Hatena::ブログ(Diary)

たつこの部屋 RSSフィード

2010-06-28

「人生と仕事について知っておいてほしいこと」

人生と仕事について知っておいてほしいこと

人生と仕事について知っておいてほしいこと

松下幸之助氏の著書で、仕事で大事な事は何なのかということがかかれています。

松下氏の会話ベースで書かれてあり、実際に対面して話を聞いている様な感覚になります。

中でも印象に残ったのは、仕事の債務として大切なものとして、「愛敬」があること、と書かれていた部分で、先日ご紹介した「勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい」にも書かれていた、「かわいげ力」にも通じるものがあるな、と感じました。

「SEの勉強法」

SEの勉強法

SEの勉強法

SEとして何を学び、どうやって学ぶのか、書かれてあります。

勉強法として5つのフレームワークを用いて説明しており、確実に勉強を進めていけるようにどうしていくのか、という部分が参考になりました。

勉強しないと…、と思うけれど、仕事の忙しさや疲れで勉強しなかったりする自分としては、とても為になる本です。

「勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい」

会社の人が薦めていたので、少し前に購入しました。

勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい (光文社新書)

勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい (光文社新書)

組織の一員として、「働く」ということはどういうことなのかが書かれてあります。

当時、会社に入って、「どこに行っても生き残れるための技術を早く身につけなければ」、「こんなことばかりやっていてこの先大丈夫なのだろうか」など、少し不安に感じていた自分には、非常に大きな助けになったように思います。


若手がやるべき事は、日々の仕事をコツコツと頑張って、「かわいげ力」を身につけることだ、という部分が個人的には一番印象に残りました :)

2010-06-07

世界一わかりやすい速読の教科書

本を沢山読みたくて、買ってみました。

世界一わかりやすい「速読」の教科書

世界一わかりやすい「速読」の教科書

多くの資料から有益な情報を抽出して読む方法(というか、有益な情報は2割くらいしかないですよ、という説明)を含む、本の読み方と、"速読耳"を鍛えることで本を読む速さをあげる方法について書かれています。

中でも"速読耳"については、斬新でした。

速読耳のトレーニングを簡単に説明すると、通常の何倍もの速さで読まれる本の内容を聞きながら、それを追って本を読むという方法です。

これを続ける事で、本を読む速さが10倍にもなる、と謳っているのですが、、、10倍速で読み上げられる内容は正直未だに聞き取れません… X(

速読耳のトレーニングは斬新だったし、少しは本を読むスピードが速くなった気がするので、良しとします :)

2009-02-15

バガボンド 29 巻 - ポスター当選

有名な巌流島との武蔵と小次郎の戦いについて,吉川英治「宮本武蔵」を原作として井上雄彦さんが描かれている漫画ですが,面白いです.

特に,私はこの方の絵が好きです.



29 巻を買った時にバガボンド特製ポスタープレゼントの案内があったので,ダメもとで応募したのですが,ポスターきました :)

f:id:jimbeam0203:20090215094455j:image

2000 人の抽選なのですが,調べてみると意外と当選している人が多く,中には 10 回くらい当選しているという人もいました.

応募している人,意外と少ないのでしょうか?


皆様も買ったら送ってみてはいかがでしょうか ;)

2009-02-06

オバマ大統領演説 CD 2 枚付

買いました.

CD2枚付[完全保存版]オバマ大統領演説

CD2枚付[完全保存版]オバマ大統領演説

DVD 版とかといろいろと悩みましたが,オバマ氏の大統領就任演説を完全収録で,その他,ケネディ大統領の大統領就任演説+キング牧師の「I have a dream」も収録されていて,私はどちらかというと英文を読みたい/聞きたいほうだったのでこれにしました.

まだ全然読んでませんが,,,

時間ができたら読んでみたいです :-)

2008-10-19

寒くなってきた(ゴン)

寄生獣

昔のやつですけど,おもしろいです.


なんだかすごく現実離れしているようで,それでいて妙にリアルで,引き込まれるストーリーです :)


人間という生物を客観視すると,

人間は時に非合理的で,依存していて,わがままで,自己中心的で….

正直,他の生物から見たら化け物だよなって思います.

人間がこれまでの歴史から,自分達の都合のいいように勝手に決めてきた「良い」「悪い」の概念を掲げて,他の生物の命をたくさん奪っていってるのですから,それはそれは恐ろしいでしょうね...

最近も頻繁に聞く「CO2 排出量が減少して,地球に優しい」とかいうキャッチコピーも,人間以外の生物からしたら,

「何をいまさら…」とか「いやいや,そもそも…」とか

いろんなつっこみが聞こえてくるようです :P


まぁ,そんな中でも人間なりに納得して,地球のために,みんなのために,がんばっていく方向でいい気はしますけどね(自己中心的に):-)