Hatena::ブログ(Diary)

劇団フルタ丸 フルタジュン日誌 2018ねん

2018-06-16 やってくる音楽

作品を創っていると、その世界観とマッチする曲が聴きたくなる。直接的に作品に使わなくとも、創る自分を盛り立てる音楽として聴くことがある。往々にしてある。要するに応援されたいのだ、音楽に。で、その作品にいかにも合いそうな音楽っていうのが、音楽の方からやってくる。

これを何回も経験していて、ほとんどの場合がこれに該当するかもしれない。

探さないと、の時は出会えない。

油断している時に、やってくる感。シンクロニシティという便利な言葉があるので、そういうものだと思っている。

カフェの店内音楽、付けていたラジオ、SNSのツイート、YouTubeの関連動画、時間潰しのためにたまたま入ったCDショップの視聴機(これは大学3年生の時、旅の途中の鹿児島で起きた)。

生活シーンの思わぬ所から、藪から棒的に現れる。

昨日も、出会いはカフェだった。

良い!この曲だ!

となり「Shazam」というアプリを起動する。知らない音楽を読み取らせて曲を判明させる。すぐにメモをする。こんなことばかりやっている。