Hatena::ブログ(Diary)

シネマの舞台裏

共訳『ヴァルター・ベンヤミンの墓標』刊行

ドキュメンタリーマガジン「neoneo」7号

寄稿「現代思想7月号 報道のリアル」

寄稿「現代詩手帖7月号 吉増剛造特集」

8/2〜特集「現代ヨーロッパ映画」@アテネフランセ

8/27 講演「旅・移動・移民」@あいちトリエンナーレ

2016-07-23 特集上映「現代ヨーロッパ映画 (1)」

johnfante2016-07-23

[asin:4309276520:image]

共編著『国境を超える現代ヨーロッパ映画250 移民・辺境・マイノリティ』の刊行後、企画・準備を進めてきた特集上映が8/2(火)からアテネフランセ文化センターがはじまります。

8/4(木)の「グルジア映画の魅力」では、スラブ文学者の沼野充義さんとトークにも出演いたします。


詳細 http://www.athenee.net/culturalcenter/program/co/contemporary.html


f:id:johnfante:20160730104057j:image:w640


現代ヨーロッパ映画(1)

−移民・難民・越境・辺境・マイノリティ―

2016年8月2日(火)-8月6日(土)(5日間)

会場:アテネ・フランセ文化センター


混迷の時代に生きる現代ヨーロッパの映画作家たち

移民・難民・越境・辺境・マイノリティ…国境を超える様々なテーマと向き合った彼らの映画表現を、未公開作を中心とした上映と多彩なゲストトークを交えて辿ります。


■上映スケジュール

8月2日(火) 「ドイツ映画の移民と難民」

16:00 『女闘士』(103分)

18:00 トーク:渋谷哲也(ドイツ映画研究者)

19:30 『辛口ソースのハンス一丁』(96分)


8月3日(水) 「アブデラティフ・ケシシュ 作家主義の行方」

13:00 『身をかわして』(117分)

15:30 『クスクス粒の秘密』(137分)

18:00 トーク:野崎歓(フランス文学者)+三浦哲哉(映画研究者)

19:30 『身をかわして』(117分)


f:id:johnfante:20160723121817j:image:w640


8月4日(木) 「ジョージア(グルジア)映画の魅力」

14:00 『花咲くころ』(102分)

16:00 『希望の樹』(108分)

18:00 トーク:沼野充義(スラヴ文学者)+金子遊(批評家・映像作家)

19:30 『花咲くころ』(102分)


8月5日(金) 「フランスと移民」

14:00 『長い旅』(108分)

16:00 『ハデウェイヒ』(105分)

18:00 トーク:

夏目深雪(批評家・編集者)+田中千世子(映画評論家・映画監督)

19:30 『長い旅』(108分)


8月6日(土) 「ポルトガル映画の冒険」

13:00 『トランス』(126分)

15:30 『トラス・オス・モンテス』(111分)

17:30 トーク:福間健二(詩人・映画監督)

18:30 『トランス』(126分)


「ジョージア(グルジア)映画の魅力」

ロシアやトルコと隣りあうジョージアは、西洋と東洋の多民族が行き交う要衝の地。ジョージアに特有の因習をテーマにした新旧の名作映画を鑑賞し、スラブ文学者の沼野充義さんに背景にある文化についてお話をうかがいます。

金子遊(批評家・映像作家)


f:id:johnfante:20160723121502j:image:w640


希望の樹 Natvris khe

1977年/108分/35mm

監督:テンギス・アブラーゼ

出演:リカ・ガヴラジャーゼ、ソソ・ジャチブリアニ、カヒ・ガヴサーゼ

原作は詩人ギオルギ・レオニゼの短編小説集。ロシア革命前、農民や牧童が暮らす東部カヘティ地方の山村には、根強い因習が残っている。長老、アナーキスト、学者、神父、夢想家、占い師など民話に登場するような人たちによる群像劇が進み、次第に美しい娘マルタと牧童の悲恋の物語へと収斂していく。


花咲くころ In Bloom

2013年/102分/デジタル

監督:ナナ・エクチミシヴィリ、ジーモン・グロス

出演:リカ・バブルアニ、マリアム・ボケリア

ソ連解体後の内戦が続く、90年代初頭のトビリシ。14歳の少女ナティアとエカは、家庭にも学校にも居場所がないと感じている。ある日、友人の少年から護身用の拳銃を預かったナティアは、人生を変えてしまう事件に巻きこまれる。カフカース地方に残る誘拐婚の因習を扱った、新世代による重厚な女性映画。


■全作品日本語字幕付き

■料金

一般=1500円

学生/シニア=1000円

アテネ・フランセ文化センター会員=800円

3回券 一般・学生・シニア共通=2700円


f:id:johnfante:20160730104045j:image:w640

2016-07-15 特集上映「よみがえれ土本典昭」

johnfante2016-07-15

水俣病公式確認60年 没後8年

ドキュメンタリーマガジンneoneo7号刊行記念 特集上映「よみがえれ土本典昭


f:id:johnfante:20160703171942p:image:w360


7月18日(月祝)『みなまた日記』18:00上映

【トークゲスト】杉田俊介(評論家)、金子遊(neoneo編集室)


7月19日(火)『映画は生きものの記録である』19:00上映

【トークゲスト】伏屋博雄(『映画は生きものの記録である』プロデューサー)、菊井崇史(neoneo編集室)、佐藤寛朗(neoneo編集室)


詳細&ご予約 http://www.uplink.co.jp/event/2016/44346


f:id:johnfante:20160715113759j:image:w360


水俣病の公式確認から60年。没後8年の巨匠・土本典昭監督を特集するドキュメンタリーマガジンneoneo7号の刊行記念イベント。『水俣ー患者さんとその世界』から20余年、土本監督が95年前後に水俣の地の再生と祈りを撮ったドキュメンタリー『みなまた日記』(04)、neoneo編集室の伏屋博雄がプロデュースし、土本典昭の全体像を記録した『映画は生きものの記録である土本典昭の仕事』(06)を、執筆者と編集室のメンバーによるトーク付きで開催する。


※ ドキュメンタリーマガジン「neoneo」最新号とバックナンバーの販売あり

※ 7/18はトークイベント終了後、近隣で打ち上げあり


◆料金

・トーク付き 料金:一般\1,500 アップリンク会員、neoneo7号持参か購入で\1,200

・映画のみ  料金:一般\1,200 アップリンク会員、neoneo7号持参か購入で\1,000

2016-07-03 「neoneo」7号刊行

johnfante2016-07-03

ドキュメンタリーマガジン「neoneo」7号が刊行されました。


今回は特集「よみがえれ土本典昭」で、「オホーツク 漁る人びと」という論考を書きました。

サハリンへの旅を起点に、アイヌと北方諸民族、日本とロシアの境をまたいでオホーツク圏の漁業を書籍と映像で描き出した、土本の民族誌について書いています。

ネット販売ページ http://webneo.org/info


f:id:johnfante:20160703171942p:image:w400


[Contents]

【特集1】ノンフィクション×ドキュメンタリー 文章と記録映像のあいだ


ノンフィクションとドキュメンタリー。活字と映像の違いはあれど、人に会ってインタビューをしたり、資料を集めたり、撮影や録音をしたりと、仕事の内容はそれほど変わりありません。また、同じ題材を扱ったノンフィクションと映画も数多く存在します。

本特集では、映画と同じ題材を扱ったノンフィクションを10本取り上げ、文章と映像の異種格闘技戦を試みました。数々の名作ノンフィクションの世界に足を踏み入れ、記録映像と比較することで見えてくるドキュメンタリー表現の面白さを、たっぷりとお楽しみください。


巻頭インタビュー 森達也 

『A2』から『FAKE』まで、空白の15年を語る 佐藤寛朗


ノンフィクションvsドキュメンタリー 10本勝負!

五体不満足』VS『さようならCP』堤拓哉

『プロレス少女伝説』VS『ガイア・ガールズ』 藤田修平

『牛を屠る』VS『ある精肉店のはなし』 岡田尚文

『在日の耐えられない軽さ』VS『ディア・ピョンヤン』 若林良

『ボクの彼氏はどこにいる?』VS『ターネーション』 國友万裕

『牛と土』VS『東北記録映画 三部作』 中里勇太

『中国嫁日記』VS『妻はフィリピーナ』 佐藤寛朗

『代議士の誕生』VS『選挙』 細見葉介

『日の鳥』VS『由美香』 岡村亜紀子

戒厳令下チリ潜入記』VS『戒厳令下チリ潜入記』 鈴木並木

論考 『綴方教室』から『ビリギャル』まで ―本と映画の八〇年―  清水浩之


【特集?】 よみがえれ土本典昭 没後8年 水俣公式確認60年


「3.11」の後、混迷を深める世界や日本社会ですが、その問題の本質は、全て記録映像作家・土本典昭(1928−2008)の作品群に刻印されていると言えるでしょう。とりわけライフワークであった水俣病をはじめとする公害や原発、そして領土やアフガニスタン(イスラム社会)の内戦の問題……その構造や解決のヒントは、彼の記録映画と、そこで生きている人々の姿から、必ず見えてくるるはずです。だからこそ、水俣病公式確認60年の今、私たちは言わねばなりません。「よみがえれ、土本典昭」と!


インタビュー 原一男「巨匠・土本を越える!」聞き手 石坂健治

作品論 『水俣 患者さんとその世界』 菊井崇史

論考 起きあがれる方へ 石牟礼道子と土本典昭 藤原安紀子

論考 土本典昭にとって晩熟とは何か 杉田俊介

エッセイ 『原発切抜帖』―メディアがメディアを切る 鎌仲ひとみ

特別寄稿 土本さんちの宝探し 土本基子

論考 土本と岩波映画 森田典子

エッセイ 小川紳介と土本典昭 伏屋博雄

作品論 アフガニスタンに散った花 佐藤奈緒子

エッセイ『よみがえれカレーズ』のこと 熊谷博子

論考 オホーツク 漁る人びと 金子遊

土本典昭DVD&書籍ガイド 菊井崇史

2016-06-26 『ホース・マネー』のパンフ

johnfante2016-06-26

f:id:johnfante:20160626123050j:image


公開中の映画『ホース・マネー』のパンフレットに、ペドロ・コスタ監督へのインタビューが掲載されました。

各劇場窓口などで買えますので、ぜひご覧下さい。

映画は、ポルトガルのカーボヴェルデ移民たちの集合的な記憶に光をあてています。


f:id:johnfante:20160626122957j:image


D

『ホース・マネー』予告編

2016-06-16 「映画批評コレクティヴ」刊行

johnfante2016-06-16

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015」から半年以上。

「映画批評コレクティブ 1」の書籍が刊行されました。ペーパーバックのような装幀で、英語・日本語のバイリンガルです。


f:id:johnfante:20160616214421j:image:w640


「映画批評コレクティブ」が映画祭でのワークショップ、批評の執筆、シンポジウムを通して、英語・日本語の両方で、アジアの映画人と交流してきました。

その成果がついに、1冊にまとまりました。ぜひともお読みください。


当方は「ネイティヴの、ネイティヴによる、ネイティヴのための…」という批評文を描きました。台湾のタイヤル族のドキュメンタリー作家、サーユン・シモン監督の『テラキスの帰郷』や、アイヌの人たちの映画について論じています。

それから、クリス・フジワラ北小路隆志、アジアからの映画人との「実験映像としてのドキュメンタリー」のシンポジウムの採録にも参加しています。


サイト http://www.yidff.jp/2015/cat041/15c065-3.html


◎寄稿(敬称略)青山奈央エイミー/クリス・フジワラ/石原海/金子遊/北小路隆志/メリッサ・レガルタ・アルカンタラ/村松泰聖/ジェイ・ロサス/咲島/佐藤聖子/チャヤニン・ディアンピタヤゴーン/アレクシス・A・ティオセコ

編集:衣笠真二郎

装幀:サイトヲヒデユキ

発行:山形国際ドキュメンタリー映画祭、国際交流基金アジアセンター

制作:シネマトリックス/ソリレス書店