Hatena::ブログ(Diary)

投資の未来

2015-10-11 株の初心者が成功するには銘柄選びが重要?

銘柄選びのポイントとは業績の良い会社を探すことが挙げられますが、現時点だけではなく、過去から現在の実績だけでなく未来も明るい見通しかが重要です。

株初心者の方は「銘柄が多すぎて、どの会社の情報を見たら良いのか分からない」という事が多いです。

何を判断材料にどのような銘柄を選べばよいのかを、株初心者の方にも分かりやすく説明している下記リンクのテキストがおすすめです。

株の初心者が銘柄を選ぶポイント ≫

2015-06-10

配当成長株で収益性も安定性も重視

投資方針として、収益性を重視するか安定性を重視するかで、大きく二種類に分けて考えられます。

収益性を重視するとした場合、より大きな収益を求めるかわりに、許容すべきリスクもその分大きくなります。

安定性を重視する場合は、投資元本を減らさないことに重点をおきますが、その分収益性は低下します。

どちらが優れているということではなく、収益性と安定性のバランスをとりながら運用するのが現実です。

配当成長銘柄の株で運用すると、収益性も安定性も両方兼ね備えたリターン&リスクを期待できそうです。

配当成長株に投資したいと思う方は下記のリンクを参考にしてください。

配当成長銘柄に投資

2015-03-22

投資信託の優れたところ

少ない資金から投資・購入が可能な金融商品

通常、株式、債券などを個別に買う場合は、まとまった資金が必要になります。

例えば、株価が1,000円の株式を1,000株買えば、手数料を含めた金額はは100万円を超えます。

投資信託という投資商品の場合、一般的には、1万円くらいの少額の資金でも投資することが可能です。



分散投資が簡単に可能になる

株式や債券などの有価証券は、銘柄によってさまざまな値動きをします。

そのため、数少ない特定の銘柄だけに投資すると、大きく値上がりして利益を得られることもありますが、逆に大きく値下がりするという価格変動リスクもあります。

複数の銘柄に少しずつ分散して投資すれば、全体の値動きを比較的小さくすることができ、価格変動リスクを低減できます。

これを分散投資といい、リスクを抑えた運用が可能になるということです。



専門家に運用を任せられる

株式、債券などの有価証券で資金を運用しようとすると、適度な知識と経験が必要になるといわれています。

投資信託では、個人投資家からの資金を1つにまとめ、投資信託会社が運用するという方法をとっています。

運用を担当するのは、ファンド・マネージャーといわれる運用のプロです。

プロに運用を任せ、プロの経験と知識を活用して運用するため、より効率的な運用が期待できます。


株式投資で儲からない

米国株 高配当銘柄

学費の負担を軽くする

リストラからの再就職

おすすめの株式投資

ワンルームマンション投資

在宅ネット副業で稼ぐ

グーグルアドセンス稼ぐ

中学生のテスト勉強のやり方

2015-02-08

投資信託は少額から投資可能

投資は、お金持ちしかできないという印象を持っている人は少なくありません。

しかしながら、ほとんどの投資信託は、1万円前後から投資することが可能です。

大きな資金がなくても手軽に簡単に投資を始めることができるのが投資信託の魅力の一つです。

投資信託は、庶民向けの金融商品であり、少額から簡単に投資を実践することができるのです。

はじめは1万円前後の投資で様子を見ながら、経験を積んだところで投資額を増やしていくというような投資方法が可能です。

一括で多額の資金を投資せずとも、毎月の少額からの積み立て投資というような方法で着実に資産を増やしていく手段をとることができるのです。

また、個人ではとても手が出せない世界への投資も、投資信託を利用することでそれが可能になります。

例えば、アメリカのグローバル企業への株式投資や発展途上の国の株式市場に投資することもできます。

投資信託を使うことで、国内外問わず誰もがダイナッミックな投資を楽しむことも可能です。

また、投資信託を利用すれば、債券投資も簡単に幅広く分散投資することも可能です。

外国債券の購入も投資信託を通じて可能です。

海外ETFといわれる海外の証券取引所に上場されている投資信託もあります。

海外ETFを利用すればインデックス 株式投資も可能で、株式指数の値動きに連動するようなファンドに投資も可能です。

買われている株式銘柄の株価が上昇する

アメリカ株高配当銘柄

高等学校等就学支援金

再就職 成功

株式投資に便利でお得なツール「海外ETF」

中古ワンルームマンション投資が失敗しない

2014-12-29

投資信託の運用目標「ベンチマーク」について

投資家が望むこと、それは投資成果が元本を上回ることです。

これを絶対リターンを得ると言います。

銀行の定期預金は絶対リターンが保証されている一方、投資信託では、絶対リターンは保証されていません。

どんな投資信託でもリスクが伴います。

では、投資信託の運用目標はどういったものなのでしょうか。

相対リターン、つまり、「何か」と比べてより良い投資成果をあげることを目標としています。

その比較対象をベンチマークと呼びます。

つまり、投資信託にとってベンチマークとは、非常に重要なものなのです。

投資信託がどのようにしてベンチマークを上回ることが出来ると考えているのか、そして実績はどうなっているかを見ることで、その投資信託の運用力を評価することが可能になります。

多くの投資信託は株価指数などの指数(インデックス)をベンチマークとしていますが、多くの投資信託はインデックス(ベンチマーク)を長期的に上回ることはできていません。

それもそのはず、インデックスとは、投資信託を含む世界中のプロ中のプロが激突し合った結果の平均なのですから。

長期的にインデックスの成果に追随しようと思って、インデックスファンドといわれる投資信託を購入することは、かなり合理的な選択になります。

株式投資で儲からない米国株 高配当銘柄

学費負担の軽減方法リストラからの再就職

おすすめの株式投資ワンルームマンション投資

Connection: close