらひたすら書類を待っている。この総監督、俺が失敗をやらかしたとき至近距離空手チョップを炸裂させた怖い人だ。以前の俺ならばあの時点で会社を辞めていたかもしれない。この人、そんなチョップ食らわせたあと3時間後には
 「お〜い、吉澤ひとみ逮捕されたバイ!!」
 まあそういう人なので、大変楽しい。またおそるべきあるものの収集家かつコレクター。そしてドラマーでもあるという。まあ深く書くと、その方が身バレしてしまうのでこれ以上書くのはよそう。
 さて、下請け会社の各書類を待って何日か。「ミスはありませんね?」「ミスはありません!!」じゃ、そのまま役所提出するよ?という段階で届いた書類をチェック中。見る見るうちに総監督のテンションが怒りモードに。俺に同意を求めつつ。そのうち怒りゲージがMAXになったところでついにテーブルに空手チョップが「パーン」と炸裂した。

 ふたばちゃんねるのネットスラングに「帰れや!!」という言葉があるのをご存知だろうか?おそらく、この総監督のこの声が一番似合っていたと思う。名だたる声優アニメプロデューサーを審査員に迎えた「帰れや!!」オーディション会場でこの声が出ていたら、満場一致で採用だろう。
 俺が心の中で大爆笑していたが、もう泣き笑い。
 「君、これどう思う?怒るしかなかろうが!!なあ?」
 もう、泣いていいのか笑っていいのかわからず泣き笑いの声で
 「ふぁい、そうおもいまぁす(震え声)」

 その後下請け会社の事務所のほうから総監督の怒声が聞こえる中、俺は笑いをこらえた自分に感謝をした。いやー、死ぬかと思った。ひとつでも答えを間違えたら空手チョップ食らうとこだった。

2018-09-15

平成最後の夏

 みんな気付いてほしい。
 葬式の後に一周忌ってやるじゃないですか。次の法事は「三回忌」なんです。
 一周、と三回。カウントする単位違ってますよね?
 そういうわけで意外とまともな大人も勘違いして、うっかり一年開けて三回忌を予約しようとしたらお寺から「三回忌?終わってますよ」と言われてしまう悲劇。

 明日どんちゃんの三回忌があります。
 実は、一部の親族が去年
 「おかしい!三回忌なんだから再来年でしょう、お寺に確認して!」
 と何度も言い張り譲らない。結局その人に恥をかかすわけにはいかず俺も確認しますとだけ伝えたのだ。なにせ、その人実はその年に別の親族の三回忌の年は済んでいた状況だったはず…!!しきたりにもたいそうこだわる人だったので、余計にこれ以上恥をかかすわけにはいかないと思ったのだった。

 優しさが通じたのか、三回忌の法事を行うことになった旨を時間を空けてその親族に連絡。普通に来ると言ってた。何があったかは想像に難くないが、まあそっちの宗派では三周忌でやるのかもしれず。知ったこっちゃない、浄土真宗では三回忌なのだ。

 平成最後の夏は恐ろしく目まぐるしい夏でした。
 7月頭に就職の話が来て。そっから先はテンションの上がることばかりが起きて。
 近所の人からは
 「あの死んだ魚のような眼をして西鉄ストアと家を往復してただけの人が!」
 とばかりの変貌ぶりに驚かれています。
 仕事は現場監督ですよ。ええ。公共工事の。おいお前できたんかい、という話はさておき毎日安全帯をつけて足場をのぼり、シャッターチャンスを狙っているですよ。職人さんの下ネタに陽気に返事しながら毎日駆け巡っています。
 いろいろほかにも本当なら報告したい話があるんだけど、それはおいおい…。

 まあバズワードにもなった「平成最後の夏」は恐ろしく楽しい夏でした。
 人はこの年になっても変われるものだなあ。まあ、最後のチャンスとは思っていたけれど。

2018-06-28

死を見つめることがあった

 嫁の死病と、死ばかりを他人事のように見つめていた。きっとツケのように、自分のこととなったらわあわあと取り乱すんだろうなと思っていた。
 先日、あれはユーテロのライブの後だっただろうか?ツイッターでも書いていない。真っ赤な痰の塊を咳と一緒に発射してしまった。シューティングゲームで言えば赤いレーザーを発射するようなものだ。おのれの体に恐怖し、そしてなぜか
 「ようやく、お前のとこに行ける」
 とかいう刹那な感情が芽生えた。

 近所の内科でレントゲンを撮ってもらう。嫁を誤診し、その後アフターケアを万全にするようになった太宰府市役所近くの某内科は流石だ。感謝+宣伝している。近くの大病院への紹介状を書いてくれた。
 …行くと、CTスキャンが終わった途端いきなりマスクを強要され、隔離室に連れて行かされた。どうやら突然血液検査と検尿が始まることになった。CTスキャンが終わった後、腹が減っていたのでてっとり早くカロリーをと、雪印コーヒー牛乳という絶対に血糖値が上がるやつを飲んでしまったのだ。
 血液検査に至ってはアンプル9本分も取られてしまった。途中「血の出が悪くなってきましたねー」なんて言われて、乳牛の気持ちにすらなってしまった。幸い注射の上手い人だったので、痛みはなくて安心したが。
 マスクをした、主治医になるだろう若い医師から説明を受ける。CTやレントゲンの結果は、やはり死病の可能性は否定できない結果が出てしまった。そういう説明も、受けてしまった。

 近くの街の大病院。軽々しく自転車で通ったのだが、帰りの足取りは重かった。
 あいつは、いつも重大な報告がありそうな日、俺を一緒に呼んだ。
 そしていつも、泣きそうになりながら。きっとおれが質問したり、どうすればいいか質問するのを聞いて安心していたのかな。

 二週間くらいだったか。一週間だったか。もうついこないだのことなのに忘れてしまったが、再検査の結果肺炎が原因と判明した。そういえば親譲りで気胸になりやすい体質だ、と循環器科の人に警告されていた。そこに菌が入ってしまったのかな。まあ、血の痰の原因は肺炎が濃厚と判明。喀血と言えば思い出す「結核」が近い症状なのに、レントゲンの影が黒くなく初期がんを疑われたのが、病院通いを長くした原因だった。がんマーカー値は常人並みが2回続き、それではないと判明してしまった。まあつまり、畜生、死にそこなってしまった。という話になった。

 この騒ぎの間一回だけ嫁は夢に出てきたが、旅に一緒に出て普通に会話するだけだった。おれにまるで
 「あなたは死なないわ、私が護るもの」
 と言っているようだった。病院騒ぎの渦中で、友人から大きな仕事の依頼が舞い込んできた。そして、無事とわかったので引き受けたライブで友人に仕事の仲介を(※あまり意識せずにやったらなんと!Win−Winな契約になったらしい)したことになった。

 俺は当分死ねないらしい。
 残念だが、どうも生きることに意味があるのだろう。

2018-05-11

宇宙サービスがまた3人になった

 ジマオさんはどうにもお人よしなのである。
 というのもメールで急にたまきおくんが「入院をしていた。うちに来たい」。

 普通にやってきた。自分も何も身構えもせず。
 実は前辞めさせた、と言っていたターンテーブルの件。
 なんと、「譲渡した先輩」「おれ」ともどもが事実誤認をしていたことが判明した。あれは半年くらい前だったか?「物置から君に渡したはずのCD-Jが出てきたよ!マイガー!」
 流石にほんとに波風なしだったわけじゃなく、音源モジュールの方は本当に借りパク状態になっていたし、色々あったけれどその話は置いておいて。流石にこれはたまきおくん彼の名誉のためにまずい、謝っておきたいという気持ちがあった。
 …そのことについて謝るスキも何もなく、嫁に線香を手向けた後は二人で「必殺仕事人検廚稜麓な殺し技シーンで爆笑したり、宇宙サービスのオケの技術交換会をしたり。…結局、新曲の作曲データ全部を彼に手渡したりで時間はあっという間に楽しく過ぎた。
f:id:jimadon:20120615205938j:image
 そういえばこのロゴが宇宙サービスには一番しっくりくる。
 なので、まあライブに出るのはまだ差し支えありそうだけれど、メンバーとして出戻りです。うちのバンドの楽曲をカッコイイ感じに仕上げる係の人はたまきお先生です。そのうち音源作る時、という野望がちょっと近くなった。ライブは自分一人でギラついて作るけど、音源は彼のペースで作ってもらいましょう。

 お人よしと言われても、変節野郎とかいろいろ言われてもしょーがない。性分だからである。それ以上はセラピストに話す範疇の話だ。でもただ一つ言えるのは、人を赦すという行為は誰にもホイホイと出来るものじゃない。ちゃんと、そこには明確な境界線がある。…これ以上、発達心理学の薀蓄をひけらかしたって面白くもなかろう。
 近くのライブは
 6/6清川ユーテロ(福岡)
 7/14岩国ロックカントリー(山口)
 です。