Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009-11-26

眼科検診


 大学の医療センターで指示された眼科検診を受けに、市中心部の病院へ赴く。仕事でレーザーを使うためと、近くの物が見えにくくなっているため。1年半前にも行った場所だが担当医は違う人だった。幸い、受付の人も医師も英語が達者で意思疎通ができた。
 前回と同じく、検査のために両眼に液体を滴下される。前回はこれで看板の文字も読めなくなるくらい視界が劣化したけれども、今回はそれほどでもなかった。医師によって滴下量が違うのだろうか。

 検査の結果、近くの物が見えにくい以外は問題ないとのこと。読書用眼鏡を作ることを想定して検査結果を書いてくれた。これを町の眼鏡店に持って行けば眼鏡を作ってもらえる。

 最初、受付で自分の健康保険や総合担当医の情報を聞かれ、うろたえた。健康保険カード Carte vitale はまだ持っていない。昨年に申請したものの、何度か細かい書類不備で突き返されたので、面倒になって放置していた。しかし9月に l'assurance maladie のオフィスから来た書類(たまたま持っていた)を見せたら「それを見たかったのよ」とスムーズに事が運んだ。この書類がカードの代わりになるとのこと。かたくなだった maladie のオフィスが態度を軟化させたのか。新型インフルが猛威を振るっている緊急事態なので細かい事を言っていられなくなったのかも。

2009-11-22

きょうの名文

「世の中には三種類の人間がいる。数を数えられる人間と数えられない人間だ」 (出典不明)

11/21 - 11/30 の記録


 11/30 (月):曇一時雨 仏語の研究報告書を読む。書類整理とか。夕方、今日から始まる大学の仏語講座を受けるため退勤するも、さんざん迷った挙げ句に会場が見つからず、ついに断念。案内メールには部屋番号と機関名だけで肝心の住所やキャンパス名の記載がなかった。自分の下調べが不足だったと言われればそれまでだが、一般的な日本人の目から見るとフランス方式はあまりに不親切すぎないか?と言いたくなる。
 夕食:鶏のトマトスープ。部屋中が地中海料理の匂いに。
 11/29 (日):雨/曇 主に部屋の片付け。廃品置き場になっていたスペースをようやく空ける。髪を切る。西洋の美術史と音楽史をすごく大雑把に A4 用紙1枚にまとめてみる。
 11/28 (土):雨/曇 Petite Arche に買い出し。大きめの鍋購入。帰宅後夕方に市中心部のアジア食材店へ。夕食:久々に玉ねぎをじっくり炒めたカレー。
 11/27 (金):雨/晴 書類発送。夕食:近所の中華料理屋で定食。
 11/26 (木):曇 書類書き。
 11/25 (水):曇 職場に寄った後、市中心部の病院に眼科検診。職場に戻る。書類書きのための学習。HISパリ支店に電話して年末の一時帰国の飛行機を押さえる。安いものは既に売り切れていて、結局日本航空の直行便になる(渡仏後初)。
 11/24 (火):曇/雨 共同研究先と Leroy Merlin に立ち寄ってから出勤。工作少々。午後、書類書き。 
 11/23 (月):曇/雨一時強し 装置架台デザイン。配管や工作少々。
 11/22 (日):曇/雨 ジョギング。家で洗濯(現アパートで初)。引っ越し以来手つかずだった書類の整理。午後、職場へ。たまった雑誌の整理。昨日の鍋の残りに赤味噌を入れて食す。うまい。
 11/21 (土):曇 久々に IKEA へ。アイロン台と洗濯物干し台を買う。帰宅後 Petite Arche へ買い出し。今夜は鮭で鍋。

2009-11-19

不具合その後


 ポンプ:メーカーの技術担当者の指示に従い、PC をポンプ(コントローラ一体型)に RS232 ケーブルで繋いでポンプの状況を外から調べる。farmware のバージョンが合っていないとかで、別のポンプを来週早々に送ってもらうことになった。営業担当者には悪印象を持ってしまったけど、今日の技術担当者は結構親切だった。
 電磁バルブ:「もし必要なら交換用ソレノイドコイルを送ることができます」という持って回った言い方で交換に応じてくれた。だから必要だって最初から言ってるじゃん !!
 まあ3件の不具合のうち重要な2件が初期不良で片付きそうで、ホッとした。
(追記:残る流量計も、破損した部品だけでなく製品全体の良品が送られて来た。何のメッセージも付いていないけど。11/21 記)

2009-11-17

不具合3連発


 先日来、現有製膜系にいくつかの製品の導入を進めているのだけど、思うように動作しないものが多い。

 1) ターボポンプ:スタートせず。業者と連絡を交わしているうち、この機械が水冷式のものだと判明(それが問題の原因ではないけど)。当方は空冷のものが欲しいと買う前に伝えたのに、先方はこの型は水冷が必要だと繰り返し伝えたと言い張る。いったいなぜこんな食い違いが起こるのか?「重要なやり取りは電話で終わらせずに文書化しておくべきだ」とグループリーダー。その通りだな。それ以前に取説も説明不足だし間違いだらけだし、このメーカーのサービスの悪さにはもう愛想が尽きた。次のポンプもこのメーカーから買うつもりだったけど、考え直そうと心に決めた。とはいえ、せめて今の機械は正常に動くよう願う。

 2) 電磁バルブ:ソレノイドコイルがショートしたっぽい。仏支社に連絡したら米国本社の技術サービスにまで話が行ったようで、しかしその米国技術者がなんだか物理学的におかしな事を言っている。それとも自分が間違っているのか。

 3) 流量メーター:付属のスナップリングが初めから破損していた。これは明らかに先方の問題。

 今後数ヶ月の間に新しい製膜系を立ち上げるので、膨大な数の部品を発注することになるけど、この先もこんな高頻度で不具合が発生していたらとんでもないことになる。先が思いやられる!

2009-11-14

漫画のような


 くだらない失敗をしてしまった。小さなミスだが甚大な影響を及ぼしている。修復するにはあとあとまで多大な労力を要するだろう。つくづく自分をアホだと思う。フランスという国のやり方に不満を言いたい気持ちもあるけれども、今回ばかりは自分の不注意のせいなので責任転嫁はできない。
 自分のフランス語能力の低さが根本の原因としてある。今回の件は此処で今後も働こうとする自分に与えられた試練とも考えられる。「フランス語話せません」というフランス語だけうまく話せるような状態ではもういられないのだと痛感した。

2009-11-12

幻のピーナツ


 かつてツル・コミック社のピーナツブックスは 30 冊くらい買った。全巻数の半分にも及ばないけど。
 しかし今思えば、このピーナツブックスはきわめて読者に不親切なシリーズであった。たとえばいくつかの有名なエピソードをピーナツブックスで見た事が無い。スヌーピーが月面に降り立つシーン、ライナスがトリュフに恋をする話、リラン誕生の経緯、そしてスヌーピーが元の飼い主・ライラのもとへ旅立つ物語など…。これらの話は本当にピーナツブックス未収録であること、そして月刊 SNOOPY には載ったことを → のページで今日知った[LOCAL CACTUS CLUB]。国会図書館に行って当該雑誌を見るのは可能かもしれない。
 もう1つの不親切な点は巻数が時系列順に進んでおらず、エピソードが激しく前後していること(これはアメリカで出た原書もそうだったらしいのでツル社だけを悪く言えないけど)。「なるべく年代順に読むには」[同上]のページが役立つ。50 年分の全作品を完全時系列順に読めるようになったら面白いだろうな、と思う。

2009-11-11

11/11 - 11/20 の記録


 11/20 (金):洗濯機の配達をアパートで受けた後に昼頃出勤。書類作成、送信。夕食は「鍋」をちょっと練習してみた。夜、うるさい隣人に悩まされた日本人ポスドクが泊まりに来た。
 11/19 (木):業者との対応。先週のトラブルの最終結果が来る。あまり嬉しくない知らせだった。だが気持ちを前向きに切り替えた。
 11/18 (水):快晴、暖かい 共同研究先にて装置講習続き。昼前に終了。職場に移動してポンプのトラブル対応とか装置系構築とか。
 11/17 (火):曇 朝から夕方まで共同研究先にて装置使用講習。終了後職場に移動して少し作業。
 11/16 (月):曇/雨 新装置系購入物品打ち合わせ。現有の複数の装置の不具合について各々の業者とメール往復。
 11/15 (日):曇 朝、20 分ほどジョギング。仏語勉強とか。コインランドリー → その足で職場へ[打ち合わせ用資料作成、オフィスの本棚の整理]。22 時頃帰宅。
 11/14 (土):曇 Atlantes に買い出し。洗濯機(後日配送)、運動用の服や靴を買う。帰宅後 Leroy Merlin に行き工作材料を少し買う。
 11/13 (金):曇/雨 新プロジェクトミーティング。ポンプ試運転、いろいろ問題あり未完了。
 11/12 (木):晴/曇 トラブルの対応に追われる。新ターボポンプ配管。
 11/11 (水):曇、寒い 第一次大戦休戦記念日で祝日。勉強とか。夕方1時間ほど散歩。

2009-11-07

健康診断


 ここの職場の健康診断は、年1回、指定された日時に保健管理センターみたいな所に出向いて、医師と1対1でいくつか検査を受けるという形式である。
 今回は体重が昨年より3キロ増えてしまったので「年に3キロずつ増え続けたら肥満になっちゃうわよ」「スポーツをしなさい」等いろいろ言われた。スペイン出張と日本への一時帰国が続いたせいで現在一時的に増えているだけなのだ(と自分では認識している)。とはいえ鏡で自分の顔を見ると、ブルドッグのように頬の肉がたるんでいるのに気づいて少し愕然とする。なんとかしよう。
 あと、近い距離のものが見えづらくなっていることが検査結果からも実証された。これは近頃自分でも感じていたし、家族にも指摘されたことだった。今まで眼鏡なしで生きて来たけれども、遠くない将来、眼鏡を作ったほうがよさそうだ。ふう。

仏語講座テキスト


 一時帰国した時に、発売中のはずの NHK ラジオ『まいにちフランス語』10 月号テキストを求めようとしたら、他の言語のテキストは山積みなのにフランス語だけ売り切れという事態を2、3軒の書店で目にした。
 後で知ったところ、フランス語のテキスト 10、11 月号は増刷になったとのこと[清岡智比古氏ブログ]。やはり全国的に品薄だったか。

 なぜ今フランス語講座が人気急上昇しているのだろうか? 10 月からの清岡・杉山講座がわかりやすく楽しいからかな、と最初は思っていたのだけど、NHK 語学講座のテキストが増刷されたのは冬ソナ効果で韓国語のが増刷されて以来の稀有な例だと聞くと、どうも内容がわかりやすいだけの理由ではない気がする(清岡講座は前年の再放送だし)。
 かといって、冬ソナと同程度に日本人を虜にしている強力なフランス関連コンテンツがあるとも思えないし。まさか『のだめカンタービレ』?

 今も人気の理由は判然としない。ただ一つ自分なりに思いつくのは、4 月から 9 月までの小野講座が高度すぎたために、落伍者を多数生んでいたのではないかということ。悪い講座では決してなかったが、内容を極限まで詰め込んでいて、初学者がついて行くには相当の努力が必要だった。対して、10 月になって始まった新講座が非常にゆるい内容なので、前期に挫折した学習者が「これならできそうだ」と再チャレンジに意欲を持ったのでは。前のものとの対比が評価を押し上げることはよくある。ちょうど森喜朗のあとの小泉純一郎のように。
 かくいう自分も小野講座は web から音声を録り溜めていたものの、途中からあまり熱心に聴こうとはしなくなった。しかし小野講座での文法や発音の詳しい解説は、有益であることは間違いない。今更ながら、現在進行中の清岡講座と並行して小野講座も再学習しているところ。

2009-11-03

いまさら二郎


ラーメン二郎 神保町店
 先日一時帰国するまでは、ラーメン食べたい欲が限界寸前にまで膨れ上がっていたのだが、東京に帰ってまわりじゅうラーメン屋ばかりの街並みを歩いているとなんかもうどうでもよくなって、結局、飲んだ帰りに練馬のラーメン屋に行った1回だけで終わった。しかし今になって「ラーメン二郎」の神保町店というのが存在することを知り「くそう」と歯噛みしている。三田のラーメン二郎は、自分にとってはずいぶん昔から行きたいけど未だに訪れていない幻のラーメン屋。神保町店があるのなら神保町を歩いたついでに行ってみたかった。次回に帰国した時に行こう。でも並ぶの嫌いだから、行列ができているのを目にしたらまた気が変わるかも。

2009-11-02

11/01 - 11/10 の記録


 11/10 (火):曇 新装置系購入部品総チェック。
 11/09 (月):快晴→曇 移動台の選定。家から体重計を持参して小チャンバーの重さを測る。夜、カフェ・デ・ラング。
 11/08 (日):曇 床を掃除機がけ。先週切り足りなかった前髪を少し切る。コインランドリーへ。夕食:余り野菜処理スープ。
 11/07 (土):曇/雨 夕方までダラダラする。Atlantes に買出し。アイロン購入。
 11/06 (金):晴/曇 共同研究先にて光顕観察。職場に移動して製膜。
 11/05 (木):雨 製膜。夕方、毎年恒例の大学の健康診断。
 11/04 (水):晴 論文読み。健康診断の際に提出する、日常作業に関するアンケートに記入。共同研究者にメール。
 11/03 (火):曇後雨 同僚と新ターボポンプをチャンバーに装着。実験室整理。夕食は旧市街の小さな中華料理店で。
 11/02 (月):晴後雨 急遽来春の MRS に講演を申し込むことになりアブストラクトを執筆、申し込む。夕食後カフェ・デ・ラング。
 11/01 (日):曇後雨 コインランドリー。髪を切る。それ以外はどうもアクティブになれずダラダラと過ごす。夜になって、目の奥がシクシクする恒例の症状に気付く。気付くのが遅い! 1ヶ月掃除していないからハウスダストにやられているのだろう。