Hatena::ブログ(Diary)

Jakarta歩く会のブログ

2018-09-19

2018年11月、ジョグジャの世界遺産を歩こう!

この大会はジョグジャカルタ王家のプンパユン王女が実行委員長を務められるインドネシアでは唯一の公式ウォーク大会です。

例年インドネシアの人達はもとより、日本を始め世界各国から多くのウォーク愛好家が参加する大会です。

歓迎ムード一杯で楽しく、毎回多くのリピーターが参加しています。

今回も多くの方に参加して頂きこの大会を盛り上げていきたいと思っています。

以下、募集要項を記載します。

1.実施日 2018年11月17日(土)、18日(日)の2日間

2.ウォーク場所  

17日:Prambanan Temple Heritage Walk course

18日:Merapi Tourism Village course

それぞれ5km、10Km、20kmコースがあります。

3.申込方法

個人で、Jogja International Heritage Walk事務局へ申込み、フライト、ホテル等の手配を直接おこないます。

Jogja International Heritage Walk事務局経由で、ホテルの申込みをした方には、ジョグジャ空港⇒会場⇒ホテル⇒空港といったTransportationが準備されます。

それぞれが希望に合わせて、フライト、ホテルなどの手配が可能となり、よりリーズナブルかつ、多くの選択肢の中から、お好みの旅程を組むことができます。


お申込・お問合せは、Jogja International Heritage Walk事務局 Maria Agnes(ジャカルタ歩く会担当)までお願い致します。

081320074720 or 0274566728

jogjawalking@yahoo.com

英語、またはインドネシア語でお申込ください。

フライト、ホテル、大会参加費などが確定したら、銀行振込にて直接精算お願い致します。

申込みが完了した方は、ジャカルタ歩く会へメールにてご一報よろしくお願い致します。

jwcarukukai@yahoo.co.jp

大会Official Web site : www.jogjaheritagewalk.com

2018-08-22

第153回ウォーク開催通知チマンギスウォーク

開催日時:2018年9 月15日(土)08:00集合 08:30ウォーキング開始

コース概要

ジャカルタ近郊で最後に残された秘境を歩きます。

今回のウォーキングは、3時間程度の高低差の少ないコースです。

自分の背丈ほどの高さの草薮、竹林、ゴムの林、のどかな田園の中を歩きます。

田んぼのあぜ道や、シンコン畑、大小いくつかの池など、コース周辺の景色は、余りの美しさに時間が経つのを忘れるほどです。

中〜上級者用3時間のコースと、ご家族用、初級者向け1時間30分程度のコースを準備致します。

お申込みの際にご希望のコースをお知らせください。

滑りやすいところもあります、転んで汚れても良い服装、滑りにくい靴でお越しください。

晴天にも備えて帽子と水もお忘れなく。 虫除けや、雨天に備え、雨具の用意も。

※昼食は、カリマンタン料理で、蒸したナマズや魚が有名な【イカン・バカール・カリマンタン】で開催致します。


集合場所

ジャコラビ高速道路 出口 Cimangisでおりて、距離計をゼロにし、直進約200メートル後右折、900M TO BUKIT GOLFの方面へ進みます。約1キロ進むとトンネルに出ます、そのまま直進、RIVERSIDE&COUNTRY CLUBと書かれた緑の看板を目印に右折、BUKIT GOLF HOUSING ESTATEのゲートに入ります。更に進むと大きな橋に出ますので、ここを左折(ここまで約2.6キロ)、約400メートル進みRIVERSIDE RESIDENCEに入り、そのままアスファルトの道を直進、計3.5キロ進んだ右手にあるLAGOON PARKが今回の集合場所です。 

6°24’58.5”S 106°54’46.6”E

         

各曲がり角にはJWC(ジャカルタウォーキング・クラブ)の看板があります

※集合場所詳細については、ドライバーさんより下記担当までご連絡ください。

Mr.Maman 081315356026

※集合場所までのインドネシア語

Dari jalan tol JAGORAWI, keluar CIMANGGIS.

1) Bayar tol dan pasang speedo-meter ke 0.

2) Terus kira2 200 M, belok kanan kearah "900 M ke BUKIT GOLF".

3) Anda akan mencapai terowongan di KM 1.

4) Terus saja dan belok kanan bila ada tulisan "RIVERSIDE GOLF & COUNTRY CLUB". Masuki gerbang dgn tulisan "BUKIT GOLF HOUSING

ESTATE".

5) Sesdh jembatan besar, belok kiri di KM 2.6

6) Di KM 3, masuki kompleks "RIVERSIDE RESIDENCE" ; terus ikuti jalan aspal ini sampai KM 3.5 dimana disebelah kanan terlihat "LAGOON

PARK"

6°24’58.5”S 106°54’46.6”E

Tanda2 JWC akan dipasang di-sudut2, maupun di-persimpangan2 .


申し込み及びお問い合わせは 歩く会事務局 jwcarukukai@gmail.com

または携帯番号0811167780 担当:信夫『シノブ』

歩く会ブログ http://d.hatena.ne.jp/jwcaruku/

152回ウォーク感想文 スンツール河原歩き

152回 スンツール河原歩き 報告(2018、8/11 実施)

今回はサラック山域を流れる川のうち2段滝からの流れをさかのぼって河原歩きをしました。

2018年1月から、歩く会会長を務めていた村田さんが、9月初旬に帰任ということになったため、今回が最後となる、村田さん企画のコースを、村田さんと一緒のウォーキングです。

いつもの山道、あぜ道とは違い川の中をじゃぶじゃぶと歩いたり、石がごろごろするコース。今回は約六十人の申し込みが有りました。びしょ濡れになるかも?と言うのが効いたのでしょうか?それとも初めての河原歩きと言うのが効いたのでしょうか、若干少なめでした。

今回の集合場所はジャゴラビ高速スンツール出口をでてニルワナの大きなロータリーに向け進みます。ロータリーを抜け住宅造成地に入っていきます。そのどんつきが集合場所です。スンツール稜線歩きをした時と同じ集合場所です。

今回は8時集合、8時半スタート。まずは山腹を約15分ほど行ったところで河原に向かって降りて行きます。

河原手前の水に入る前に皆で使用前の集合写真を撮ります。今回は目的地を決めずに時間制限制にしてみました。ので河原に入ったらバラけてしまうのでここで撮ります。

ここからいきなり川の中にじゃぶじゃぶと入っていきます。みんな最初はちょっと躊躇してましたがいっぺん入ってしまえば水の中を歩くのは気持ちがよく、気分良く歩けます。

山の水は綺麗でそれもたいそう気持ちが良い。

河原歩きは初めての試みでしたがそれだけに新鮮で皆とても楽しく歩いてました。思ったより皆ペースが速く目標にしていた大岩をさっさと通り過ぎさらに上流へ向かいます。そのうち石が大石になり沢歩きの様相を呈してきます。こんなところの方が面白いみたいで一休み中の感想は皆総じて大変好評で新鮮で面白い、気持も良い、というものでした。

もう少しで二段滝と言うところで引き返しの時間が来たので引き返します。予想よりもはるかに進むことが出来ました。水の中を歩くと足を冷やしながら歩くことが出来るのでそれほど大汗をかくことも無く気分良く歩けます。全員昼前にはスタート地点へ戻り完了。小学生含め、健脚者ぞろいだったせいか登りも下りも大変順調。今回の天気もまずまず好天上場のコンディションでした。

今回は初めての試みでしたが歩きごたえ、景観、新鮮味、などで全員大満足であったようでした。

この後、ほぼ定番となったボジョンコネンのレストランへ移動、やはりここは風が通ってさわやかな場所です。ここでご飯を食べ、各自村田さんとお別れの挨拶をして、お開きとなりました。

f:id:jwcaruku:20180822235333j:image:right

2018-07-24

第152回ウォーク開催通知 スンツール沢ウォーク

開催日時:2018年8月11日(土)8:00集合 8:30開始


コース概要:

美しい棚田の奥の渓谷にはいくつもの滝があります。

今回はその滝の一つで2段に落ちる滝、まで、河原ときれいな水の流れる川を渡渉しながらあるく予定でしたが当初のスタート予定のボジョンコネンの小学校SD4駐車場への道が工事中で急遽スタート地点を変更します。ニルワナロータリーから入る住宅造成地に変更します。河原歩きに変更は有りませんがもう少し下流からのスタートになります。いつもは樹林帯の中を歩いて行きますが今回は乾季の気持ちの良い季節に水遊びをしましょう。

少し歩くとすぐに河原に出ます。そこから川伝いに滝に向かって歩きます。

ただし今回は時間制にしてみます(折り返し時間を決めます。スタート後1時間半の約10時に折り返してスタート地点へ戻ります)。河原歩きは得手不得手が大きくわかれます。人によって速さの違いが出ます。そこで無理をすると怪我の元なので各自マイペースで歩くことを優先します。

帰りは又河原を歩いて戻る約3時間のコースになります。(疲れた方は一部ですが樹林帯の道を通ってもいけます)

歩いた後の食事は、眺めの良い、また行きたくなるレストラン“KampungKoneng“で開催します。

集合場所

ジャゴラウィ高速道路スントゥール・シティ(スントゥール・スラタン)で降りる。

https://goo.gl/maps/4jUBjQeZ2FU2  Gerbang Tol Sentul City - KedungHalang

料金所を出て付きあたりを左折する。しばらく直進、その先のロータリーを直進、スゥントゥール・シティのゲート(高速出口から約3km)を通過する。

道なりに直進タマンブダヤへの分岐点を過ぎ、直進、水牛に乗った少年の像を通過(料金所を出て左折後約6km)

https://goo.gl/maps/dXBJNDocLno  6°35'00.3"S 106°53'04.6"E 

そのまま道なりに直進するとニルワナのの大きなロータリーに出ます。

ここを約時計まわりに4分の3周ほど回ったところを左に出ます。住宅造成中の中を進んでいくとつきあたりが集合地点になります。ここに8時00分までにお越しください。

なおGoogle Mapの緯度、経度は以下になります。

6°35'35.1"S 106°54'08.7"E

  • 6.593075, 106.902406

https://goo.gl/maps/3Bw7P3AKxiz

ウォーク終了後、車はユーターンし来た道を戻り、レストラン「カンポン・コネン」(Kampung Koneng)で昼食になります。

https://goo.gl/maps/dw7NJcaxez22 Jl. Tapos RT. 03 / RW. 04, BojongKoneng, Sentul Selatan, BojongKoneng, Babakan Madang, Bogor, Jawa Barat 16810 TEL;0878-7831-1176

※各曲がり角にはJWC(ジャカルタウォーキング・クラブ)の看板がありま

申し込み及びお問い合わせは 歩く会事務局 jwcarukukai@gmail.com

または携帯番号0811167780 担当:信夫『シノブ』

歩く会ブログ http://d.hatena.ne.jp/jwcaruku/

2018-07-23 第151回ウォーク感想文 サラック山ウォーク

サラック山登山(温泉まで)報告(2018、7/14 実施)

今回はサラック山を北川から入り温泉(Kawah Ratu)歩きました。標高差約600mのちょっとした登山です。いつものグデ山の代わりに今回は新しいコース。何と五十人弱の申し込みが有りました。温泉の一言が効いたのか?

まずは第一集合場所(ジャゴラビ高速35kmレストエリア)に集合。今回は早めの四時集合。そこから山腹の集合地点まで移動。早朝のせいか順調に移動。登山口ゲートでガイドと落ち合い約7時登山開始。

勾配の緩い歩きやすい道から始まります。そのうち石のごつごつした歩きにくい道に変わり、道が伏流におおわれるようになってきました。今回は下見の時よりも水が少なく、何とか石の上を伝いながら行くことが出来ました。

そうこうしてジャングル帯を進むと眼前が開けいきなり地獄谷風の景色が現れます。その中を進むこと約20分。目的地に着きます。そこかしこから蒸気の噴き出すまさに地獄谷温泉の川も流れています。ここで小一時間ほど昼ごはん兼ねて休憩。日本ならとても近づけないようなところを散策。ほぼ満足したところで下山開始。全員昼過ぎには下山完了。健脚者ぞろいだったせいか登りも下りも大変順調。今回の天気もまずまず好天上場のコンディションでした。

今回は初めてのコースでいつものロングx2ぐらいのコースでしたが歩きごたえ、景観、両面で全員大満足であったようでした。皆さん大変面白かったとの感想でした。

今回は登山と言うことで昼食会は無く下山後ゲートでお開きとなりました。

今回も皆さんのおかげで無事ウォークを終えることが出来ました。

歩く会 村田年隆)

2018-07-03 第151回ウォーク開催通知 サラック山 温泉まで登ろう

歩く会サラック山 温泉まで登ろう


歩く会は、7月14日(土)、サラック山登山(温泉地Lake Situ Hiang, National Park of Mount Salak Endah(https://goo.gl/maps/1x4C4Bimarn)まで登ります。帰りは来た道を帰ります)を行います。毎年恒例にしていましたグデ山登山は諸般の都合で開催を見送ります。

なお、温泉地までとはいえ登山ですので通常の歩きとは違います。誠に勝手ながら安全の都合上、先回のグデ登山同様1コースにさせていただきますことご了承ください。

又年少のお子様のご参加は不可とさせていただきます。

受付締め切りは7月6日(金)です。


※ご注意 今回のコースはれっきとした日帰りの登山になります。なお且つ温泉地ゆえ有毒ガスの発生の可能性もあります。小学生高学年(5年生)以上で山歩きを十分経験されているお子様の参加に限らせていただきます、したがいまして今回の登山は小さいお子様連れでのご参加はできませんので、ご了承ください。

(1)コース

サラック山北側から温泉地まで。脚力に自信のある人のみご参加ください。また、それなりに知られている観光地ではありますが今回は下山時刻目標を設定します。風向きにより有毒ガスが吹き下ろす可能性もあるためです。スタート地点ゲート(Pos pendakian kawah ratu gunung halimun salak )まで午後三時までに下山します。また一部登山道を小川が横切っている箇所があります。ここを徒渉しますので靴、ズボンは濡れても良いものでお越しください。

登山は基本的に自己責任であることをご理解いただき、ご対応して頂きますよう、お願いいたします。

(2)集合場所

●集合場所;(一次集合場所);ジャゴラビ高速レストエリア10km(https://goo.gl/maps/deqktdgu51p)を一時集合地点にします。午前三時半集合。集まり次第出発。四時には出発します。

●集合場所(最終;Camping Ground Pasir Reungit Jalur pendakian Kawah Ratu Salak(https://goo.gl/maps/S7v1X7oZKN52))までの行き方;添付図参照ください。)

Gerbang Tol Sentul Selatan 1、(38km)(https://goo.gl/maps/EH1W3MDynyG2)で高速を降り西進しGerbang Tol Sentul Barat((https://goo.gl/maps/bBKnos2DiAS2)へ向かいます。有料道路バイパス終了点で降ります(建設中ですができているところまで)。

上記バイパスを降りた後Lotte Grosir Bogorのある二又を左へ向かいます。(https://goo.gl/maps/7LXqTwmip5J2)。その後道なりに進み(-6.556820, 106.693948)

で左折Jl. Bojong Rangkas に入ります(曲がる直前左側にインドマートがあります。https://goo.gl/maps/QTX3xvmVFc52)。その後も道なりに村落の中を進みます。一次集合地点より約二時間となります。

(4)諸準備

サラック温泉地の標高はそれほど高くありませんので防寒着は不要ですが、途中、渡渉個所があります。必ず濡れますので濡れてもよい靴、服装と着替え(下山後の)を用意してください。

・雨具(レインコート) ※必須です

・水もしくはスポーツ飲料は1人あたり最低で1リットル、※必須です

・行動食(温泉地で食べる用;カロリーの高いバナナチョコレートパンおにぎりなど、)、

・弁当(昼御飯用;温泉地で食べます)。

・長袖シャツ、長ズボン、手袋(あると望ましい)、

・各種薬(各人で必要なものを持参ください)、

以上を持参してください。出発点以外は、トイレはないので、基本的に森に入り用を足すことになります。

●注記 ? 雨具など(登山時は常に雨の用意を)は上下セパレーツのカッパが望ましいです。

*携帯などを濡れから守るジップロックなどの防水は必須です!

●注記 ? 持参食料に塩、ポカリ、梅干などで塩分補給できる準備が望ましいです。

● 注記 ? タオル

汗をふくタオルと滝からの水しぶきを浴びるのでそれをふくタオルが必要だと思います。

● 注記 ?ランチ、その他

温泉地のある場所でお弁当を食べます。下に敷くシート(大きなビニール袋など)があると便利です。

(5)参加費用他 

公園入場料が別途必要です。ご用意願います。公園入場料;Rp2万/人、入山料;約Rp3万/Rp。

ガイド二名;おおよそRp50万(人数割りとします)

(6)当日は全員下山を確認後現地解散とします。

(7)連絡のお願い。

? 当日体調不良などでキャンセルされる方は、必ず集合時間前までに下記担当者にご連絡下さい(TEL 又は SMS)。

?下山された方は必ず歩く会幹事に伝えるか下記担当者にSMSでご連絡下さい。

HP08151682903(村田)、HP08118715023(榎)、

HP0811167780(信夫)


申し込み及びお問い合わせは歩く会事務局 jwcarukukai@yahoo.co.jp まで

(または携帯番号0811167780 担当:信夫『シノブ』)

歩く会ブログ http://d.hatena.ne.jp/jwcaruku/

f:id:jwcaruku:20180703192825j:image:w640