猫を償うに猫をもってせよ

2011-07-20 井村君江年譜 このエントリーを含むブックマーク

 私の先輩に当たり、幻想文学方面では「フェアリー・マザー」などと呼ばれた井村君江先生だが、明星大学退任の時に病気だったせいか年譜が作成されずじまいだったので、文献を調べて作成した。ウィキペディアに何だかファンの編集がしてあり、当時としても異例の30代で教授に抜擢された、などとあったが、事実ではなかった(『全国大学職員録』)。当時、30代で教授というのはさほど異例ではなかったとも思うが。また二番目の夫ローラー氏が城をもつ貴族だというのもデマらしい。

井村君江年譜

1932年3月1日 栃木県宇都宮市に、パン製造業福田寿一(三代目富次郎)の子として生まれる。生母は夫に愛人がありすぐ真岡の実家へ帰り面識なし。増田家から来た祖母あいに育てられる。父はこの後二人の妻を迎え、弟妹あり。

1947頃 宇都宮第一高等女学校入学

1948年 宇都宮女子高等学校と改称

1952頃 卒業、青山学院大学英文科入学日夏耿之介豊田実(学長)に師事。英文学研究部部長となる。   20歳

   5月1日、血のメーデー事件に遭遇し怪我をする。

1956年頃 青山学院大英文科卒、大学院入学

1958年頃 修士課程修了、修士論文は「コールリッジ「喪心の賦」」、同大学助手。

1960年 助手を辞職、東大比較文学比較文化大学院修士課程入学。28歳

1962年 修士論文「日本におけるオスカー・ワイルド」、博士課程に進学  30歳

1963年 豊田実の誘いで鶴見女子大非常勤講師

1965年 博士課程単位取得満期退学、鶴見女子大学専任講師?    33歳

1966年 井村陽一と結婚?

1967年 息子・淳一出生。早大講師を十年務める。         35歳

1968年 夫井村陽一死去(1929- )               36歳

1970年 鶴見女子大学助教授                  38歳 

1971年4月「床下の小人たち」ノートン作 注釈 研究社出版     39歳

    日夏耿之助死去、81歳

1973年 鶴見大学に改称、助教授        41歳

1974年 教授昇任               42歳

1977年1月「妖精の世界」フロリス・ドラットル 研究社出版 45歳

   ケンブリッジ大学客員教授(-79)         

   淳一を連れて渡英。カーマン・ブラッカーからキャサリン・ブリッグズを紹介される。淳一は英国パブリックスクールに入る。

1978年2-3月「ケルト幻想物語集」W.B.イエイツ 月刊ペン社 46歳

1979年 帰国                      47歳

1980年3月「神秘の薔薇」W.B.イェイツ著 大久保直幹共訳(世界幻想文学大系)48歳

1981年10月「妖精の国の住民」キャサリン・M.ブリッグズ 研究社出版  49歳

1982年 明星大学教授                      50歳

    ジョン・ローラー(1919-99)と知り合う。

1983年3月「ケルト神話 女神と英雄と妖精と」筑摩書房  51歳

   4月「ジャイアント」デヴィッド・ラーキン編 サンリオ

   5月「黄金のりんごの王子 現代イギリスファンタジイ」マイケル・マークス 新書館

1984年2月「妖精 不思議世界の住人たち」河出絵はがき文庫 52歳

    ローラーと結婚登録。

1987年2月「妖精の国」新書館              55歳

   9月「アーサー王物語 イギリスの英雄と円卓の騎士団」筑摩書房  

1988年2月「妖精の系譜」新書館             56歳

1989年2月「フェアリー 妖精幻視」新書館         57歳

   3月「幸福の王子 オスカー=ワイルド童話集」偕成社文庫

   3月から91年7月まで『エルフィン』(小学館)に「妖精物語」を連載

   9月「W・H氏の肖像」オスカー・ワイルド 工作舎

   大門出版が倒産、負債を抱える。日野市に転居。 

1990年4月から「毎日新聞」日曜版で「妖精とその仲間たち」を一年半連載 58歳

    「「サロメ」の変容 翻訳・舞台」新書館

   8月「妖精who's who」ブリッグズ 筑摩書房

1991年8月、福島県金山町「妖精の里」で名誉村長に選ばれる。    59歳

   10月「妖精の国への誘い」アヴリル・ロッドウェイ 福武文庫 

1992年5月「妖精とその仲間たち」河出書房新社 60歳        60歳

1993年2月「シェイクスピアの劇場 グローブ座の歴史」ウォルター・ホッジス ちくま文庫                               61歳

   5月「イギリス・妖精めぐり はじめての出会い」同文書院

1994年  金山町に妖精美術館開館、館長となる。         62歳

1995年6月「ロイヤル・レシピ 英国王室料理」ミシェル・ブラウン 筑摩書房 63歳

   12月「ケルト・ファンタジィ 英雄の恋」天野喜孝ANZ

1996年8月「ケルト妖精学」講談社学術文庫           64歳

   11月「ケルトの妖精」あんず堂

1997年11月「コーンウォール 妖精とアーサー王伝説の国」東京書籍  65歳

1998年2月から英国滞在                     66歳

   6月「妖精の国の扉 フェアリーランドへ導く九つの鍵」大和書房

   7月「妖精の出現 コティングリー妖精事件」コナン・ドイル あんず堂

   8月「妖精ファンタジー 絵画と詩」アスキー

   9月「妖精学入門」講談社現代新書

1999年2月 英国から戻り、二週間後、脳梗塞で倒れ、南部病院に搬送される。 67歳

   3月「コティングリー妖精事件」ジョー・クーパー 朝日新聞社

   4月 稲城市立病院でリハビリ。

   5月31日、ジョン・ローラー死去

2000年9月「妖精の輪の中で 見えないものを信じながら」筑摩書房   68歳

2002年 明星大定年退任                      70歳

2003年、蔵書、絵画などを宇都宮市に寄贈。             71歳

   9月「サバト恠異帖」(編)日夏耿之介 ちくま学芸文庫

   12月「サロメ図像学」あんず堂

2004年3月「日夏耿之介文集」(編)ちくま学芸文庫         72歳

   11月-07年3月「アーサー王物語」全5巻 マロリー 筑摩書房

2007年「矢野峰人選集」高遠弘美,富士川義之共編 国書刊行会     75歳

   7月、うつのみや妖精ミュージアム開館、名誉館長となる。

2008年5月「井村君江の妖精図鑑」レベル              76歳

   8月「妖精学大全」東京書籍

-----------------------------------------

久米正雄伝』補遺1929年12月『婦人サロン』に久米艶子「ニューヨークにて」菊池に宛てた形式で、10月7日、久米がワールドカップを観に艶子を置いてシカゴへ行ったことが分かる。西海岸へ出発予定は20日頃。