Hatena::ブログ(Diary)

劇団フルタ丸 フルタジュン日誌 2017ねん

2017-04-22 ドライブよ、かかっていけ

寝ても覚めても、フルタ丸次回作のことばかりやってしまう。今、心にだいぶ余裕がなくなっている。いつもそうだ、結果そうなってしまう。今、生活の視野がひじょーに狭い。結局、そうならないと創れないのかもしれない。劇団の作品だけは、どうしてもそうだね。

夜、事務所にメンバーが集合してお客さんに送るダイレクトメールの封入作業をやった。これも年に一度だ。集まってなんやかんや言いながら作っていく。稽古場で作品を創る前に、お互いの今をなんとなく確認し合って備える感じもある。そういう意味でも有意義な時間となった。

その後、フルタ丸に入ることになった新しい演出助手を迎える歓迎会。少々、手荒い感じかもしれないが、劇団なのでそこは許してほしい、めんご、というやつだ。そういうふうに創ってきた。これからもそうだろう。去年と今年で大きく違うのは、本公演に臨む劇団の体制。どうなるんだろう。どういう違いが生まれるんだろう。体制だけ見ても、こんなに変わったことは近年なかった。楽しくなってきた。ドライブがかかってきた。「ノーマークだった6人」ドン、ミス、イット。ということをお伝えしたい、切に。

「ノーマークだった6人」⇒https://goo.gl/b7Iwwv

チケットのご予約⇒https://www.quartet-online.net/ticket/nomark6?m=0fbbhci

2017-04-16 美濃和紙靴下

祖父の七回忌で帰省。

一カ月前、友人の結婚式で帰ったばかりだったが、今回はもう一つ目的があった。買って帰ろうと心に決めていたものがある。

半年前、地元で買って履くようになった美濃和紙靴下だ。

故郷の伝統産業、美濃和紙を繊維に使った靴下。

良いと噂には聞いていたが、噂をあまり信じない性質の僕は聞き逃していた。しかし、ついに好奇心に押し切られ、購入。これを履いてからというもの、履いてしまったが最後、他の靴下を履くのが嫌になってしまった。

快適過ぎるのだ。

色んな種類が出ている。

f:id:junfuruta:20170416194745j:image:w360

僕が子供の頃、美濃和紙をこんなふうに使うアイデアを誰も持っていなかった。少なくとも僕は知らなかった。思考と技術、まだまだ色んなことができる。面白いものがある。

2017-04-02 ジョビジョバと15年とフルタ丸

「3D欲求」千秋楽の朝も早く起きてしまった。

なので、先ほど昨日録画していたお笑いネタ番組を見ることにした。ジョビジョバが出るというのを宮内君から聞いたのは数週間前。再結成し、15年ぶりにテレビでネタをやるという。たまたまだが、ちょうど15年前、フルタ丸は誕生した。そこから、さらに遡ること3年前、まだ岐阜県美濃市にいた高校生の僕は何気なく付けていたテレビでジョビジョバを見ていた。確か、NHKのトップランナーというトーク番組だ。全く知らない人たちだったけど、今でもその番組を見た自分と、翌日高校に行ってもボーッとしながらジョビジョバのことを考えていた自分を憶えている。どんなことをどんなふうにトークしていたのかを頭の中でリプレイし続けていた。ネタを見たこともなかったのに、そんなふうに思えたのはなぜだったのか。あれがチームそのものへの憧れだったということに気付くのは、それからずいぶん経ってから。あの時は、まだ劇団をやろうなんてこれっぽっちも思っていなかった。そして、たまたまジョビジョバと同じ大学へ入学し、たまたま同じように劇団活動をスタートさせた。テレビでネタをやる6人を見ながら、高校生の時にあのトップランナーを見ていた自分を想い出した、という話。


そんな15年という数字に何か勝手な運命を感じつつ、十五周年記念公演『ノーマークだった6人』のチケット発売を開始しました、というむちゃくちゃ大事な宣伝に続く。


劇団フルタ丸 十五周年記念公演

『ノーマークだった6人』

6月15日(木)〜19日(月)

<公演日時>

6月15日(木)☆19時半

6月16日(金)★14時/19時半

6月17日(土) 13時/18時

6月18日(日)  13時/18時

6月19日(月)★14時

<チケット>

料金:前売3,500円/当日3,800円

≪割引≫

☆初日割引3,200円

★平日マチネ割引3,200円

◎学生割引2,500円(学生証提示)

チケットのご予約はコチラから!

https://www.quartet-online.net/ticket/nomark6?m=0fbbhci


今回「15歳」は無料にしました。もちろん「15」と言う数字に掛けてます。中学3年生、高校1年生の皆さん、カモン。タダだよ、タダ!タダより怖いものはないと思うけど、それでもタダでいきたい。とにかく、見て欲しいんですよ。

詳しいことは、公式サイトで⇒https://goo.gl/b7Iwwv

2017-03-19 友基の結婚

大学時代のクラスメイトである友基は、かつてフルタ丸の立ち上げメンバーだった。当時、彼が住んでいた永福町のアパートへ何回行ったか分からない。明大前で不味いラーメンも食った。よくつるんで遊んでいた。彼は大学卒業後、東京を離れ気付けば僕の故郷でもある岐阜県で新聞記者をやっている。不思議なものだ。こんなことってあるのか。今では僕よりも岐阜県に詳しい。というわけで、結婚式に出るべく帰省したのは昨日のこと。

式場でかつてのフルタ丸メンバー達との再会。昼間から堂々と酒を飲みながら馬鹿話ができるというのが披露宴の一番良い所だと思うが、絵に描いたようなそんな日。笑った。

f:id:junfuruta:20170319135722j:image:w360

披露宴の最中にある、風船の演出。今はあんなふうになっているんだな。なんか風船の下にスーパーボールみたいなものがぶら下がっているやつを渡され、それをプールに放り込む。すると、数秒でスーパーボールから風船が分離して、空に舞い上がっていった。

f:id:junfuruta:20170319134040j:image:w360

というわけで、実家だ。こんな稽古が連日続くようなスケジュール感の中で、ここにいることに現実感がない。そして、娘も一緒に連れてきたことが、もっと現実感を無くさせる原因。

f:id:junfuruta:20170319220330j:image:w360

先ほど、キャストの皆さまが総出演していた番組もiPadで見ていた。この特別番組、4月2日まではアーカイブでも見られるみたい!https://freshlive.tv/official-stage/96257 オモロイのでぜひ。そして、気になったら舞台にもお越し下さい。

明日からもう何もかも怒涛のように進んでいく一週間が始まる。起きたら東京に戻る。

2017-03-11 おもしろいことやろうよ

今日、稽古が終わっての移動中、奥さんから画像が送られてきた。

娘画伯が初めて描いた「ドラえもん」と「のびのび木」だという。

f:id:junfuruta:20170311225122j:image:w360

のび木ってなんだよ、という野暮なツッコミはしない。

笑った。脱力した。僕は娘の画のファンなのだ。

おもしろいことやろうよ。

娘からそう言われているような気がした。

シンプルなことだけどね。ついつい忘れそうになってしまうのもそれ。

明日は卒園式。

早いもんだね。

このまま事務所で仕事をして、明朝に駆け付けたいと思っているが、寝落ちして寝坊してしまわないか少し心配している。