jinseimeisoutyuuの日記

2016-12-02

独白

全盲者の現象学アフォーダンス
・まさに「カジノ資本主義」やな。
・普通の人生を送ることがどれほど大変なことか。

【購入書籍20161128】

その日付周辺を含む。

◆アタモト『タヌキとキツネ』(フロンティアワークス/2016) ¥950-

◆ジュネ『薔薇の奇跡』(光文社[光文社古典新訳文庫]/2016) ¥1,382-

◆カルロ・コッローディ『ピノッキオの冒険』(光文社[光文社古典新訳文庫]/2016) ¥907-

◆根井雅弘『企業家精神とは何か』(平凡社[平凡社新書]/2016) ¥820-

◆西内啓『統計学が日本を救う』(中央公論新社[中公新書ラクレ]/2016) ¥842-

◆山野目章夫『不動産登記法入門<第2版>』(日本経済新聞出版社[日経文庫]/2014) ¥1,080-

◆近藤光男会社法の仕組み<第2版>』(日本経済新聞出版社[日経文庫]/2014) ¥928-

◆宍戸善一『ベーシック会社法<第7版>』(日本経済新聞出版社[日経文庫]/2015) ¥1,080-

◆田中史生『国際交易の古代列島』(KADOKAWA[角川選書]/2016) ¥1,836-

◆神取道宏『見間違えのあるくり返し囚人のジレンマ』(三菱経済研究所/2016) ¥1,728-

【購入書籍20161122】

散財<単行本篇>

◆スティーブン・G・ブランク『[新装版]アントレプレナーの教科書』(翔泳社/2016) ¥2,592-

アントレプレナーの教科書[新装版]

アントレプレナーの教科書[新装版]

ノーム・ワッサーマン『起業家はどこで選択を誤るのか』(英治出版/2014) ¥3,780-

瀧川裕英 編『問いかける法哲学』(法律文化社/2016) ¥2,700-

問いかける法哲学

問いかける法哲学

◆蝶名林亮『倫理学は科学になれるのか』(勁草書房/2016) ¥4,536-

ジョナサン・ウルフ『「正しい政策」がないならどうすべきか』(勁草書房/2016) ¥3,456-

◆八木沢敬『「正しい」を分析する』(岩波書店/2016) ¥2,376-

「正しい」を分析する (岩波現代全書)

「正しい」を分析する (岩波現代全書)

◆本橋信義『新・論理考究』(幻冬舎/2016) ¥1,404-

論理がはじめてわかる 新・論理考究

論理がはじめてわかる 新・論理考究

◆ディヴィッド・チャーマーズ『意識の諸相 下』(春秋社/2016) ¥4,860-

◆スタンリー・カヴェル『悲劇の構造』(春秋社/2016) ¥4,860-

◆藤田一照/永井均/山下良道『<仏教3.0>を哲学する』(春秋社/2016) ¥1,964-

〈仏教3.0〉を哲学する

〈仏教3.0〉を哲学する

◆フィルマー『フィルマー著作集』(京都大学学術出版会/2016) ¥6,264-

◆エベネザー・ハワード『[新訳]明日の田園都市』(鹿島出版会/2016) ¥2,592-

◆叶内拓哉『くらべてわかる野鳥 文庫版』(山と渓谷社/2016) ¥950-

◆池口正和 他『ハハネコネコ』(玄光社/2016) ¥1,404-

◆小佐野重利/京谷啓徳/水野千依『西洋美術の歴史4』(中央公論新社/2016) ¥4,104-

◆大野芳材/中村俊春/宮下規久朗/望月典子『西洋美術の歴史6』(中央公論新社/2016) ¥4,104-