Hatena::ブログ(Diary)

七月夢さんち前 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


←拍手があると喜びます(笑)もしなにかあればお気軽にどうぞ(^^)

07/05/12(土) 神田エール!

また、間が開いちゃったですねぇ(^^;(挨拶)

最近眠く手眠くて。


―――5月病?(笑)

神田さんの茉莉ちゃん

神田さんの茉莉ちゃん を含むブックマーク

そんなこんなで土曜日ですが、今日も暖かくて

イイ陽気でしたねー。風もそこそこ吹いてて

歩いてて気持ちいいし(*´ー`)




ってなワケで日記書いてからおでかけもーど。

神保町で立ち食いで蕎麦ってから高岡経由で

歩いてアキバへ。もう夕方でしたが何カ所かで

神輿をかつぐ光景が目に付きました。




そう、今週末は神田祭ですやねー。

http://www.kandamyoujin.or.jp/kandasai/h19/index.html

って事で、確か一昨年も同じようなコース辿ったよう

な気がしますが、そういった意図もあって神保町から

アキバに向かってみたわけで(^^)

まぁ確かに都会のど真ん中のお祭りなんで

御輿とかどうしても埋もれた感があったりして

ちょっと寂しくもなるのですが。


(祭の範囲が広いので全面交通規制とかにはならず

 交通規制は御神輿が進む一角だけでしかも周辺の

 街にはそこまで観光客もいないしね)

でも、それでも徐々にアキバに―――正確には

神田明神に近づくにつれ盛り上がってるようで

その感じがなかなか楽しい気がするのですよ。




いや、ほんと今日はイイ散歩日和だしねー(*´ー`)

って事でアキバについたのは17時前だったかな?

郵便局前を通って橋を渡り

何気に神田明神を下った通りまでくると

(石丸ソフト1やザコンの前の通りね)

おおっ! なんか甲冑姿の武士が馬に乗ってるー(^^)

なんだか祭りっぽいね!賑やかやね!

つか、こんな時代祭みたいなのもあったのかー。

馬の集団はザコン前の通りの端から端まで10頭くらい

いて、ちょっと留まっているらしく、観光客が一緒に

記念撮影してたり。興奮してせわしなく動く馬も

いたりして、なんだか楽しい感じやねー。

先頭の白馬がなかなか立派で格好良かったです。

ちゅうか、丁度土曜のクライマックスに立ち会ったようで

偶然とはいえなかなか運がイイですな!(*´ー`)

(3千人参加の派手なのとか朝からやってたみたいだけど)

しばらくして馬の集団は神田方面に移動。


するとその後ろから珍妙な御輿が―――って

エアー御輿って一体(笑)(^^;

まぁホントにエアーなんじゃなく、

透明のバルーンみたいなものだったけど。

そんで続けてナマズのバケモノみたいなのも通るし。

鬼もいたよ(^^;

どうやら大江山関連のモノみたいですねー。

それに続いて登場が


―――ああああああああああああ。

巫女の集団がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(>_<) (笑)


はぁはぁはぁ(笑)

ええ、ええ、ちょっと後悔しましたよ。

何故僕はカメラをもって無かったんだろうと!(笑)

神田祭があるって知ってて出かけたのに(;_;)

まぁ巫女さんだけでなく、前述の馬とかさー。

例年どおり、素人だけでなく、かなり本格装備の

セミプロっぽい人もイッパイいるくらいカメラ撮影の

絶好の機会のひとつだってのに(笑)(^^;

まぁそんなにカメラ班ってわけでもないけどね。

それでもネタになったよな、多分(^^;




って事で、残念に思ってたところ、たまたま見かけた

今日のネットニュースの中に、多分僕の見た時間と

ほぼ同じ時に撮影したらしき記事発見(^^;

http://ascii.jp/elem/000/000/034/34404/

他のサイトのは午前中やお昼に撮影したものが多い中

なんてジャストタイミングな(^^;




まぁそんなこんなで軽く神田祭も楽しんだんで

そのままアキバ巡回(笑)

でも、肝心な事を確認してませんが(^^;

結局DSは売ってたんだろうか?(笑)

あと、富士壷の新刊はさすがにこの時間じゃ

売り切れてたんだろうなぁ(^^;

あ、うつらうららかさんのリィン本の委託が

始まってました。まぁ明日のイベントでも

売られるみたいですが。




でもって軽く廻るも人も多いんでそうそうに離脱。

地元のスーパーで手羽先とかgetして帰宅、と。




あとはPC録画マシンの復旧作業を試みる―――期限は

アド街ック天国放送開始の21時!

―――結果、だめでした(;_;)

つか、メモリの指す箇所も全部変えて試したり

マザボからボードを一通りはめ直したりしたけど

Winの起動画面まで1回も行かず。os選択画面は

クリアするもののセーフモードもだめみたいで、

ブルースクリーンになるか起動画面で

固まるかのどちらか一方で。

OSは突破出来るんだけど、、、これってもしか

マザボとメモリの接触部分がダメになったか

HDとか? うーん。

まぁ結局時間も切れたしお腹も空いたんで

ヤケ酒ならぬヤケ唐揚げを食べたりして(笑)


そして漫画読んだりネット廻ってたら

日記書くまえに眠くなって、不貞寝ですよ!(^^;

あー、一応明日帰ってからまた試してみる予定だけど

もうこれは買い換えしか無いかなぁ(^^;うう

そんな余裕あるワケでもないし、メモリ新しいのgetした

ばっかで勿体ないんで、どこかで安い組み上がったのを

getしてきて差し替えてデッチあげるかなぁ(^^;


ってな感じで不貞寝ってたんでまた日記書けなかった

んだけど、なんか早目に起きたので

こうして書いてみたり―――ってのが

今日のあらすじですよ!(笑)


そんなこんなで、明日―――というか日曜ですが

休出するも一応昼過ぎには終わるんで

神田祭リベンジでもするかなぁ?(笑)(^^;

都産貿に行くにはちと遅めの時間でもあるし。



そんなこんなでとりあえずレヴュはエールだけでも。

「コミックエール!」vol.1 芳文社

「コミックエール!」vol.1 芳文社 を含むブックマーク

f:id:julym:20070513075812j:image

http://www.toranoana.jp/shop/070509_yell/070509_yell.html

(穴でペーパー)

http://www.dokidokivisual.com/comic_yell/

そんなこんなで、芳文社から創刊された

4コマ漫画雑誌です。以前にもきらら系列で

きららふぉわーどとか出てましたが、ふぉわーどの

既存のきらら作家で構成された漫画雑誌とちがい

ほとんど他のところからひっぱってきたカタチです。

コンセプトは

「男の子のための次世代ガールズコミック

―――なんか、ちょっとだけ萎えるような(笑)(^^;

あえてこう書かれちゃうとねー。表紙の感じは

カドカワ系っぽいけど、コンセプトはコミックHi!に

近いのかな? うーん。微妙かも?

―――と、読む前には思ってましたが、ざくっと

読んでみたところ、これがなかなかに取っつきやすく

読みやすい感じで(^^)b

いやすっごく読みやすいんですよ。少なくとも僕には。

あれかなー。どっちかっていうと女性作家が多そうなのが

イイのかな? 少年漫画系よりも好みだろうし。




今気付いたけど、カタチ的にはきららキャラット

増刊扱いなのね(^^; まぁ雑誌コードの関係上なんで

実際にコンセプトがそれってワケじゃないだろうけど

どこか空気が似てるところがあるのかもな。




あと、ハッキリと描いたものは無いですが

どことなく百合っぽいのがあるのがイイのかも(笑)

あと、編集部ががんばって新しい雑誌を作って

いってるなーってのがイイのかも。表紙裏の頁に

編集部の挨拶文とこの雑誌のコンセプトの説明を

載せてるのって珍しい気がするし(^^;

ざくっと感想をば。


「ラブイーブン」
須田さぎり

個人的には当たり外れがあったりする作風ですが

今回は当たりかも。無口で大人しい娘に告白した男子と

恋愛否定っぽく宣言する委員長との対決―――って

程でも無いんだけどそんな感じだけど、まぁ委員長

何故そういった恋愛否定を主張するかってのと

主人公の男子と大人しい娘と恋愛の行方が

読んでてなかなかにイイ感じで。特にその無口な娘さん

の最後の行動がなかなか(*´ー`) イイ読み切りでした。

「純真ミラクル100%」
秋★枝

若き芸能事務所の女所長と新人の女性との確執―――

っていうか単に女所長がSに目覚める話ですが(笑)

ええ。ええ。多少ひねくれてますが、その感覚は

まさに「恋」ですよ、所長!(笑)

裏目な感じとお腹の脂肪が楽しい作品です(笑)<ぇー

「まいどる」
神堂あらし

後日書きますが、ちょうど同作家の最新刊が

なかなかに面白かったので期待しつつ。

果たして結構面白かったですねー。

品行方正で生徒会長な男子高校生に恋する

突撃少女なユウマと実は謎があるその男子との

ラブコメディって感じでユウマの一筋っぷりが

なかなかイイ感じでしたね(^^)

恋愛ラボ」
宮原るり

生徒会長の女子と問題児の女子が恋愛成就の為に

特訓する4コマです。特訓がポイント。

全然役にたってませんし(笑)

職権乱用もするし―――つか生徒会長ボケすぎ(笑)

「逢魔が刻の僕と君とアレとアレ・」
睦月のぞみ

幽霊な男子とクラシ委員長であるトイレの花子さん

とのラブコメもの。常に下半身を洋式便器に

つっこんだままな花子さんがカワイイです(笑)

「月〜moon」
むんこ

代表作「らいか・デイズ」の番外的な短編です。

まぁ小6なワケだし、別におかしくはないんだけど

どうしても男の身では日常に無いのでどうにも

こうにも(^^; と、とりあえずここはお赤(ry(笑)

「あまだれ!」
コダマナオコ

腐女子の巣窟な漫研に入部してしまった男子の話。

「すいーとりぼん
かたぎりあつこ

少女の元にメル友の魔法少女がおしかける話。

ほんとに押しかけてる感じで(笑)

魔法少女いすずさん」
あらたとしひら

動物耳を持った魔法少女な先輩と普通の後輩の話。

魔法少女な先輩がかわいいからか、そんな彼女に

ドキドキする後輩が、なかなか。。。(*´ー`)

「リスランタンプティフルール」
さかもと麻乃

名門女子校庭園のとある花担当になった少女の話。

いわゆるお嬢様学校ソロリティものやね。

1年でお花係に抜擢されて羨望と嫉妬の眼差しに

さらされたり、何故か冷たい態度の先輩が実は―――

という感じで、百合姉妹に載っててもおかしくない

作品ではありますな(笑)(^^;

「リトルリトル」
ろくこ

お嬢様とじゃれついてくるネコ耳少女との

サイレン漫画。いい雰囲気やね。

「情熱」
仙石寛子

この前のティアで百合モノをだしてたらしいです。

見逃しました(笑)_| ̄|○

さておき。若い女教師と彼女に告白した男子との

淡い恋話4コマです。先生の方がうろたえてる様が

なかなか良いです、好みですこんなシチュ(笑)

「溺れるようにできている」
シギサワカヤ

眼鏡好き作家さんのお一人ですね(笑)

インドアで引っ込み思案な女性が告白した後の

葛藤を描いた作品、かな? 初めての恋愛でぐるぐる

廻る思考が女性作家さんらしい作風で読ませられ

ました。そしてオチが楽しい、うん、楽しい(^^)

メルヘン横町」
山本ルンルン

やーなんていうか。クセが強くて独特だよね(^^;

そっかー。まんがタイムラブリーで今描いてるのかー。

短編らしく、コンパクトにどこか皮肉めいた感じで

なかなか興味深く楽しかった感じです(^^;




そんなこんなで感想書ききれなかった分を含めて

なかなかに読みやすく。好みな作風も多めだしね。

きらら系とはまた違う感じで良いなーって感じで。

季刊なのか、次は8月かー。何気に次もgetしよう、うん。

Connection: close