Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2010-08-24

味屋


f:id:joe0212:20080311184903j:image:w250:left Rue Colbert にある、私がトゥールに来て初めて見つけた日本料理店『味屋 (ASIYA)』。店名にも装飾にも日本人的な感覚が見受けられたので、きっと本物の日本人が経営しているに違いないと思って入ってみたら、スタッフに日本人は誰もおらず、食材も器もニセの日本料理だったので非常にがっかりしたのが2年前。しかし少なくとも店構えは、他の一見して偽物とわかる日本料理屋とは一線を画している。

 昨日、街でたまたま言葉を交わした初老の仏人男性が教えてくれたところによると、この店は 10 年ほど前にオープンしたときには日本人女性が経営していたが、その後売却され、内装などそのままで別の国の人(ラオス人?)が経営を続けて現在に至るのだという。なるほど、それで『味屋』を「アジヤ」と読ませるのにも、「営業しています。」と日本語で書かれた店頭の木札にも納得が行った。そしてその木札が休日でもそのままになっていることにも。

 ついでに、トゥールでおそらく唯一、本物の日本人が板前をしている、駅の隣の日本料理店『ZEN』についても、たぶん経営者ベトナム人だろうと彼は言っていた。まあそれはさして重要なことではない。味屋と違い、ここで出される料理の質や流儀はちゃんと日本流を踏襲している。それが重要だ。

2010-08-23

異常気象


 当地は7月半ばまでは暑かったが以後は 30℃ 超えの日がほとんど無く、8月にフリースジャケットを着たりしたこともあった。この週末は久々に夏らしい陽気になったけれども、明日からまた 20℃ 台前半〜半ばに戻るとのこと。例年になく気温の上がらない夏だった。

 一方日本では猛暑で 38℃ の日も珍しくなかったようで。7、8月に帰らなくて本当に良かった(2年前、8月に帰国したら毎日ゲリラ豪雨に見舞われたので、懲りたのだ)。26℃ では長袖シャツでも良いくらいだけど、31℃ ではもうTシャツでも暑苦しい。わずか5℃ の差でこの違い。人間とは不便な生き物だ。さらに7℃ 高い 38℃ などという大気に晒されたらどれだけ正常な生活を営むのが難しいか。

 ロシアの猛暑による火災、パキスタンの洪水などの報道を見るにつけ、改めて不安を感じる。「長期的な気候変動から見れば微小摂動に過ぎない」とする立場もあろうが、自分はやはり感覚的に「何かおかしなことが地球に起こっている」という立場を取らずにおれない。

2010-08-21

08/21 - 08/31 の記録


 8/31 (火):快晴、9 ≤ T ≤ 23 朝から夜 21:30 までかかってポスターの ppt ファイル作成。共著者に送付。
 8/30 (月):曇、9 ≤ T ≤ 22 ポスター原案作成。夕食後再び職場に赴くもまだ磁気カードで入館できず。今週はやることが多いのにこれは困ったなあ、まあ家でやれることはある、と考えつつ帰ったら寝てしまった。
 8/29 (日):晴、9 ≤ T ≤ 23 一日中家にいてプロジェクト申請書の英文化。髪を切る。
 8/28 (土):快晴、12 ≤ T ≤ 23 買った DVD で映画『マイマイ新子と千年の魔法』(片渕須直監督、2009)観る。★★★★★ 絵も音楽も台詞もすべてがぴったり調和していて嬉しい。ED曲(コトリンゴ)を7回くらい繰り返して聴いた。
 8/27 (金):曇一時雨、13 ≤ T ≤ 23 申請書書き。ドラマ『篤姫』総集編(田渕由美子脚本、2008 NHK)観了。★★★★☆ 思えば全編の大部分において主人公は大奥の空間から一歩も出ていないのに、面白いドラマが成立している! 帯刀「楽しい人生を送る事ができた」と利通「やり残した事ばかりじゃ」の2つの臨終の台詞の対比に考えさせられた。さて自分はどっちになるのか?
 8/26 (木):曇一時雨、19 ≤ T ≤ 29 修正した論文原稿を別雑誌に投稿。昔の予稿集の整理。『篤姫』(4) 観る。複雑に入り組んだ幕末の政情が話の中心に。いつもながらついて行くのがやっと。
 8/25 (水):曇、15 ≤ T ≤ 27 リーダーと討論。午後、共同研究先に機材や道具一式運んで特殊なXRD測定。めぼしい結果得られず。『篤姫』(3) 観る。
 8/24 (火):曇、11 ≤ T ≤ 23 旧共同研究者来訪。ターゲット3個譲渡。昨日のXRD結果解析。面白い。臨界膜厚について調査。『篤姫』(2) 観る。堺雅人はすごい役者だな。
 8/23 (月):曇一時雨、12 ≤ T ≤ 23、気温は下がり湿度は上がる 共同研究先でXRD測定。夕食後職場に赴くも建物に入れず。そろそろ通常のようにカードキーで入館できるかと思ったけどまだダメだった。
 8/22 (日):未明一時雷→日中晴、18 ≤ T ≤ 28 部屋の拭き掃除。川辺へ散歩。書類書き少々。早くやらねばならないのに逃避して数独を解いたりしている。書類はいつ終わるとも知れないが数独は20分で達成感を味わえるからな。『篤姫』総集編 (1) 観る。
 8/21 (土):快晴、19 ≤ T ≤ 31、久々にTシャツで外出 Atlantesに買出し。

2010-08-12

08/11 - 08/20 の記録


 8/20 (金):晴、16 ≤ T ≤ 29 たぶん一時帰国前最後の製膜4回。22時の夜バスで帰宅。昔録画した映画『新幹線大爆破』(佐藤純弥監督、1975)観る。★★★★★ 超豪華キャストで作られたクライムサスペンスのスタンダード的作品。犯人が図面を託した喫茶店が火事で焼けるなどはちょっとご都合主義を感じたけど。若い山本圭・織田あきら の、ひたむきさと屈折を合わせ持つ独特の雰囲気が印象的。
 8/19 (木):晴、15 ≤ T ≤ 26、久々に半袖シャツで外出 午前中は家で論文の文章と図の改訂。職場に来て更に図を1枚作る。文章と全図面を共著者に送付。実験する気力は無かった。
 8/18 (水):曇、13 ≤ T ≤ 22 製膜3回。別の1回は基板ホルダー落下により中止。また当面この問題に悩まされるのだ。昔録画した映画『遠き落日』(神山征二郎監督、1992)観る。★★★★☆ 野口英世が海外で一人深夜まで研究に打ち込むくだりは身につまされる。一方で英世のずうずうしさや弱さも描かれていて意外だったが、これでも原作(渡辺淳一)に比べたら控えめなのだとか。
 8/17 (火):曇、16 ≤ T ≤ 21 製膜2回。3回目の直前に冷却水漏れトラブル発生。収拾。力尽きて帰宅。
 8/16 (月):曇、12 ≤ T ≤ 24 休暇が終わって出てきたリーダーと論文について打ち合わせ。論文修正。
 8/15 (日):曇一時雨、13 ≤ T ≤ 19 部屋の掃除。午後、昨日見つけたプールへ。6月に行った所より入場料が安いしロッカーも無料で良い。論文修正。
 8/14 (土):曇一時雨、12 ≤ T ≤ 21 Petite Archeへ買出し。だらだら過ごす。
 8/13 (金):12 ≤ T ≤ 21 製膜2回。書類整理少々。
 8/12 (木):曇一時晴、12 ≤ T ≤ 24 製膜2回。明日の製膜の準備。共同研究先に移動し膜厚測定。
 8/11 (水):雨→曇、12 ≤ T ≤ 22 共同研究先で膜厚測定と急遽XRD測定。職場へ移動。急いで製膜2回。『龍馬伝』(第5話)初めて観る。人物の表情が豊かで面白い。残念だがこの1話分しか手元にない。

2010-08-11

タランテラ Tarentelle


D

 以前に話題にした『タランテラ』という曲の正体があっけなく判明。YouTube で tarentelle で検索したら真っ先に出てきた。何か楽曲について知りたいとき、今や一番頼りになるネット情報源は Google よりも iTunes Store よりも YouTube ですな。フランスシンガーソングライター、イヴ・デュテイユ Yves Duteil が 1977 年に作詞作曲歌唱してヒットさせた曲であった。我々が人形アニメの BGM として使ったインスト版の演奏者はわからないけれども、当時はオリジナルが出来てまだ間もない頃だったのか。作者のデュテイユという人は現在もシンガーソングライターでありながら、パリ郊外にある人口 500 人ほどの村の村長も務めていて、子供の権利や環境問題について熱心に活動しているとのこと。2足のわらじを履く人は数々あれど「歌手兼村長」というケースは珍しい。

2010-08-07

マイマイミラクル


・『マイマイ新子と千年の魔法

 昨年末に少数の映画館での短期公開で始まった上映、評判が評判を呼んで細々とながら超ロングランが続いている。そしてこの7月についに DVD が発売。「あきらめていたので夢のようだ」という感激の声が上がる一方で、blu-ray が出ないことを残念がるファンもいる。

 自分も、昨年一時帰国中に劇場に観に行ったら満員で入れなかった経緯がある。DVD に興味を持って早速情報を見てみたら、定価6千円もするではないか(Amazon 割引でも4千円以上)。正直かなり躊躇する値段だな…。ところがフランスでも8月下旬に DVD が出ることがわかり、こちらは約 20€(〜 2300 円)と常識的な価格だった。勿論日本語オリジナル音声つき。自分が買うとしたら断然こっちだ。

 ちなみにフランスでは blu-ray も出るんですよ! 日本でリリースするのにこれだけ関係者が苦労しているのに、フランスでは割とあっさり出るので少し驚いた。(なお映像方式の違いによりフランスの DVD、blu-ray は日本の一般のプレーヤーでは再生できない)

(追記)発売日の翌日に電器店 Saturn で DVD を購入。19.99€ だった。ところが直後に隣の大型スーパー Carrefour に移動したら、同じ DVD を 15.00€ で売っていた。なんてこった!(8/26 記)

2010-08-04

セラヴィ C'est la vie


 投稿した論文は、1時間もしないうちに編集部から拒絶の判断を下されてしまった。内容云々ではなく、投稿論文数が膨大なため編集部としては分野を絞らざるを得ないから、との説明。やれやれ。他の論文誌に当たるしかない。
 突き返された旨を共著者にメールで連絡。最後に何か一言添えたくて「C'est la vie...」と書いてみた。やがて一人の共著者から「Oui, c'est la vie.....」と返事が返って来て、ちょっと笑った。直訳は「これが人生だ」だが、使う状況としては「ま、しゃあないわな」に近い。そういうニュアンスはこっちに来て初めて知った。レストランやホテルなどに「セラヴィ」と名前をつけている人はこういった用法を知っているのだろうか? でも人材派遣会社がこの名前なのはなんかぴったりな感じだな。

2010-08-02

SNCF の運賃(自分用覚え書き)


 SNCF(フランス国鉄)の在来線でパリへ行く切符をネットで買う。SNCF の運賃は飛行機と同じで早く買うほど安くなる。ただ具体的に何日前に買うとどれだけ安くなるかは知らなかったので、この機会に系統的に調べてみた。便にもよるけど、たとえばトゥールを朝 6:27 に発車する列車のパリ=オステルリッツ駅までの運賃を比べてみると
 当日〜2日後の列車:31.50€
 3日後〜9日後:26.00€
 10 日後〜 23 日後:21.00€
 24 日後〜:15.00€ もしくは 19.00€
という具合だった。逆に言うと発車日の 24 日前、10 日前、3日前に段階的に運賃が上がる方式。旅行日が決まっている場合はできれば 10 日前、遅くとも3日前までに買うべし。

2010-08-01

08/01 - 08/10 の記録


 8/10 (火):晴、14 ≤ T ≤ 26 共同研究者とプロジェクト打ち合わせ。製膜2回。ドラマ『ハゲタカ』(林宏司 脚本、2007 NHK)観了。★★★★★ 映像と話に緊張感があり、ぐいぐい引き込まれる。音楽が素晴らしい。宇崎竜童、松田龍平、田中泯などの異色キャストも良い。大森南朋の新鮮さも良い(予想してたよりお坊ちゃんぽかったけど)。このドラマのスタッフとキャストの一部が『龍馬伝』で再び集うことになるのか。そういえば雰囲気が似ている。
 8/9 (月):晴、14 ≤ T ≤ 29 久々に共同研究先に上部電極の堆積しに行くも、装置内のターゲットが別の物質に交換されていて使えず。一旦帰宅して昼食。職場へ来て製膜2回。帰宅。『ハゲタカ』(5話)観る。デスクワーク少々。
 8/8 (日):晴、14 ≤ T ≤ 27 『ハゲタカ』(3,4話)観る。トマトカレー作る。ロワール川の少し上流を散歩。川沿いに広大な芝生の公園がある。
 8/7 (土):晴、14 ≤ T ≤ 26 今週末は職場に行くのをスッパリ諦める。かねてからの計画どおり、同居人が残していった机を作業机として使い始める。今日は古いスキャナの分解と、秋月の電源キットの工作をした。Petite Archeに買出し。DVDで『ハゲタカ』(1,2話)観る。
 8/6 (金):晴、14 ≤ T ≤ 26 急に職場の人が激減して、入口で 20 分待っても誰も通らなかった。結局事務棟にいた男性が鍵でドアを開けてくれた。製膜1回。古い書類整理。
 8/5 (木):曇、11 ≤ T ≤ 24 スーパーで食料を買い込んで出勤。製膜2回。昼・夕食とも外に出ずに机で食べる。23 時の夜バスで帰宅。
 8/4 (水):曇一時雨、12 ≤ T ≤ 23 日帰りでパリの日本大使館へ。ついでにジュンク堂とラーメン屋『大勝軒』(初)。ラーメン屋はどこも 11:30 かそれ以降の開店だ。トゥールに帰って職場へ。
 8/3 (火):晴、14 ≤ T ≤ 26 昨日開いていた唯一の扉も今日は閉まっていた。たまたま建物から人が出てきた時に入れてもらった。先が思いやられる。製膜1回。
 8/2 (月):曇→晴、13 ≤ T ≤ 24 職場の建物のドアが1カ所を除き施錠されていて入るのに苦労した。3週間ぶりに製膜1回。夜は完全に入れなくなるようなので再出勤なし。
 8/1 (日):曇→晴、14 ≤ T ≤ 25 昨日買った本棚を組み立てる。髪少し切る。昼食:小海老と胡瓜のチャーハン。夕食:冷し中華、鶏とネギの炒め物。食べてすぐ寝てしまった。