Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008-03-30

晴 久々に春らしい陽気


 昨夜はテイクアウトの寿司屋で1人でお祝い。前回接客をしていた日本人女性は今回はおらず、ハチマキ巻いたフランス人のおっさんとフランス語で会話せねばならなかった。
 本日:昼頃、ショッピングセンター La Riche Soleil へ。セルフヘアカットに使う手鏡とヘアクリップを購入。自分の髪を切ることが趣味の域になりつつある。美容院の前を通ると、美容師さんの手元の動きに目が行く。

 そろそろ自転車に乗ろうと思う。まず、借りるか買うかの選択肢がある。バス会社のやっている貸自転車は1年間借りっぱなしで(バスの定期を持ってる人なら)67 ユーロというお手頃価格なのだけど、ママチャリ的なデザインが少々気に入らない。一方、もし買うとしたら、町の自転車専門店でちゃんとしたのを買うか、ショッピングセンターの安物を買うか、また選択せねばならない(ちなみに中古自転車を扱う店は見当たらない)。乗る期間を1年間程度と仮定し、貸自転車の料金との比較も考えて、もし 100 ユーロ程度で買える自転車があれば購入してしまおうと思う。
 ちょうど郵便受けにたくさん入っていた大型スーパーの広告で、いまあちこちで安売りをしており、99 ユーロなどという自転車もあることを知る。1週間以内に買う気配濃厚。

2008-03-29

曇のち晴


 論文 F(準備中)のための数値解析つづき。昨日は2次元平面を扱ったが、それを3次元の立体に拡張する試み。3次元になると手間が8倍くらいかかる気がする。しかも Excel なので点の数をあまり増やせない。
 論文 A(改稿中)の共著者先生からチェックされた原稿が届く。
 そして先ほど、2月末に投稿した論文 B の受理を知らせるメールが編集部から届いた。やった! 一発でアクセプトされたぜ!(もっともその前に別雑誌で門前払いを食らってるけど。)査読者の評価もパーフェクトだった! 私の知り合いの人かな? まあとにかく嬉しい。ありがとう査読者さん。今日は早く帰ろうっと。

2008-03-28

晴時々曇


 出勤前に、県庁に行って新しい滞在許可証の申請。担当の女性は昨年 11 月に最初の滞在許可証を申請したときの人だった。言われるまで気づかなかったが、そういえば彼女のブースに貼ってある子供の描いた絵はなんとなく覚えている。絵を覚えているのに人の顔を覚えられないのは何故だろう。人の目を見て話すのが苦手な自分の性格と関係がありそうだな。
 出勤。論文 F や今後の研究に使うために、Excel を使って数値解析の真似事をしていた。有限要素法っていうんですか? プログラムが組めればよいのだが、経験がなくて何から手をつけたらよいか見当がつかないので、とりあえず使い慣れている Excel で、すごく単純なモデルを立てて。それでも夕方までかかってなんとか思い通りに動いた。

2008-03-27

曇時々晴


 ポスドク期間に対応する新しい滞在許可証を交付してもらうための書類を受け取りに、町なかにある大学の事務局へ行く。昨日電話で場所を聞いたときに若干不安があった。「203 号室に来てください」「どのビルですか?」「橋の近くのビルよ」…案の定、橋の近くにある大学のビルは1つではなかった。いろんな人に教えてもらってようやくたどり着いた。でも会ってみたら係の女性は親切でフレンドリーなおばさんだった。
 論文 F:どんどんわけがわからなくなってくる。うーむ。

 ◇ ◇ ◇
・『オレンジ L'Orange』
 ジルベール・ベコーの曲。1人の男が市場でオレンジを盗んだ疑いをかけられ、群衆から糾弾され、追い詰められるという悪夢のようなストーリーが歌の中で展開される。一度聴いたら忘れられない強烈なインパクト。「ステージ 101」の回顧 CD に収録されていた日本語版を数年前に聴いて知ったのだけど、なんとなく幼少時にこの番組で聴いていたような気もする。
 たまたま Star Academy 3 のメンバーによるクリップの一部を歌番組で見たのをきっかけに、原詩を調べてみた。寄ってたかって男を責めたてる群衆と、無実を訴える男の掛け合いの言葉の意味は、だいたいステージ 101 の日本語詞のとおりだったのだが、日本語詞になかった点が1つ。この男は外国人らしい(単なる‘よそ者’の意味かもしれないが本質的には違いはない)。大勢のフランス人が1人の異邦人(移民?)を、些細な言いがかりをつけて吊るし上げる歌だったのだ。群集心理と排他感情の恐ろしさ。フランスってそういう国か…と何とも苦い後味が残る。が、何もフランスだけでなく、残念ながら日本もまたそういう国だったことに思い当たる。
 こちら G.ベコーが歌う原曲のクリップ。

2008-03-26

晴時々曇、花粉症っぽい


 論文 F:構想を練っているが、一筋縄では行かなそうだ。
 先日の「30 円実験」は、もっとちゃんとした素材を使って行うことにして、ネットでその素材を取扱う業者を調べた。中にサンプルを無料提供していますという業者があり、うまくいけば 30 円どころかタダでできるかもしれない。

 ◇ ◇ ◇
 クロード・フランソワは『マイ・ウェイ』の原曲を作った人だったんだね。この曲はポール・アンカが作ったものとずっと思っていたが、アンカは英語詞を付けただけだったのだ。自分の中でフランソワの位置付けが「感電死した人」から「マイ・ウェイの作曲者」に大きくレベルアップした。あと、彼の『Le Lundi Au Soleil(陽の当たる月曜日)』をサエキけんぞうがカバーしていることを知った。そのビデオクリップが先日のフランソワ記念番組でちょっと紹介されていた。いきなりフランスのテレビに「仕事をやめよう」という日本語の文字が映し出されたのでびっくりしたよ。

2008-03-24


 日曜:一瞬だけ職場に来る。メールチェックとか資料を取りに。
 帰宅後、昨日買った梳きバサミで髪を整える。今日も結構な量の髪を切った。なるべく長さを短くせず、かつランダムになるようにしているのだけど、まだ量が多いのか、ちょっとモンチッチみたいになった。
 だが自分で自由にカットする作業はやはり楽しい。「髪はプロに切ってもらうものだ」「しかしプロに頼むとなかなか自分の思い通りにならない」という長年のジレンマから解放されたのだ。今までカットしてくれた理(美)容師さんたち、ありがとう、さようなら。僕は独力で生きるすべを手に入れました。今後、頻繁に人前に出るような状況にならない限り、とうぶんセルフカットで行こうと思う。

 本日:通常通り出勤しようと家を出たが、バスは来ないし街に人も少ない。なんか変だな、と考えて思い当たった。そういえばカレンダーで今日の日付は赤い字になっていたな! 後で調べたら「復活祭の翌日の月曜日」という名目の祝日らしい。それでも職場に来る。もうカレンダーで赤い日付を見てもあまり嬉しがったり気に留めたりしなくなった。

* 3/19, 20 の日記に追記。

2008-03-23

曇時々晴一時雨


 午前中はうだうだと過ごす。午後、ショッピングセンター La Riche Soleil へ買出し。念願の梳きバサミと櫛を買う。明日これを使ってみたい。
 先日は躊躇したが、やはり自室からインターネットに接続したいという欲求が断ち難く、電話会社 Orange にて正式にプランを申し込む。2週間後くらいに使えるようになると思う。
 職場へ。メールの授受など。2週間後にはこんな用件で週末に職場に来ることもなくなるだろう!

2008-03-22

雨→晴


 出勤前に自宅の iMac で自著論文 A のチェックをし、職場から共同研究者の先生にメール送付。改稿に1ヶ月かかってしまった。まあそれだけ内容も濃くなったと思う。
 情報発信(執筆)に一生懸命になっている間は、気分が高揚する。それが一段落ついたので気分もややクールダウンした。こういうときは情報発信の逆、つまり情報収集とか情報探索作業に従事するのが適している。ということでジャーナルの論文チェックをしばらくやった。
 さらに新しい単著論文 F のストーリーを練り始める。あまり時間をかけずにチャッチャッと投稿してしまいたい。

2008-03-21

晴(曇)


 パリの安宿で1泊し、帰途につく。帰りは TGV でなく普通の電車を使ってみた。パリ・オステルリッツ駅を出発、2時間ほど揺られて昼頃トゥールに到着。一旦帰宅して昼食をとり、午後に出勤。論文改稿。

2008-03-19

晴(曇)


 昨日:帰途、春用のジャケットを買う。
 本日:大学から指示された保険証の申請をしに街中の事務所へ。必要な書類を自宅に取りに戻ったりして3時間ほど移動に費やす。その後、論文 E についてメールしたり、論文 A の改稿したり。A の流れはだいたいできたけれど、明日昼までに英語原稿完成は無理だな…。

晴時々曇(トゥール)、曇時々晴一時雨、寒し(パリ)


 論文 A の日本語による改稿のたたき台ができた。
 本日午前は出勤。昼から TGV でパリに向かう。

 今回のパリ行きの主目的は、フランス旅行に来た友人と会って夕食を共にすること。渡仏前に飲み会をして以来なので、5ヶ月ぶりだな。ホテルのロビーで待ち合わせ、カフェで2時間ほどダベり、その後日本家庭料理店「みよし」にて夕食。結局6時間ほどずっと喋っていた。私にしてみれば思う存分日本語を喋れる年末年始以来の機会だったし、また友人が言葉のキャッチボールの名手で、心地よい喋り相手なので、実に楽しく、6時間も長いとは思わなかったな。ところで友人はフランスの食べ物が身体に合わず、おかげでフランスには悪印象を持ってしまったらしい。

 これに先立ち、待ち合わせまでの数時間を使って、以前からチェックしていた日本関係の店をいくつか訪れた。行った場所:ラーメン屋「善」、書店「ジュンク堂」、古書店「BOOK-OFF」、日本食材店「京子」、在仏日本人会事務局(これだけ凱旋門の近く)。ほとんどがオペラ座界隈に集まっている。このあたりには他にも日本関係の店が多く、ヨーロッパ風の古い石造りの建築物に日本語の看板が多くかかっている町並みは奇妙な感じだ。

2008-03-18


 クロード・フランソワの記念番組を見ていたら、一瞬『レディ・レイは最高さ!』(メッツ)の冒頭のフレーズが流れてきて、思わず「うお〜〜!!」と叫んでしまった。フランスの曲だったのか。Am キーで最初が A7 で始まる珍しい曲。知っている(覚えている)人いますかね。

 日曜も職場に来て仕事した。新たに共同研究先と共著で論文 E を書く話が持ち上がり、そのストーリーを練っていたのだった。夜9時過ぎのバスで帰る。平日もそんな遅くまで職場にいたことは(当地に来てからは)ない。最近の実験結果も参考にして、なんとかうまくまとまったと思う。充実感を感じる。
 今日は先延ばしにしてきた論文 A の改稿をしていた。もう少しだ。
 ところで 19 日にパリに行くことになっている。論文 A の再投稿は無理だったけれども、せめて共著者に原稿を送ってから行きたい。

2008-03-16

晴→曇 暖かい(18℃)


 昨日:「30 円実験」を試してみたものの、一発ではうまくいかなかった。クリアすべきハードルがいくつかある。

 今日:木曜日のカットの結果が不本意なので、洗面台の鏡の前で、自分の髪にハサミを入れて形を整えた。日本で切ってもらっていた美容師さんのハサミさばきを思い出しつつ、鏡の中の像を頼りにハサミを動かすのにとまどいつつ、時間をかけて。慣れてくると髪を切る作業はなかなか快感だし、自分の望む髪の量や形に自分で近づけていけるのが嬉しい。結果、フジタ度は抑えられ、2日前よりも恥ずかしくない様相になった。
 しばらく観察して、気になる箇所に来週あたりにもう1回ハサミを入れようかなと思う。いっそのこと、これから週に1回少しずつハサミを入れ続ければ、もう美容院に行く必要もなくなるのでは? 今まで自分でカットをしたことがなかったのは「美容師さんみたいにうまくできるはずがない」と卑下していたからだった。しかし美容師でも下手な人がいることがわかった今、「いくら自分が下手だとは言っても、アレよりはマシだ」と思える。その意味で木曜日の美容院は良い経験であった。

 4ヶ月間の「外国人研究員」というポストは昨日で終わり、今日から単なるポスドクになる。勤務場所は同じ。契約期間はとりあえず1年半(ほかに職が見つかれば途中で切り上げる場合もある)。給与は下がるが、それでも日本で助手をしていた頃と同程度。
 最近ようやく研究所内での勝手がわかってきて、やりたい実験がある場合に自分で動けるようになった。今後とも充実した研究生活が送れそうだ。雑務に追われることもなく、時間をたっぷり使える今の状況を得難い機会と思い、長期的に自分の為すべき仕事をじっくり追い求めようと思う。

2008-03-14

曇(晴)


 「やるべしリスト」を作って出勤したのだが、帰りに美容院の予約をしていたのを考えに入れておらず、全部はできなかった。家でもう少し仕事しよう。

 最近、あるフランス男性歌手の映像をやたらと音楽番組やニュース番組で見る。30 年前に亡くなったクロード・フランソワという歌手の命日らしい。ふーん、知らないなあと思っていたのだが、さらに「部屋で電球が曲がっているのを直そうとして感電死した」という詳しい情報を見たとたん「ああ、この人か!」と自分の 30 年前の記憶がよみがえってきた。彼の名前は忘れていたけど、フランスで歌手が電球を替えようとして感電死したというその小さな新聞記事を、当時中学生だった私は切り抜いて、地理の授業でクラスのみんなの前で発表したのだった(毎回交代で世界の出来事の記事を持ってきて皆に紹介するというコーナーがあった)。
 フランスでは今でもファンが追悼イベントに参加したり CD が売れ続けていたりして人気は根強いようだが、日本ではもはやまず話題にならないだろうし、自分がフランスに来なければこの記事の主人公の名は二度と知ることはなかったと思う。不思議な縁だな。


 午後から共同研究先に行くので、早めに更新。

 昨日:夕方、予約を入れ直していた美容院へ行き、カットしてもらう。日本の美容院でのカットに比べて短時間で終わり、切った後に頭を洗いもせず、シンプルな施術だった。そのぶん料金も 18 ユーロとお手頃。だが帰って形が崩れてきた頃に鏡を見たら、前髪が横一直線に切り揃えられた、自分の一番嫌いな形だった。ちょっと藤田嗣治みたいな感じ。フランス人美容師ってのは、日本の男ならフジタの髪型にしとけばいいと思ってんのか? これからは毎日ジェルで整髪しなければ。やはりコトバが通じないとこういう問題が生じる。
 新しい土地に引越してきて数回は、好みの美(理)容室を探し当てるのに苦労するのが常。とりあえずもうこの店には行かねえ。

 自分の実験に関する、小さな、しかし斬新なアイデアを思いついて、ちょっと興奮している。昨夜の睡眠時間は4時間くらいなのに目が冴えている。 30 円くらいの材料費で論文用データが1つ手に入るかも。

2008-03-13


 自転車を借りに行くも、「来週」と拒絶される。理由はフランス語で言われたのでわからない。在庫がないのかも。
 部屋にインターネットを引く相談に行く。月 39.90 ユーロ+初期費用がかかる。ちょっと躊躇する金額。やはり当分ネットは職場だけでいいやと思う。
 本屋のマンガ売場をうろつく。なんと『赤い雪』(勝又進)のフランス語版が出ていた。嬉しかった。
 中華料理屋(2回目)で夕食。


 一日外出せず、アパートに篭る。結果、体重 0.7 kg 増える。

 鴨南蛮らしきものを作って食べる。鴨の肉はスーパーで普通に売っている。噛んで味がある。日本そばの具になるとは鴨も思ってなかっただろうな。そばつゆを自分で作ったりポロねぎを載せたり、いろいろやってみた。改善の余地はあるが、まあ日本そばというだけで満足だ。
 GarageBand をいじったり漫画を読んだり。

曇→晴


 昨日、予約していた美容院へ夕方6時に行くも、美容院側では予約は5時半と認識していて、さらにこのあとも予約が詰まっているので今日は無理だと言われた。約束した時間が食い違うなんて、大人になってからほとんど経験してないことで面食らった。店のカウンターでじかに予約を入れたというのに。
 なんだか帰って食事を作る気にならず、例の日本人のいない日本料理店で夕食をとる(2回目)。

 今日は朝から共同研究先のラボに行き、月曜の光学顕微鏡観察の続きをした。結果、見たかったものを見ることができた。別に世界初の成果でも何でもないのだが、自分の中で現象が腑に落ちたので良かった。
 午後、職場へ移動。書類書きとか。

 * 3/8, 9 の日記を追加。

2008-03-12


 午前中、少し腹の調子がおかしく、熱っぽくもあった。今は回復してきた。
 そういえば一昨日から昨日にかけて妙に左腕が疼いたのだが、12 月に風邪を引いたときも同じように左腕がだるくなる前兆があった。

 今日はこのあと予約していた髪切りに行く。

2008-03-11

rain, then cloudy


Since I had to move to the collaborating laboratory in the afternoon, I could not write the diary in my office. Now I am dropping at an internet room on my way home, and writing some words just to show I am alive. No Japanese font is available, as usual. In the collaborating lab I tried an optical microscope observation of my sample, but without any good result. I will try it another day again.

ライブドア翻訳サイトによる和訳】
Iが午後、合作する研究所へ移動しなければならなかったので、Iはオフィスで日記を書くことができませんでした。今、私は、方法家の上のインターネット室で落ちており、単に私が生きていることを示すためにいくつかの言葉を書いています。通常通り、日本語フォントは利用可能ではありません。合作する研究所では、Iは、サンプルについての、だが好結果のない光学顕微鏡観察を試みました。Iはそれを試みるでしょう、もう1日、再び。

2008-03-08


 今週末から来週頭に来るはずだった装置、部屋の工事にあと 2 - 3 週間かかるという理由でまた延期になった。日本から発送するのも半年くらい延びたし、いいかげんもうウンザリしてきた。
 ということでずっとデスクワーク。煮詰まっている。何か新しいことがしたい。自転車に乗って遠出するとか、鴨南蛮を作って食べるとか。

2008-03-07


 最近、夕方になっても明るい。緯度が高い土地は冬は日が短いけど夏は日が長いということに今更ながら思い当たった。こちらで調べたらパリの今日の日没時刻は 18:40、ちなみに夏至の日 (6/22・ただしサマータイム期間) の日没は 21:58 とのこと。うーん、『報道ステーション』が始まる時間にまだ外は明るいということか。想像がつかないな。

2008-03-06


 端子付け作業。銀ペとかワニスとか、やっぱり旧職場から持ってくればよかった。

 『ここだけのふたり!』(森下裕美)の復活連載が weekly 漫画アクションで始まったんだね。主人公夫妻の姓名が初めて明らかになった。きわめて普通の名前だった。ていうか今まで2人の名前は出てこなかったんだっけ、忘れてたよ。福満しげゆき漫画でも登場人物の名前が出てこず、台詞中では名前のかわりに顔の絵を挿入する手法がとられているが、違和感を感じなかったのは以前に『ここふた』で同様の手法を見ていたからだな、きっと。

2008-03-05

晴(曇) 肌寒い


 論文 A 改稿のための勉強。
 昨日の実験の続き少々。あまり進展なし。

 ブロッコリーは「ボウクリ」のように発音するらしい。

2008-03-04

曇(雨)→晴


 グループミーティング。
 光学顕微鏡観察の予備実験→うまくいかず。別のアプローチを考えねば。
 日本から持ってきた横河の直流電源を久々に動かした。

 昨日テレビ音声を繰り返し聴いて結局わからなかった語句の1つ「チコネ」が、今日ラジオフランス語講座の CD を聴いていたら出てきて「Tu connais?」(君は知っているか?)だと判明した。
 耳に入ってくる‘謎のコトバ’を記憶しておいて、後で何かの折に「ああこれだったんだ」と理解する、というのは幼児が言葉を獲得していく上で重要な過程の1つだよね。試験前のように単語カードで丸暗記するのも効率的で良いのだが、中にはこうして冒険の旅の末にある種の感動とともに身につける単語があってもいい。

2008-03-03

曇(晴)


 日曜日は動かない日だ(基本的に)。
 のそのそと起き出し、テレビ番組の録画の編集したり、フランス語の勉強と称して録画の一部の聴き取り練習をしたり。夜のニュースの録画から1分間ほど選んで、何度も何度も聞き返しながら音を拾い、意味を推測していくのだが、1割もわからなかった。レベルを落とし、幼稚園児向けと思われるアニメからやはり1分ほど選んで同様に聴き取ってみる。それでも理解できたのは7割ほど。まだ私のフランス語能力は幼稚園児のレベルにも遠く及ばない。

 午後、職場へ。ネットとか明日のミーティングの準備とか。

2008-03-02

曇、肌寒い→快晴、4月のような陽気


 近々行う光学顕微鏡観察の配置を、昨日から考えていた。専用の試料台を作る必要がある。当地に来て以来、あまり研究面でのものづくり作業は行なっていなかったが、いよいよ手作業の環境を整える時が来た。
 土曜日は動く日だ。というわけでいつもの大型建材店 Brico Depot と、隣接するスーパーマーケット Auchan で、手作業に使いそうな物をいろいろ買う。これに年末に秋葉原で買った電子パーツいくつかを加えて、職場へ。昼から夜まで手作業。欲しいのに手に入らないものはまだ他にもあるが、とりあえず必要最低限の作業はできるようになった。

2008-03-01

晴→曇(雨)


 論文 A の改稿を始める。
 スケジュール管理のため、小さいホワイトボードを買ってきて、先日作った本棚の横に取り付けた。畳大のホワイトボードを1人で使っていた前職場とはスケールが違うが、必要な機能は満たしている。

 歯のほうは、まだ普通に食べ物を噛めるほど症状は軽いので、急がなくていいかと。いずれ市内の普通の歯医者に行くことを想定し、しばらく情報収集したり言葉を学んだりして治療に備えようと思う。あと、これからは昼食後に職場で歯を磨くようにする。