ちょこないと日記@ジュナ;;

アンテナ ブクマク
2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 09 | 10 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 05 | 06 | 10 | 11 |
2016 | 01 | 05 | 11 |
2017 | 02 | 06 | 10 | 11 |
2018 | 04 | 05 | 06 |

2008-12-29 ごらんの有様だよ! の巻

えろくなって復活したとゆー噂のFF『デストリップダンジョン』と『エロス・オブ・ヘル』を買いにひょ○たん書店まで行ってみたんですが.

HJ文庫って小説版クイーンズブレイドしか置いてないのよな.

こうなってしまうと地方の悲しさ,残る心当たりが50km離れたこの店の支店ぐらいしかないとゆー……

いっそ,トモケン先生の新作『夢幻の臓心』とまとめてAmazonに頼ることになるのかも……

-

……ってさ,アマゾンでも見つかんないんだけど. エロゲだから取り扱い規制されたの?

ればちん「おやびん!タイトルタイトル間違ってるからっ!」

[]ちゅか,そんな馬鹿エントリ書いてる場合でもなくて 16:21

そんなわけで.こんな年の瀬にどういうことなのかと思うんですが,予定よりだいぶ早くアカサンが取り出されてしまいました.

もうあわただしいったら.

次は女の子だと信じてたのにちんちんが生えてた,とゆー事情もありまして,名前が全く決まっておりません.

ネット上では兄の大五郎仮名)にちなんで小五郎(仮名)でいいかなーと思うのですがそっちはまだどうでもいいよな.

未熟者未熟児につき当分保育器から出られないんですけど、今のところは元気そうですよん.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/junalow/20081229

2008-12-18 ガンバ ガンバッタナ の巻

……なんというダメタイトル

-

しかしまぁ、マンチェスターvsガンバは面白かったね。

スポーツがらみの記事で褒めることがほとんどない、ちゅかダメだし以外した記憶がない日記ではありますが、今回ばかりは手放してほめちゃうね、ホント。

2008-12-14 お前らまた就職活動することになるわけだがどうするの? の巻

ホントにどうするの?死ぬの?  ちなみにオレは死ぬ。

-

世間は内定取消しだとか解雇だとかで騒いでますが、恐慌はこれからだよねぇ?

だいたい経団連の便壺会長にしてから、故郷の土民の首をバッサバッサと斬っちゃうような時代だし。

ちゅかねぇ、労働力不足だから移民を受け入れようてなことを言ってたのはどちら様でしたかねぇ?

そうか、大分からの移民を受け入れてやろうってことなんですよね!……ってどこに?

-

ウチのカイシャでも、フクシャチョウが危機だ派遣切りだコストカットだと吼えてましたけど、お前の給料が3番目に無駄だろうって話ですよ。

ちなみに2番目は天下り警官OBへの役員報酬で、一番目は某宗教団体への……ッ!ゲフンゲフン

いえなんでもありませんよ?

-

そんなわけで、ワタシの人生にもまたジワジワと暗雲立ち込めて参りました。

ここは中の人にヤなことがあると書かれることが多い日記なので、今後平日の昼間に頻繁に更新されるようなことになったらお察しください

[][]前回のエントリがあまりにもウェット過ぎたので 00:33

えろマンガの話でもして中和しよう。(何故?)

成年漫画(エロ漫画)に付き纏う大きな三つの壁 - karimikarimi

これは良エントリ

マンガ読みとしては半端モンで、評判を聞いてサブカルマンガにも手を出すけれど半分以上にダメ出ししちゃうワタシですが、アレすぎると名高い氏賀Y太あたりは押さえておいたほうがいいのかなと思ったりしました。

……読んだら激しく後悔しそうな気もしますが。

成年漫画エロ漫画)には名作が多数存在する。

面白い漫画が一杯ある。

にも関わらず、漫画読みと自称する人でさえ、それを認め無い人がいる。

と、ゆーことでいろいろ考察されてますが。

うーん、もっと単純な話で……

娯楽──┬─オタ文化

 │     ├─出版

 |     |   ├マンガ

 |

 ├─下半身産業

 │     ├─出版

 │     │   ├─ えろ本

 │     │  │  ├─エロ漫画

-

てことで、同じくエンタメで、同じく漫画ではあるんだけど、そもそものカテゴリーが違うと思うよ。

いやもちろん両方読む人がいるのはいいんだけど、両者の間を簡単に超えてしまうと、故・すぎ恵美子先生の「繋がったままこんな街中歩くなんて、頭がフットーしそうだよおっっ!」で名高い『げっちゅー』のよーにダメなほうで伝説と化してしまったりするんじゃないかと。

-

まぁなんだ、半端な漫画読みとしては、この辺のカテゴリーを越えてきた作家さんにものっそ興味があったりして、その辺はよく読んでるかも。

たとえば大暮維人は一般誌で乳漫画描いてるときも、えろ漫画誌で乳漫画描いてるときもどっちにしろストーリー破綻しがちだなぁとか、平野耕太ヘルシングと同じ絵柄でえろ漫画描いてんのか、無理だよ!と思ったり、黒岩よしひろ少年漫画描いてもえろ漫画描いてもどっちも微妙なんだなぁ、と感心したり。

この辺では、作品が出るごとに女体が畸形化していった見田竜介がどんなえろ漫画書いたのかに興味があるんだけど、残念ながらその本を見かけないのよな。

-

あとはアレですね、古くはあさりよしとおから始まって、古賀亮一結城心一といった、えろ漫画誌ギャグやってた面々は異様に面白いですよね。

えろ漫画誌だと絶望先生ではボツになるようなネタでも使えるとゆー利点はあるんだけど、同時にそんなもん求めてない客を笑かすという厳しい環境でもあるわけで、ここで生き残った作家さんは強いのかなぁと思ったり。

ちゅかあさり-古賀/結城の間がごっそり開いている気がするんですが、この間に誰か注目するに足る作家さんって誰かいましたっけ?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/junalow/20081214

2008-12-11 お久しぶりでございます の巻

ここんとこ体調が悪くてねぇ。

子供を持ち上げれば腰にくるし、お守りをしてたら風邪うつされるしで……まだちょと喉がおかしかったり。

[]みんな構えすぎなんだと思うよ 01:20

IQ152の増田の話の流れを追って、もやっとしたのでなんか書く。久々に真面目な話なのでネタは抜きね。

といっても、前述の増田さんになんか言いたいということではなくて。まぁ、荒れるの分かっててなんで増田で釣るかなぁ?という疑問はあるけども……まぁ、増田を相手に真面目な話をしても空回りするだけなので……

そんなわけで、今回はちょっと心に引っかかったこのエントリを素材に、その辺りの話を。

自分なら知的障害の子供を育てる事は出来ない | タダのブログ:ネット内外からいろいろと

例の殺人事件、勝木くんの話からはじまりまして。

正直なところ、文明が高度に発達してしまったために生まれた奇形児なんだろうな、と思う。

延命のために意識もない老人をケーブルやチューブで繋いで生かしておくてのも社会の歪みだろう。

昔なら、そういう障害をもった子供は、生まれても、生き残ることは難しかっただろう。

間違いなく、自然淘汰されていっただろう。

しかし、今は彼ら(彼女ら)を生かす事のできる文明がある。技術がある。科学がある。

ただ、それは本当に幸せなことなんだろうか。とんでもない冒涜なのではないだろうか。

昔なら……って、B-2って自然淘汰されるようなレベルではなくてですね。責任能力も問われるし、戦時中なら普通徴兵されてるだろうし……文明の発達と知的障害とはあまり関係がないよね。

技術の発達で助かるようになったのは身体障害のほうで、これと混同されてるんでしょうかね?

未熟児で生まれても、少々の先天性疾患があっても生きていけるようになったのに、それを冒涜と言っちゃうのはどうかなと思いますよ。

三十路も半ば近くになり、僕もそろそろ結婚とか考えるようになった。

そのうち子供が…なんて事も考える必要が出てくるだろう。

遅いと思います。そろそろ結婚とか考えてるうちに三十路も半ば、ハイリスク世代の仲間入りです。

どうしても障害児を避けたいのであれば、子供のことは忘れたほうがいいと思いますよ?

とはいえ、なりたくて知的障害をもった親はいないと思う。

ただ・・・いろいろ思うところはある。

たとえば、

未然に判別できないのか?

残念ですが、事前に判別できるほうが少ないんですよね。

これが広汎性発達障害学習障害等ともなると、出生前に分かるのはほぼ無理です。

あと、将来ニートとか犯罪者になるかどうかまでは診断しようもなく。

知的障害者をもつ親は、自身が死んだ後のことをどう考えているのだろう?

実際にそうなってみると、福祉制度って意外としっかりしているなぁと言うのが実感です。

役所の担当窓口も親切ですし、国からも地方からも支援をいただいてまして、これの財源は税金なんだよなぁということを考えますと、本当に皆様ありがとうございます、という気持ちにもなろうというものです。

自分が死んだ後のことは……これは本当に難しいです。独力で生きていくのは難しい、ということだけが分かっているような状態ですから。

正直に言いますと、「健康で文化的な生活を送らせて」とまでは望んでいないのです。

極端なことを言えば、隔離でも収容でもかまわないので、最低限餓死だけは避けて欲しいのです。

もし万が一、本人がこれ以上生きていたくないと思ったときには、安らかに送ってくれる制度があれば安心なのになと思ったりすることもありますよ。

-

障害児を持つということは、その時点で人生設計リセットされるということです。

絶望と、子供がいる幸せとのゆらぎのなかで生きていくということです。

それでも……結構楽しかったりするんですよ?

-

児童デイサービスを利用していると、本当に色々な障害児、そしてその親御さんたちと出会います。みんなそれぞれに悩んで、それなりに受け入れて、みんな子供が大好きで。

そんな感じです。

ちょっと気になるのは、親御さんの職業は、教員をはじめ公務員の割合が妙に高いんですよね。

それだけ公的サポートに関する情報が届きやすい、という面もあるにはあるんでしょうが……そもそも地方では公務員でもなければ家庭を持つのは難しい、という洒落にならない現実もあるのかもしれませんね……

-

なので。縁あって結婚までたどりついた皆さんには、是非とも育児に進んで欲しいなと思います。

妊婦さんは出産で死ぬこともあります。

生まれた子供が障害を持っていることもあります。

ゼロリスクはありえません。

でも、無事に生まれてくる赤ちゃんの方が圧倒的に多いんです。

それに、何があっても、サポートしてくれる人はいるんですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/junalow/20081211