Hatena::ブログ(Diary)

劇団フルタ丸 フルタジュン日誌 2016ねん

2016-10-01 うれしいタオル

レディオ湘南に足を運び続けて13年。

初めて、こんなタオルをもらった。

関係者やスタッフに配っているものらしい。

f:id:junfuruta:20161002012200j:image:w360

肌触りも良かった。

タオルは何枚あってもうれしい。

たかがタオル、されどタオル。


ラジオが終わってから下北沢。

ナチュラルパラドックスの宇都宮君と定食屋で打ち合わせ。

ドバーッと一気に色々話す。

これは、きっとおもろいことになるんじゃないかなと思います。

これもまたいずれ。

2016-09-30 合唱に惚れる

インコさんとの長時間スタンダップコメディー稽古。

途中、カレー休憩を挟みながらずっと話しながら形作っていく。

明日の大阪、11月の福岡で、各地でいったいどんな反応があるのか楽しみだ。


いやー9月が終わった。

体感的には8月よりも短かった。

世界中の皆さま、おつかれさまでした。


数日前、下北の代沢小学校の横を通った時、体育館から合唱が聞こえて来た。しばらく自転車を止めて聴いてしまった。今思えば、35歳のおっさんが小学校の体育館に耳をそば立てている…これは、そこそこ怪しい行動だったかもしれない。

聞こえて来た歌詞から検索すると『ビリーブ』という曲であることが分かった。さっきからユーチューブで探して聞いているんだけど、なんか違う。上手く合唱されたものが聴きたいんじゃない。あの小学生独特の統制が取り切れてない感じがよく、投げっぱなすように、時になげやりに、それでもなんとか歌おうとしている姿勢、その集合体。それにグッときたのだ。


30人くらいで合唱やりたい。

2016-09-29 追い込みの月末

一日中、事務所で追い込み執筆。スルメ、おしゃぶりこんぶ、フリスクが3種の神器。

そわそわしながら綱渡りだ。

物語を書くこということは、燃え盛ったり、風前の灯火のようになったり、火に薪をくべ続けることに似ているなぁ。


中日の新体制が発表された。

森ヘッドコーチ(監督代行)が、そのまま正式に監督になる。

応援する。もうファンができることはそれしかない。

「〇〇だったらファンを辞める」なんていう人がいるけど、そんなのね、辞められるワケがないんだよ。そう言いたいだけなんだよ。辞められるのなら苦労しない。

どん底から上を目指す。何年かかるか分からないが、それに付き合う。

2016-09-28 追跡せよ

ネットで注文した商品を家で待っていた。

思えば、何でもネットで買うようになってしまって久しい。出歩く手間、金を払う手間をレスしてくれるのは便利というよりも、中毒性がある。ポチるだけで家まで届く。一昔前では考えられないようなシステムだ。

けど、弱点がある。

欲しいものがすぐに手に入らないことだ。

アマゾンプライムに入っていたとしても、欲しいと思った1秒後に手に入れることはできない。

「欲しい!自分のものにしたい!」から「家に届く」までのタイムラグ問題。

これがね、もどかしい。

今日もヤマト便の追跡ナンバーを片手に、荷物を追跡していた。ついに我慢ならず、配達人への直通電話に電話までしてしまった。「15分〜30分後には向かいますから!」という言葉で、ようやく安心した。あれ?俺、ネットショッピング向いてないんやないかな。

2016-09-27 だいたい何か起きる

劇団会議の夕べ。

色々と真面目にあれこれ話し合っていたはずが、最終的によく分からない類の恋愛トークに脱線し、袋小路に迷い込み結論出ず。

だいたい何か起きる劇団会議。

終わってから皆と王将へ。ニラレバ定食を頂く。

会計時、店員に何を注文したのか進言するときに脳内語彙が崩壊。

「レバニラ」あれ?「レニバラ」「バレ…」

店員のやんわりした訂正でハッとする。

答えはニラレバ定食だった。

疲れていた。