手巻き時景

2016-08-22

海部

09:58

出張で,この町へ.

本の著者の岡先生や海部町のみなさんの話をお聞きする中で,町が培ってきた歴史や空間,人々の暮らしが,現在の人々の考え方にまで及んでおり,実際に自殺予防という形で数値としてまで現れてきていることを実感でき,驚き,また大変勉強になりました.

修士時代は愛媛高知の町や村の人たちと関わる機会をいただき,都市や土木という分野から地域の資源を生かす・起こすということを考え,町や空間の中の歴史や風景遺産といった視点がほとんどでしたが,その中の人々の関わりやコミュニケーションに特徴があるということに考えが及んだことはなかったように思います.もちろん,町の中で,こんな面白い人がいて,とか,こんなこと知っている人がいてといったことを大切に感じていましたが,それは,どんな場所でもそれぞれ色んな人がいるという考えで,面白い人を見つけようという視点だったと思います.今回感じたのは,そうではなく,町として,コミュニケーションに関する文化が違う,それが町全体の魅力になっているということでした(もちろん,海部にも色んな人がいます).

また,もうひとつ勉強になったこととしては,地域の保健師さんが多くのことを知っていて,町の様子をよく見ているということです.これは完全に僕の勉強不足だったわけですが,この点も大変勉強になりました.

==

漁師町らしく,塀もなく,密集した空間.(隣のテレビの音も聞こえるような)この近さが親しさ,コミュニケーションの頻度の源泉.

f:id:junji-urata:20160820143240j:image

日常のコミュニケーションの場としての共同洗濯場.

f:id:junji-urata:20160820144340j:image

とれた魚やおかずを町の中で分けたり,そのための放送もあるそう.

f:id:junji-urata:20160820142857j:image


徳島の南側に行ったのは今回が初めてでした.サーフィンの聖地にもなっているとか.

f:id:junji-urata:20160820141130j:image

f:id:junji-urata:20160820135514j:image

津波の歴史もあります.

f:id:junji-urata:20160820145058j:image

2016-08-21

お盆

07:58

町中でのお盆というのは初めての体験でしたが,人がいっぱい.

帰ってきて,久々の人と話すために町中にやってきて,久々の味を楽しむ人たち.

暑い中ですが,いや暑いからこそ夏なんだという感じでしょうか.

f:id:junji-urata:20160821075638g:image

f:id:junji-urata:20160821075636g:image

f:id:junji-urata:20160821075637g:image

f:id:junji-urata:20160821075639g:image

f:id:junji-urata:20160821075640g:image

2016-07-03

明石・神戸

12:29

7か月の短いオランダ生活を終え,4月から神戸明石にやってきました.

また,よろしくお願いします.

f:id:junji-urata:20160703122810j:image

f:id:junji-urata:20160703122809j:image

f:id:junji-urata:20160703122808j:image

2016-05-02

's-Hertogenbosch / Oeteldonk

10:00

一瞬(といっても四日間だけど)の街のお祭り。この時だけは,'s-Hertogenbosch(伯爵の森)ではなく,Oeteldonk(カエル湿原)という街の名前.なにか形を、やることを決めすぎることなく、お酒を飲んで、変装して、マーチングがあって、あとは、積み重ねた誇りとしてのカエルのワッペン.

f:id:junji-urata:20160206193322j:image

f:id:junji-urata:20160206201717j:image

ゆるくても、みんなが集まよwみたいな感じなので。まあでもそういうお祭りがあって、国が小さいからみんなお祭りに帰れる距離にいて,集まってくる。きっと、そういうもんなんだろうなあ、祭りって。そういうのは自分では感じたことないけど、

なにか街に特徴があるわけでもないし、ランドマークもないけど、その空気を共有し、共有する人は仲間だという空気を持つ。ゆるりと。

f:id:junji-urata:20160206195423j:image

f:id:junji-urata:20160206214037j:image

駅裏にある空間は、さすがオランダという感じの機能的な作り込み、水を使った柔らかさと、配した大小の街路、そして駐車場に、採光。ビッグスケールであっても納得する作り込み、これは環境との調和が必要で、これにより、目減りしない(或いは目減りを織り込んだ)作り込み、これは街路と自然の細やかさ(かなぁ)を成す。

f:id:junji-urata:20160206191635j:image

f:id:junji-urata:20160206191059j:image

2016-04-28

Van Nelle工場

12:04

機能美極まれり。というところまでの説明は受けれなかったが。おそらく、機能美といっても、機能の美しさだけでなく、見た目の美しさを含んでいる。それがロッテルダムの街や外側を残した改装に通じているのではないか。

f:id:junji-urata:20160328104337j:image

f:id:junji-urata:20160328104336j:image

見た目が綺麗じゃなければ意味がない。それは、パブリシティ(外からの目)に対する考えや街の誇りとしての美しさの捉え方が影響して、なにが綺麗なのかを育んだ結果なのだろう。もちろん、アジアンな乱雑さを否定することは考えていないが、街の見た目を紡いで、風景を魅せ、アイデンティティーを保つことが、おらが街に繋がり、地産地消につながり、物と人のローカルな循環に繋がっていく。遠くの憧れを超える楽しさを。

ここまで書いていて思ったのは、日本ならではの、口混みではない人づてではない就職が、遠くの憧れの強さに繋がっているかもしれない。中国科挙明治維新の主要藩からの登用が国の真ん中で成功を集めることの羨望を生み、参覲交代や鉄道網の発達が中央への距離を縮め、天下御用達や金の偏在が文化の濃度をならしていった。

それでもバスクは天下のチームを倒せる平等な競技が、誇りを育めたのかもしれない。権力と金の前での鬱憤を目の前ではらしてくれる。相撲に郷土力士はいるが帰ってこない、野球は真ん中に寄りすぎた。

おらが誇れるものと目に留め置ける風景を。自分の職場に誇りのもてる建物を。

f:id:junji-urata:20160328104335j:image

ページビュー
57336