jinkan_mizuhoの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-20

[][]デジカメ選びに、あれこれと

現在所有のデジカメは、娘が小学生のときに購入したもの。当時、手ごろと思って買ったのだが、最近のものに比べると、どうも使い勝手がよくないような……(苦笑)

一番の不便さは、SDカード。ただ今、我が家のデジカメに鎮座しているのは32MB、……。

容量の大きいものに変えたくても、カメラの方が拒否?してしまい、1Gや2GのSDカードは使えない。


周囲の若い友人たちのデジカメを触らせてもらうと、使いやすい。それになんと言っても、「軽いー」のだ(笑)

動画も長時間撮れるし、手ぶれもしない。

ちなみに、以前ブログにアップした娘の動画は若い友人がデジカメで撮影してくれたもの。


我が家のデジカメは、少々重いくて、厚みがある。

ボク自身、散策時に持ち歩くのは面倒になり、最近はもっぱら携帯で済ませてしまう。

何もA3サイズにして、応接間に飾ろうなどという大それたことは考えていない。

だから、画素数だとか、光学ズームとか、深くこだわる気はない。


連れ合い&娘も使うので、軽くて持ち運びに便利なもの。かつ、手振れ補正がしっかりできるやつ。

機械オンチじゃなくて、機械に対して人見知りならね「機械見知り」する二人のために、簡単操作を第一に考えねば。

最近のカメラはどれも「簡単操作」とは思うのですが……(苦笑)


とりあえず、教えてもらったサイト『shop.kitamura.jp』でいろいろ探してみる。

オリンパス デジカメ

ペンタックス デジカメ

リコー デジカメ

と複数のメーカーのものを比べながらチェック。


それぞれのメーカーに2万円台から1万円台で手ごろなのがあるなあ。

今週末は仕事でなかなか外出できないけど、ネットでいろいろと調べてみよう。


↓この辺りが、今のところ候補です

f:id:jinkan_mizuho:20090220125047j:image

f:id:jinkan_mizuho:20090220125046j:image

f:id:jinkan_mizuho:20090220125045j:image

2008-12-08

[][]ここは見晴らしがよさそう

先日散策をしているときに、近所に最近できたマンションの前を通った。

一乗寺アーバンライフというマンションだ。

京都 不動産業界は活気があるのだろうか?

一乗寺・高野地区には、新しいマンションが散見する。


この地域は、北に行けば曼珠院、東へ行けば詩仙堂、南に行けば銀閣寺、西に行けば下賀茂神社、という具合に、春夏秋冬、散策するのに退屈することはない。


ただ唯一の不満は、ゆったりとくつろぎながらコーヒーカップをかたむけつつ景色を楽しめるスポットが少ないことだ。

岩倉実相院近くの病院の喫茶室から見る比叡の山並みは素晴らしい!ボクが唯一知っている、コーヒーを飲みながらゆったりくつろげる場所だ。


京都の場合、条例で建築物の高さに制限があるため超高層マンションはない。

でも、周囲の山々は高くないので、このマンションの少し高いところにある部屋から見る景色は格別だろうな。


隠れ家として欲しいなあ、と思うものの、そんな財力はなし(苦笑)ということは、このマンションの住人とお友達になるしかないか(笑)

2008-10-17

[][]携帯電話の進化

最近、映画やTVドラマを観ていると感じるのだが、携帯を使っているか否か、もしくは、携帯の型がどのような大きさやデザインになっているかで、いつごろの作品なのか、ある程度見当がつく。


先日観た緒形拳・追悼ドラマ『ディア・フレンド』は、'99年11月に放映されたものだ。

伊藤四朗や永作博美が、ドラマ中、携帯を使っていたがどうもメールの機能はなかったようだし、ネットにつなぐことなども同様だ。


かつては、女優のファッションや髪型・化粧で映画の制作年代を想像したものだ。

だが、今は携帯電話。それほど、ここ10数年の間に必須のアイテムになったことが自明だ。


アフィ〜る?」のサイトを見ると、携帯電話でアフィリエイトができる時代になったことがわかる。


携帯専用のブログがあることは知ってはいたが、それでアフィリエイトができ、小遣い稼ぎが可能とは、時代は刻々と動いていることを感じる。

PCや携帯から、物品が購入できるようになったのでも驚いたのに、携帯からアフィリエイトとは、10年前には考えられなかったことだ。

アフィ〜る?」を見ていると携帯は、どんどん進化してしていくなあ、と実感する。

まあ、ボクは懐が寂しくなったら、無理しないで近所を散歩して、隠れ家でDVD観たり、レコードを聴いたり、読書をしたりで、過ごしておりますが……(笑)


アフィ〜る?

2008-09-19

[][]最近のノートは便利だなあ

先の連休中、クイズ番組でデスクトップとノート型PCでどちらが消費電力が少ないか、という出題があった。

大きさから考えると、「ノート型PCだよなあ」と思う。

「でも、クイズなんだから……」とひねくれた?ことを考る。

「デスクトップかなあ」と個人的な結論を出したら……。

やはり、ノート型PCの方が消費電力が少ないという正解。


「何なんだ!この質問は。裏の裏をつくような問題を出すなよ。」と毒づきつつも、

何故か、新しいノート型PCが欲しくなってきた(笑)

前のノートを購入したのは、もう10年以上前だし、と勝手な理由を考える。


まあ、欲しくなった一番の原因は、新発売ノート型PC―インテル高性能CPU搭載―のCM動画コンテストをYouTubeで見たからだ。


D

↑は、ユーザ大賞:http://video.ask.jp/watch.do?v=43855c22-b514-4dac-a9e2-ff0f11b21f03を受賞したそうだ。

子供とオヤジの組み合わせ。ありがちな設定といえば、そうではある。しかし、最後まで飽きさせずにCMを見せてしまうのだから、馬鹿にできない。

それに、上手に製品の説明までしているのだ。


とりあえず、軽くて持ち運びが便利で、音楽やDVDが楽しめる優れもの。

だから、欲しいんだよなあ。明日午後にでも、天気が回復したら寺町の電気街に行ってみようかなあ。

そんな気を起こさせるマシンである(笑)

2008-06-05

[]あっ、欲しいなあ

別ブログに書いたのだが、どうもCDやDVDが自然?に増殖していく(笑)

CDショップ前においてあるワゴンは、ボクにとって、「悪魔の囁き」ににも近いものがある。


そうでなくてもプレゼントでもらった図書カードがたまると映画のDVDを買ったりしてしまう(笑)

昨日も前々から欲しかった、山中貞雄監督『人情紙風船』を仕事用の書籍を買うついでに、買ってしまった。


ということで、毎度のことながら収納に苦労してます。←自業自得だが……。

そこで、インテリア関係のサイトで探してみた。

CDを収納するインテリアを。


そして、いろいろ検索してたら、MOOR DECO(ムーアデコ)http://moordeco.com/ というサイトにヒットしました。

このサイトで、とてもおしゃれな感じの「壁掛けCDラック」を発見!

ちょいと値が張るが、ここのサイトは「上質な生活」をテーマにするだけあって、品質のいい飽きのこない品物を揃えている。

検討事項として、チェックです(笑)

f:id:jinkan_mizuho:20080606100114j:image

2008-05-25

[]伊豆に住むのも……

京都に住んで、気に入っているにもかかわらず、他にも住んでみたい処が多くて、いけません(苦笑)


関西なら、神戸。

山陽なら、尾道。

北陸なら、金沢。

信州なら、松本。

九州なら、博多。

北海道なら、函館。

東海なら、伊豆半島。

ほかにも、いろいろありますが……とまあ、実に、気の多い奴です(苦笑)


旨い食べ物と美味な酒、そして、散策ができ、欲を言えば、近場に温泉がある。

そんなとこなら、日本全国のどこでも住みたい(笑)

以前、指宿に旅行して宿泊した旅館は、温泉付の部屋だった。

大浴場の広さには程遠いものの、一人占有の温泉の味は格別。


だから、「温泉付の住宅や別荘」というフレーズにはめっぽう弱い(笑)

東京生まれのせいか、温泉と言えば、まず熱海・箱根・伊豆半島あたりが思い浮かぶ。

ただ、熱海・箱根は東京からのアクセスも便利で、高級なイメージが……。

多少、交通の便が悪くても、伊豆半島のほうに目が向く。場所によるけど、まだまだひっそりとした処がおおいのでは?



不動産 伊豆」について調べると、やはり都心や繁華街に比べると格安だなあ(笑)だから、伊豆 不動産を所有する人も多いのだろうな。


特に、不動産 伊豆高原で見てみると、温泉をつけることが可能な家が多い。高原で涼しい夏を温泉付の家でのんびり過ごす休日。

温泉で温まり、バルコニーで冷えたビール。かなり魅力的だ。


伊豆高原 不動産のようなのが、関西方面にもあればいいなあ、と書いてきたが、先ほど吉永小百合・主演『伊豆の踊子』を観たのが、影響している(笑)

2008-05-21

[]京都に住んで

京都に住んで早や、30年近く経とうとしている。

学生時代から、独身時代そして世帯を持つまで、5回引越しを経験した。


当初、右も左もわからない。

だから、「京都府 賃貸」でいいかと考えていた。

が、市内出身の友人から「京都市 賃貸」で探すべきとアドバイス。


素直?なボクは、素直に従って、最初、中京区に住んだ。

近所に、新撰組の駐屯地だった屋敷や所縁の壬生寺があったりした。

「さすが京都、歴史があるなあ!」と感心はしたものの、この地域で一人暮らしをするには、ちと不便。

メリットは、四条河原町方面で飲み会があっても、遅い時間まで阪急電車で帰宅できたことか。


その2年後、いろいろ市内を見て回った結果、やはり左京区が学生かつ独身者には便利な地区であると認識。

安い定食屋や居酒屋が多く、「学生さん」と呼ばれて大事?にされる(笑)


以後、引越し先は、すべて左京区内。

北白川銀閣寺→高野の順で住居を変えた。

ということで、今なお左京区在住。


個人的嗜好で、近所に以下のような店のあることを希望していて、それに限りなく近い地域であった。


こだわりのある書店・品揃えのいいCDショップ・歴史専門の古書店・ロックやジャズの品揃えがいい中古CD店・古い名画の多いレンタルビデオ店。

そして、ロック・R&B(アール・アンド・ビーではない)・ブルーズ・ジャズ・クラシックをマニアックに流している喫茶店や居酒屋。

更に、無添加のこだわる手作りパンの店に、深夜まで営業の旨いラーメン屋に、本格的なインドカリーの食堂。

希望を挙げればきりがないが…(笑)


まあ、本道楽で、音楽を片時も忘れず、映画観ないとストレスがたまり、散歩の途中で落ち着ける喫茶店があると機嫌がよくなる、というボクのようなワガママ人間の欲求を満たしてくれるのが、左京区のこの辺りなのである(笑)


最近は、自転車よりも徒歩で移動することが多くなり(自動車は5年ほど前に手放した)、左京区内をよく歩いている。とはいえ、八瀬・大原・鞍馬までは歩いていきませんが(笑)

↓徒歩で、ここいらに行けるのは、ウレシイ

f:id:jinkan_mizuho:20061105224753j:image