Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2010-12-30

MacBook Proを買う


<背景>
- 現在職場で使っているDellのノートパソコンに、以前から動作が遅い不具合が出ている。デフラグしても効果なし。最近それが一段とひどくなってきた。
- またバッテリーの持続時間が短くなっている。以前一回交換したがまたすぐ劣化した。既にDellは交換用バッテリーを供給しておらず、今後が心もとない。
- 旅行時にもこのノーパソを持ち運んでいるが、重い(約 3 kg)ので苦労している。
- ホテルや空港などでネットできるように、無線LANに対応する機種が欲しい(モデムを買えば現機でも対応できるのだろうが)。
- 職場で扱う文書ファイルのみならず、自室のiMacにあるファイルも旅先で開ければ嬉しい。
- 前回パソコンを買ったのは3年前。まあそろそろ買ってもバチは当たらないだろう。自分へのクリスマスプレゼント、と位置づけてもいい。

 というわけでエイヤッと新ノートパソコンを買うことにした。軽く小型なマシンを選ぼうとするならWindows機のほうが選択肢に富んでいるが、自分は基本的にMacユーザーだし、今やMacにはWindows機の代わりが勤まるが逆は勤まらないという事情を考え、今回もMacで行くという方針を固めるのに時間はかからなかった。

 銀座のAppleで実物を見て、何日か考えたのち、再び店頭に赴いてMacBook Pro13inch(2 kg)を買う。対角線の長さは13inchだが昔のモデルよりも本体やスクリーンは横長(〜9:16)だ。なので横書きの文章作成の時に見やすい。新しいマシンを得た興奮や嬉しさは以前ほどは感じないけれど、一つだけ、街中でどのようにモバイルできるのかに興味がある。早速持ち歩いてあちこちのスポットで接続を試しているが、喫茶店や駅構内といった公共の場所では、つながったとしても限られたサイトしか見られないようだ。無料接続ではそんなもんなのか。

漫画の城


明治大学米沢嘉博記念図書館

 神保町まで来たついでにその存在を思い出し、初めて利用。ビル1棟がまるまる米沢図書館に当てられているとは知らなかった。明治大学はお金があるな。いま開架書庫で見られるのは、1960年代から90年代頃の漫画雑誌やコミックス、そしていくばくかの漫画関係書籍。
 私がコドモの頃に親しんだ『りぼん』増刊号を手に取って見る。前田由美子『白い街角』、真枝ようこ『案内状』といった印象に残っている作品を30年ぶりに再読。田中なおこ『だいこん足のバラード』の主人公の足の太さ、今見ると全然ふつうに見える。当時のほかの少女マンガの女の子がいかに不自然に細かったかということだろう。

 古い漫画雑誌に接した時は、読者の漫画投稿コーナーにも目が行く。時々、のちの大物漫画家の名前が見つかることがある。今回、偶然開いた『りぼん』(79年3月号)のまんがスクールの”もう一息”欄に、なんと森下裕美(当時16歳)の名を発見。面白いなあ。
 あと1978年の時点では(雑誌にもよるが)まだ、雑誌ページの欄外に「○○先生にはげましのお便りを出そう」ということで漫画家の仕事場や自宅の住所が明記されていた。隔世の感がある。

2010-12-26

12/21 - 12/31 の記録


 12/31 (金):紅白観る。
 12/30 (木):家中のカレンダーを貼り替える。妹宅にて会食。
 12/29 (水):曇 秋葉原でパーツ買い物少々。有楽町にてフィリップ・リオレ監督『君を想って海をゆく』(2009 仏)観る。★★★★☆ フランスの華やかさ、美しさの陰に、移民をめぐる暗く重い問題があることを教えてくれた。シリアスなフランス映画を久々に見た気がする。余談だが朝日新聞の映画評、結末をぼかして書いたつもりだろうが見当ついてしまうぞ。
 12/28 (火):曇 母と渋谷へ。Bunkamuraミュージアムにて『モネとジヴェルニーの画家たち』展を見る。★★★★☆ 志を同じくする芸術家たちが1つのエリアに集まって生活しながら互いに切磋琢磨する状況は昔から好き。トキワ荘しかり、池袋モンパルナスしかり、田端文士村しかり。でもこのジヴェルニーは都会でなく農村であるのが他と違うな。 帰路のうち渋谷から中野坂上まで珍しくバスを使ってみた。
 12/27 (月):晴 母とユナイテッドシネマにて森田芳光監督『武士の家計簿』(2010)見る。★★★★☆ ウチも片づけ中なので、使わない物を徹底的に処分するくだりに苦笑しつつ共感。しかし質素な生活を始めたのちに家族が次々に亡くなるのは(因果関係はないかもしれないが)いたたまれなかった。 午後、一人神保町へ。古書店、新書店、米沢図書館(初)。
 12/26 (日):MacBookに電源投入。練馬でネット 1 h。
 12/25 (土):晴 朝、妹宅へ。賀状の印刷をさせてもらう。姪甥のクリスマスプレゼントを買いに書店へ。午後、銀座Appleへ。MacBook Pro買う。夕方、自宅で一族で会食。
 12/24 (金):晴 共同研究先の東海大学を訪問。
 12/23 (木):晴 父が入る予定の霊園を母と下見。新宿で夕食。
 12/22 (水):晴 教科書図書館(初)。夜、年賀状デザイン。
 12/21 (火):曇 妹に車を出してもらって母と3名でブラウン管TVを中間集積所に運搬、処分。平和台界隈で買い物に付き合う。帰宅。1人で百均をまわって整理用ケース買う。帰宅後それを使って棚の整理。

2010-12-22

NEW HORIZON


財団法人教科書研究センター附属教科書図書館

 以前、フランス語の勉強のために、自分がかつて使った中学の英語の教科書の本文をまるまる仏訳するのが効果的なのでは、と提案した。ただ私は中学の教科書類を捨ててしまったのでそれをするのは難しいと書いた。「不可能だ」と書かなかったのは、東京都江東区にある教科書図書館へ行けば過去の教科書を閲覧できることを知っていたから。それだけのために行くのは少し迷ったけれども、せっかくの一時帰国の機会なので行ってみた。

 東京書籍版の中学英語教科書は昭和40年から発行され始めたらしい。教科書検定に合わせて3年ごとに版が変わり、我々が中2で使ったのは昭和52年版。鈴木和夫氏による挿絵のファニーな絵柄が私は好きだった。主要キャラのマイクとキャシーは覚えていたが、マイクが過去に日本に住んでいたという設定や、サンフランシスコのマイクの家の近くに引っ越してきた日本人少年アキオの存在はすっかり忘れていた。アキオは自分より背の高いアメリカ人の女の子に対しても胸を張って堂々と英会話している。見習わなくては。

 今回は館内にノーパソを持ち込んで、中2の教科書の本文全てと、中1のフレーズのいくつか(仏語訳が難しそうなもの)を書き写してきた。恥ずかしながら中2の英語でも今の自分に身に付いておらず「ああ、こう言えばいいのか!」と思うようなフレーズもいくつかあった。思うに、概して日本人はフランス人と同じくらい英語が下手だ。しかし誰でも中3までの学校英語を完全マスターすれば、外国人との会話にも臆する必要はないほどの英語力が身に付いていると言ってよい。みんな卒業したとたんに習った内容を忘れるだけだ。もし皆が中3までの英語教科書を保存しておいて、時々懐かしむ程度にパラパラ開いたりすれば、それだけで日本人の英語レベルはフランス人より高くなると思うのだが…甘いかな。

2010-12-12

12/11 - 12/20 の記録


 12/20 (月):晴 母と水道局へ。『デンマーク』で昼食。夕方より古紙整理。
 12/19 (日):快晴 ダビングしながらちまちま外出。光が丘の百均で整理ケース買う。練馬でネット。池袋で家電見る。
 12/18 (土):家のビデオデッキを処分するためテープ(7〜8本)の内容をHDDにダビングする作業開始。夕方、『茶平』で家族で会食。
 12/17 (金):家の中の片づけとか、練馬で買い物とか。
 12/16 (木):曇 11時過ぎ起床。池袋で書店・古書店巡り。
 12/15 (水):曇→雪(仙台) 東北大の研究室2か所訪問。帰京・帰宅。
 12/14 (火):曇→雨 午後、つくば産総研訪問。仙台に移動・投宿。宿を探して歩いている最中に漂ってきたカレーの香りに誘われて『オジーノ・カリーヤ』で夕食。
 12/13 (月):雨 午後、母と銀座にカレンダーなど買いに行く。『ロイヤルクリスタル』で夕食。こんな身分不相応な店も、まあたまにはいいかな。夜、練馬でネット1h。
 12/12 (日):快晴 飛行機の中で4時間ほど眠り、実家で5時間寝た。時差ぼけもそれほど感じず目覚めることができた。夜間飛行のメリットだ。家族親戚18名出席で父一周忌法要。終了後『木曽路』で会食。全体的に会話も弾んで良い会になった。
 12/11 (土):晴 機内でビル・メレンデス監督『スヌーピーとチャーリー』(1969 米)を30数年ぶりに観る。★★★☆☆ ピーナツの劇場用映画第1作目。今観ると尺の無駄遣いとも思えるような遊びが多い。最後のルーシー登場シーンは記憶から抜け落ちていた。意外に可愛いところがあるな! 今回の機内食はイマイチだった。口直しに乗り継ぎの仁川空港『秘苑』にて牛肉唐辛子スープを食す。旨い。成田着。夜11時頃実家着。

2010-12-01

年末


 急に寒くなった。
 一時帰国まで 10 日余りを残すのみとなり、年内に職場でやるべき仕事を書き出してみる。大きく分けて4つの作業を進めねばならない。製膜、実験室の大掃除、装置系デザイン、助成金申請計画。他に細かい事案として、投稿中の論文をどうするかとか、自分のテーマを並行してどう進めるかとか、同僚の実験の手伝いとか。どうも学会前のような忙しさになりそうだ。でも計画を立てるのに1日かけたり、夜は PC で遊んでしまったりして、まだ緊張感に欠けている自分だった。

 昔は紅白の出演者発表や大河ドラマの次回作・次々回作の主役俳優発表を見たらすぐさまこの日記に感想を書いたものだが、ここ2、3年は書かなくなった。何か感想を抱くほど今の芸能界を知らないからだな。まだ今のところ、大河の主役がまったく見知らぬ俳優という事態にはなっていないけど、そのうちそうなるかも。自分用メモで 2012 年『平清盛』に松山ケンイチが決まったことだけ書き留めておく。この取り合わせはミスマッチ感が強いけど、考えてみたらこういうサプライズ人事は大河の主役ではいつものことだった。

12/01 - 12/10 の記録


 12/10 (金):霜 真空装置メンテ。14時頃退勤。Atlantes の Carrefour で土産物買う。荷造りの時間が少なくバタバタしたがなんとか予定の TGV に乗る。TGV は20分ほど遅れ、他の列車が運休になったのか乗客が座席数より多く自分も席にありつけず。CDG へ。Korean Air 機に無事搭乗。
 12/9 (木):晴、-2〜2℃ 配管用に必要な部品をリストアップして見積り依頼。KKSへ赴き膜厚測定、共同研究者Aに試料渡し、討論。職場に戻って深夜まで今年最後の製膜2回。
 12/8 (水):雨→曇、-2〜4℃ 朝製膜1回。製膜データまとめ。仙台の宿の予約。夕食後再出勤し製膜1回。
 12/7 (火):雨→曇、3〜4℃ 睡眠不足で出勤。AERES査察[ボスらによる活動説明の聴講、昼食会、装置部屋で短いプレゼン]。無事終了。夕食後再出勤。
 12/6 (月):雨、2〜4℃ KKSにて試料外す。職場へ。いくつかの物品の見積り+発注依頼。給与明細について大学秘書に問い合わせ、最新の明細のコピーをもらって県庁へ赴き、滞在許可証を得る。PLD部屋掃除。夕食後再出勤。プレゼン資料準備。
 12/5 (日):雨、3〜3℃(←1日を通じて気温一定!)昼から夜にかけて職場へ。製膜1回。日本での研究室訪問のアポ取り。朝に髪を切り、日中過ごしつつ気になった所を夜にまた切る。
 12/4 (土):曇、2〜4℃ 夕方職場へ。XRD解析。
 12/3 (金):雪→晴、-6〜-2℃ 滞在許可証を受領しようと県庁に赴くが、自分の給与明細が必要とのことで出直す。出勤。レーザーガス交換し、3ヶ月半ぶりの製膜2回。夕方、KKSにてXRD測定開始。先頃提出した5ヶ年共同研究計画に先方からゴーサインが出たとの知らせ。まずはめでたい。
 12/2 (木):晴一時雪、-6〜-1℃ 職場でも一昨日に停電があったそうなので真空チャンバーの様子をチェック。真空度は上がったので一安心。PLD部屋片付け。多くの人に「とても綺麗になった」と言われる。前が汚すぎたからだ。ターゲット導入、製膜準備。同僚Kと次回実験について討論。
 12/1 (水):晴、-5〜-2℃ KKSにて、リーダーと同僚Kが昨夜の停電で落ちたXRDの復旧作業をするのを傍で見る。復旧後にできた時間で自分の測定をさせてもらう。-5℃の寒さの時は夕食後の出勤はしないことにする。バスが止まって帰れなくなったら一大事だから。