Hatena::ブログ(Diary)

かつて日本は美しかった このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-31

天皇のご喪儀はなぜ土葬になったか

もともと火葬だった。

f:id:jjtaro_maru:20120531202823j:image


陛下ご喪儀:宮内庁、火葬の具体的協議開始

毎日新聞 2012年05月24日 21時39分(最終更新 05月24日 21時59分)

 天皇皇后陛下のご喪儀を巡り、宮内庁羽毛田信吾長官は24日の定例記者会見で、火葬を行うことなどに関する具体的な協議を庁内で始めたことを明らかにした。一つの陵に入る合葬に関し、皇后さまが以前から遠慮する意向を示していたことにも触れた。

 羽毛田長官は4月26日、両陛下意向を受け、土葬ではなく火葬を検討していることや合葬も視野に入れて検討することを発表。風岡典之次長は今月の会見で、皇后さまが「ご一緒の方式はご遠慮すべきだ」という考えを持っていることを明らかにしていた。・・・続き http://mainichi.jp/select/news/20120525k0000m040111000c.html

 先月、宮内庁羽毛田信吾長官は天皇皇后陛下の「ご喪儀(そうぎ)」について、両陛下意向を踏まえ、江戸時代以降の慣例となっている土葬ではなく、火葬の方向で検討していくと発表しました。これまで土葬だったとは少し驚きました。毎日jpの特集ワイドでは皇室の歴史に詳しい小田部雄次・静岡福祉大学教授を取材し、女帝持統天皇(じとうてんのう、大化元年(645年) - 大宝2年12月22日(703年1月13日))が火葬されたことが分かっており、これは仏教思想によるものと述べています。そして、ずっと火葬だったのが江戸時代初期の1654年、後光明天皇の葬儀で土葬が復活し、これは遺体を傷つけることをよしとしない儒教思想の広がりによるものと考えられるが、「長い断絶を経て突然、土葬に変えるには何らかの根あったはずだが、はっきりしない」としています。(※1)

 なぜ、火葬から土葬になったのか?読売新聞(5月30日朝刊 ※2)に日本史家の磯田道史氏が論説を掲載していました。磯田道史氏といえば映画にもなった「武士の家計簿」の原作者として有名でしょう。磯田氏は「後光明天皇外記」という慶応の図書館にある現物を調査しています。少し引用します。

「読むにつれ後光明天皇の強い個性に驚かされた。なにしろ仏教が大嫌い。仏教を『無用の学』と切り捨て、この帝はなんと開けてはいけない三種の神器の鏡の入った唐櫃(からびつ)を開けて見た。なかに鏡だけでなく仏舎利があったのをみつけ、『怪しい仏舎利め』と庭にすてさせた。徹底した仏教嫌いの天皇であった」

 皇室というと神道なので、仏教天皇というと現代ではピンとこないかもしれませんが、江戸時代までは天皇仏教大日如来になぞらえていました。即位礼で天皇密教の真言を唱えて、手に知拳印(両親指を掌中に入れて握り、左人差し指を立てて右拳で握る)を結ぶ儀礼を行なっていました。これによって天皇大日如来と合体することになるのです(※3)。宮中祭祀でも民間ではお彼岸にあたる「春季皇霊祭」「秋季皇霊祭」は仏式で行われていました(※4)。

 結論を言うと仏教嫌いの後光明天皇仏教の風習である火葬を嫌ったということになります。それにしても三種の神器の鏡の入った唐櫃(からびつ)を開けて見たというのは驚きます。これはよく知られているように天照大神アマテラスオオミカミ)天の岩戸に籠られたとき、外にお出しするときに使った鏡のことです。唐櫃をあけると光がさして目がくらみ、鼻血が出ると平家物語で伝えられているものです(※4)。

 さて、後光明天皇仏教嫌いで火葬を嫌ったというのはわかりますが、崩御後に"魚屋が奔走した"と磯田氏は「後光明天皇外記」から述べています。

「こんな仏教嫌いの天皇仏教式に火葬するのはいけないと例の魚屋が動いたようだ。『疱瘡で死んだ死骸は庶民も火葬にしない。天皇を火葬にすれば天下国家に災いが起きる』。魚屋がそう脅したら僧侶も折れたという。火葬は真似だけ。点火はせず非公式ながら土葬になった」

 「例の魚屋」と言っているのは、江戸時代では天皇の食膳に毎日鯛が出ていました。贅沢とかそういうのではなく鯛はめでたい高貴な魚なので国家安泰の儀礼になっていたのです。それで魚屋は御所深くに食い込んでおり、口が出せたのです。その魚屋が天皇が嫌う仏式の火葬に猛反発したわけです。後光明天皇の跡を継がれた後西天皇も生前の意向を汲まれ土葬となりました。そして以降、慣例として土葬が続いてきたということです。




※1 特集ワイド:ご喪儀「火葬」受け止め方 理想求められた流れの帰結/「ご自由に」では尊厳なくす http://mainichi.jp/feature/news/20120524dde012040011000c.html

※2 読売新聞5月30日朝刊 27面 「天皇土葬 魚屋が奔走」磯田道史

※3 講談社「江戸時代天皇」藤田覚(著)より

※4 転展社「宮中祭祀」中澤伸宏(著)より

添付画像

 後光明天皇像(愛宕通福筆、泉涌寺蔵 PD

広島ブログ クリックで応援お願いします。

2011-04-29

昭和の日

国民とともにあられた昭和天皇

f:id:jjtaro_maru:20110428214519j:image

 「昭和の日」は昭和天皇崩御後は「みどりの日」と制定されていましたが、平成17年(2006年)になってやっと「昭和の日」に改定されました。

 宮中には水田があり、天皇陛下ご自身が田植え、稲刈りをされますが、これを始められたのは昭和天皇であると言われています。明治天皇も赤坂御所に水田をつくられていたと伝えられています。昭和天皇が稲作をお始めになったのは農民の苦労をより身近にしのぶため言われています。始められたのは昭和2年であり、農業恐慌はこの2年後なので、恐慌とは関係なさそうです。また、昭和天皇は植物学者であらせるので品種特性の遺伝関係を研究されるという目的もあったといわれています。

 テレビで天皇陛下が稲刈りされているお姿が報道されますが、作業服に長靴姿であり、われわれは違和感を感じず見ています。西洋の王室などでは絶対にこのようなことはしないでしょう。「日本書紀」には天照大神が水田を営み、新嘗の祭りを行っています。われわれ日本人は神様が働いているのだから働くことはいいことだと無意識に思っています。「勤勉」な日本人の伝統があります。だから天皇陛下が稲作をされているのを見ても違和感を感じないのでしょう。

 昭和天皇は朝食はほぼ毎日、洋食をおとりになり、昼食と夕食は和食と洋食を交互にとられていました。朝食はトーストもしくはオートミールにサラダ、果物、温野菜、ミルクが定番でした。昼食や夕食の和食は丸麦入りのご飯、秋刀魚の塩焼き、オムレツ、ほうれん草のお浸し、香の物、お汁。洋食であればハンバーグに付け合せの野菜、スープ、パン、サラダといった具合です。カレーライスやチャーハン、カツ丼も食べられていました。ごく普通の家庭料理です。和食に天ぷらやお刺身がつくのはお客様がこられたときぐらいです。陛下の料理人を務めた人すべてが一般の家庭よりも質素な食事に驚いたと口をそろえます。食材も御料牧場や築地の市場から仕入れます。お米も標準米です。

 大東亜戦争終戦直後まもなくは食糧事情が悪く、昭和天皇侍従長を呼んで皇太子以下食べ盛りの子供たちはそうもゆくまいが、私の食事だけは国民と同じ配給量にしてくれ」と述べられ、侍従長とお勝手元である大膳課は大いに困ったといいます。また自分の食べるパンが白いのはなぜか?と、大膳課におたずねになられ、アメリカから入ってきたメリケン粉だとわかると、「私のパンだけ白いのは困る。国民の配給と同じにしてくれ」とおっしゃって、お聞き入れになられない。それで仕方なく配給の粉を使って、黒パンに変えたといいます。

 朕ハ爾等國民ト共ニ在リ、常ニ利害ヲ同ジウシ休戚ヲ分タント欲ス。新日本建設に関する勅書 昭和21年 より)

 昭和天皇はお言葉どおり国民とともにありました。その伝統は今上天皇にも受け継がれています。



参考文献

 講談社現代新書「天皇陛下の全仕事」山本雅人(著)

 KKベストセラーズ「歴史人」DEC.2010 No.3

 PHP文庫「日本の神話と古代史がよくわかる本」島崎晋(監修)日本博学倶楽部(著)

 玄冬社「昭和天皇論」小林よしのり(著)

 講談社学術文庫「昭和天皇語録」黒田勝弘・畑好秀(編)

参考サイト

 国立公文書館 新日本建設に関する勅書 http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/listPhoto?IS_STYLE=default&REFCODE=A04017784700

関連記事

 先帝祭  http://blogs.yahoo.co.jp/jjtaro_maru/27642827.html

 聖帝オホサザキと昭和天皇 http://blogs.yahoo.co.jp/jjtaro_maru/24989329.html

 昭和天皇の全国巡幸 http://blogs.yahoo.co.jp/jjtaro_maru/24931132.html

 昭和天皇の記憶 http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20100423/1271973800

添付画像

 正装姿の昭和天皇(燕尾服・大勲位菊花大綬章・同副章)と香淳皇后(ローブデコルテ・勳一等宝冠章・同副章)昭和31年(PD

広島ブログ よろしくお願いします。


昭和天皇御真影

http://www.youtube.com/watch?v=dYSRnWGwlVg

2011-01-07

先帝祭

先帝を偲ぶ。

f:id:jjtaro_maru:20110103111126j:image

 1月7日は宮中で先帝祭(昭和天皇祭)が行われます。昭和天皇崩御の日にご追悼の思し召しで皇霊殿及び山稜で行われる大祭です。皇霊殿では天皇皇后陛下皇太子同妃殿下が御拝礼され、武蔵野陵には勅旨を参向させて奉幣なさいます。皇霊殿というのは賢所の西側にある建物で、ここには天皇陛下のご先祖に当たられるご歴代の天皇、その后妃の御霊(みたま/ごりょう)を御祀りされています。先帝祭では昭和天皇の側近だった元宮内庁職員の方も参列なさいます。昭和天皇に感謝し、国の安泰を祈るお告げ文を天皇陛下が読み上げられます。

 午後5時から、再び天皇皇后陛下皇太子同妃殿下が拝礼され、ご退出後、皇霊殿の前で御神楽の儀が深夜まで行われます。6時間にもわたり、15曲の古代歌謡、うち2曲は人長舞という舞を伴った神楽が行われます。こうして昭和天皇の御霊をお慰め申し上げます。両陛下と皇族方はこの御神楽が終了したとの連絡があるまで御所でお慎みになられます。

 先帝祭は明治維新より前は仏式で行われてきて、明治に入り、孝明天皇の三年祭に当たる明治三年(1870年)に神式に改められました。そして近四代の天皇の例祭を個別に行い、それ以前の天皇は皇例祭(現在の春分の日、秋分の日)で執り行うことになりました。

  1月 7日 昭和天皇

  1月30日 孝明天皇例祭

  7月31日 明治天皇例祭

 12月25日 大正天皇例祭

 なお、6月16日に香淳皇后例祭が行われています。

 4月29日が昭和の日となっているので、一般にはこの日に昭和天皇を偲ばれていると思いますが、昭和64年の1月7日の前後のことを記憶されている人でしたら、この日を思い出されるとよいかもしれません。前年9月に昭和天皇はご重体になられ、国民はお見舞いの記帳のため、皇居へ長蛇の列ができました。記帳は1千万を超えたといいます。最期の病床に臥した昭和天皇は、お見舞いに上がった宮内庁長官に「雨が続いているが、稲のほうはどうか?」と訊ねられたといいます。最後まで自己のことより国民のことを案じておられたのです。

 当時私はまだ学生でしたが、毎日のようにニュースが流れて、どこでも暮れには忘年会など自粛していました。1月7日はアルバイトをしており、腕に喪章をつけて仕事した記憶があります。何か一つの大きな時代が終わった、そんな感じを受けました。

 激動の時代、昭和を統治された昭和天皇。今は天高くからわれら国民を見守られていることでしょう。



参考文献

 「天皇論」小林よしのり著

 「天皇陛下の全仕事」山本雅人著

 「宮中祭祀」中澤伸弘著

添付画像

 左から裕仁親王(昭和天皇)、崇仁親王(三笠宮)、宣仁親王(高松宮)、雍仁親王(秩父宮) (PD

広島ブログ クリックで応援お願いします。

昭和天皇崩御 〜激動の昭和、終わる〜

http://www.youtube.com/watch?v=G8D15iezQQU


2011-01-01

日本の新年

日本人の信仰心。

f:id:jjtaro_maru:20101231204408j:image

 「正月」とういのは単なる「年始」ではなく日本最古の宗教行事です。家には門松やしめ縄が飾られ、初詣や初日の出を拝みにでかけます。正月は「歳神様」をお迎えし、祝う行事だったんですね。ご先祖の霊魂が歳神様となり、家にやってきて、その年の豊作と家族の健康を約束してくれるのです。門松は歳神様が宿る安息所でありしめ縄は清浄な区域であることを示します。鏡餅は歳神様へのお供え物です。年末に大掃除をするのも旧年中の穢れを清め、歳神様をお迎えするためです。

 日本人のこの信仰心は宗教を超越したものとなっています。ほとんどの人は現代でいう「宗教」を感じないでしょう。「習俗」になっているといえます。神教といわず、神道といいますよね。

 この日本人と一体となっている信仰心の頂点にいるのが天皇陛下です。

 天皇陛下は元旦、午前五時半に四方拝の儀を執り行われます。神宮をはじめ四方の神々や御陵を遥拝され、この年の平和と国民の幸福を祈念されます。御拝所は神嘉殿の南庭に屋根を設けた場所です。そこで薦(こも)を敷いた上に白い布を敷き、その上に真薦、蘭薦を敷き、御拝座の厚畳を設け、蜀台二基を立て、その周囲を屏風二双で囲ったものです。この御拝所の中で陛下がどのような所作をなされるのか誰も知りません。天皇のみが口移しで伝えられる御口伝(くでん)です。古い儀書には属星を拝すとも書かれているそうで、何か呪文があったようです。

 四方拝に続いて天皇陛下は宮中三殿の歳旦祭にお出ましになります。これは年の初めをお祝いして、その年の平安を祈念される祭儀であり、全国の神社でも行われています。

 年ごとに 月の在りどを 確かむる 歳旦祭に 君を送りて

 これは平成19年(2007年)1月の歌会始に皇后陛下が詠まれた歌です。四方拝、歳旦祭を行うためお住まいの御所を出られる陛下を見送られたときの光景を歌にして披露されました。毎年、まだ真っ暗の中、月がどこにあるか空を見上げ、陛下をお見送りなるお気持ちであり、元旦早朝の冷たい張り詰めた空気さえ伝わってきそうではありませんか。

 日本の新年はこのようにして天皇陛下「国平らかに、民安かれ」という祈りにより始まり、国民はご先祖を御迎え入れ、今年一年、諸事うまくいくよう、家族の無病息災を祈ることから始まるのです。



参考文献

 「天皇論」小林よしのり著

 「天皇陛下の全仕事」山本雅人著

 「宮中祭祀」中澤伸弘著

添付画像

 平成21年ハワイでの天皇陛下PD

広島ブログ クリックで応援お願いします。

 

日本人の謎03 史上初!天皇陛下の正月祭祀【四方拝】

http://www.youtube.com/watch?v=xXHZfl21sCs

アナウンサーが「天皇家」と言っているが、これは間違い。皇室は「家」ではない。皇室に「姓」はない。

2010-12-23

天長節

天皇陛下万歳。

f:id:jjtaro_maru:20101223083837j:image

 現在、「天皇誕生日」と言われている日は本来、「天長節」という日で戦前は「天長節祭」が執り行われていましたが、戦後は「天長祭」と名称を変えています。天皇の誕生日を祝うのは古くは光仁天皇の宝亀六年(775年)に行われた記録がありますが、その後は長続きしていません。おそらく昔は正月に一斉に歳をとる数え歳だったためで誕生日は重視されなかったためと思われます。

 明治に入ってから西洋では元首の誕生日を祝う習慣があることにより、「天長節」を制定しました。老子の「天地所能長且久」(天地が絶えることなく続く意味)という語から名づけています。明治天皇は旧暦でいう九月二十二日がお誕生日でしたが、のちの太陽暦の採用によって十一月三日となりました。大正天皇は八月三十一日でしたが、暑さのため祝賀行事は十月三十一日に行われていました。昭和天皇は四月二十九日です。

 祭祀には「大祭」と「小祭」があり、天長祭は「小祭」になります。天皇陛下皇太子殿下のみの御拝礼です。天皇陛下のご長寿をお祈りし、聖寿の長久を寿ぎ(ことほぎ 言葉で祝うこと)、ご自身でも感恩の叡慮(えいりょ)を述べます。午前八時ごろにこの御拝礼があり、その後、モーニングに御改服されて宮殿長和殿にお出ましになり、午前中は国民の参賀をお受けになります。

 ほそ長い長和殿の前が東庭というところで、ここに参賀者が入ります。長和殿などの宮殿は「威厳よりも親愛、荘重より平明」を基本理念として建てられています。外観は和風建築で自然物と調和するデザインとなっています。昨年、一般参賀に行って参りましたが、まわりの木々などの風景との調和が感じられましたし、簡素なので皇室らしいと感じました。東庭の石畳は水はけがよく軟らかい香川県の安山岩が使われています。昭和天皇のご意向によってなるべく人々の足に優しいものを、ということで選ばれました。

 昨年の天長節の一般参賀は平成に入ってから過去最高の3万560人となっています。晴天に恵まれたというのもあるでしょうが、これまでの最高参賀者数は、一昨年の2万2655人でしたから、急速に国民に皇室敬愛の念が高まってきているのではないでしょうか。

 天皇陛下におかせられましては、七十七歳をお迎えになられました。天長節を御祝寿申し上げ、末永き御長寿を心より御祈願申し上げます。

 天皇陛下 万歳

 日本国  万歳



参考文献

 転展社「宮中祭祀」中澤伸弘著

 小学館「天皇論」小林よしのり著

参考サイト

 天皇陛下「健やかに新年を」 一般参賀、過去最高3万人(昨年のニュース)

   http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091223/imp0912230753005-n1.htm

添付画像

 平成二十一年の天長節一般参賀(JJ太郎撮影 PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

天皇誕生日一般参賀  日本初フルHD 平成21年

http://www.youtube.com/watch?v=X0WXE4zTa9w

 昨年行ってきましたが、私の周りにはミーハーなおばさん一団がいました。言葉の感じから察して支那人、韓国人もいました。ツアーできている外国人が多いと思われます。南米系と思われる外国人や子供連れの白人もいました。私は東庭の中段ぐらいにいましたが、「天皇陛下万歳」という声がところどころで聞かれました。前列方面ではだいぶ万歳三唱をやっていたようです。それにしてもすごい大歓声でした。