Hatena::ブログ(Diary)

あうとわ〜ど・ばうんど

2005 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2030 | 01 |

2011-06-27-Mon

Ezz-Thetics / George Russell

これまた定番の一枚であるが。

Ezz-Thetics

Ezz-Thetics

むろん、「'Round Midnight」や「Nardis」でのエリック・ドルフィーの素晴らしさは言をまたない。実は今回、久しぶりに毎日ドルフィーばかり聴いてきて初めて感じたことがあって、それはこのアルバムや、23日の「ブルースの真実」や25日の「アウト・フロント」も同じなのだけれど、ややひねった曲調でわりあいかっちりつくられた曲(しかも3管以上のハーモニーが多い)の演奏でのドルフィーの存在感である。こういう構成の時のソロがまた映える。

おそらくドルフィー自身にもそういう志向性はあったのだろう。後年は「OUT TO LUNCH」に顕著なように作曲にも力を入れ(先日読んだ横井一江著「アヴァンギャルド・ジャズ―ヨーロッパ・フリーの軌跡」中にも、ミシャ・メンゲルベルクの言葉として『作曲作業に熱中していた』とある)、あるいは「Illinois Concert」やアイアンマン・セッションのように比較的大きな編成にも手を付けている。それをどんなかたちに結実させたかったのか、もちろん知りようもないのだが。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/joefree/20110627/1309187257