Hatena::ブログ(Diary)

今日日の私・新

2000 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2011-09-30

9月の呟き・抜粋

原発
  • 「反・反原発」といった考え方の人もいるんだなあ。9月23日
  • 産業の空洞化を防ぐためには原発推進「しかない」という議論もキライだが、未来の安全のためには脱原発「しかない」という意見にも同じくらい馴染めない。大事故の後だからしばらくやめてみるのも一つの手じゃん?くらいの立場でいたいのだ。9月5日
  • デモ行進署名もやらないよりはやったほうが良いけれど、庶民が電力業界・経団連脱原発の意思表示をする最もインパクトある方法は、このまま無理なく節電を続けることかもしれない。電力会社には直接の打撃になる。そして今後もし説明無く原発再稼働が強行されるようならその時は行動に出るべき。9月4日

国政
仕事・研究
  • 学術誌=株式会社、学問情報=金銭、論文=株、著者=株主論文投稿=株購入、インパクトファクタ=株価…と対応づけてもいい。そう見ると株主には配当金が行くのに論文著者には還元されるものがないことに気づく。いい論文を書いてIF向上に貢献した著者は好きな文献を50報無料でDLできるとか… 9月2日;「学会というか研究会って、特定の分野が好きな者同士が集まって本(論文集)を作るという意味で、同人誌のようなイメージがあるのですが、どうでしょう。」(riversidehotaru様) ;数十〜百人程度の小規模な学会はそうですね。株式会社よりむしろ有限会社に近いのかな。何にせよ規模が変わると性質が変わりますね。9月3日
  • 掲載誌のインパクトファクターで論文を評価するのは、出身大学で人を評価するのと全く同じ。ある程度の指針にはなるけどアテにはならない。でもそういう評価のされ方が実際にまかり通っているものだから多くの人がIF(偏差値)の高い所を選びたがり、雑誌(大学)間格差が広がって行く。9月2日
  • YouTubeAmazonレビューへの評価と同様に、いずれ科学論文にも「評価する」「評価しない」ボタンがつくだろうか、あるいはFacebook投稿のように「評価する」ボタンだけが設けられるか。いずれにせよ被引用件数だけでは論文の評価基準として限界がある。9月2日

言語
  • 反町Tammachiと田町Tamachiは欧米人には区別つきにくいだろうな。9月21日

書籍・IT
  • 帰国中に後先考えずに買いまくった本・雑誌を数えたら20冊。これを「仏に持参」「仏に郵送」「実家に残す」「処分」の4つに分けねば。どれもなるべく少なくしたいが。9月23日
  • PCネット環境にいないときはTLをすべて読むのを放棄せざるを得ない… 9月14日

漫画・アニメ・音楽
  • 『男女』にいろんな人がつけてるアニメのサビ部分、首が固定で身体だけツイストを踊ってる動画って、往年のみんなのうた『ママごめんなさい』のアニメ和田誠)が元ネタなのか? 9月3日

衣食住・天気
  • 今日横浜に赴いたのはやはり無謀だったなと反省(足止め中の東横線車内にて)9月21日

生き方・身体
  • ある文字・言葉を見て別のものと勘違いする「空目」の話は面白いけど、冷静に考えたら識別能力の衰えによる現象で一種の老化現象なのだろうな。(大腸を太陽、地上を池上と空目した自分を省みて)9月20日
  • 自分は日本が好きだという点は石原慎太郎と共通している。しかし欧米と同じ土俵で勝負して勝つ(戦争、オリンピック)ことに意義を見出さないという点で石原と意見を異にする。などと都庁舎の中で思いました。9月20日
  • さすがに同僚と一緒に仕事をするのに差し障りがあるので、来年からは1人だけ9月に夏休みを取るのは自粛しよう…。9月6日

2011-09-01

9月の記録

 9/30 (金):快晴 ストックホルム界隈を歩く。市庁舎、ノーベル博物館など。
 9/29 (木):快晴 移動日。カンタベリーロンドン・ヒースロー → コペンハーゲンストックホルム。夜 11 時過ぎに投宿。
 9/28 (水):快晴 ロンドンの宿を出て、バスでカンタベリーへ。大聖堂を少しだけ鑑賞。
 9/27 (火):快晴 大英博物館を駆け足で見る。電車でケンブリッジへ日帰りで行く。
 9/26 (月):曇→一時雨 ロンドン市内の遊覧バスに搭乗。途中、ハローズ(初めて聞いた)で買い物少々。オックスフォード通りで降りて再び買い物。強い雨が降ってきたので早々に帰宿。
 9/25 (日):母と欧州観光旅行に出発。妹一家が日暮里まで車で送ってくれる。スカンジナビア機で成田発、コペンハーゲン乗換、ロンドン着。投宿。浮世離れした宿。
 9/24 (土):漫喫でメールいくつか(含・新ヒーターデザイン案)。夕方、一族で光が丘カデンツァにて会食。
 9/23 (金):フランスの自室宛に書籍類を郵送。夕食:練馬の『居空間』(初)。
 9/22 (木):曇 つくばへ。友人K氏と昼食 → 研究所見学(専門が違うけど)。その後共同研究者の研究所へ移動、研究打ち合わせ。夜、大学院時代のお仲間計5名で飲み。
 9/21 (水):曇のち大雨、台風 15 号が東京を直撃 精機会社再訪し、分解清掃された回転導入器を受け取る。横浜へ(このころから激しい雨になる)。友人から券をもらったヨコハマトリエンナーレ見る。終わって帰る頃には傘が壊れるほどの暴風雨。乗った東横線横浜の次の反町で、結局4時間足止めを食らう。ようやくたどり着いた渋谷は乗車規制で黒山の人だかり。桂花でラーメン半蔵門線大江戸線で帰宅。

 9/20 (火):曇一時雨、最高 23℃ 暑さ寒さも彼岸までの言葉通り急に寒くなった。郵便局で通帳更新。都庁で国外免許証交付。漫喫で旅行関係の予約続き(完了)。友人S氏から別の友人の TV 出演時の DVD が届く。
 9/19 (月):母妹姪甥と昼食。帰宅後、家の中の片付けを進める。帰国以後この日までほとんど毎日、快晴で、日中の最高気温は 32 度前後だった。
 9/18 (日):母妹姪甥と池袋へ。片岡鶴太郎の個展見る。書店で姪甥に藤子F漫画を買う。昼食。解散後、長めに漫喫。月末の旅行の予約もろもろ(未完)。
 9/17 (土):母と妹宅へ。姪甥と遊び夕食を共にする。
 9/16 (金):母妹姪甥とともに石神井の親戚宅に顔を出す。昼食後、単独で漫喫でネットしたり池袋で買い物したり。
 9/15 (木):友人Y氏と秋葉原で会い、喋ったり歌ったり食べたり。解散後電気街や書店をめぐる。ファミレスでデスクワーク。ようやくレポート送信。
 9/14 (水):午後、脳ドック。その場での結果説明では脳、心電図動脈硬化など問題なしとのことで一安心。大勝軒にてつけ麺神保町の本屋を少し回る。
 9/13 (火):午後、共同研究先の東海大を訪問。その後ファミレスでレポート書きの続き。
 9/12 (月):大田区精密機械会社へ回転導入器を持ち込み、分解清掃を依頼。ハンバーガー屋でテーマCのレポート書き。夕方から母と落ち合って赤坂日枝神社の「仲秋管弦祭」を鑑賞。
 9/11 (日):この日しか全員の都合のつく日がないということで、一族で早朝に出発して秩父の山小屋へ。懸案だった父の散骨をする。一人先に東京に戻り、夕方から高校のクラス会。日曜でもあり2次会まででお開きとなる。

 9/10 (土):江戸東京博物館へ(初)。東京の乗り物 100 年展みたいなのを観る。楽しめた。常設展も金と手間がかかっていてインパクトがある。それに呼応してか入場料は高い。高くしても客が来ると強気に判断した結果だろうな。夕方、一族で「木曽路」で食事。
 9/9 (金):練馬界隈で雑用。
 9/8 (木):仁川経由、成田着。母が出迎えに来てくれた。池袋で夕食。
 9/7 (水):ギリギリまでプロジェクト書類提出。準備して14時半過ぎの電車に乗る。パリ経由で RER B 線利用して CDG 空港へ。アシアナ航空便に搭乗。一時帰国の途に就く。
 9/6 (火):朝、KKSに寄って機関長署名入り書類受け取り。ロータリーポンプ返送。
 9/5 (月):快晴、12〜21℃、45% プロジェクト書類、一応完成。ふう。仏語に訳してもらうためリーダーに渡す。並行して共同研究者と実務上のやりとり。所長の署名もらう。不具合のロータリーポンプ2台、メーカーに見てもらうため返送するので、オイルを抜いて梱包。さすがに睡眠不足で、帰ってからしばし活動停止する。夕食後職場へ。テーマCレポート書き。
 9/4 (日):雨→晴、17〜23℃ 昼過ぎから職場にて書類書き。夕食をカップ麺その他で済ませて結局深夜2時まで。帰って午前 2:30 頃、語学講座ストリーミングを1週間分録音するのを忘れていたことに気付き、あわてて開始。3時には翌週の内容に切り替わってしまうことになっているが、それ以前にページを表示させてさえいれば3時を過ぎてから再生ボタンを押しても古い番組が聴けることがわかった。
 9/3 (土):晴→豪雨、16〜29℃、55% Atlantes で買い物。土産等、および 12 年ぶりにトラベルケースを買う。一旦帰宅後、近所で買い物。夕食後、雨の中を職場へ。キーホルダーのライトの電池を交換。書類書き。
 9/2 (金):晴、〜29℃、50% 共同研究者とやりとりしつつ書類準備。自分のパートは月曜まで時間をかけて練ることになった。夕食後再出勤。
 9/1 (木):晴/曇、15〜26℃、48% 9月は7日間しか当地にいないので、バスを1ヶ月券でなく1日券または1回券で乗る方針で。職場で書類書き続き。随時リーダーと相談したり共同研究者と電話会議したり関係するページの執筆を依頼する。時に絶望的な気分になったり時に希望が見えたりで、少し情緒不安定っぽくなる。一応すべての欄を埋めたけれど、さらに内容を充実させねば。夕食:安パスタ屋。家で書類書き続き。

Connection: close