Hatena::ブログ(Diary)

こころはどこにゆくのか? このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-09-25 いよいよ愛知万博も終わりますね

jo_302005-09-25

[]ひろゆき、動く

のまネコ問題で、ある意味一つのターニングポイントになるかもしれない局面です。2ch管理人西村博之氏がavex社に公開質問状を提出。一週間という期限を区切っての回答を求めています。内容は「のまタコ」について。

この「のまタコ」とは、以前から何度かTBなどさせて頂いていた「のまタコ新聞」さんが推進しておられた風刺キャラで、某avex社の看板芸能人(アーティスト、とは余り呼びたくないので)H崎さんのイメージキャラクターによく似た「馬の水袋をモチーフにしたキャラクター」であります。今回の公開質問状については以下の要点整理がよく説明してくれているのでこちらでの分析は略。

〜〜要点整理〜〜

・スルーすれば、別のキャラクターのインスパイアを生んでまた公開質問状。公認したと判断されて他の人間が追随する。つまり、これが『インスパイヤスパイラル

・下手に訴えでもすれば、それこそ事が公になり一連ののまネコの話が余計拡散する。また、拡散できるチャンス。

・ダメと回答してくれば、『お前らの言うインスパイアって何よ?』と追撃され、糞がどんな言い訳してくるのか楽しめる。(ここで今までの流れだとまた自爆する確率高し)

・ちなみに、あゆのマークは商標を取ってないとの情報あり。ようはモナーと同一の対応が出来る。

・副産物として、そもそもあゆのロゴマークはパクリだったことが広く知られる。

・おまけに、あゆのプロモやライブ構成、衣装などのパクリっぷりも徐々に広まる。

・ひろゆこにとっては、いつもの調子で「だたの洒落」の可能性あり。しかし、これで本気で殴りかかってくりゃ、「洒落も通じない余裕のない企業なんですねー」「売れるかどうかも分からないグッズなんて、販売する訳ないでしょ?」って言われて、『エイベ糞一本釣り』必定。

・2chでの情報共有は、『鋭い点を突く1人の厄介なクレーマー』&『適当にねじ伏せられる999人のクレーマー』 が『鋭い点を突く1000人の厄介なクレーマー』になる。電車男を引き合いに出して、「企業にとって影響ない」ってのは、的外れもいいところ。

(引用:『【インスパイヤ】2ちゃんねる・ひろゆき氏、エイベックスに"のまタコ"についての公開質問状送付★:http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1127620472/

個人的には、確かに本筋の抗議とは少し外れているものの、avexの姿勢を見るためにも、またここまでこじれた「のまネコ」問題での話し合いが難しいとすればチャンネル作りという観点からも面白い観測気球だと思いました。まあ、まかり間違ってもavexの重役さんたちが予想していなかったタイプの抗議行動でしょうね。ネット上の無数を相手にするということの怖さとは、このように自在な時間と容量を持つ多数の脳を相手にするという怖さでもあるわけで、この点でも「無理矢理権利を抑えちまえ」というavexのCCCD的戦略は敗北するのでしょうか……ネットコミュニティ住民という巨大な脳のP2Pネットワークに。

[]エイベックスの行ったことは…

「JANJAN」は市民が記者になってニュースを送るインターネット新聞です』

…似たようなシステムが韓国にあって、既に前回大統領戦に大きな影響を与えるくらい社会的影響力を持つようになってる…という話は聞いたことがあったのですが、その日本版のような新聞でしょうか。そこでのまネコ問題が取り扱われていました。論調は非常に説得力のあるモノですので、一読をおすすめします。印象的だった部分は、

avexの新声明をみると)結局の所、自分達がどれほど創作活動を行なう者にとって重大な事をしでかしたかを気づいてないように見える、エイベックスの行なった事は創造を否定したということだ。

と言う所です。

[]"全き心の鏡"さんに

全き心の鏡(05/9/25)にこのような記事がありました。avex社が相手にしているのは、事実上「批判だけを目的にした従業員規模300人3交替24時間稼働して攻撃してくる企業」のような存在である、と。それだけの事態を前にしてどうしてこの企業は止まらないのか? と疑問を提出しておられます。

企業の経営者が非が自分達にあることを認識していないとは流石に思えません。私がその経営者なら純粋に自分の損得勘定だけであってもすぐさま見切りをつけて事態の沈静化に専念すると思うのです。しかしどうやらグッズの売り出しも始めてしまったようですし謝っておしまいという機は逸してしまったように思えます。本当に何を考えているのか純粋に知りたいのです。もはや企業側にもflash作者にも倫理観は全く期待していませんが悪賢さすらも期待してはいけませんか?(全き心の鏡)

これについて思うことがあったので、少し書かせて頂きます。

ここ数日私は、全き心の鏡の"Timothy King"さんと同じ疑問を感じ、今回の問題が既に「キャラグッズ展開のために多くの他社を巻き込んだ」時点でavex社のコントロールの範疇も越えてしまっているのではないかと思い始めています。今回のネット住人の行動も含めた損益分岐点は既に10日ほど前に通り過ぎ、現在avex社は明らかにもがけばもがくほど赤字を増やしていると思います。Timothy Kingさんが仰るように、今はもう何をおいても撤退すべき時です。ではどうしてそれができないか?

1)既に巻き込んでいる他社との連携がつかない。(ここ数日で「パチンコ業界の大手フィールズなどにキャラ展開計画?規模は数十億?」などの情報が)

2)問題点がどこにあるか把握し意志決定できる機関が働いていない。(二転三転し、しかも的を射ていない対応について以前指摘した通り)

3)依然として、今何が起こっているか把握できていない。(Timothy Kingさんが指摘したような事情が理解できていない。そもそもインターネットや2ちゃんねるというサイトが持つ今日的意味について理解していない?)

……ということなのではないでしょうか。

avex社は正気塾という某右翼団体とトラブルになっている最中(?)という情報もあり、たとえていえば現在のavexは、「数人で歩いていてヤ○ザに絡まれ慌てているときにたまたま横にあった屋台を押したらそれが坂を下って走り出し交通量の多い交差点へ向かって真っ逆さまに落ちていっているが、とりあえず今何をすべきか何が起こっているかも把握できていない男」のような状態なのではないか、と。数年で拡大しすぎたavexはここにきて足元の脆さを露呈しました。この問題を知った最初のときは、「傷つく人が最小限になる解決(avexも含めて)」を望んでいましたが、日を追うごとにその「最小限」の限度は上がり続けているように思います。このまま、転がり始めた屋台を止めるチャンスは永遠に失われていくのでしょうか。

Connection: close