DOXA(独立左派日誌) このページをアンテナに追加 RSSフィード

マンガ家・山本夜羽音(ヤマモト・ヨハネ)のこじれた日常を記録する日誌。
バーチャル過激派「独立左派」の党誌も兼ねたり
不定期更新。サイト開設まで物書きの練習。

DOXA:「独立左派」の略称「独左」と哲学で言うところの「ドクサ(憶見)」を語呂合わせ。
ドグマ(偏見)だのエピステーメー(知見)だのよりモノの見方としては健全なんじゃねーか?
という単細胞らしい発想から命名。内容もスタンスに準じてます。



[お読み下さい]
試行の結果、コメントをはてなユーザーに限定することにしました。
コメントを残したい方は、はてなに登録してからご利用下さい。
また、今後は管理者の判断で不適切と認められるコメントは勧告、警告を経た後、
削除、もしくは野晒し処分とするペナルティを科す可能性がありますのでご留意下さい。(2006.7.11)


ゲストコメントを一時的に再開してみるテスト。
引き続き、以下の基準に抵触するコメントは管理者権限で削除対象となりますのでご留意下さい。
1)特定個人・団体に対する誹謗中傷 
2)個人情報の作為的漏洩 
3)他サイトの無断引用、TB 
4)その他、管理者が不適切と判断したコメント
……4)に関しては管理者による説明責任を負う事とします。(2006.12.12)



3月22日から4月8日までの間、更新を停止します。コメント欄も一時凍結します。(2007.3.21)

公職選挙法に抵触しない日記等の更新を再開します。(2007.3.26)

本日より、通常のはてダに戻ります。なぜか一晩寝たら元気いっぱいです。(2007.4.9)

一段落したので、通常のはてダに戻ります。「ふたりはプロ市民」…面白いですね。(2009.3.31)

試行していたTwitter呟きまとめ、読みづらいので中止します。TweetsWindを設置しました。(2010.10.29)

<< 2003/11 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

同人誌新刊!
「ふたまき。〜M-Illustrated Ver.1.0〜」
5/1コミック1☆5"くー01b"「ANARCOMIX」5/3ふたけっと7"A-19b"「水月モニカ&山本夜羽音」にて頒布、DLsite.com、とらのあな、たちばな書店、COMIC ZINで発売予定。




(2004.6.11~)























































 | 

2003-11-03 天皇がキライならタイホだとキミが言ったから11月3日はムショ記念日

johanne2003-11-03

13年目のジェイルハウスR&R
13年目のジェイルハウスR&Rを含むブックマーク 13年目のジェイルハウスR&Rのブックマークコメント

1990年11月3日。翌週に控えた「即位の礼」の抗議活動の一環として、当時僕が関わっていた「反天皇制全国個人共闘〈秋の嵐〉」*1はいつものようにJR原宿駅頭(明治神宮のお膝元)で「スピーカーズ・コーナー」という見せ物を演っていた。わずか10名ほどの僕らに襲いかかってきたのは120名にも及ぶ機動隊集団。混乱の仲で逮捕された5名の中で、なぜか僕だけが起訴された。

100日、正確には99日間の獄中生活。独房生活はさながら「修行」でありました。代々木署の留置場で松本剛の短編「教科書のタイムマシン」を読み、東京拘置所の独房では山本直樹の不朽の名作「BLUE」に出会い、「俺はいったい何をやっているのだ?」という焦りと衝動に突き動かされていた。あのときの気持ちを失わないように走ってきたつもりだったけれど、今のていたらくはなんぞ。24歳の俺に胸ぐらつかまれそうな勢い。

獄中では生涯読んだ本の25%くらいの本を貪った。*2笠井潔現代思想の冒険」竹内芳郎「文化と革命」が印象に残った。小倉千加子「セックス神話解体新書」にはひたすら爆笑。村上春樹が面白いと知ったのもそれが初めてだった。もっとも重かったのは永田洋子「わたし、生きてます」。獄を「ここが私の生きる場所」と語る永田の言葉は、僕の不安を煽った。
夜な夜な脱獄して旧友や別れた彼女と逢瀬し、朝日が昇る前に「帰らなきゃ」と自分から言い出す悪夢。運動時間に見える首都高のレールや就寝前に聞こえてくる東武伊勢崎線の列車の音が「此岸」と「彼岸」を分かつ川を幻視させる。「ここは俺の居場所じゃない!」と叫び続けなければ、自分がどこかへ消えてしまいそうだった。
念願かなって保釈された自分を待っていたのは、そこに自分がいる感覚が希薄な「離人症」であり、出獄祝いに訪れた新宿だった。「湾岸戦争」のせいでネオンを「自粛」した新宿は、不気味な漆黒に包まれていた。「檻の中から出てもまだ『檻の中』なのだ」というジョージ・オーウェル作品のような体験ができたことすら、国家権力に感謝しなければならないだろう。あの体験が今の僕を支えているのだ。俺はまだダメになりゃしないさ、などとオザキ風な台詞を吐く。

TVを消しなさい。 TVを消しなさい。を含むブックマーク TVを消しなさい。のブックマークコメント

「グラディエーター」うっかり観始めたら止まんないでやんの。面白い。ただただ。ド直球のストーリーにド直球のアクション。「エイリアン2」以来のエンタメ5ツ星。「スターシップ・トルーパー」は厳密には純粋エンタメではないが、バーホーベン萌え〜、に続いてグラデもマイベストに追加。あと挙げるならスコセッシ「最後の誘惑」と市川昆「砂の器」か。*3んで今日も今日とて「テスト・ザ・ネイション」。小学校でIQ校内一だったことをひけらかすヴァカモンは自分。カミさんは見事なまでに全国平均値を獲得。これだからこの女は信用できる、と再確認。そして締め切りは無情に近づいてくる。


*1:88年〜93年頃まで活動していたノンセクト非・学生運動のパフォーマンスグループ。
活動の一端はhttp://www.incidents.gr.jp/9909/mitsu990918/mitsu990918.htm 
http://www.incidents.gr.jp/9910/mitsu991026/mitsu991026.htm 
http://www.interq.or.jp/football/tacoashi/saiban1.html 
などで知ることができる。

*2:そのくらい本を読まないと言うのが真相だと突っ込まない。

*3:ここでもまたいかに映画を観ていないかと言うことがバレるのだがスルーせよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/johanne/20031103
 |