Hatena::ブログ(Diary)

助産院は安全?

2012-09-24

助産師がホメオパシーの次に手にしているもの。<「誕生学」に嵌る助産師たち>

助産師会、全く反省の色なし。

この一言しかありません。

誕生学と助産師の繋がりが濃くなっていくばかりで、非常に危険ですね。

「何をそんなに心配してるの?」

って方には是非、「誕生学 ホメオパシー」で検索をしてみて欲しいです。

次は「誕生学 助産師」で検索してみてください。お願いします。

関連性がイマイチわからないっていう方には下記のリンク先をご覧頂いて、出てくる名前とか、そういうので辿っていってほしいです。助産師会の上層部の方には特に是非。

ホメオパシー問題について(外部リンク)

VK2のレメディ選択を親のせいにばかりしないで!

ビタミンK不投与事件

芸能人とホメオパシー

まぁとにかく、関係がありすぎるんです。そして、いろいろな問題は解決しないまま、ただ「あれはやめたから」だけで、相手変えず。要するに、根底にある思想からの見直しが全くされていないということです。

まぁ、なんでも相手を変えればそれで良いともおもっていませんけどね、でもそれにしてもここまで同じっていうのもどうでしょうかね。ホメオパシーが間になくなっただけで、「問題のある思想」が変わっていないんです。「病院でも助産院でも自宅でも同じ」ってあったりしますよ、同じじゃないでしょ? 専門家なら私なんかよりわかるでしょ? 同じなんかじゃないのに、私から見たら「親が幸せ感じられるのならそれでいいの♪」みたいな感じでごまかしているようなものです。そして、一通り話を読み終え、聴き終えると、「同じなら病院で産むよりも、家族だけで産んだ方が良くない?」とか、そういう考えがなんとなく残っているんです。

そして、助産師の方たちはどうして「病院」というところへは意識が戻らないのですか? 医療はそんなにダメですか? 医療という言葉、病院というだけで、「不要な介入」という意識にしかなれませんか? こういうことに時間やお金を使うのならば、なぜ、危険な状態をいかにして察知するかのための研修や研究、そして勉強に使わないのでしょうか?

先日は遂にNHKでも取り上げてくれたと喜んでいる方たちもいました。命の大切さ教える「誕生学」を導入 NHKニュース

2012/9/21 NHK首都圏ネットワークさら助産院

まぁ、元々誕生学の中の方たちとNHKの一部の方たちの関係は濃いですから、好意的に扱われるのは当然のような気もしますが。NHK全体が本気でこれを良いとおもっているわけではない、というのもわかっていますが、しかしそれは視聴者の方には伝わらないので、非常に残念です。

こちらの助産所では誕生学の教育プログラムというものの料金案内までされています。>誕生学 | 悦喜助産院


なぜ、思想からして医療以外のものに支配されないといけないのでしょうか。