Hatena::ブログ(Diary)

セロ担いでどこ行こう RSSフィード

2012年05月18日

夏のはじめの室内楽III

f:id:john-maius:20120518100210j:image

ブログではすっかりご無沙汰しております。あっという間に5月も半ばを過ぎてしました。

今回は演奏会のお知らせです。

この企画もおかげさまで3回目を迎えることができました。

今回は、ブラームスピアノ四重奏曲をメインにお届けいたします。皆様のご来場をお待ちしております。

日時

2012/06/10(日)15時開演

場所

スペースDo新大久保から徒歩3分)

プログラム

モシュコフスキー 2台のヴァイオリンのための組曲

プーランク ピアノチェロのためのソナタ

ブラームス ピアノ四重奏曲第1番

出演

ピアノ 田中恭子

ヴァイオリン 片野可八子

ヴァイオリンヴィオラ 江副麻琴

チェロ 大島純

料金 全自由席 3000円(当日3500円)

チケットご希望の方は、コメント欄にお名前、枚数と連絡先メールアドレスをご記入の上、コメントの投稿をお願いいたします。いただいたコメントはブログ上には公開いたしませんのでご安心ください。こちらから改めてご連絡差し上げます。皆様のご来場をこころよりお待ちしております。

2012年01月18日

近くて遠い…

今日は1/29のコンサートのためのあわせでした。

ドビュッシーピアノトリオ。ドビュッシー18歳、パリ音楽院の学生だったときの作品。若々しい曲風の中に晩年の完成された響きの片鱗をかいま見る事ができます。どこをとっても非常に美しい旋律なのですが、いかんせん成長途上の時期の曲だけに、演奏する側にとっては少々無理のある楽譜になっています。弾けないわけじゃないが常にもう一本よけいに指が欲しい感じ。

例えば1楽章のチェロパート。画像中央の2つの音をご覧ください。

f:id:john-maius:20120118160206j:image

シとドの和音楽典的には2度の音程。隣の音です。なのにチェロで弾くととても遠い。親指と薬指をぐっと開いてようやく届きます。

f:id:john-maius:20120118160040j:image

ヴァイオリンだとこんな感じ。2本の弦を人差し指と小指で押さえます。でもやっぱり遠い

f:id:john-maius:20120118160013j:image

ピアノで弾くとこんな感じ。かんたんかんたん。うらやましい…

f:id:john-maius:20120118155850j:image

そういや、ニドっていうコーヒーに入れるクリーミングパウダーありましたよねぇ。日本ではもう売ってないようです。知らなかった。

D

2012年01月14日

1/29 室内楽で贅沢な午後を

遅ればせながらあけましておめでとうございます。さすがに去年はブログほったらかしにしすぎました。

今年はなるべくこまめな更新を心がけますので、よろしくお願いいたします。

今回は演奏会のお知らせです。

f:id:john-maius:20120109125908j:image

室内楽で贅沢な午後を

日時 2012/01/29 14時開演

場所 代々木の森 リブロホール webサイトはこちら

料金 60席限定 4000円

プログラム ドビュッシー ピアノ三重奏

      ハイドン ピアノ三重奏曲「ジプシー風」

      コダーイ ヴァイオリンチェロのための二重奏曲

出演 ピアノ 亀田賢

   ヴァイオリン 小林倫子

   チェロ 大島純


小林倫子さんとの共演は2回目です。コダーイは3月に津山で演奏して以来の再演になります。亀田賢(さとる)さんは今回初顔合わせ。ひょうひょうとした雰囲気で、いろんな色のピアノを聞かせてくれます。リブロホールは最近出来たホールです。席数60。演奏者と客席が一体になれる良いホールです。皆様のご来場をお待ちしております。

チケットご希望の方は、コメント欄にお名前、枚数と連絡先メールアドレスをご記入の上、コメントの投稿をお願いいたします。いただいたコメントはブログ上には公開いたしませんのでご安心ください。こちらから改めてご連絡差し上げます。皆様のご来場をこころよりお待ちしております。

2011年11月06日

11/20 オーケストラナデージダ 室内楽演奏会Vol.2

お久しぶりでございます。今回は演奏会のお知らせです。

f:id:john-maius:20111106185816j:image

オーケストラナデージダ 弦楽首席奏者による室内楽演奏会Vol.2

日時 2011/11/20 14時&18時開演(2回公演)

場所 代々木の森 リブロホール webサイトはこちら

料金 両公演とも60席限定 3000円 (当日3500円)

プログラム ボロディン 弦楽四重奏曲第2番

      ドヴォルザーク ピアノ五重奏曲

出演 ピアノ 石岡千弘

   ヴァイオリン 相原千興 高瀬真由子

   ヴィオラ ナタリヤ・コンドラティエヴァ

   チェロ 大島純


今年6月に引き続き2回目の企画です。リブロホールは最近出来たホールです。席数60。演奏者と客席が一体になれる良いホールです。皆様のご来場をお待ちしております。

チケットご希望の方は、コメント欄にお名前、枚数と連絡先メールアドレスをご記入の上、コメントの投稿をお願いいたします。いただいたコメントはブログ上には公開いたしませんのでご安心ください。こちらから改めてご連絡差し上げます。皆様のご来場をこころよりお待ちしております。

2011年09月11日

10年。半年。

いよいよtwitterやらFacebookばかりになってしまい、こちらは放置になっててよろしくありませんな。3ヶ月書かないと、はてなも広告はいるんだねぇ…

そんなわけで、あれから10年経ってしまったわけです。10年前は志賀高原におりました。初日から体調わろし。11日に帰京予定だったのが、折からの大雨で下界に降りる道路が通行止。やむなくもう一泊。喉痛いし、早く寝ようと思っていたらテレビからあの映像が。まあ寝られませんわな。喉痛いのも忘れテレビにかじりつき、一睡も出来ぬまま翌日帰京。喉の痛みは最高潮。やむなく夜間診療へ。扁桃炎をこじらせ即入院。一週間で退院できましたが、あちこちの仕事先、そして家族に迷惑かけまくってしまいました。あれから10年か。時の経つのは早いものです。

そんなわけで、あれから半年経ってしまったわけです。半年前はピアニスト宅であわせをしておりました。午前のあわせが終わり、ゆっくり昼飯を食べ、午後のあわせが始まった矢先にあの揺れが。まあ弾き続けられませんわな。速攻で帰宅。あわせ場所が自宅から近くてよかった。ほどなく息子二人を無事確保。余震におびえつつもテレビにかじりつき、一睡も出来ぬまま翌朝。そして起こったあの事故は、未だに色んな人に迷惑をかけまくっています。あれから半年か。時の経つのは早い…とは言い難いのが正直なところです。

あと10年経ったときにどういう感情をもっていられるか。長期戦になるのは確実。少しでも明るい見通しを持てるように今自分がやらなくてはいけないことは何か。自問自答を続ける毎日です。