Hatena::ブログ(Diary)

酒と煙草と○○ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-08-09 こっそりと このエントリーを含むブックマーク

ちきりんのエントリーもごもっとも。

それを思うところがある、ござ先輩のエントリーもごもっと。


ちりきんのエントリーでは(国の)外とのスキル面の話。

ござ先輩のエントリーではスキルを身につける側の話。


どちらもスキルの話、と自分は感じました。


若手に対しての話が発端なので、そこに向けて書くと、どっちでもいいよ、ってことになります。

一方、そうなっちゃった中堅に対しての話にしちゃうと、気にすんな、ってことになります。


おやさいさんのエントリーも引いてみると、気にすんなという方向なのかな、と。


どういうスキルを身につけるべきか、というのは既に付けた人が言えることなのかなと。


エントリーをあげた皆さんは、世代の差はあれ、いい歳です。

自分もそうです。(20年もIT戦士風情なものでスミマセン)

大企業を選ぶか、そーじゃないか。

大企業を選べば無難な人生が見えてくるような気がするし、そーじゃない道を選べばたぶん波乱になる気がする。

と、就職を考えなければならない立場の者はそーいう想いは必ずあります。

新卒ならなおさらそうですね。

この先生きていくためのスキルを身につけたい、と。


20歳を超えると成人と扱われます。

ほとんどは大学に通っていますね。

その後、就活をしなければならなくてせざるを得ない。

一方で。

高校生の段階で、例えば水産高校などに進む個は、IT業界に行こうとは思っていません。

船舶関係に進むからです(例外もあるだろうけど、つっこむなよ)


農業高校に進む個は、トレーダーになろうと思っていないのでは?(と思いますw)



この差はなんでしょう。



やりたいことなのか。

なりたい職業の姿か。

生きたい人生か。


こういうものがごちゃごちゃしちゃうんです。

これ、若者だけの悩みじゃないですよ。

いくつになっても、こう考えるときがあるんです。


大事なのは、そう考えることなんです。


無理矢理やれること、やれそうなこと

なれそうな職業、こなせそうな職業

生きてみたい人生、生きて行けそうな道

みたいに安易に結論を出しかねないでしょ?


安易に結論を出してはいかんとかいう話だと思うでしょ?

いやいやw 俺はそういう結論を出すよw


だって、食っていかないとw

食うためにはしょうがないでしょうw


そんなのは当たり前だけど、当たり前が通じないのはいつの時代も一緒だと生きている母と死んだばーちゃんが言ってました。


諸先輩のエントリーをよくよく読み、考え、かみ砕き、飲み込んで、どうしようと悩みましょう。

悩んでいるときに、何に悩むのか。

その道を選ぶために必要なことと、切り捨てるものは何か。

切り捨てた代わりに得られるものはなにか。

代わりに得られたものは切り捨てるものを凌駕するのか。


と、考えていくことは、何が自分にとって自然でいられるのか、ってことを考えることなんじゃないかな。


自然でいられることはとても素晴らしいことです。


でも自然でいたいと思うなら、自然にいられるために、働く。

働く場所として、大企業で、ルーティンをこなすことかもしれない。

ベンチャーで、いのべーしょんとかを生み出すことかもしれない。

中小企業で粛々と売上をあげて生きていくことかもしれない。


結局、働いて、自分が自然にいる状態の為の手段を選ぶこと、なんじゃないかな。


大企業の歯車になって、その会社の文化に染まっている人がいるから、いろんなことが動いていることも事実だし。

いのべーしょん、起こしちゃったりして、ちょこっと文化とか変えちゃったりしていることも事実だし。


いろいろな職があって、いろいろお金をもらう手段がある、ってことなんだよね。


どの手段をとるかは、今、自分が置かれている状況で、ケースバイケースで考え、自然でいられるのはどれか、で判断すれば

いいんじゃないかな。


今の自分は不自然だ!というなら自分探しの旅に出ればいい。

北海道をぐるっと回っておいで。

青春ほにゃらら切符でサイコロで回ってみればいい。

南の島にメガネ一つで行ってみればいい。

弾丸のように世界に飛び出してみればいい。

それから考えてみれば?


どういう状態が、自分が自然でいられるかは、その人次第。

どの手段をとろうが誰も責めることは出来ない。


強いて言うなら、責めることができるのは自分自身だ。

自分を責めないよう、自然になれる方法を一生懸命考えて、行動に移して欲しい。


そうすることこそが、まずは身につけるべきスキルなのではないかな。




自戒を込めて。