Hatena::ブログ(Diary)

印度と日本のレインボーブリッジ

2014-06-19

ペースメーカー患者さんへのヒーリング

幼少期からペースメーカーを入れておられるクライアントさんに、ヒーリングをさせて頂く機会がありました。
最近、シータヒーリングをベースとして、臨床催眠療法や、前世療法の手法を組み合わせてセッションをすることが多くなり、今まで学んだ“点”と“点”が繋がってきているなぁと実感しています。

ペースメーカークライアントさんに具体的にさせて頂いたこと。
1)ペースメーカーの入った心臓に対する違和感(本来の自分自身ではない感じ)を臨床催眠手法を使って解放すること
2)退行催眠の方法を使って、出生前にその心臓を選んだ場面に戻り、どうしてその心臓を選んだのかを知ること

ヒーリングの中での最も大事なことは、
Empowermentエンパワーメント:自分で解決できる能力を高めること』だと思っています。
治療をセラピスト任せにするのではなく、ご自身に解決する力があることを実感して頂き、その力を高めていく。
そのために、シータセッションの中で、催眠療法と組み合わせながら、自分自身で解決法を見いだして頂く。
自分の中から出てきた答えだからこそ、心の底から納得して受け入れることができる。
そして、自分で解決法を見いだしていくプロセスそのものが、人生の他の場面でも活かされ、これから出会う別の問題に対しても、乗り越えて行く力が養われます。

では、セッションのご感想を紹介させて頂きますね。
私自身もこのセッションを通じて、ハートについての大きな学びを一緒に経験させて頂きました!!

ーーーーーーーーー<ご感想>ーーーーーーーーーー

今日は、わたしにとって本当に素晴らしい日でした。
ようやく、私が私のハートとしっかりと一つになれたことを、深く実感しています。
愛を受け取り、愛を与えることを心のそこから、体中で感じられた体験でした。
幼少の頃から、ずっと考えてきた疑問と違和感もスッキリ解消され、大きな喜びに包まれた日でした。

(中略)

自分で見えた心臓の様子と自分を振り返って気づいたのは、傷ついているのに、なんでもないフリをしている。そして、愛を受け取ることに抵抗があるということでした。
まずは、呼び覚ましできなかった自分を愛することについて掘り下げして頂きました。
見えてきたのは、自分だけ。という罪悪感。
「自分を愛すると存在がなくなる。」を「自分をたっぷり愛しながら、周りにも沢山の愛を与え、愛とともにいられる」に置き換えしました。

次に、何でもないフリをしていた心臓の殻をはずすワークをして頂きました。
まず、安心安全に殻をはずせることを呼び覚まして頂きました。
見えてきたのは、笑った顔の裏が本当は泣いている殻でした。
それをどのように、外したいですか、と聞かれ、そのまま外して置いておくと、また、つけてしまうようで、怖かったのですが、外した後にどうすれば良いのかその時点では思いつきませんでした。
でも、とにかく、長いあいだ、方法は最高最善ではなかったかもしれないけれど、私をずっと守って来てくれたこの殻にたくさんの感謝と愛を伝えたいと思いました。
殻を外し、抱きしめて、沢山沢山ありがとうと愛を伝えました。
そうすると、自然と殻が笑顔も泣き顔も一つに完全に混ざりボールになったのです。
光に還る準備が出来たんだとわかりました。
これを、光に還すことができました。

私の心臓は、本当に産まれたばかりのとても若くて美しい心臓でした。
この生まれたての心臓に、「たっぷりと愛をもらってたくさんの愛を放射すること」「創造主と明瞭につながること」「あるがままの自分でいること。」「自分を愛すること」「ペースメーカーとともにありながら共に愛と人生を味わい生きること」など沢山呼び覚ましをして頂きました。
心臓がどんどん成長して、本当に美しく力強くたっぷりと愛を受け取り、愛を放出しているたくましい男性的なエネルギーを感じました。無条件の愛でいつも包んでくれている女神のような銀色に輝くペースメーカーに対する深い感謝と共に存在している様子でした。
私のからだの中でいろんなものが繋がっていることを心から感じられる素晴らしい様子でした。
それを、たっぷりと味わってください。と順子先生にいわれ、とてもすばらしいひとときでした。
この感覚をいつもいつも忘れずにいたいと思います。

そして、私がずっと問い続けてきた、どうして私の心臓はペースメーカーが必要な心臓だったのかについても答えを貰いにいきました。
最初にそれを決めた場面。
それは、肉体を持つ前の私が心臓を決めているところでした。
愛と直感でこれ。と決めた心臓がそうだったから。
今世の私のテーマが「ハート、愛の学び」で、それを学ぶ上でも効果的とのこと。
ハートに常に意識を向けていれば、よりたくさん考え、深く学べるから。
だから、この心臓をとっても愛して迎え入れた様子が見えました。

この心臓で辛い経験もすることをどう思っていたの?という問いには、一時的に愛せなくなったり、分離を感じるかもしれないけれど、必ず再び心から愛し一つになる素晴らしい喜びを感じる日がくることを分かっていたから。と。
まさに、今日がその日となったのです!!!

(中略)

すべてが、心のそこから納得でき、理解でき、感謝とともに私の中に染みこんでいきました。
特に、心臓の殻を外す体験や、自分で心臓を決めた時に戻る、ヒプノ的なワークがとてもパワフルであったことを実感しています。
全て、自分の中からでてきた答えなので、本当に、心のそこから理解し、納得できたのだと思います。これが、同じ内容でも、プラクテショナーの方から、創造主のメッセージとして受け取っていたら、ここまで深く染み込んでいなかったかもしれません。
まさに、自分で味わう!!!のセッションでした。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/junkomaruyama/20140619/1403160536