Joey’s mama Wonder Life Twitter

 

2017年04月11日 な、な、なんと!

JOEY'S mama 船旅を決意!

実は先週ハワイへ行ってきたmamaです
それもたった数日!

その数日で
自分のお金のブロックの外し方が分かってしまった

別にそれをしたくて旅行へ行ったわけでもないのだけれど
たった数日ハワイで過ごす!

そうなると
思い切って自分を超える何かをやってみたくなる自分がいて
出逢いモードになっていたmama(笑)

自然と男性にアプローチされてたり
なんども同じ方と遭遇したり

バーで隣の男性に英語で話しかけて
めちゃくちゃ楽しい時間を過ごせたり

そしてご縁が作ってくれた
モノとココロの大断捨離の旅にもなっていて
数日だけのハワイの帰りの便で
mamaは満たされてる自分を感じていました!

お金のブロック外し!
とかよく聞くけど

結局は自分なんじゃないかなって思います
そして日本へ帰ってきて
またまた自分の壁が現れて
(最近はこのパターンの繰り返しで結構精神鍛えられてる〜)

その壁がまたもっと色々外しなさいって
そして
本当にあなたが心から理想としてるものは何ですか?

街を歩いて目にはいってくるもの
耳に入ってくるもの
その先に、、、

あああああーーーーー
そうだよね、、、

お金のことが先にあると
シンプルにそこへ向かえない自分がいて
いつの間にか諦めて、その想いすらも忘れてしまう、、、

でも街を歩き出して
自分の想いは
目に入ってくるものの先に繋がっていて

はい!そうでした!

って素直に始められた

どんな手段でも
自分がわくわく💗😃💗して集中していくこと
そこにハマって作り上げることができるもの
それが自分の体がシンプルに求めてることなんだよね


世界一周 ピースな旅


mamaの理想的な形がそこにはあるんだと思う
無意識にうちに自分が求めているものが
今はそこに向かっているから

息子や娘に人生に中で凝縮した疑似家族でもいいから
一緒に過ごしていく人たちがいる
色んな存在が彼らを愛してくれるだろうって感じる

イタリアやスペインに憧れがある息子
その夢を叶えたいって思う自分もいる
彼らの人生を豊かにしてくれる時間
そこにmamaはそう感じているから

傍目にそんな選択はない!
とか言われても
それは私の人生ではなくてその人の世界観だけであって

mamaは山梨を出て
自分の青春をもう一度やり直したいんだ!


そう思って東京へ出て行けば
本当に不思議なほど青春しまくってる!
その想いをきっと
自分の人生では叶えられなかったおじいちゃんやおばあちゃん
色んな存在が

OK!

自分の想いに忠実になるなら
手を貸すよ!

そう言ってくれてる気がするから
体がまだあるうちに
mamaは思いっきりうちの子達との時間を楽しむんだ!

そして
大好きな人をゲットするぞって
バカみたいに青春モードです😄

気づけば満月🌕世界一周ピースな旅はじまりましたよ🛳🏝😄


不可能を可能に出来たときは
ぜひ、大きな拍手で3人を見送ってほしいと思います!
クラウドファンディング終了は6/12
さてどうなることやら!

人生は楽しむためにある♪

わくわく過ごそう😙

叶うなら!息子の誕生月8月にピースな船旅、世界一周旅行を実現させたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

クラウドファンディング - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

2017年03月27日

スウィートハート パンケーキ

f:id:joeysmama:20170327162635j:image:w300:right
恋して 愛して そして失恋して 今なお恋してる
この短期間に起きたミラクルな時間
ハートが満たされて180°変わった怒涛の3ヶ月間

それをスウィートハートパンケーキという本にまとめ
アマゾンのコンテストにも出品しました♪

気持ちが満たされない
素直に笑えない
頑張りすぎちゃってるパパや
子供の気持ちが分からなくて疲れたママ
下を向いて歩く自分から解放されたい社会人
青春時代どまんなかの中高生に♪
本当のハートを感じたい!

日本はこうゆう心を本当は持っているんだと気づいてく

心が輝く333yen
大賞ゲットしたい💕
応援よろしくお願いします😄
主催: よしもとクリエイティブ・エージェンシー
本はこちら⤵
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XPK54Y8/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1490561818&sr=8-3&keywords=%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88

原作開発プロジェクトとは、Amazonとよしもとのタッグで様々なメディアを活用し、枯渇している原作を開発し、才能を育成していける新たな仕組みを生み出すプロジェクト。

審査発表:大賞受賞作品は2017年4月に島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭にて発表する予定です。
主催: よしもとクリエイティブ・エージェンシー
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XPK54Y8/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1490561818&sr=8-3&keywords=%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88

2017年02月26日

私の中身が180度変わった2016-2017冬

今まで自分の体の奥に
ずっとあった
思い

それに気づかず、これまでを過ごしてた。


でも、
沖縄に移住する!って決めて動き出した2016年12月から、
自分でも考えて見なかった方へ転んで、


これまで自分の人生を思いっきり
生ききってなかったんだ!

そう
思い知らされる事がいくつも起きて


今は東京に子供たちと
住み始めて



自分がとても嫌いだった私
笑顔が苦手だった私
自分を楽しむことができなかった私
自分より周りにばかりあれこれ手を焼いていた私
女らしく時間を過ごしてこれなかった私


そんな私が
180度変わった


ハートに耳を澄まして
そこへ向かえば
研ぎ澄まされた感覚がやって来て
思いを引き寄せられる


そんな経験をして来たこの2ヶ月


その経験は
私が心からあったかいハートを持てるようになったのと同じように、
誰にでも持てるもの


そのハートの在り方は
周りにも笑顔を伝染させて
あっという間に
周りがあったかいハートになって
地球を満たしちゃう!


そう感じて
その体験を共有したくて
今はそれを本にしたい!

2016年12月17日

ハマること&本当に自分がしたいことをする。。。!

君の名は』を観て数週間たったある日、子供たちとYOU TUBEで動画を見てたら、
君の名は」の主題歌を替え歌にしているのがあるのを知って、
子供たちと替え歌を歌っては、げらげら笑って楽しんでいた。


そこにまた、『君の名は』じゃなく「オタの名は」なんていう動画を見つけて、なんじゃこりゃっ?て
最初見ていたのだけれど、いつの間にかその動画に

ク・ギ・ヅ・ケ!
https://www.youtube.com/watch?v=_1NFU6vtl-o
気が付いたら、夜中2時近くになるまでその動画にハマってた。

一つのことから、全く違う世界にどんどんハマる。
なんでハマったのかって考えてみたら、踊るのが好きだった自分がいたことを思い出した!

BREAK DANCE

高校時代にそういえば流行ってた。
中学・高校と体操部だったけれど、自由に体を動かして”踊る”ことは考えもつかなかったあのころ。

高校を出て、親元を離れて、校内で月一くらいにパーティーがあって、そこで初めて自由に踊ることに開放感を覚えた。
ワーホリでカナダのBANFFへ行ったときは、毎晩クラブで踊って、踊って、踊る♪


自由に踊ること
子供が生まれる前に、カンティーフェアの最終日にダンスパーティーがあって、そこで踊ったのがたぶん最後。
それから子供が生まれてからは、マクロでカチコチ頭の時代に突入してた私。

今年の冬になって、ひょんなことから奈良を旅することになった。”飛鳥”ASUKAの言葉の響きに惹きつけられる自分がいた。
それは、このあと、空港の出発ロビーの本屋でなぜ?の答えがやってくるのだけれど。

いままで奈良は行ったことがなかった。シカと大仏と法隆寺しかイメージの中にはなかったけれど、ご縁ができた宿は生駒市。
宿に着いたのは夜10時過ぎで、長距離の運転で私も子供たちも疲れてその日はすぐにGo to bed..
広くてシンプルな空間に、壁にはトトロの絵。
居心地が良くて、ふかふかのベッドに私も子供たちもあっという間に眠りの中へ。

翌朝、窓のカーテンを開けると、親しみの湧く風情のある景色に朝からとても心が落ち着いた。
景色が気に入ったことを宿の方に話すと、ここはお水もきれいなんですと言われて、水の神様に呼ばれたのかなって、とっさに思った。
山梨を出るときに、水の女神さまがいそうな湧水へ向かい、その湧き水をボトルに詰めた。そして車もその水で清めたくなって。お水の神様ご縁をありがとう。

朝食の後もゆっくりとおしゃべりを楽しむ。
「今日は生駒山のお寺さんで大根炊きがあるんです」という言葉に
子供たちは歩くのが好きだし朝から生駒山へ登ることになった。

どんな山なのか見当がつかなかったけれど、何かのご縁と歩きはじめて、
宿から10分もしない辺りから高松の金毘羅さんのような階段が現れて、
数年前に登った金毘羅さんを懐かしく思いながら登り、そして、子供たちはさっさと先を登ってく。

境内を通り生駒山をもう少し登っていくと、眼下に見えたのは
君の名は』に出てきた鳥居のある神社のお祭りの景色。

映画を見てから、あの景色に行ってみたい!
と心の中で思っていたことがここで叶った気がした。
私にとって生駒山から見下ろした景色は『君の名は』のあの景色。

奈良を旅して、家路についた私。
奈良は過去の自分の思いへの終止符を打つための旅だったんだ。
君の名は』のラストシーンで、心にこみあげてきた感情は
別れた旦那さんに繋がる気がしていたから。


そして、奈良へ行ったばかりだというのに、数日後には沖縄へ飛んでいた私たち。
沖縄へ行くなんて、金銭的余裕はなかったけれど、背中を押してくれるものがいくつもあったから。
お金がないことへの不安や、困惑よりも、自分を信じることの方が大切なんだな。

自分の深い気持ちに素直に行動すること

沖縄に行くの?って何度も自問自答して、最後に

”迷っている暇はない。”
”あなたがやりたいと思って、今まであきらめていたことは何?”

って問いがやってきて。
そして、お金はちゃんと確保でき、帰ってきて思うことは、やっぱり行って良かった。
”扉が開くよ”
そんなメッセージもあって、本当にこれまでの自分の心境とは打って変わった。

でも、沖縄に着いたはじめの数日は”誰かのために”行動しようとしている自分がいて、その数日はとてもどんよりとして、何か間違えている感じだった。
その晩じっくり自分と対話


”わたしが心から楽しめることを選ぶ”


子供が生まれてから、子供の気持ち優先で走ってきた私。
翌朝から、”自分の心が楽しめること”を大切にしようと動いてみた。そうしたら心が透き通る感覚がやってきて、目の前にはハワイでも見たことがないくらいの、とっても分厚い虹が現れ、やんばるの森が歓迎してくれてる気がした。

やんばるの森の自然の中で遊び、今まで忘れてた”素直な自分の気持ち”を思い出した。

山梨へあと2日で戻るという日になり、これまでいろんなところを旅してきた私がはじめて、どこにいても心地いいって思える場所に遭遇もした。

沖縄の旅は、私の未来への一歩がはじまった感じ。
山梨へ帰ってみると、周りの目は冷ややかなままだったけれど、私のハートにはすごい変化が起きていた。

長旅で疲れているというのにも関わらず、翌朝から自分の心に浮かぶものをどんどん実行して、形にしていた。
ハートの奥に熱い何かが常にある。

これまで、何をするにも心と頭と体が重くて、それを何とか持ち上げて日々を送っていたというのに。。。


”自分の思いに素直に動くことは自分の心と体にとても大切なこと”


沖縄へ行ってそれを身をもって体験した。
自分が思い描くことを日々実行することが楽しくなって、達成感や心地よさを感じることが増えて、
毎日、整理と創造と新しい形が心地よいものとなって、新しい自分の心地いい時間を生み出していってる。


最近、いや、もうだいぶ前から
サグラダ・ファミリアへ行きたいってどこかに感じてた。建築家の父から小さい頃いろんなものを吸収していたからなんだろうなって、なんとなく思っていたけれど。
あれから、空間に対していろんな発想が湧いて、体と手が動いていく。
自然なエネルギーの中で建築をつくっていたガウディー。ガウディーに会いたいんだ。

沖縄から帰ってきて、作りかけの家やトレーラハウスに、毎日どこかしらに気持ちがハマって楽しんでる自分。
沖縄へ行くまでは、心の中から全く楽しめてなかったのに、空間を自分なりに作っていくことに楽しさを感じて、ワクワクと達成感がやってきた。自分は建築家の元に生まれたんだと心と魂の中心にそれをやっと感じとれた。

その週末、数にまつわる本を探しに図書館へ足を運ぶ。そこで検索して手に取った本を開くと、なぜか冒頭からバルセロナのことが書かれている。
その言葉の在り方は、全く私には理解しづらいものなんだけれど、その本が伝えたいことを読み解きたい気持ちが勝って、夜な夜な読んでる。

バルセロナ、秘数3 (中公文庫)

バルセロナ、秘数3 (中公文庫)

バルセロナに住む人々の在り方は、私の周りにいるようなパリ的な人たちとは違う。人間的で、大地の上に生きてる感じが伝わってくる。私の感覚に近いものがある気がして、、だからバロセロナに今は興味津々。

そして、最近いくら見ても見飽きない。笑っちゃうほどに大好きな、R.A.B。

オタクなんてー!!

って、いつの間にかハマってたR.A.B。
BREAK DANCEもやってみたい!

ピカソのアートやガウディーの建築のある場所へ、こどもたちと訪れてみたい。
生身の人間から沸き起こるアートは心を熱くする。
R.A.Bのパフォーマンスをバルセロナ見られたら最高ー!そんな日が来ますように!
https://www.youtube.com/watch?v=E2djlWdyxz0

2016年11月20日 自分を恐れず

周りの目は冷ややかだとしても、自分の感情に素直に付き合うことは自分の過去の思いを知ることになって、
心の暗い部分と付き合いきったら、次に見えてきたのは、

自分を大切にしたい。自分の時間を大切にしたい。

そうゆう思いだった。

なんでそんな過去のことを今さら!なんで、そんな感情に戻らなくちゃいけないの?

そう思って過ごしていた時期は、もう、どん底の気分だったけれど
自分の過去の思いにしっかり心を向けて付き合えたことは
表面的に自分を何とかしようとするのが性に合っていない性分だったからっていうのもあると思うけれど

私だけにとどまらず、私に繋がっていたものたちの感情や背景をも知ることになって
そうやって自分をようやく理解できた

そうかそうゆうことか!って腑に落ちた秋

それからは

『私』

を楽しむ!にフォーカスしたくなって、自分の心が向かう方へ。

気になっていたアート

HIDEKI IINUNAの彫刻・Fighting The Goddesses

http://www.hidekiiinuma.com/

落ち葉舞う秋の松本へ足を向けてた。

彼の彫刻はとてもセクシーで、どの作品からも目が離せなかった。
それは忘れかけてた”女”を
私にとてつもないPassionを送られた気分。


秋空の中、市内を散策して今の自分にフィットしそうなカフェを見つけた。

古い街並みの通りにあって、木製の階段を上っていくと、落ち着いた空間と奥に本棚が見えた。

クコの実入りのチャイを頼んで
奥の本棚の中に気になる本。そこに自然と手が伸びて、

「呼吸一つで生き方が変わる」

そこでおもむろに、カフェでひとり姿勢を改め深い呼吸をはじめたのでした(笑)


その翌日、知人に誘われてお話し会に赴いてみると、もうどうにもならないだろうと半ばあきらめていたことが

するっとほどけていったり。

今まで、心を向けたくなかった人にさらっと心を向けられたり。

今朝は急に、たくさんのお野菜がやってきた。


呼吸一つで、自分の心の中身が変わったようで、それがなんだか周りにも影響しているようで。

本屋さんで”今の自分が浸りたい本”を探してみたら

ちょうど今の私そのもの!

ニーチェが京都にやってきて・・・』
原田まりる 著




知人が私に「今の君はキケンだ」そう言ってきたけれど、私は自分に正直に生きたいの。

何かを恐れて自分に向き合わないのは、私はこれからの私を充分に楽しめないだろうから。

あと半世紀、自分を存分に楽しむの♪周りの目を気にしていたら、何もしないで時間だけが過ぎて終わるだろうから。


自分の思いに繋がるように、私が動くことでしか私は満足できないのだから、できることやっていこうっと。


........ニーチェの言葉........

・祝福できないならば呪うことを学べ

・情熱をもって生きないと、自分の世界は妬みに支配されてしまう