Hatena::ブログ(Diary)

よるっこめのガーナ書記

2014-11-01

後任さん本赴任


やーーーーっと、後任のボランティアさんが当校へ本赴任。

嬉しい限りです。

今日は、仲のいい職員の妹さんの結婚式に出席し、その後、昨年手術を受けた女子生徒で未だ学校に戻ってきてないアコースのお宅を突撃訪問。

帰るまでにやっておきたいこと第4段。
アコースに会う。

前に一度だけ、前学園長と一緒に彼女の家に彼女を送り届けにいったことがあり、場所はなんとなーく、覚えてました。
非常にうろ覚えだったのですが、なんとでもなるものです。
自分の感覚に驚きです☆

会って何がしたいって。
特に。
何にもできません。
よくテレビでやってる感じの、“こんなところに会いに行ってきたよ、突撃で”みたいな?
んでちょっとだけ、自己満足を感じて終わりって?

わかりません。

ただ

本当に彼女をオペに送ってよかったのか。
あんなに痛くてつらい思いをしたオペの経験は、本当に、彼女の人生にとってプラスになっているのかどうか、考えるため。


会えてよかった。

結局、オペに送ってよかったのかどうか、答えは出てないけど、シビアな現実を知ることができました。
歩いてくれてはいるらしく、彼女の装具と杖はぼろぼろになっていました。
これは嬉しかった。
でもあれが壊れたら、彼女はもう歩かないだろうな。
直す手段が、彼女にはないもの。


そんなこんなで、学校に戻り、本赴任してきた後任さんを連れ出し、アボで一番イケてるレストランで歓迎会。
アペテシ(ローカル焼酎)を飲む。

飲み足りず、話したりず、結局彼女のお部屋で二次会。

私はひたすら喋りました。

この2年4か月でたまりにたまっていた何かがぼんっと弾けた感じです。

職場の事について、仕事について、同僚と日本語で話ができるって、本当に幸せです。
職場について、仕事について、全く同じ環境にある人と意見交換ができるって本当に幸せです。
日本の職場なら普通のことですが。
このボランティア活動においては非常に非常に非常に貴重で、稀なことです。


いーーーーーーーっぱい聞いてもらいました。

仕事だけじゃなく、学校のダーク面とかゴシップとか恋愛とか人間関係とか、ぜーーーーんぶ。


こんなに話すつもりじゃなかったのに、やってしまった。。。。
お酒のせいってことで、許してもらいましょう。


仕事は全然できなかった一日ですが、とっても充実した一日でした

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/jjmqf893/20141101/1414973913