Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2007-07-31

言いなり


 端子付けの準備ができたので、他研究室の先生と一緒に実験。予想した振舞いは見られなかったが有用なデータは取れた。まずまず。

 ◇ ◇ ◇
 投票に3年間行っていないということは、丸川珠代氏はもともと政治に興味がない人なのだと判断せざるを得ない。やはりこういう人を議員にするべきではない、というか、ならないほうが本人にとって良かったのではないかと思う。彼女の場合、よりによって自民党から出馬したのも、報道陣を連れて期日前投票に赴いたのも、誰かにそうしろと言われて言いなりになっていただけのように見える。
 安倍首相も、続投の意志を表明して内外から批判を浴びているようにニュースでは報じられているが、じつは本人はやめたいのに周囲がやめさせてくれないのだという噂も聞こえてくる。続投させることで何らかのメリットを得る人がいるということか? (かといって、彼が総理を辞任すれば物事がうまく行くというわけでもなさそうだけど。)表に出る政治家の多くは誰かの言いなりで動いているだけで、黒幕の考えていることはこちらには見当もつかないというもどかしさを感じている今日このごろ。

2007-07-30

自民歴史的大敗


 7/29 (日):完全休日。髪を切る。投票。洗濯。松任図書館。夕食にうなぎ蒲焼きをスーパーで買って食す。夜はずっと選挙特番を見る。
 7/30 (月):朝から夜まで端子付けや配線作業。

 ◇ ◇ ◇
 あちこちの選挙区で自民党と民主党の大接戦が繰り広げられ、その多くで最終的に民主党が競り勝っていた。保守王国・石川でも最初は自民党候補がリードしていて「やっぱり…」と思ったら、最後はなんと民主が逆転勝利。日本国民がここまで一致団結するとは、正直、意外だった。

 ここ数ヶ月、「年金」「政治とカネ」「失言」といった数々の政府の不祥事が明るみに出て、それと並行して安倍政権の支持率がみるみる下がって行ったのには目を見張った。一つの不祥事のほとぼりが冷めぬ間にまた次の不祥事が、というようにじつに絶妙な間隔で表に出て来たのが効いたと思う。中でも年金問題が致命的だったね。これだけ多くの国民が「国に酷い目に遭わされた」と肌で感じた不祥事は珍しい。人は自分の身に降りかかった災難には敏感だからな。

 自民党の一党独裁があまりに長く続きすぎたので、今回の参院選の結果、民主党と自民党の力が拮抗するようになったのは良い傾向だと思う。だがもしこのまま風が吹き続けて、衆議院も民主党が第一党になったりしたら、自民党の二の舞になりそうでかえって良くない気がする。2つの党が差しつ差されつ、時には協力しつつ、効率的にやっていくのがいいんじゃないか。

2007-07-28

リレー


 自動測定装置の使用終了。別の実験の準備開始。初めての、しかも神経を集中させる作業で、緊張する。夕食後はついに電池が切れて爆睡。

 ◇ ◇ ◇
■『忍法十番勝負』横山光輝・他9名共著(1966 秋田書店)

 子供の頃から気になっていた一冊、ようやく読了。大阪城の抜け穴の場所を記した巻物をめぐって、徳川方と豊臣方の忍者同士が血なまぐさい争いを繰り広げる物語を、石ノ森章太郎、藤子不二雄A、横山光輝、松本零士ら、当時雑誌で人気を博していた十人の漫画家がリレー形式で描いている。物語の大きな流れのみがあらかじめ決まっていて、各漫画家がその最低限の制約の中で自由に筆をふるったと思われる。こういう企画は漫画では他にあまり例を見ない。個人的には、異なる漫画家が同じ人物を登場させている場合、キャラ造形の擦り合わせくらい行なってほしかったが、それも含めて漫画家ごとに異なる作風を楽しむのも一興。たとえば、当時のページのコマ割りは縦を4段に等分するのが基本だったのに、松本零士だけは任意に幅と段数を変化させた自由なコマ割りをいち早く取り入れていることにも気付く。

 考えてみればこの頃は忍者ものが流行だった時代。たぶんその火付け役であった大御所・白土三平も、七番目に登場して風格を放っている。彼は忍術を可能な限り科学的に説明することでリアルなドラマにしようとした人。しかし他の執筆者たちの中には、忍術を魔法と同じファンタジーのように扱っている人もいたりして、忍者ものの中にもいろいろな考え方があったのが感じられて面白い。
 歴史に疎い私は忍者ものの最低限の歴史的背景(徳川についているのが伊賀忍者、豊臣方が甲賀忍者)をようやく本書で把握した。猿飛佐助も真田幸村に仕える甲賀の忍だった。それを知ると昔愛読した『サスケ』も一層奥行きの深い物語に感じられてくる。思わず YouTube で『サスケのわらべうた』を探して聴き入ってしまった。

ジパング


 朝帰り。夕方までうだうだとしてから職場へ。昨日の作業の続き。何故かうまくいかず、来週早々に仕切り直しだ。

 ◇ ◇ ◇
■ プレミアム10『世界遺産 石見銀山〜銀の島ニッポンを狙え』(2007. 7. 27 NHK)

 今年世界遺産に登録された島根県の石見銀山は、じつは日本と世界の歴史の上で大きな意味を持っていたのだった。ザビエルが日本に来たのも、ポルトガル船が種子島に鉄砲を持って来たのも、要するに石見銀山を主産地とする日本の銀の入手が大きな目的だったのだ…という。石見銀山って最近まで名前も知らなかったけど、日本が世界に知られるようになる過程で重要な場所だったのだな。資源に乏しい国と特徴付けられてしまう現在の日本から見ると、当時の日本はずいぶん事情が違ったようだ。

 金属というのは理系と文系の両方の面から興味が持てるテーマである。灰吹法という昔ながらの銀の精錬方法は化学、貿易港や外国との貿易ルートは地理、そしてポルトガルやオランダの布教活動と日本の幕府との関係は世界史・日本史というように、石見銀山ひとつ取っても、深く知ろうとすると様々なジャンルの知識が関わってくる。
 中学や高校では普段は各教科を独立に授業するけれども、たまにこのような学際テーマを特別に取り上げて、複合的アプローチで学ぶというイベントをやると面白そう。のみならず、各教科の先生はなるべく普段から授業内で他の教科との関連性を説明し、各教科が密接にリンクしていることを示してくれると生徒は興味が湧くと思う。

2007-07-25

プレゼン


 学内の知財関係部署のヒアリングでプレゼンをした。自分の開発した技術を大学側で特許化するかどうかを判定してもらうためのミーティング。ここ数日この準備に費やしていたが、終了後、8人の判定担当者からはかなり的確で容赦のない質問や指摘が浴びせられ、学会でも久しく味わったことのない針のムシロ状態を体験した。普段自分一人で研究をやっていると、問題を深く突き詰めて考える努力をつい怠ってしまいがちだけれども、厳しく自分の研究と向き合わなければ世間にも相手にされないのだということを今日の議論で感じた。この雰囲気は何かに似てる…と思ったら『マネーの虎』だな。結果、不備な点を補ってから再度審議にかけることに決定。頑張らねば。
 疲れてしまい、夜から自動測定装置で測定開始の予定だったが明日に延期。

2007-07-24

行動記録


 7/18 (水) - 20 (金):主に自動測定装置用のサンプルホルダーの工作をしていた。装置のマシンタイムが始まるのに合わせて完成の予定だったが、直前になってホルダーの径が広がっていて装置に入らないことが判明。急遽古いホルダーに試料をマウントし直したり、広がっているホルダーの羽根の部分を締め付ける方法をメーカーに訊いたり、バタバタする。あと共同研究用の試料作成と予備測定、それを持って相手の先生と打ち合わせとか。
 7/20 (金):講座の新歓兼送別会(私の)。3次会まで。最後は記憶が断片的なのだが、後で聞いたら自分はかなり暴走していたとか。まあ楽しかったが故であろう。
 7/21 (土) - 22 (日):二日酔いをなんとかやり過ごして、職場へ。主に素子作成。
 7/23 (月):素子の測定。研究室の粗大ゴミを一箇所に集める作業。

 自分が観覧した回のオンバトの放送があった。自分の顔はオンエアされなかった。それはともかく、ライブの時と放送を見た時では見る側にもものすごい温度差があるな。2時間半の収録を 30 分の放送に縮小したせいもあるし、放送では最初に結果を知らされるという構成上の違いもあるし。

2007-07-17

中越沖地震


 午前、部屋で横になっていたら、かすかな揺れを感じ、それは次第に強くなってやがて部屋全体を揺さぶる程の揺れになった。物が落ちるほどの揺れではなく、身の回りには被害はなし。最初の微動でなんとなく「あ、遠くで大きめの地震が起きたんだな」と感じたのだが、これは振幅が小さい割に周期が長かったためであろう。あとで TV を見て、新潟長野で震度6強を記録したことを知る。近年、日本海側に地震が多発しているのはどういうことか? 地震は主にプレートの境界線上で起こるという展示を米国博物館で見たけど、そう単純なものでもないようだ。
 
◇ ◇ ◇
 午後、職場へ。メールやりとりとか論文入手とか。街へ出て、研究用素材を集めに中古家電製品店やパーツショップやホームセンターを回る。夜、なんだか食べたくなったので焼肉屋へ。生ビール2杯。帰ってすぐ寝る。

早起き


 5時半に自然に目が覚める。以前にもこういうことがあった。夕食にビールを飲みつつ焼肉を食すと、早く寝てしまい、翌朝も早い時間にすっきり目覚める。焼肉、ニンニク唐辛子生野菜ビール etc. の何が効いているのか、あるいは複合作用か、興味ある。
 ところで、サンチュと銘打ってサニーレタスを出してくる焼肉屋って、どうなんですかね。

 ◇ ◇ ◇
 一日、素子作成。並行して購入すべき工具の選定。

2007-07-13

ぼやき


 最近は工作物のデザインや加工をこなしつつ装置発送のためのやりとりを続けている。今週になってまた予想外の難問が立ちはだかった。フランスの税関を通る時に必要な「カテゴリー番号」を取得するのに1ヶ月半ほどかかるという。
 過去にあまりこういう大学間の装置輸送の例がないこともあり、手探り状態で進めるしかない。こういう事務手続きは苦手だ。サンプルホルダーの設計をしていたほうが千倍楽しい。なんかルイ 16 世みたいだな。

耳コピミス


 工作とか、共同研究者とのやりとりとか。今週末に予定されていた装置発送は大幅に延期されることになり、なんだか気が抜けた。
 気がつけば、図書館やレンタルコミックで、何かに取り憑かれたように漫画を借りまくっている。

 ◇ ◇ ◇
・似ている曲シリーズ
 『時代は変わる』ボブ・ディラン〜『世界に一つだけの花』槇原敬之

 ところで You Tube をうろうろしていたら、『ライナスとルーシー』のキーはやはりA♭らしいということがわかった。以前偉そうに A とか書いてすみません。

2007-07-10

余裕


 日曜の午後から月曜の夜にかけて6回製膜。これが現職場での最後の製膜になる可能性が高い。「可能性が高い」という書き方をするのはまだ不確定だから。予定では今週末に製膜装置をフランスへ発送することになっているのだが、まだ段取りが終わっていない。一口に物品を海外へ送ると言っても、まず (1) 物品を学外に出すことへの本研究科全教官の合意を得、(2) 各物品が日本の輸出令に違反しないという証明書類を用意し、それらが完了した上で (3) 大学間の譲渡証明書を作成し、(4) それをフランス側の運送会社に示して輸入を承諾させ、それでようやく発送が可能となる。いま (3) を待っているところ。今週末の発送は無理かもしれない。
 そんなこんなでちょっと気持ちに余裕がなくて、飲み会に来てくれた人にもあまり良い顔を見せられなかったり、普段はまず口にしない「馬鹿にすんなよ」「迷惑だっての」などという暴言を吐いたりした。相手には悪かったと思う。でもまあ率直な気持ちだったので、撤回はしません(笑)

2007-07-03

オマージュ


 部屋の片付けとか洗濯とか。今日は不要な本を重点的に処分する。本の積み上げられたいくつものタワーが長いこと畳の面積を塞いでいたが、ようやくビリーズブートキャンプできるくらいに畳を露出させた。やらないけど。
 電子パーツ屋へ買い物。途中、古紙回収業者の回収ボックスへ新聞・本類を投棄。自然食品店で無添加シャンプーとかおからクッキーとか竹炭粉のまぶしてある落花生とか買う。
 職場へ。重い腰を上げて査読すべき論文を読み始める。

 ◇ ◇ ◇
・『ドラえもん最終話』
 藤子・F・不二雄氏とは無関係の一般人が執筆した全 16 ページの個人誌。最近、藤子プロ小学館が作者に抗議して話題になっていた。急に読みたくなって、ネットで見つけて閲覧した。
 ストーリーは 10 年ほど前に流布したいくつかの最終話伝説の1つ。ドラえもんが電池切れで動かなくなり、それがきっかけでのび太ロボット工学者になる話ね。絵や細かい台詞は、かなり高いレベルで藤子 F タッチを再現している。読後感も感動的で、いい話に仕上がっている。私は、原作への深い愛情がなければここまでの仕事はできないだろうと思った。商業誌のキャラを使って自分で描いたマンガを売る同人誌(個人誌)活動は何万もの人々がやっているし、これまで別に問題になったことはないと思うのだが、何故今回クレームがついたのか不思議。「オマージュ」「リスペクト」「カバー」「パロディ」「パクリ」と、他人の絵を真似して作る作品の呼び名はいろいろあるが、原作者側は「パクリ」と判断したのであろうか。
 図は、明確な目標を持って一心に勉強し始め、優等生となったのび太の台詞。勉強とは何かを思い出させてくれた気がする。いまの理科系学問の世界に「自分はこの目標を成し遂げたいために研究者になったのだ」と言う人が何%くらいいるかな、などと考える。いや、そうでなければダメと言うわけではないけど。

Connection: close