Hatena::ブログ(Diary)

神保町系オタオタ日記

2012-01-09

[]慶應義塾大学図書館員加藤元彦

小田嶽夫『文学青春群像』に、慶應図書館員加藤元彦が出てくる。

翌昭和三年の五月に私は日本へ帰った。「葡萄園」の編集者加藤元彦が本郷五丁目の千代田館という下宿屋にいたので、まっ先に彼を訪ね、幸いそこに空室があったので、私はそこに落ちつくことにした。(略)

ところで、加藤は編集の世話は焼いたが、自分では全然書こうとする気配がなかった。彼は慶大図書館に勤めていたのだが、夜はいつもドイツ語を熱心に勉強してい、私が時たま訪ねても、文学談に熱を入れるようなことは全くなかった。新同人の連中の話では、彼は慶応ドイツ語の教師になるらしいとのことであった。

この加藤は、確かに慶應義塾大学図書館の職 員で、『慶應義塾図書館史』によると、同大学独文科卒、大正14年4月から昭和10年4月まで勤務し、その後慶應の予科教員になっている。『第十四版大衆人事録 東京篇』(昭和17年10月)を見ると、

加藤元彦 慶大予科教授 藤原工大教授 目黒区柿ノ木坂一二二

[閲歴]愛知県人大正十二年慶大文学部卒業

日本近代文学大事典によると、『葡萄園』は、大正12年9月から昭和6年3月まで発行された文芸同人誌。加藤は、第一次分からの同人で、第二次分(昭和3年晩春~)では、編集発行人を務めた。小田は、第二次分から参加している。

なお、『三田評論』1996年12月号によると、同年7月1日没である。

shomotsubugyoshomotsubugyo 2012/01/09 14:28 お(゜∀゜ ) さっそく蔵出しのネタだすねっ 慶応大学図書館史はいままであんまキョーミなかったんだけど、たたけばいろいろでてきそう。。。

jyunkujyunku 2012/01/09 15:25 慣れぬスマホでアップしたら、 間違えて二つも 公開してしもうた。

postmark-tpostmark-t 2012/01/09 22:53  初めまして.消印所沢と申します.
 毎回楽しみにしておりましたが,このところ,貴兄ブログの更新が途絶えておりましたので,心配しておりました.
 祝再開です.

jyunkujyunku 2012/01/10 07:42 はじめまして。未知の方にまでご心配いただき恐縮です。
毎日更新というわけにはいきませんが今後ともよろしくお願いします。

kaguragawakaguragawa 2012/01/11 20:44 本題と無関係な話題で申し訳ありません。復帰記念お祝儀寄稿ということでお赦しください。
慶應+図書館で、すぐに頭に浮かんだのがフルート奏者の吉田雅夫さん(1915-2003)でした。はっきり思い出せないのですが吉田さんが書かれたもののなかに慶應の図書館でのことが書かれていたような記憶があるのです。図書館であるものを見つけた話だったか、誰かと逢った話だったか・・・。この大フルート奏者はなんと慶應の法学部の卒業です。

jyunkujyunku 2012/01/12 16:45 ご無沙汰しております。音楽とかスポーツは疎いので、知らない人ですが、その文章は見てみたいですね。