ITの海原を泳ぐ(ドメイン & 固定IP & レンタルDNS) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-11-09 日本のIPv6発行元である「jpne」の関係者様とお会いできました。 このエントリーを含むブックマーク

昨日、当方にネットワークアドレスを提供して頂いております上位回線会社からの紹介で「日本ネットワークイネブラー株式会社」通称:jpneの関係者様とお会いする事ができました。

世界的にもipv6の利用は進んでいませんが未来には必ずこの方式にネットワークは入れ替わっていきます。未だ浸透していない今の時期に頑張って下地を作る事がとても大切と考えています。今後、彼らと意見交換等を行い微力ですがipv6の普及に努力していきたいと考えています。

 

ipv6の疎通確認ツールを無償で提供しております。

http://v6check.com/

*特徴

 ipv4の環境からipv6アドレスで動作しているデバイス(PC&サーバー類)にping送信します。

 アメリカ国内にあるサーバーより確認するので客観的な疎通確認が行えます。

 疎通確認された内容は保存できますので次回テストの時に即、確認できます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/jtamino/20121109