Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008-01-31


 昨夜:いつもの如く、夕食のワインが回って10時頃にもう眠くてたまらなくなるも、寝るのをちょっと我慢して日本から持ってきた『文藝春秋』を読み始めたら、面白くなって結局1時まで読み耽った。1月18日に書いた関係式を積極的に利用して、眠気の波をやりすごし睡眠をコントロールすることは可能だとわかる。それはともかく、何らかの手段で日本の雑誌を定期購読できないだろうか。パリのジュンク堂とかに行けば店に置いてあったり、毎月送ってもらえたりするのだろうか?

 本日:論文の図の検討。1ヶ月後の装置立ち上げに際し購入部品の検討。

 職場の人から「How are you?」と挨拶されて「サヴァビアン」と答えてみたらとても喜ばれ褒められた、ということが今日2回あった。嬉しいのだけど、向こうにすれば赤ん坊が初めて言葉を喋ったのを見て喜ぶようなものであろう。

2008-01-30

曇、朝も午後も冷える


 ひたすら論文読み。

 「アベック」という言葉はフランス語の avec に由来していることをこっちに来てから知った。英語の with に相当する前置詞だから、日常の喋り言葉でも頻繁に使われる。日本にいた時に、会話の中でつい「アベックが…」と口にしたら、それは死語だと笑われたことがあった。なんだか不思議だね。でも大阪ではアベックと言うのが普通で、カップルなんて言わないらしいし(生瀬勝久氏による)。何が言いたいかというと、「人の言葉尻をとらえて死語だと笑って話の腰を折るのはやめてくれないか」。

【おまけ】頭から離れないクリップ第2弾。フランス版ゴリエですか?

2008-01-29

快晴、朝の気温は−3℃、霜おりる


 金曜夜:カレー6皿分作る(当地で初)。ルーはアジア食材店で買ったS&Bゴールデンカレー。やはりこの味と香りは食欲を刺激してやまない。煮込むほどに旨くなるし、途中でワインを加えたりクリームチーズを加えたりしたことでさらに味の変化が楽しめたし。月曜の朝まで朝食と夕食は毎回このカレーだったけど、全然飽きなかった。
 『スター・アカデミー』:生放送。ゲストに大物セリーヌ・ディオンが登場。

 土曜:市の北部にあるホームセンターに行く(初)。建材なら電球からバス・トイレまで売っている大型店。生活の立ち上げにはやはりこういう店が必要だな。で、スチール棚と木の引き出しを買う。旅行用キャリアにくくりつけてバスで帰る。苦労した。いったん帰宅後、出直していつもの La Riche Soleil のショッピングセンターへ。安物の服を何着か買う。
 『NRJ ミュージックアワード』:カンヌから生放送。年に1度の音楽の祭典。レコ大みたいなものかな? ここでもセリーヌ・ディオンが登場。

 日曜:前日に買ったスチール棚を組み立てる。古本屋のワゴン状態だった本が一応すべて棚に納まった。ようやく人に見せられるような室内になったな。

 月曜:重要な参考論文類をごっそりアパートに置き忘れ、出勤途中に取りに戻る。週末の間、研究のことを一切考えなかったのがバレバレ。

2008-01-26

快晴、朝と日中の気温の差が激しい


 夜のテレビニュースで断片的に全豪オープンの結果をフォローしている。フランスなので、ツォンガの話題で持ちきりだ。後でネットで調べて、この人がノーシードから勝ち上がってきたことや、大本命が敗れたことなどを遅ればせながら知った。なるほど大変なことが起こりつつあるんだな。準決勝後のインタビューでは本人も憔悴している感じだった。どうなるか。

 論文:資料集めは一段落ついた。計画ではあと1週間で書き上げることになっている。無理だろう!

2008-01-25


 朝、家のことをしていたので少し遅れて出る。久しぶりに夜明けの後に通勤バスに乗った。

アングレーム国際バンドデシネフェスティバル
 「フランスに住むことになったらコレに行くんだ」と密かに思っていた漫画の祭典、今日から開催。TGV で行けば当地から1時間弱かな。でも自分のフランス語能力と展示の見たさを秤にかけた結果、まあ今回はやめておこうと思った。

2008-01-24


 誘われて同僚らとともに大学食堂で昼食を食べる(初)。町でサンドイッチを買うのと大して変わらない値段だが、ずっと美味くてボリュームがある。もっと早く行けばよかった。同僚と以前より気軽に雑談を交わす良いきっかけにもなったし。別に声をかけてもらうのを待っていたわけではないけど、こちらから「連れて行ってよ」と言うのはなんとなく憚られたのだ。

 一時帰国の時に買った旅行用キャリアに段ボールを1箱ずつ積んで、職場からアパートへ運んでいる。車を出してもらえば早いのだが、なるべく人に頼りたくない。どうせ帰り道に引いていくだけだし。

2008-01-23


 論文執筆用の情報収集続き。調べるほどにわからない事柄が増えてくる、というのが通常のパターンだけど、今回は調べるほどに「そんなことは世間じゃとっくの昔にわかっていた」と判明する事柄が増えてくる。自分のやったことの新規性をどのように主張するかが難しい。

 書き忘れていたけど、先週の金曜には靴を買ったのだった。9日から急に商店街のあらゆる店がいっせいにバーゲンセールを始めたので「何じゃこりゃ」と思っていたら、なんでもフランス政府が決める年2回の全国的セール期間らしい。私の買った靴も 30 % 引きだった。朝から晩まで履きっぱなしであることを考えるとぴったりサイズの靴を選ぶ気になれず、1サイズ大きいものを買った。大足みたいに見えて少し格好が悪いのだが。
 靴や服を買う時に店員と交わす会話は、スーパーや市場で食材等を買う時よりも複雑な語彙や構文を必要とする。自分はまだうまくできない。

2008-01-22


 土曜:最低限必要と考え、携帯電話を入手。日本同様いろんなプランがあって迷ったものの、通話料プリペイド方式を選ぶ。これで国際通話とメールチェックはいつでもできる。でもやはりアパートにもネット環境が欲しい、と買ってから思った。(ネットと携帯とテレビをセットにしたプランが別にある)

 夕食は、前から目をつけていた日本料理店に入ってみた。雰囲気からきっと本当に日本人が経営しているのだろうと予想していたが、実際は日本人の店員は誰もいなかった。見当違いだった! まあフランス生活に辛くなったときに日本人との交流を期待して初めて入ってショックを受けるよりはいいか。

 日曜:アパートの自室のダンボールから本を出す。本棚がまだないので、とりあえずテーブルに並べる。露店の古書店のワゴンみたいな感じになっている。

 月曜:大学の図書館の利用者証を作ってもらい、昔の論文誌を借りる(初)。図書館の司書さんは英語はカタコトだけど親切なおばさん。この人のためにフランス語をもっとうまくなろう、とか思ったり。

 【おまけ】テレビで見たこのクリップが頭から離れない。

2008-01-19

曇のち小雨


 論文執筆用の資料集め。昨日ダンボールから出した書籍類が早速出番だ。

 時差ボケはもういいかげん解消されている頃なのに、まだ異常なほどの早寝早起きが続いている。朝早く出勤するのはいいことじゃん、とも言えるが、夕食を食べてすぐ寝てしまっているので自宅ではほとんど脳を使っていない。これはおそらく、録画機でフランス語の番組を再生・視聴しているうちに、現実逃避したくなって睡魔に襲われるからだ。日本にいた頃は宵っ張りの朝寝坊で、テレビや本を見ながら「まだ寝たくない〜」と子供のようにうだうだしていたものだが、今は正反対。つまり心地よさの順序をつけると

  日本語の現実世界 > 眠りの世界 > フランス語の現実世界

となり、意思を強く持っていないと左の方へ左の方へと移動したがる傾向にあるのだ。

2008-01-18

小雨


 午後、職場の学科合同パーティ。ていうかそんなのがあるの聞いてなかったぞ。
 そこでなんと日本人の研究者と出会う。今月から隣の棟に来ているポスドク研究者とのこと。当地で初めて日本語で会話したので、つい嬉しくて舞い上がってしまった。日本人の知り合いを作ると良い、というアドバイスを先輩からもらったばかりだったのだが、その機会は努力せずしてやってきた。

 先日受け取ってそのままオフィスの床に積んであった13箱のダンボールの中身を整理する。一部は棚に詰め込み、一部はアパートに持って帰ることにし、一部は今後整理するということで保留。だが絶対的に収納スペースが足りない。カラーボックスでも買おうか。

2008-01-17


 買い物をしたときに、店の人が言う値段を聞き取れるようになるのが現在の目標。レジスターに金額が表示されていたらそちらを見て確認できるが、レジスターが無く、自分のリスニングだけが頼りという場合は緊張する。
 昨夜、近所の肉屋でソーセージを買ったときもそうだった。店のおじさんが「ドゥー・トレーズ」と言ったような気がして、一瞬「2.13 ユーロかな?」と思ったのだが、間違えるのが怖かったのでつい安全策で5ユーロ札を出した。あとから思えば 2.13 ユーロで合っていたのだ。せめて 13 セントの小銭を出していれば、店のおじさんもわざわざ 87 セントなどという小銭を出さずに済んだし、自分の財布も軽くなるし、お互いちょっとハッピーになれたのに。惜しかった。まあ大したことじゃないけど。

 本日:査読レポートを英文化。一晩寝かせて明日送る予定。
 装置を搬入する部屋の見取り図を PowerPoint で描く。
 以前、Mac の PowerPoint で工作用図面を描こうとしたとき、画面のルーラに従って 10 cm 角の正方形を描いても、印刷した図はそのとおりの大きさにならないことに気づき、非常にイライラしたことがあった。今は職場では諸々の事情により Windows を使っているので、今日、念のため Windows 上の PowerPoint で同じことを試してみたら、驚いたことに今度はぴったり 10 cm 角で印刷される! 「じつは Mac とは仲良しです」などと広告で謳っていても、やはり Microsoft は Apple ユーザーに細かいところで嫌がらせをしているのではないかという疑いが晴れない。

2008-01-16

雨、風強し


 昨日:なんとなく夜のニュースを見ていたら、日本の成人式の模様が紹介されたのでびっくり。新成人の乱痴気騒ぎの実態が映し出されやしないかとハラハラしたが、晴れ着や自治体のイベントそのものが話題の中心で、まあそれほど恥ずかしい映像は出てこなかった。よかった。(テレビカメラに向かってピースして「ボンジュール!」と叫ぶ新成人集団だけは、ちょっと当地の視聴者の失笑を買ったかもしれない)

 今日:査読レポートの下書き。論文(今年2報目)の下書きと情報収集。

 HDD レコーダーで日々録画しているのは、子供向けアニメ、科学番組、そして夜のニュース。アニメでは日・仏・スペイン合作による『マルセリーノ』が注目株。以前から話に聞いていたけど日本では観る機会がなかった。『汚れなき悪戯』のアニメ化作品で、設定など大幅にアレンジしてあり、名作アニメといえる出来に仕上がっている。あのラストがどんなふうに描かれるのか…。ところで『汚れなき悪戯』の原題は『マルセリーノ、パンとぶどう酒』というんだね。

2008-01-15


 土曜日:以前から欲しかった HDD/DVD レコーダーを買う。これでテレビ番組を録画して気が済むまで繰り返し再生できる。フランス語のヒアリングの練習に役立つはずだ。もう一つ、歌番組で流れた曲の名をゆっくり確認することもできる。
 日曜日:HDD/DVD レコーダーのセッティングをして、早速番組を録画したり繰り返し再生したりしてみる。改めて、今の自分の実力ではニュースどころか小学生向けアニメの台詞を聞き取るのも大変だと実感。
 これは応用練習用の機器だな。地道な単語暗記や文法学習といった基礎の勉強と並行して使わなければ。でもテレビ番組の台詞を理解したいという願望が語学勉強のモチベーションになるのは確か。

2008-01-12

曇時々雨


 昨夜:日本の番組の DVD を見たりして、なんとか10時まで起きていた。

 本日:旧職場から新職場に送った自分の荷物(ダンボール13箱)が届く。これは郵便でなく日通を通して送ったもの。郵便で送った荷物は驚くほど手荒な扱いを受けたものが多かったが、それに比べると運送業者のほうはかなりきれいな状態で届いた。こうも違うものか。もちろん運送業者は料金もそれなりにかかるのだが。次の引越しの時はもう郵便で送ろうとは思わないね。

2008-01-11


 昨夜:年賀状の返事が航空便で2枚届いていた。おお。
 時差ボケのせいでここ数日、帰ったら夕食もとらずに眠ってしまう。昨夜も論文投稿完了祝いにと思ってワインとチーズを買って帰ったのだが、封を切る前にベッドに倒れこんだ。

 本日:朝2時半から5時半ごろまで、寝るでもなく起きるでもなく。そのため日中が眠くてしかたない。
 査読のつづき。参考論文等にも目を通す。まだ終わらない。
 昨日投稿した先の雑誌の編集部からメール。早くもいくつか問題点(英語を改善しろとか、度 (deg) を (deg.) と書くなとか)を指摘され、うろたえる。でも「放置されてはいないんだ」という軽い安心感も感じる。

2008-01-10

曇時々晴


 朝 4:10 頃起床。少しずつ元に戻っている。

 執筆論文に最後の修正を施し、ウェブから投稿。自分が筆頭著者の論文を投稿するのは約1年ぶりか…。
 日本で得たデータをもとに今後数ヶ月で3報の論文を書こうとしている。しかしひとまず小休止して、最近依頼された査読にとりかかる。珍しく有名グループの論文が来た…と思ったらやはり内容は疑問のあるものだった。

 久しぶりに自分の工具箱を開いて、はんだづけ作業少々。こちらの研究所ではオフィスと実験室が完全に分離していて、オフィスの机ではんだづけしていると周囲から奇異に思われそうだけれども、まあいいや。

2008-01-09

曇→晴


 昨夜、冷蔵庫に何もなかったので、夕食は町の小さな中華料理屋で食べる。ベトナム風焼き春巻きと鳥のラーメンを頼んだが、ラーメンの麺の細さとチリチリ感……、これ日清のチキンラーメンだろう!! チップは置かずに出た。あとでフランス生活ガイド本を見たら「不快な思いをした場合はチップは払わなくてよい」と書いてあったので、まあいいんじゃないの。

 西に来ると時差の関係で早寝早起きになる。昨夜は8時半頃に寝てしまい、夜中の2時半に目が覚めてずっと起きていた。

 11 月の頭に船で郵送した自分の荷物(ダンボール7箱)がようやく届いた。昨日一度配達されかけたが私が不在だったので持ち帰られて、アポをとって本日午前中に再配達してもらった。主に書籍類。到着を待ち望んでいた本もあるが、我ながらなんでこんな本まで送ったのかと思うものも入っている。

2008-01-08

快晴→晴(トゥール)


 明けましたか。(遅)

 約半月の一時帰国を終え、6日夜にフランスに戻ってきた。今回はロンドン・ヒースロー空港でトランジット(空港から外には出ず)。
 ヒースローの売店でダイエットコークを買おうとして、イギリスの通貨を持っていないことに気づき、クレジットカードで買った。これだけでは気が引けるので雑誌1冊つけて。が、この売店はユーロも使えることを後で知った。
 パリ行き飛行機の搭乗口でチケット確認の空港係員に「コンニチワ」と言われて少し驚いた。ヨーロッパでヨーロッパ人に日本語で話しかけられたのは初めてかも。

 6日夜はモンパルナスの安宿に泊まり、7日午前に TGV でトゥール(サン・ピエール駅)に移動。アパートに荷物を置いて着替えてすぐ出勤。再始動の初日は冬のフランスにしては暖かく好天であった。これからの長期滞在、前途多難だが、頑張ろうという気になった。

Connection: close