jinkan_mizuhoの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-16 映画とその原案

[][]『ディアドクター』と『きのうの神さま』


映画に原作があるのは、よくある。撮影中、脚本がどんどん変わっていくのもよく聞く話である。しかし、映画のモチーフとなる短編集があるというのは、初耳だ。

それというのも、西川美和が監督としても作家としても、非凡な才能を有しているからだろう。

beatle001beatle001 2010/05/23 04:35 「きのうの神様」の小説、おもしろかったでしょ。以前おもしろく読んだ記憶だけが残って、細部を忘れています。

最近そういうのが多くて、困っています。同じ本をまた読んだり、見たことのある映画をまたレンタルしてきたり(笑)。

「ディアドクター」の原作、映画より前のことを描いているようですね。扱う時代がずれているとか。だから、必ずしも映画の原作、ということにならないのかもしれません。

ぼくは読みそびれているのですが、ぼくが借りてきた本を妻が先に読んで、そんなことをいってました。

jinkan_mizuhojinkan_mizuho 2010/05/24 12:46 beatleさん、面白かったです。映画「ディアドクター」に登場する人もしくはモデルになった(と思われる)人が、主人公の小説集ですね。
http://blog.goo.ne.jp/jinkan_mizuho/e/90d134720bf652818b21a897601bf14fに本の感想を書きましたので、お時間があったらお読みください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/jinkan_mizuho/20100516/1274097192