DOXA(独立左派日誌) このページをアンテナに追加 RSSフィード

マンガ家・山本夜羽音(ヤマモト・ヨハネ)のこじれた日常を記録する日誌。
バーチャル過激派「独立左派」の党誌も兼ねたり
不定期更新。サイト開設まで物書きの練習。

DOXA:「独立左派」の略称「独左」と哲学で言うところの「ドクサ(憶見)」を語呂合わせ。
ドグマ(偏見)だのエピステーメー(知見)だのよりモノの見方としては健全なんじゃねーか?
という単細胞らしい発想から命名。内容もスタンスに準じてます。



[お読み下さい]
試行の結果、コメントをはてなユーザーに限定することにしました。
コメントを残したい方は、はてなに登録してからご利用下さい。
また、今後は管理者の判断で不適切と認められるコメントは勧告、警告を経た後、
削除、もしくは野晒し処分とするペナルティを科す可能性がありますのでご留意下さい。(2006.7.11)


ゲストコメントを一時的に再開してみるテスト。
引き続き、以下の基準に抵触するコメントは管理者権限で削除対象となりますのでご留意下さい。
1)特定個人・団体に対する誹謗中傷 
2)個人情報の作為的漏洩 
3)他サイトの無断引用、TB 
4)その他、管理者が不適切と判断したコメント
……4)に関しては管理者による説明責任を負う事とします。(2006.12.12)



3月22日から4月8日までの間、更新を停止します。コメント欄も一時凍結します。(2007.3.21)

公職選挙法に抵触しない日記等の更新を再開します。(2007.3.26)

本日より、通常のはてダに戻ります。なぜか一晩寝たら元気いっぱいです。(2007.4.9)

一段落したので、通常のはてダに戻ります。「ふたりはプロ市民」…面白いですね。(2009.3.31)

試行していたTwitter呟きまとめ、読みづらいので中止します。TweetsWindを設置しました。(2010.10.29)

<< 2004/02 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29

同人誌新刊!
「ふたまき。〜M-Illustrated Ver.1.0〜」
5/1コミック1☆5"くー01b"「ANARCOMIX」5/3ふたけっと7"A-19b"「水月モニカ&山本夜羽音」にて頒布、DLsite.com、とらのあな、たちばな書店、COMIC ZINで発売予定。




(2004.6.11~)























































 | 

2004-02-26 イエローキャブに対抗して

johanne2004-02-26

メガネっ娘アイドル専門芸能プロ」を誰か作らんか。もしくは自分で。

「百合天国2」(大都社)*1発売。
「百合天国2」(大都社)*1発売。を含むブックマーク 「百合天国2」(大都社)*1発売。のブックマークコメント

巻末でひっそりと「ひとは、少しずつかわる。」(16P)というのを描いています。消費者金融勤務のメガネっ娘とライクアローリンストーンな女子高のカリスマとの再会……ってな話。

[]「いけないっ 学級委員長」ひさわゆみ(近代映画社KEコミックス)
「いけないっ 学級委員長」ひさわゆみ(近代映画社KEコミックス)を含むブックマーク 「いけないっ 学級委員長」ひさわゆみ(近代映画社KEコミックス)のブックマークコメント

しまったぁぁぁぁぁぁぁ!こんなグラッシーなマンガが出てたの、見落としてましたよ魯介尊師!

「エルティーンコミック」なんてチェックしてませんでしたよ!


メガネっ娘学級委員長がクラスのアイドル……ってのはどうかと思うが。全般にハイグレード。

次回の「メガネっ娘居酒屋『委員長』」では是非とも!取り上げます!!

ってか買え!買うんだ諸君!ジークメガ!!

しかもあとがきで「故・千葉毅郎*2先生の後輩」というのも発覚。いや、マジで一度お会いしたい。


魂の強度について考える。
魂の強度について考える。を含むブックマーク 魂の強度について考える。のブックマークコメント

最近、まぁなんというか、荒んでいますね。鹿島拾市的に言えば「なんという退廃!」と。激増している凶悪犯罪は青少年より外国人より若年夫婦より「中高年男性」だそうですから。たしかに、爺婆のモラルハザードはすごいことになってるなー…と思ったり。オレオレ詐欺やヤミ金は本職じゃなくて一般人の方が圧倒的。暴力団からも「使えない」とリストラされたダメ人間が街を彷徨ってます。

そういや、明日は麻原の判決。ここん所、検証番組をハシゴしていて感じたのは、前述のモラルハザードもオウム信者の言い訳も総じて「自我の弱い人問題」なんじゃないかと。

自己の存在が希薄。自信がない、自分がない。欲望も淡泊で、他者に対する想像力が著しく欠如している。欠如している割には依存心が強い。他力本願と依存は別物ですぜ。そのくせ安直に自己実現や幸福や成功を望む。結果、新興宗教にハマり、自己啓発セミナーにハマり、マルチ商法にハマり、パチンコ依存にハマり、ヤミ金にハマり、オレオレ詐欺にハマり、児童虐待にハマり、DVにハマり、○○イズムにハマる。何のことはない。僕もキミも、老若男女を問わず、「自我の弱さ」は概ね「恐ろしく我の強い奴」に食い物にされ続けるのだ。

これを克服する方法は唯一、「自己と向き合う」という作業、修行でしかない。が、なかなかこれが出来ない。

本気で懲りたり、困ったり、反省したりすることで人は前進できるのだが、そうするとちっぽけな自分を認めることになる。ちっぽけで無価値で無能な自分だという事実を認めると幸せから遠ざかると思っている。*3

全然逆。「ダメな自分」を可愛がっている限り、「何かいいこと」なんか来やしない。概ね人間はそうやって自滅していくが、反面それは、自分が望んだこととされるのだ。

ちょいと前に思わず吐いた「中の人」という発言は、こうした因果律を要約したものだ。「中の人」は脆弱な自我に寄生し、懲りたり、困ったり、反省したりするのを嫌がる。緩やかに自滅していくように人間をコントロールしようとする。進展や肯定や成功や幸福を忌み嫌う。「ダメな自分」を認めるという作業は、一方でこの「中の人」からの干渉との格闘になる。

「だめ連」が本来目指した目標は「だめをこじらせないように繋がっていく」というものだった。それが今では、リアルダメな人たちが「自分たちの居場所」にしてしまって、崩壊寸前にある。これこそ「対『中の人』戦争」の敗北、という現実である。

オウム信者は「中の人」と向き合うべき修行を、「中の人」の甘言に負けて「ダメな自分にとって都合のいい理屈」にすり替えてしまった…とはいえないだろうか。あの、「自我の固まり」みたいなヒゲオヤジに呑み込まれていったのは、おそらくそういう仕組みだろう。「キリスト」と「偽キリスト」を見分けるポイントも、恐らくそこにある。


「魂の強度」と、「自我の強度」はアンビバレントな関係にある。一般に「引きこもり」は「自我の弱さ」と評されるが、そうではなくあれの多くは「強烈な自我をもてあました人々」なんじゃないか。むしろ、「魂の強度」においては課題が残る…ということなんじゃないか。本当に強い魂は、元々自我の強い人には宿りにくい。かといって、自我の弱い人は概ね魂も貧弱だ。唯一、強い魂を宿す人間は、脆弱な自我を認め、それを少しずつ鍛錬していった存在ではないのか?キリスト教の本質とは、そういうことなのではないかと思う。ってか、仏教も本来そういうことだと思うが。

一方で、「久米宏のがん戦争」を観ていて、人間にとっての病とは、むしろ魂の強度を鍛える契機なのかもしれないと感じた。子どもの頃読んだ昔話で、「一病息災」というのがあった。持病を抱えて苦しみながら生きている人と、病気知らずの快活な人。長生きしたのは病人の方で、健康な人はある日ぽっくり逝ってしまった。願うなら「無病息災」ではなく、「一病息災」と願いなさい、という教訓話。

そう考えると、「ココロの病」を患ったことすら、神が与えたもうた祝福であると、素直に感じられるようになった。


*1http://www.daitosha.jp/new.php

*2http://www.asahi-net.or.jp/~tt3s-cb/takerou/

*3:ちなみにこの辺は、孤高の心理療法士、笠原敏雄先生の受け売りです。http://www.02.246.ne.jp/~kasahara/

otiakotiak 2004/02/26 21:13 次回「委員長」はどんな具合でせうか。ちなみに、今池袋ジュンク堂で妄想戦士ヤマモト3巻を買うと小野寺先生サイン会の整理券がもらえます。

2004-02-25 何だかハイテンション。

johanne2004-02-25

[]「夕凪の街」 こうの史代(同人誌)
「夕凪の街」 こうの史代(同人誌)を含むブックマーク 「夕凪の街」 こうの史代(同人誌)のブックマークコメント

泣いた。すんげー泣いた。「ほしのこえ」以来です。

漫画家のひねもすのたりさんに薦められて読んだ。

初出は「weekly漫画アクション」03年37号(03年9月)。


舞台は昭和30年の広島。ヒロイン・平野皆実のおだやかな、ゆったりとした日常が丹念に描写されていく。しかし、随所に挿入される「ゲンバク」の不気味な影が、10年という月日では消えない悪夢として皆実にまとわりつく。


「ぜんたい この街の人は不自然だ


誰もあの事を言わない/いまだにわけがわからないのだ


わかっているのは「死ねばいい」と/誰かに思われたこと

思われたのに生き延びているということ


そしていちばん怖いのは

あれ以来

本当にそう思われても仕方のない

人間に自分がなってしまったことに


自分で時々気づいてしまうことだ」


皆実は恋をする。同僚の打越はおだやかで優しく、誠実な男。

気持ちが通じ合った瞬間。自分の気持ちに正直になった瞬間。


頭を支配する「あのときの」暗黒と絶望。


……あぁ、いかんいかん、ネタバレしてしまう!

あとは是非、四の五の言わず読んでください。ただし、同人誌です。池袋のジュンク堂*1で直販しているそうです。それか、コミティア*2あたりに買いに行くしか。

ってか、単行本出しやがれ双葉社!ケツの穴が小せぇぞ!!

どう考えてもこの漫画は文化庁メディア芸術祭候補作品になってもおかしくない傑作だぞ!


都市の自由と路上解放とエロマンガ都市の自由と路上解放とエロマンガ。を含むブックマーク 都市の自由と路上解放とエロマンガ。のブックマークコメント

22日にあった渋谷反戦サウンドデモ*3に参加してきました。

都条例改悪反対署名*4のスタッフである「変態左翼」こと昼間たかしと愉快な仲間たちと談笑していると、松沢呉一*5さんに声をかけられる。

集会でのシンポジウムで相方をやれと。それとは別に進行中の企画で嬉しい展開があったのでハイテンションで参加。


「何故にサヨクはエロメディア関係者を殊更に差別しますか?」
問題など言いたい放題。メートル上がりっぱなしでデモに突入。


で、何か様子が変なのよ。いつもならクソミソに圧力と暴力を振る舞ってくれる機動隊諸君がなんでか大人しい。面白いから挑発して旗竿でこづいたりしても、怒鳴りこそすれ手を出してこない。

あとで知ったのだが、これまでの過剰警備に対しメディアから批判の声が挙がり、弁護士からは内容証明で違法警備に対する警告が申し渡されていたらしい。

それにしてもとんだ及び腰。表参道交差点付近では指揮系統の混乱から隊列からはぐれて彷徨う機動隊の一団まで現れる始末。


瞬間、こう思ったね!

(今だ!目だ、目を狙え!)

黒旗かついで思いっきり歩道に乗り上げてやっても、おとがめ無し。完全に事態収拾能力を失った機動隊を横目に、みるみるデモ隊列は膨らんでいく。

渋谷駅頭にさしかかり、「渋谷のカリスマ」小西康陽が登場する頃には、初めて見る「路上解放区」が出現していた。

(いつからケーサツはこんな腑抜けになった?)

却ってそんな疑問が湧いてきた。

弱腰のサヨク相手なら、あれだけ陰湿な鬱憤晴らしをしてくれる機動隊よ、衆人監視の中じゃ「弱虫毛虫のクルッパー」なのか?

結局、自分の頭で考えて動いちゃいないって訳だ。

まぁ、デモ参加者の大半もそうなんだが。


順当に考えて、「このままでは済まない」だろうね。

警備担当者は徹夜で始末書、書かされただろうし。

次は相当警戒しないと、大弾圧があるかもしれん。だからって止めるつもりはさらさらねぇですけど。締め切りとかぶってなけりゃ、また参加します。


  • UP直後にコメントのやりとりがありました。勘案しました結果、僕の側の言葉足らず……という問題があったことを認め、問題箇所を削除します。ただ、一方的に消してしまっては問題の本質が見えないのでデリート機能で残しました。

提起された批判など、納得できる部分も多々ありますが、警察や機動隊に対して何を憤慨しているか……という補足を後日UPすることで、伝達の精度を上げたいと思います。

感情的になったことは素直にお詫びします。また、一方的な立場からの罵倒というスタイルは、本来伝えるべき事実を伝えられず誤解を生みやすいと言うことも、度々ですが肝に銘じます。


johannejohanne 2004/02/26 01:01 もう少し正確に言えば、機動隊個人の人格と警察組織の構造的欠陥の問題はリンクしません。旗竿でこづいたのは謝ります。目の前で女子に暴言を吐いていたのでやったまで。でも気をつけます。

goito-mineralgoito-mineral 2004/02/26 01:08 いや、hesoがより問題にしているのは、ここでの文面のほうでしょう。はっきりいって、なんか警察を小馬鹿にしててイヤ〜な気になりましたよ。

amibahaamibaha 2004/02/26 02:21 う〜ん。hesoさんとjohanneさんの関係性を知りませんが、johanneさんてそんなにお調子者なんですかね?

amibahaamibaha 2004/02/26 02:26 間違って送信してしまった。続き。僕自身は、別に運動家でもない、無党派な人間なのですが、警察権力の弾圧行為は色々知ってますから、johannneさんが小馬鹿にする気持ちはわかりますけどね。私はhesoさんがちょっと感情的になりすぎだな〜と思ってしまったのですが・・・。

goito-mineralgoito-mineral 2004/02/26 02:28 よくも悪くもそういう面はあるのではないかと>お調子者。かといって一方的に悪いってばかりでもなく、こういうひとがいることで動いていくこともある。でも、ぼくも友人として、よはねにはもうちょっと慎重になって欲しいと願っております……。

goito-mineralgoito-mineral 2004/02/26 02:34 まあ、後は当人同士が出てくるのを待ちましょう。

hesoheso 2004/02/26 06:51 「感情的になりすぎだな〜」その通りですね。色々思うところあってのことだったんですが、いったんコメント全消しします。

hesoheso 2004/02/29 10:20 コメントをまとめました。長文なので私の日記のほうに載せておきました。

johannejohanne 2004/02/29 20:50 拝読しました。警察・機動隊・公安に対する僕の不信感というのは拭いがたいものですが、そこから今回の無節操な文の正当性を導き出すことは出来ないと感じました。しばらく後、なるべく誠実に、正直な意見を書きます。それまで、羞恥プレイとしてこの駄文は当分晒しておきます。

reds_akakireds_akaki 2004/04/19 01:42 ゲームラボに載りました>夕凪の街。それも夜羽氏の紹介で

2004-02-11 イスカンダルでテロ?

johanne2004-02-11

「イスカンダリヤ」か……「ヤマト」が向かうべき地でなかったことは幸いだったか。そういや「ガンダム」とかでも中東っぽい人名や地名は頻発するけど、日本人にとって何かエキゾチシズムを誘うのかね?

今さら「攻殻機動隊〜STAND ALONE COMPLEX〜」。
今さら「攻殻機動隊〜STAND ALONE COMPLEX〜」。を含むブックマーク 今さら「攻殻機動隊〜STAND ALONE COMPLEX〜」。のブックマークコメント

語られ尽くしているのだろうけど、とりあえず面白い。久々にこれと「マリみて」と「十兵衛ちゃん2」は録画してます。

押井監督の映画版ではそう感じなかったけど、究極に電脳化、擬体化された近未来がマジやべぇ、シャレなんねぇ。自分の目の黒いうちに電脳化やらサイボーグ技術やらが達成されたら、こんな世界になるんじゃないかって思うと、鬱がひどくなる。SF的には当たり前のことなんだろうけど、最新技術が普遍化される前に、おいしいところは富める者、力のある者が掌握してしまうのだから、支配は容易になる。

弱い者、貧しい者は与えられた生すら全うできない社会。技術が民衆のレベルに降りてきた瞬間に、その誘惑を払いのける自信は僕にはない。ディストピアに草薙素子がいる保証はない。現在のロボット技術が軍事転用される可能性を「ロボット三原則」で拘束する理性を人類が持っているかと聞かれたら、現在の状況では悲観するしかないだろう。

核戦争がどうのと言われていた時代すら幸せだったと回顧される世界。革命などあり得ない、せいぜいがニヒリストとテロリストが跋扈し、上層階級を苛立たせることしか出来ない社会。

いやだ。

子供じみた夢想の先に行き着いた結論であっても、僕は抵抗する。

いま、そこにある貧困。
いま、そこにある貧困。を含むブックマーク いま、そこにある貧困。のブックマークコメント

TVの犯罪報道を観ていて気になるのは、大方の粗暴で短絡的な犯罪の背景にある「貧困」の問題を、誰一人語ろうとしないことだ。児童虐待も、DV殺人も、若者の暴力も、外国人犯罪も、つまるところ「貧困」が産み出しているんじゃないか。

景気が回復しているって?そうかもしれないが、実のところ生活困窮者や要福祉家庭を切り棄てて経済をスリムにしただけだろう?不満が反抗に結びつきやすい若年労働者のリストラを後回しにして、相互扶助という概念の希薄な中年層を真っ先に切る。クレジットやサラ金を野放しにして、ハイブリッド自動車だプラズマテレビだDVDだ高級ブランドだと買わせれば、借金の督促状が山になってもモノがあるから「自分は中産階級だ」と信じ続けられる。今さら革命など起きやしないさ。労働組合は雇用確保のためにパート労働者を抑圧する。企業は終身雇用から社会保障のないパートや派遣やフリーターに切り替える。既得権益を持った者同志のせめぎ合い。全く、素晴らしい社会。

大阪じゃ、三世帯に一世帯が義務教育の学費扶助を受けているそうじゃないか。北海道じゃ高卒の就職率は実質20%を切ったそうだ。それでも、認めやしないだろう。僕も含め、浮遊階級に属するインテリやクリエイターやアーティストやジャーナリストは、一発当てれば富裕層……というドリームだけを支えに生きているのだから、貧乏人など知ったこっちゃ無い。


このやりきれない気分。

サヨクが不甲斐ないから……などと喚いても詮無いこと。

それでも、目の前にやりかけの仕事があることを、素直に喜び、全力を傾けるだけだ。

hesoheso 2004/02/11 11:13 いま、そこにある貧困を読んで私なりに感じたことを私のはてなの方にアップしました。

johannejohanne 2004/02/12 16:37 読みました。同感です。本来あるべき公共事業について、もう一度考え直さないと。国鉄や電電公社といった「社会資産」を切り売りしたことで、どこに利益が行ったのか?電話回線の権利金72,000円はみすみす騙し取られようとしている。これでいいのか?という気になります。

a_katua_katu 2004/02/12 20:34 私もhesoさんの文章読みましたが、平行して建設業界とヤクザの癒着を何とかしないといけないな…とも感じました。johanneさんへ。してみると電話回線の権利金の高さが、携帯普及の呼び水だったのかも知れませんね。

hesoheso 2004/02/13 13:26 私自身が建設に関係のある仕事をしているのですが、あまりに小商いのためか今までそうしたヤ印の方と関係したことがありません。こうした人達は利幅が大きいからこそ群がってくるのだと思います。であれば、巨大プロジェクトをはずした小規模公共事業はその点でも有効ではないでしょうか。ダンピングや談合を排した自由競争入札、丸投げ防止の検査強化等によって「うまみ」が減れば、こうした癒着も減少していくのではないかと思います。

2004-02-07 羊肉づくし。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

johanne2004-02-07

BSE、鶏インフルエンザと来て、ついにヴェトナムで豚に感染が報告されましたね。かなり深刻。世間じゃダチョウだワニだと騒いでいますが、ものすごい勢いで無視されているのが羊。なぜあんなにうまい肉を敬遠する人間が多いのかわからない。

というわけで、S英社のクマガイさんと「羊を食い倒そう!」とのかけ声の元、代々木の「ビストロひつじや」へ行ってきました。金曜の夜というのに予約なしで入れた。なぜだ!

羊のたたき、アフガンステーキ、スペアリブのいぶし焼き、ブラジル風肉炒め…などをグルジアワインで流し込む。「羊の脳みそ」が激しく気になるも、スクレイビー(狂羊病)って人間には移らないんだっけ…?などと思案しているウチに注文し損ねる。う〜、堪能。しかし、結論としては「日本人ならジンギスカンじゃろう」という所に落ち着いてしまった。

実際、「ソラチ」のジンたれ*1で食すジンギスカンは極上である。羊肉も「肉のなみかた」*2という良い店を見つけてしまったし。「ジンギスカン」とは、文明開化における「牛鍋」の羊肉版なのだろう。あのタレとの組み合わせで刷り込まれてしまっているのだ。ボクの地元ではジンギスカンの他は、豚のすき焼きとラムのしゃぶしゃぶ。牛肉のすき焼きを初めて食べたのは中学2年生だった。牛肉よりも羊肉の方が馴染んでいるという北海道民は少なくないだろう。

「東京ジンギス倶楽部」*3によれば、関東圏でジンギスカンを食える店はそこそこあるみたい。美味い羊肉を食うために、働くぞ!


goito-mineralgoito-mineral 2004/02/07 11:46 食わせろ〜ジンギスカン。hesoも待ってるぞ〜。

hesoheso 2004/02/07 14:31 ううううまあああああそおおおおおおお

amibahaamibaha 2004/02/08 16:41 私は貧乏性なのでベル食品のタレが好きです。

johannejohanne 2004/02/09 01:10 ベル派とソラチ派は分かれますね。侮れないのが青森の「上北農産」というメーカーのタレ。東京で売っているダイショーとかの類は、ジンたれというソースの概念を根本的に誤解している気がします…

gonzapgonzap 2004/03/18 03:45 ちなみにビストロひつじやのビルの6F(最上階)にはコミックス・ウェーブが入ってます。前はグループ・タックさんが入ってました。僕もたまに出社してます。昼間行くとご飯お替りし放題でいいっすよ。

2004-02-05 美味い珈琲は人生の至福。

johanne2004-02-05

3時間かかって書いた文章を操作ミスで消してしまい嗚咽。おそらく無意識の「徹夜で書いたラブレター警報」がそうさせたのだと無理やり納得。個人批判と受け取られかねない表現もあったし。自己批判こそすれ、現状では誰かとやり合う気力がないので、まぁよしとする。

近況。
近況。を含むブックマーク 近況。のブックマークコメント

中京地域の某店に試験導入されたパチンコ機「CR海物語M58」の取材で名古屋近郊に出かける。結果は惨敗。実戦費まで貰って臨んだのに情けない。5回転までの確変突入率100%、奇数絵柄95回転、偶数絵柄65回転の時短付きというスペックは、以前の保留玉連チャン機を再現しようとしたのだろう。229.5分の1という確率ほどには当たらないが、展開次第では小勝ちは望める。ジグマパチプロ御用達という感じ。流行るかどうかは疑問。新宿某店にも今週から導入されたらしい。

「連絡網AMI・同人班」の交流会にも参加させていただきました。いきなりネガティブモードでご迷惑をおかけしました。ひねもすのたりさん責任編集で「ふたなり本」、はやぶさ真吾さん編集で「制服本」を企画中とのこと。うぉぉ、俺も描かせてくれ!

今月号の「桃姫」から始めた短編連作は「DewProcess of Love」という副題がつきます。「公正な手続き」をキーワードにしようかと。頑張ってエロくします、なるたけ。

珈琲よもやま。
珈琲よもやま。を含むブックマーク 珈琲よもやま。のブックマークコメント

ついに珈琲豆を買う余裕もなくなり、先月からインスタントコーヒー生活に突入。さんざん吟味した結果、価格は厳しいがネッスルの「香味焙煎」ならば耐えられるという結論。インスタント特有の下品な酸味が無く、ブラックでも辛うじて飲める。

そもそも、インスタントコーヒーというのはインスタントラーメンと同類で「似て非なる存在」である。元々は規格外のクズ豆を使っていたという。通常流通している珈琲豆ではコスト的に割に合わない。ってか、かつての「プレジデント」とか「グランデージ」って、バカ高いくせに所詮インスタントだもの。今ならレギュラーコーヒーの方が安くて美味いのがざらにある。「香味焙煎」はディスカウント店で詰め替えを買うとまぁ、常識の範囲。

深煎りのヨーロピアン、イタリアン、フレンチ、エスプレッソ系統が好みの僕にとって、日本人の珈琲の嗜好は理解に苦しむ。いわゆる三大ブランド、ブルマン、キリマン、モカの売りは「香りと苦みと酸味のバランス」だそうだが、ヘビーユーザーにとって「酸味」は百害あって一理無し。ただでさえ急激に酸化するレギュラーコーヒーを一杯ずつ淹れるなんて優雅な真似はとても出来ない。アメリカンなんてアンタ、所詮紅茶の代用品ですよ。良くある誤解で「アメリカンの方が胃に負担がかからない」なんて大嘘ですからね。浅煎り豆はタンニンなどの不純物が分解されないので逆に胃に悪い。一番ヘルシーなのは深煎り豆を高圧で抽出するエスプレッソだって知ってましたか?カフェオレなら大丈夫ってのも忘れてください。牛乳で胃粘膜を保護したいなら牛乳だけ先に飲むしかないですからね。とにかく巷間に溢れる珈琲知識は嘘だらけ。UCCとキーコーヒーの陰謀ですかねありゃ。

あぁくそっ!何か腹立ってきた。スタバのエスプレッソのケチくさい分量とレギュラーの不味さにはいい加減辟易する。近所に「セガフレード・ザネッティ」が出来るのを切実に希望。金があったら神田伯剌西爾の「ペルー・チャンチャマイヨ」を宅配で頼むか、山本珈琲店で「ニカラグア・マラゴジベ」の生豆を仕入れて自宅でローストするか、そんな贅沢してみたい。ってか時代はフェアトレードだもんな。中米の無農薬農園と契約するか!……現実には、高円寺金古園で100g190円のフレンチ・コロンビアが買えるなら充分なんですけど。

まだ言い足りない。皆さん、美味いコーヒーを淹れたいなら、ペーパーフィルター方式が実は妥当なんです。もっとも適しているのはネルドリップですが、ネルの手入れは素人にはかなり難しい。ダッチコーヒーはとにかく時間がかかる。エスプレッソは大量に淹れられない。サイフォンは見た目が面白いだけで、珈琲豆の特性から考えると非合理的。ましてや、イスラム圏の直に豆をぶち込む珈琲やアメ公が粋がるパーコレーターは何を考えているのかと小一時間問いつめたくなる。

要は、豆の鮮度管理と抽出時の湯温やタイミングに気をつけさえすれば、誰でも美味いコーヒーが淹れられます。こうした蘊蓄は、大学時代に通っていた高崎の「大和屋珈琲店」のご主人に教わりました。20年近く前、上並榎のバラック小屋で上等の炭焼珈琲を売っていた大和屋さん、今や自社ビル構える北関東の一大チェーンですって。

その大和屋珈琲店で仕入れた豆で、オリジナルアイスコーヒーの作り方を研究してました。大学にも行かず。当時、友人の家に残したそのアイスコーヒーを飲んだサンプラザ中野さんが

「こんな美味いアイスコーヒーを飲んだのは初めてだ!」

と絶賛されたそうです。てへ。

製法を知りたい方はそのうち、耳打ちしてください。

hesoheso 2004/02/06 00:25 コーヒーか・・・大人だなあ。年間通じて麦茶を愛飲する私には・・・。

 | 
Connection: close