猫を償うに猫をもってせよ

2017-07-24 このエントリーを含むブックマーク

「凍雲篩雪」が載った『出版ニュース』七月下旬号で、齋藤慎爾が書評の中で、題名をあげていないが私の『芥川賞の偏差値』であろう著作に触れ、鵜飼哲夫のものとあわせて「腑に落ちないのは両氏が候補作についての言及がないことである。全候補作に触れるべきではないか、と思うのだが、それはまた別の趣旨をもった著作ということになるのだろう」と書いている。私は受賞すべきだと思った候補作に触れているので、「言及がない」というのは事実ではない。全候補作に触れるなどというのはずいぶん酔狂な話で、もしデータを上げるべきだと言うのであれば、川口則弘の「芥川賞のすべて・のようなもの」を参照すればすむことだ。「腑に落ちない」などと言われる筋合いはない。なお私の肩書は「作家・比較文学者」を使っており「評論家」は使っていない。

Connection: close