Hatena::ブログ(Diary)

No Life No Wine

2017-04-15

地元で特別なワイン会を開きムートンを飲んだ

| 23:39 | 地元で特別なワイン会を開きムートンを飲んだを含むブックマーク

f:id:jungex:20170415200229j:image

おもいでの一日になりました

ワインリスト(抜栓順)

  • ロベール・グロフィエ シャンボール・ミュジニー・レ・サンティエ 2001年
  • シャトー・ムートン・ロートシルト 1992年
  • JJ.プリュム ヴェレナー・ゾネンウーア アウスレーゼ・金キャップ 2011年
  • DRC ロマネ・サンヴィヴァン 1992年(残念ながら抜栓なし!)

NOTE:

子どもが産まれた時にお祝いで飲んだきりになっていて、ずっと、「また飲みたいね」と言って早数年。実現させました。

グロフィエとプリュムが私でムートンを知人が用意しました。

もう一人ゲストがきたらあけようと知人がサプライズで用意してくれていたDRCはゲストに予定時間に電話をかけるも仕事の都合で抜けられず不参加に。

料理は仔牛を1本用意してくれてその場でカットしてステーキで楽しみました。

DRCは酔っ払い二人の勢いであけるもんじゃないと互いに言い聞かせ次の機会に持ち越し。年をとったときの楽しみに生き甲斐を残しておくのはいいものです。RSVのほかにコンティのほうも控えているので・・・

お互い体調には気を付けて、いい人生を過ごしていきたいものです。

ワインの感想は月並みですが、ムートンもグロフィエもとても美味しかったです。

グロフィエはスルっと入ってくる旨さ。ムートンは枯れ気味だけど二人でゆっくり飲めたのはいい想い出になりました。

夜遅くまで付き合って頂き、宿泊までさせていただき、翌朝は軍鶏と名古屋コーチンを鶏舎で放し飼いで飼っていて、それを使ったスクランブルエッグを振舞ってもらえることに。黄身がすごく黄色く濃厚で美味しかったです。

50匹くらいいて、ケンカしないように鶏舎がいくつかにわかれていたりして、スケールが違いすぎて笑ってしまいました。

記念写真:

f:id:jungex:20170415195756j:image

1本目はグロフィエ

f:id:jungex:20170415200559j:image

2本目はムートン

f:id:jungex:20170415224637j:image

お預けとなったDRCのRSV

f:id:jungex:20170416091102j:image

軍鶏や名古屋コーチンの卵たち。

f:id:jungex:20170416091755j:image

この色!

f:id:jungex:20170416104156j:image

軍鶏は黒い

f:id:jungex:20170416103857j:image

強そうでした。怖い・・・

f:id:jungex:20170416104011j:image

名古屋コーチンの雄と雌はトサカが違って分かりやすいですね

f:id:jungex:20170506221054j:image

当日の食事時に撮りわすれていたプリュム

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/jungex/20170415/1494081599