猫を償うに猫をもってせよ

2010-12-20 無用のことながら このエントリーを含むブックマーク

http://tanakasan.blog.so-net.ne.jp/

 断わっておきますが津原泰水の作品からの盗用というのは成り立ちません。せいぜいインスパイアされた程度か。

 しかし、「自然主義に抵抗した」みたいな書き方はまったく噴飯ものである。谷崎潤一郎が反自然主義的な「刺青」や「秘密」でデビューしたのは明治43年のことで、「第七感界彷徨」が書かれたのは昭和6年。既に大正末から新感覚派とか新興藝術派が登場して、あの程度に幻想的なものは稲垣足穂とか伊藤整とかの作品、ないしは『新青年』に載ったような作にいくらもあったのである。吉屋信子だっていたわけだし、こういう、昭和初年まで自然主義が全盛を極めていたみたいな事実誤認が流布すると困るのである。なお新興藝術派以上に全盛だったのはプロレタリア文学である。