Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2011-02-26

論文その後


 再再投稿した論文誌(3番目の雑誌)から待ちに待った査読結果が来て、minor revision だった。手直しして出せば 99% 掲載してもらえそうだ。よーしよーし! 本当は掲載決定まで此処に書くのは憚られるのだが、最初の投稿から長い月日の末に受けたポジティヴな結果なので嬉しくて。

 じつは前回の投稿先の論文誌(2番目の雑誌)からも 2/16 に査読結果を受け取っていた。3番目の雑誌に再投稿する前に「取り下げます」メールを編集者宛に出したのだが、無視されたらしい。結果はやはり「改稿を要する」というもので、二重投稿などになる心配はないので今も放置している。結果を受けたのは投稿してから実に 174 日目だった。ちなみに再再投稿先の雑誌から結果が来たのは 35 日目。
 ただこの悠久の時が流れている雑誌の名誉のために付言すると、2名の査読者のうちの1名は非常に深く私の原稿を読み込み、厳しいながらも丁寧で的確な大長編コメントを書いてくれて、それに私は感銘を受けたのだった。「英語が悪い」「引用論文が不十分」という全体的なコメントとともに、23 個の問題点を指摘された。ちょっと姑みたいだなと思ったけど、やっつけ仕事の査読者が多い中、これだけ親身に原稿を読み込んで指導してくれる人は共著者にさえいなかった。得難い勉強をさせてもらった。本来科学というものはこうやって進歩して行くのだと再認識した(もう1名の査読者は手放しで「問題無し」という評価だった。ポジティヴなコメントとはいえ、1人目の査読者に比べたらやっつけ仕事丸出し)。
 それはそれとして、半年も待たされる査読システムは深刻な問題を孕んでいる、という思いについては今も変わらない(上記の丁寧な査読者が半年かけて査読した訳ではない。念のため)。

2011-02-23

低炭水化物ダイエット


 これを始めたきっかけは、年末年始の帰省から帰ったら例によって驚くほど体重が跳ね上がっていて、減量の必要を感じていたところ、たまたま喜国雅彦氏のブログを見て、炭水化物シャットアウトで快調に減量している成果に感銘を受けたことだった。自分は炭水化物を完全には断たず、通常は昼食のみパンを食べ、たまに夕食にも麺を少し摂る程度にしている。ブログにあったその他の指針「夜9時以降は何も食べない」「汁物を多く摂る」そして(ブログにはないが奥さんのツイートにあった)「チョコレートは控える」は守っている。他の食べ物には特に制限はなし。必然的に具のどっさり入ったスープ類が主な食事になる。食事前は腹ペコだけれど、苦しくはない。本来、空腹にならなければ食事を摂るべきでないとも言える。空腹感の副産物として、日常のあらゆることにハングリーになってきた気もする。良い傾向だね。

 開始後2週間目の途中経過はというと、1.6 kg 減った。おお確かに効くぞ。以前書いたように、ダイエットは標準体重に向かって exponential に減らして行くのが自然だと思っている。岡田斗司夫氏の体重推移から自分で導いた公式

贅肉(= 体重 − 標準体重)を2週間に1割落とせれば、だいたい岡田氏並み

に倣って今回もそうすることにすると、自分の場合は開始時からは2週間に 1.38 kg 減らせばよかったことになる。ちょっと実際の減り方が早すぎるので、今日からはもう少しだけ余分に炭水化物を摂ろうと思う。さてこのペースであと3ヶ月続けられれば、自分の 12 年前の体重にまで戻るはず。どうなるかな?

2011-02-21

開店休業


 当地では2月後半に学校の休暇があり、それに合わせて職場の同僚の多くも休暇を取るとのこと。リーダーや同室の同僚の休暇日程については前から聞いて知っていたが、それだけでなく工作係と秘書も前後して休みに入ることがここ数日間でわかってきた。自分は現在、新たな製膜装置の立ち上げ中で、工場に作ってもらう部品や発注するべき部品が次々に発生するのに、上記スタッフの不在によりそれらの作業は1週間ほど不可能になる。金曜の午後にそのことがわかり、しばし無気力状態に陥った。
 誰がいつ居なくなるかわかっていれば、それに合わせてスケジュールを進めたのに。人の休暇日程を口コミでしか知らされないのは時々困ることがある。
 せめてできることをしようと思って、最近1週間に秘書に送った発注依頼が通っているかどうかを休暇直前の秘書に確認しに行った。案の定、3件中1件は見落とされていたことが判明。すぐさま発注してもらう。確認してよかった!

 例年自分はこの時期何をしていたのか…と思って日記を見返してみる。ああ、ひたすら1人で製膜していて他人の休暇は気に留めなかったんだな。脱力しつつ「僕も休暇を取ったほうがいいかな」とつぶやいたら、周囲の同僚に「それがいいよ」と軽くいなされた。
 そんなこんなで、今回は休暇は取らないけれども、そのかわり職場での時間を自分のために使おうと決めた。3年前に此処に来た当初、まだ製膜装置が搬入されていなかったので、毎日の時間を自分の論文書きやその調査に当て、それはかなりの充実感をもたらしてくれたのだった。1週間だけでも今またそのように過ごせるのはラッキーと考えよう。

02/21 - 02/28 の記録


 2/28 (月):晴/曇、1〜8℃ 技術職員JPから追加工したチャンバー架台を受け取る。チャンバー作業。休暇から戻ったリーダーといろいろ話す。1月に大学経理部から発注されたはずの特殊フランジが受注されていない旨メーカーから知らされて衝撃を受けた。こんなんばっかし! 研究計画が当初の予定通り進んでいないのをもし指摘されても俺のせいじゃないと断言できる。夕食後再出勤。論文読み等。
 2/27 (日):曇/晴、2〜8℃ 1日の体重推移を細かく調べる。午後職場へ。KKSのXRD装置を1人で3週間ぶっ続けで予約している人物がいて衝撃を受けた。管理者(リーダー)に予約ルールを作ってもらうようメールで頼む。
 2/26 (土):曇時々雨後晴、3〜11℃ Atlantesで買い物。一旦帰宅。FnacでBD1冊買う。夕食:豚汁。
 2/25 (金):曇、8〜11℃ 新チャンバーに部品装着・配管(途中)。投稿論文の査読結果(minor revision)を受ける。まずはめでたい。再出勤せず。
 2/24 (木):曇、7〜11℃ RHEEDスポット観察テスト。ようやくお星様が見えました。夕食後再出勤。査読。自分のために時間使ってないじゃん。
 2/23 (水):曇/小雨、8〜8℃ RHEED電源チェック(再)。昼食:同僚A、Bと車でアジア料理店のバイキング。午後、査読。同僚Aに誘われて農学部修士学生らの研究の一環であるフルーツ菓子のテイスティング企画に参加。仕事が進まん。夕食:丸鶏スープ。後再出勤。
 2/22 (火):曇、4〜8℃ RHEEDカメラの画像がPCに映らない件対処(単にレンズの絞りが閉じていただけだった!)。RHEEDテスト続き。未完。夕食後再出勤。査読用論文読み。
 2/21 (月):雨一時曇、5〜11℃ 応物学会予稿集申込。窒素ガスボンベ交換。光学系、ターゲット回転系デザイン(大幅に方針変更)。夕食:酸辣湯。普通に旨い。RHEED テストのため再出勤するも自分のテンションが上がらず予定変更してデスクワークのみ。

2011-02-18

Windows 機でしかできないこと(覚え書き)


PowerPoint によるメートル寸法の製図
・XRD データの Excel 形式への変換
・NIMS 材料データベースへのアクセス
・職場内ネットワークを通じたファイルのやりとり
・科学技術用語和英辞典(電子版)の使用
・Office2007 ファイルを開く

 仕事用メインマシンを MacBook Pro に換えた今も、上記作業だけは旧 Windows 機を引っぱり出して行わざるを得ない。そのうち Windows OSMacBook に積むことも考えても良い。それによって上の作業がすべて可能になるかどうかどうかはやや不透明だけど。

2011-02-15

butter fly


 「蝶をバタフライというのは、バターのような排泄物を出すから」
 えええええ !!

2011-02-12

R-1


 佐久間一行優勝おめでとう。しかし他の決勝進出者を見るとスリムクラブ真栄田以外一人も知っている芸人がいないので驚いた。開催記者会見に登場した芸人は全員知っているのに、この面々はことごとく決勝戦以前に敗れ去ったわけだ。自分がお笑い界に疎くなったのか、またはこの大会が知名度・経歴・事務所の力などに関係なく純粋にネタの面白さだけを重視しているということか。

ズボラ

■ 漫画『花のズボラ飯』作:久住昌之/画:水沢悦子(2010 秋田書店)★★★★★

 1年半ほど前から雑誌連載が始まり、帰国のたびにパラパラと見ていた。当初は変わったコラボだなとか、主人公・花のはしゃぎぶりがちょっと見ていてしんどいなといった程度の印象だった。ところが昨年末に単行本が発売されるや、増刷に次ぐ増刷マンガ大賞にノミネート、新聞の書評や TV 番組にも取り上げられる騒ぎに。自分も発売直後に買って、まとめて読んだら結構面白いと思ったけれど、そこまでの評価を得るとは予想外だった。『失踪日記』や『テルマエ・ロマエ』もそうだったが、自分が楽しんだ以上に世間が大騒ぎするとなんだか変な気分になる。

 同じ原作者による『孤独のグルメ』(画:谷口ジロー)の五郎は外食中心で、心の中で食事への思いを綴るのに対し、本作の花さん (30) は主に自分で料理を作って食べ、その間ずっと1人で思った事を全部(しかも脱力ギャグ多し)口に出している。食事の具合が自分の計画通りにいかなかったり、非常識な人々に静かなる怒りを抱いたり、両主人公の行動は意外に似ている。個人の輸入雑貨商の分際でかつてパリで有名女優と恋仲になったりもした五郎、夫婦仲はラブラブなのに何故か夫を単身赴任させて一人暮らしを謳歌している花と、ちょっとだけ非現実的なほどに同性から羨ましがられそうな人生を送っているところも共通点かもしれない。作中未登場の花のダンナの渾名が”ゴロさん”というのは明らかに「もしかして2人は夫婦?」という読者の反応を狙ってるね。
 とはいえ精緻でリアルな風貌の五郎と、コマごとに頭身が変わったり顔が変形したりする花は、絵柄的にやはり同じ世界には共存できそうにない。実は、たがみよしひさ高橋しん が得意とする「コマごとに頭身が変わる」という一部の漫画の流儀に、私は昔から馴染めないのだった。しかし本作の場合はキャラの可愛さや奔放さを表現する手法としてギリ OK かな。

 料理のほうは、物もズボラならレシピもズボラ、物によっては上手く再現できる保証すらない。レシピ集とは違う。でも「ズボラな料理でも少しの手間を加えるだけで多幸感を与えてくれるものになる」というメッセージは励みになる。

2011-02-11

ポンプ


 Adixen のターボポンプの窒素パージ口が、昨年買った同型機では NPT 規格だったので、今年買った2号機でも同じと信じてコネクタを用意し、いざ嵌めようとしたら合わなかった。ウェブサイトの製品情報にはパージ口の規格は明記されておらず、そこで2号機添付のマニュアルを見たら、あろうことかこの1年の間に BSPP 規格に変更されていた。よって今からまたコネクタを発注せねばならない。なんでそういう細かい嫌がらせのようなことをするんでしょうか。Adixen には1年前にいろいろと煮え湯を飲まされたが今年もやってくれたわ。不始末でも不良品でもない(ポンプ自体の性能は良い。念のため)から苦情を申し入れるわけにはいかないが、思わず叫び声を上げたほど苛ついたのでここに密かに書いて気を晴らす次第である。

02/11 - 02/20 の記録


 2/20 (日):曇/晴、3〜9℃ ほとんど外出せず。掃除。語学講座録音。録画整理。仏語番組聞き取り練習少々。学会誌整理少々。
 2/19 (土):雨→曇、5〜11℃ 市中心 [Radio&Son] → 職場 → 市南部 [Leroy Merlin → KFC(当地で初)]。一旦帰宅。Atlantes [IKEA → Carrefour]。夕食後すぐ寝てしまう。
 2/18 (金):霧、5〜10℃(いやもっと寒かったと思うが) お買い物計画。光学系デザイン。いろいろ進まず意気消沈。夕食:牛肉唐辛子スープ。再出勤なし。
 2/17 (木):晴/曇、1〜10℃ 減量は着々と進み、波及効果で生活に張りも出てきた。引き続き光学系デザインやら物品発注やら。非常に難しい事をやろうとしていることを今更ながら認識。夕食後再出勤。
 2/16 (水):快晴、3〜10℃ 光学系デザイン。リーダーと仕切りバルブについて相談。夕食後再出勤。取り下げたはずの論文誌から査読結果(要改稿)が来る。
 2/15 (火):曇一時雨、2〜9℃ 業者に見積り依頼。JPに試料移送チャンバーの台の追加工依頼。実験室の棚を移動に備え整理。リーダーとLN2トラップについて相談。夕食後再出勤。
 2/14 (月):曇一時雨後晴 お買い物計画。技術職員JPにチャンバー架台の天板を取り付けてもらう。午後、保健センターで健康診断。目がどんどん悪くなっている。夕食:鶏手羽元スープ。
 2/13 (日):曇/晴、6〜11℃ 外出せず。中期計画作る。
 2/12 (土):曇時々雨、3〜10℃ トマトスープ作る。Renta!で松田洋子『相羽奈美の犬』(全2巻)無期限レンタルして読む。★★★★★ ジャンルはホラー漫画だが読んで癒される。なぜこの作者はもっと評価されないのだろう? 夕食後に職場へ。中期計画考えたり色々。
 2/11 (金):快晴、5〜13℃(とネットの天気情報には書いてあったが、昼過ぎに街角の温度計は17℃を示していた。暖かい ) KKSでXRD測定。午後職場へ。お買い物計画。

電子書籍


 文藝春秋社と Zinio の間の取り決めによるとフランスは「全世界」には含まれていないらしい。(詳細はのちほど)

2011-02-09

もっと有名になってほしい


・太陽電池、液体シリコンで製造成功 大量生産に期待 [朝日]
・塗って焼くだけ太陽電池、液体シリコンで成功 [読売]

 珍しく旧職場の成果が一般紙の記事に取り上げられ、一時的にアサヒコムのトップ写真にもなっていた。この先生と話したことはないけど祝着に存じます。しかし記事見出しに大学名が出ていないのはやや残念だった。正式名称が漢字 13 文字と長すぎるからか? と思ってほかのサイエンス記事の見出しを見てみると7文字の大学名が入っているケースもある。うちだって5文字や7文字の略称があるのだから目立つ所に使って下さいよ>新聞社

2011-02-05

スローに話したい


 戦場カメラマン渡部陽一氏の話し方は自分の理想だ。秋頃にバラエティ番組で彼の口調がイジられているのを見た時は腹立たしかったけれど、世間が彼のスタイルを受け入れるための通過儀礼だったのだろうと今は思う。スリムクラブも言葉の少ない芸風で M-1 の上位までのし上がったね。僕も、相手の、スピードに、流されることなく、自分の、ペースで、話したいと思います。とくに早口で大量の言葉を吐くのが偉いと思っているような輩に対して話すときは、流されやすいので気をつける必要がある。

2011-02-03

マイナスの2乗はプラスという話か


 さて今日は 12 月上旬に発注かけた歯車の業者から、品物が届いていないのに「代金はいつ払ってくれるんですか」メールが来て少しびっくりした。やりとりしてわかったことは、この業者は代金先払い制で、入金されるまで生産を開始しないということ(大学との取引業者がこの方式を取っているのは珍しい)。ついでに秘書さんが部品の点数を間違えて多く発注していたこと(この件では秘書さんを責めるつもりはない。業者がよこした見積書の書式が誤解を招きやすいものだった)。というわけで、納品がまた4週間先延ばしになってしまうのはアンラッキーだが、まだ製品を作り始めていないのでこの機会に間違えた発注点数を訂正することができた、これはすごくラッキーだった。最悪の事態を避けられたという程度のラッキーさだけど。

2011-02-02

靴/装置搬入トラブル


 普段履き用に先々週買ったキャラバンシューズっぽい靴、つま先に固い保護材が入っていて「工事現場の安全靴みたいだな」と何となく思っていたけど、箱にパワーショベルの絵が描かれているところを見ると、どうやらまさに安全靴そのものだったようだと今更気付く。まあデザインはわりと好みだし、幅が広くて足指が楽な靴は他に見当たらないので、いいや、もし人から笑われても。

 ◇ ◇ ◇
 職場にグローブボックスが配達される。学生と4人がかりで梱包を解いてエレベーターに乗せ、実験室の前まで運んで来た。そこまでは良かったが、最後の廊下の曲がり角の狭くなっている部分に対してボックスが大きすぎて通らないことが判明。壁の一部を壊さない限り部屋に搬入できない。悪夢と言うべき。

 業者とのやりとりを見直してみると、このような事態を避けるために自分は廊下の一番細い部分の幅などを詳細に調べた図面を作成して業者に送っていたのに、その直後に相手からボックス寸法の確認を求められて、自分は OK を出している。図面を送ったことで、当然相手側が運搬が可能と確認しているだろうと心の中で合点して、自分側での確認を怠ったのだ。OK を出した自分の責任になるのだろう。「気をつけてくれてもいいじゃないか…」と思わないでもないけれど、詮無き事である。

 周囲の同僚たちが野次馬になって口々に「こうしたら?」と案を出してくれる。結局、壁を壊す以外に有効な解決策は見当たらないのだが、言葉も出ないほどの深刻な事態ではないように思えて、少しこの野次馬に救われた。

2011-02-01

似た歌シリーズ


『4人目の王さま』  ♪ワンツースリー ワンツースリー 3人の王様やってきた
昔の月桂冠の CM ソング  ♪月桂冠 月桂冠 お酒の王様月桂冠

あっ、メロディーだけでなく王様が出てくる点も…。

02/01 - 02/10 の記録


 2/10 (木):晴、5〜13℃ RHEED電源系の診断テスト。結果をメーカーに送って返事待ち。全般的な購入すべき物品を検討。21:50退勤。今日から発売された文藝春秋の電子版を購入。
 2/9 (水):曇→晴、3〜11℃ KKSにて試料外す。今回は正常に測定できた。職場へ。業者にメール。RHEED動作確認続き。23時退勤。
 2/8 (火):業者にメールしたり物品発注したり。RHEED動作確認少々(未完)。夕方、KKSにてXRD。Petite Archeで買い物して帰宅。夕食に野菜スープ。炭水化物制限ダイエット始める。
 2/7 (月):快晴、5〜12℃ 別の歯車メーカーに送る図面を描き、見積もり依頼。スイスの件について同僚Rから話を聞く。夕食後再出勤。購入すべき部品の調査。
 2/6 (日):晴、1〜8℃ 夕方に1時間ほど散歩。(病人の日記のようだ)
 2/5 (土):曇、6〜9℃ Jean Jauresで買出し。日仏友人2名と珈琲。夕食:鱈ちり。ほんとうふを作るもなぜか固まらず鍋に使えず。豆乳として飲むしかないな。
 2/4 (金):曇、7〜9℃ KKSで試料外す。測定は自分の凡ミスで失敗。はぁ。スイスに共同研究案発送。職場へ。歯車メーカーから後払いは不可との返事を受け、同僚らの助けを借りて代わりのメーカーを探すもフランス国内には見当たらず。すごく小さな事から大きな事まで色々な阻害要因に足を取られて前に進めない感じ。
 2/3 (木):曇一時雨、3〜8℃ 書類作成続き。架台改造について技術職員JPと打ち合わせ。KKSに移動してXRD測定走らせる。昨年秋に申請したプロジェクトの不採択通知を受ける。
 2/2 (水):曇、3〜5℃ 共同研究案書類作成。業者とやり取り沢山。夕食:味噌カレー牛乳ラーメン。わりといけるかも。
 2/1 (火):曇、-2〜2℃(←もっと寒かった気がする) チャンバー架台改造用図面作成。グローブボックス搬入される。部屋に入れる際に重大問題発生。