猫を償うに猫をもってせよ

2016-09-30 文士劇 このエントリーを含むブックマーク

戦後の文藝春秋主催の文士劇の一覧を作ろうと思ったが配役まで全部は分からなかった。

1952年3月28日 歌舞伎座「父帰る」小島、小山いと子、小林秀雄、井上友一郎、「白浪五人男・稲瀬川」久保田万太郎、川口松太郎、中野実、今日出海、久生十蘭、益田義信、玉川一郎、田村泰次郎、新田潤、草野心平、北条誠、岩田専太郎、丸岡明、大林清、長谷川幸延、中村光夫、宮田重雄、北村小松、浜本浩、源氏鶏太

   4月4日、大阪朝日会館、京都弥栄会館「父帰る」

   11月20日 帝劇「父帰る」三島、北条誠「弁天娘」弁天=川口、南郷=中野実、浜松屋=宮田重雄、番頭=永井、北条、三島

1953年12月3日 帝劇「忠臣蔵」三島

1954年3月5・6日 新橋演舞場「入れ札」「地蔵教由来」里見�嘖、久保田、小島、川口、今、舟橋聖一

   11月29日 歌舞伎座「海の勇者」「冬来る ハクション・ショウ」「雪月花歌舞伎彩」鞍馬山だんまり・三人吉三大川端・御所五郎蔵」三島

   12月11日、大阪産経会館、12日京都歌舞練場「海の勇者」「大川端の場」

東京宝塚劇場

1955年11月1日「菅原・車曳」時平=小島、松王=中野実、梅王=今、桜丸=村上、岩田、玉川「屋上の狂人」小林、三島、永井、大岡、「銀座恵和合取組」川口、久保田、里見、近藤日出造、北村小松、横山泰三、益田義信、福田蘭童、生沢朗、那須良輔、杉浦幸雄、松下井知夫、塩田英二郎、荻原賢次、金親堅太郎、境田昭造、井崎一夫、岡部冬彦、改田昌直、和田義三、宮田重雄、源氏鶏太、清水崑、横山隆一、浜本浩、尾崎士郎、中山義秀、火野葦平、林房雄、田村泰次郎、玉川、中野好夫、河盛好蔵、桶谷繁雄、中島健蔵、加藤芳郎、庄野潤三、安岡章太郎

1956年11月28日「宮本武蔵」「三文オペラ」小島、岩田、舟橋、小林、三島、里見

1957年11月26・27日「忠臣蔵」判官=村上元三、師直=永井龍男、伴内=桶谷繁雄、石原慎太郎、大星(宮田重雄:丹羽文雄:佐々木茂索)

1958年11月29・30日「入れ札」柴田錬三郎、平林たい子、田村泰次郎、横山隆一、三島「音菊文春歌舞伎」「だんまり」岩田、中山義秀、清水崑、福田蘭童「寺子屋」「源氏店」「助六」石原慎太郎=助六、三島=意休、揚巻=曾野綾子、白玉=有吉佐和子、通人=深沢七郎

1959年11月28・29日「荒神山」村上元三、松本清張、久保田、三島、岩田「曽我対面」「弁天小僧」=三島、「権三と助十」「道成寺」中野好夫、今東光、石川達三、遠藤周作、森田たま、東郷青児、川口、義秀、中村汀女、菊田一夫、北村小松、河盛好蔵、金親堅太郎、改田昌直、源氏鶏太、小山いと子、村上、石原、桶谷繁雄、久里洋二、中野実、中野好夫、曾野綾子、那須、永井龍男、永井保、冨田英三、北条誠、近藤日出、戸川幸夫、田村泰次郎、境田昭造、今日出海、三宅艶子、火野、吉屋信子、渡辺喜恵子、柴田錬三郎、横山隆一、加藤芳郎、杉浦、和田義三、宮田重雄、井崎一夫、平岩、平林たい子、松下井知夫、塩田英二郎、福田蘭、舟橋、岡部冬彦、奥野信太郎、小川哲男、生沢朗

1960年11月26・27日「春寿八人禿」「父帰る」「伽羅先代萩」「ああ白虎隊」森田たま、東郷青児、川口、義秀「花道行浮名縁結」菊田一夫、北村小松、河盛好蔵、金親堅太郎、改田昌直、村上、岩田、石原、桶谷繁雄、久保田、久里洋二、中野実、中野好夫、中谷宇吉郎、那須、永井龍男、永井保、冨田英三、北条誠、近藤日出、戸川幸夫、田村泰次郎、斯波四郎、境田昭造、今、吉屋信子、渡辺喜恵子、柴田錬三郎、横山隆一、加藤芳郎、杉浦、和田義三、宮田重雄、井崎一夫、平岩、平林たい子、松下井知夫、塩田英二郎、福田蘭、舟橋、岡部冬彦、奥野信太郎、小川哲男、伊藤喜朔、生沢朗

1961年11月27・28日「野崎村」「南の島に雪が降る」「伊勢音頭」

1962年11月27・28日「父帰る」「源氏店」「私本太平記」「ミュージカル・コント第九百八交響曲」「白浪若衆五人男」

1963年11月26・27日「忠臣蔵」勘平=源氏鶏太、大星(中野実:村上元三:永井竜男)曾野綾子

1964年11月26・27日「太閤記」秀吉(村上元三;宮田重雄/川口松太郎/加藤芳郎 今日出海/横山隆一)菊田、河盛、金親、改田、岩田、石原、中野実、那須、中里恒子、永井保、冨田英三、北条、東郷、近藤日出、戸川幸夫、寺内大吉、田村泰次郎、杉森久英、境田昭造、吉屋信子、渡辺喜恵子、柴田錬三郎、加藤芳郎、杉浦、和田義三、山口瞳(三成)、水上、井崎一夫、平岩、三宅艶子、松下井知夫、塩田英二郎、福田蘭、山岡荘八、梶山、岡部冬彦、富永一朗、奥野信太郎、小川哲男、伊藤喜朔、生沢朗

1965年11月27・28日「戦場にながれる歌」「河内山」松江侯=水上勉、浪路=瀬戸内晴美「かっぽれ」

1966年11月28・29日「竜馬がゆく」竜馬=石原、桂小五郎=水上、幾松=瀬戸内「盛綱陣屋」川口、村上、平岩、北条、近藤日出、戸川幸夫、柴田錬三郎、横山隆一、加藤芳郎、杉浦、玉川、戸川昌子、井崎一夫、生沢朗、五木寛之、塩田英二郎、福田蘭、田村泰次郎、奥野信太郎、野坂昭如、山岡荘八、那須良輔、東郷青児、中野実、舟橋、梶山、岡部冬彦、富永一朗

1967年11月27・28日「日本のいちばん長い日」玉川一郎、鈴木義司、富永一朗「勧進帳」

1968年11月27・28日「修禅寺物語」川口、村上、岩田、北条、有吉、平岩、近藤日出、戸川幸夫「新撰組始末記」柴田錬三郎、横山隆一、加藤芳郎、杉浦、水上、玉川、戸川昌子、井崎一夫、五木寛之、石川達三、塩田英二郎、福田蘭、野坂昭如、山岡荘八、梶山、岡部冬彦、富永一朗

1969年11月27・28日「弁天娘女男白浪」「天と地と」玉川一郎、鈴木義司、富永一朗

1970年11月27・28日「鬼平犯科帳」「一本刀土俵入」川口、村上、柴錬、石原、水上、戸川昌子、山岡荘八、梶山、安達瞳子、福田蘭、横山隆一、加藤芳、岩田、平岩、馬場のぼる、今、岡部冬、玉川、杉浦幸、北条、陳、鈴木義司、早乙女貢、富永、藤島泰輔、近藤日出造、井崎一夫、安達瞳子、五味、

1971年11月29・30日「杜子春」「藤十郎の恋」

1972年11月28・29日「坂の上の雲」「松浦の太鼓」川口、柴田錬三郎、田中小実昌、赤塚不二夫、井上ひさし、戸川昌子、山岡荘八、梶山、安達瞳子、藤本義一、横山隆一、笹沢、おおば比呂司、加藤芳郎、岩田、平岩、筒井、馬場のぼる、小島功、今、村上、岡部冬彦、玉川、杉浦幸雄、北条、陳、豊田穣、鈴木義司、早乙女貢、富永一朗、藤島泰輔、近藤日出造、井崎一夫

1973年11月28・29日「鞍馬天狗」「め組の喧嘩」上記、イーデス・ハンソン

1974年11月28・29日「武田信玄」「鈴ヶ森」上記

1975年11月28・29日「羅生門」「南国太平記」

1976年11月29・30日「翔ぶが如く」「そば屋」

1977年11月29・30日「義民甚兵衛」「ヴェニスの商人」

1978年11月28・29日「ひと夜」「新宿物語」

打ち切り

芝居を愛した作家たち 文士劇の百二十年

芝居を愛した作家たち 文士劇の百二十年