Hatena::ブログ(Diary)

Alternative Issue このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-01-27

彫刻

正月早々、こんなお題がはてなで出ていた。
2013年にやりたいこと
それって、単なる抱負?であるならば毎年変わらず書くこともできようが、特別企画として考えるには今ひとつ弱い。だから、今年は何か一つインパクトの残ることにチャレンジしてみたい。
とは言え犯罪に手を染めるつもりはないし、一庶民がどんなに気張ったところで世間まで届かない。それならばと、以前少しの間模型レベルでチャレンジしていた彫刻にもう一度取り組んでみようとかと考えている。
彫刻とは言っても芸術の道を歩んできたことのない私だから、そのあたりにある彫刻作品とはちょっと違うものになるかも知れないのだが、エンジニアが造るものがあってもいいじゃないかと自分で言い聞かせ取り組んでみよう。

しかし、この彫刻だが世の中的には今ひとつ歓迎されている訳ではない。日本国中様々な彫刻展が存在しいくつもの受賞作品が生まれているが、それを展示する場所に困っているというのが現状だ。パブリックアートhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88)の世界では「彫刻公害」という言葉もあるほどに世の中にはなおざりにされているアートが溢れている。文化振興を一時的に行えばそれで終わりとばかりに、街中の道路脇に数々の彫刻作品が並べられているが、それに目を止める人は多くはない。
確かに、水木しげるロードhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89)や波平さんの髪の毛が話題になったサザエさん一家の銅像(http://plaza.chu.jp/diary/2012/03/sazaesan-sakurashinmachi.html)など、まちづくりに一定の寄与をしているものもあるが、どちらかと言えばこうした作品は必ずしもアートとして位置づけられているとは言い難い。

次々に生み出される数多くのアート作品があたかも公害のごとく扱われるのは、日本における芸術文化のことを考えれば悲しい感じもするのだが、逆に言えば日本における芸術文化のあり方を考える機会にもなるのではないか。
そもそも芸術は貴族などの権勢を誇るために広がった面(パトロン)もあり、それが現代では公共(自治体など)が引き継いでいる。もともとは個人的な所有物であったものが、社会の共有物となった時点でこうした芸術をどのように扱うかが曖昧になっている感もある。世界的には芸術都市を宣言するところがあったり、あるいは公共事業の一部に常にアートを加える費用を付帯させているような例もある。確かに、優れたアート作品は空間の空気を変える力を持っている。ただ、アート作品はその影響を及ぼす範囲に乱立しても意味を成さない。個々が空間的な縄張りを主張しているのだ。
まあ、そんなこんなでパブリックアート(ストリートアート)の今後がどのようになるかは、街作りの観点から見直しが為されなければならないようにも思うのだが、こうした論を明快に張っている人は多くなく行政に対しての影響力もそこまで大きくないようにも感じている。

ともあれ、そんな難しい場所にできることなら今年は参戦してみたい。

グリーングリーン 2013/01/28 11:26 街の彫刻もいいですが、醜い電柱と電線、それに毎年大型化して増えに増えている赤青黄色のけばけばしい屋外看板の類を消す方がよほど良いように思えます。 抱負とは関係ないですが。

job_joyjob_joy 2013/01/28 14:15 >グリーンさん

電線地中化は、日本全土でも4〜5兆円くらいでできるはずです。ただ、災害の多い日本の場合に地中化は復旧を遅らせるので、悩みどころではあります。
あと、綺麗な風景というのも良いですが、雑多な混沌も日本のおもしろさの一つかなとも思っています。少なくとも全国が画一的にならないようにして欲しいです。

グリーングリーン 2013/01/29 12:31 災害が多いからこそ電線は地下に設置した方がいいということに阪神大地震以降なったように思います。あの災害で電柱が多く倒れて道路を塞ぎ、避難できなかったり救助活動の大障害になったことで改めて災害に弱い電柱・電線ということが問題になりました。

job_joyjob_joy 2013/01/29 12:50 >グリーンさん

う〜ん、地下化しても地盤が動けば同じように破断しますし、回復は容易ではないと思うのですが。すべて共同溝にするというのであれば、フレキシブルなジョイントを用いての耐震性には意味があるようにも思います。
あと、東日本大震災の教訓で津波の問題があります。これがあると、地中の電線等は全て使い物にならなくなる可能性もあると思います。
痛し痒しではないですか?

グリーングリーン 2013/01/30 11:28 ケースにもよるでしょうから一律に決められない面もあるでしょうね。 ちなみに通信インフラの回線被害についてみると、やはり地中化の被害が高架線に比較してわずか80分の1でしかなかったそうです。http://www.cgr.mlit.go.jp/chiki/doyroj/gaiyou/2-2%20%E7%84%A1%E9%9B%BB%E6%9F%B1%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%8E%A8%E9%80%B2/1%20%E7%84%A1%E9%9B%BB%E6%9F%B1%E5%8C%96%E3%81%AE%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%A8%E5%8A%B9%E6%9E%9C/1%20%E7%84%A1%E9%9B%BB%E6%9F%B1%E5%8C%96%E3%81%AE%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%A8%E5%8A%B9%E6%9E%9C.htm

job_joyjob_joy 2013/01/30 11:57 >グリーンさん

電線地中化だけを取り上げるのではなく、共同溝化を進めればメリットが大きいかなと思うのですが、こちらを全てやるとコストが。。。^^;
地中配管の方が地震そのものには強いのは確かのようですね。普段のメンテナンスがやりにくいという方が正しいのかな(wikiで若干デメリットも指摘されているので)。
良い面、悪い面がありそうですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/job_joy/20130127/1359265261