Hatena::ブログ(Diary)

30代からの脱オタク

2007-09-09

[][]取り留めの無い話をつらつらと


(※はじめに

今回の記事は極めて個人的な愚痴が多くなるため、不快に思われたら申し訳ありません。

また、この記事で以って特定個人を貶めるつもりは毛頭ございませんので、予めご了承ください。)



きっかけは数週間前の飲み会だった。

彼らとは去年、オレの飲み友達の○○さん(オレは「姐さん」と呼んでいる)のツテで知り合ったんだけど、既に数回飲みを重ねていてそれなりには気心は知れているつもりだった(ちなみに言うと、所謂「オタク」集団ではない)。

そして酒が進んできたとき、その中の一人がぶしつけにこう言ってきた。

「オマエさぁ、ラコステ着てんのに彼女居ないのかよ〜!」

「??」

確かにその時のオレはラコステポロシャツ古着ジーンズを身に付けていたんだけど、ソレはあくまでオレの中で最も楽な格好をしてきたに過ぎないだけで、何故ラコステが「彼女」に結びつくのか皆目見当が付かずに呆然となってしまった。

「オマエいつもいい服ばっか買ったり着たりしてるけど、彼女出来なきゃ意味ねぇじゃん!」

どうも彼は、オレが飲み会に結構イイ格好で来たりしている事が気に食わなかったみたいだ。

とりあえずスルーしようとしたけど、さらにソレが怒りを買ったらしく

「服ばっか買って体面ばっかり気にしやがって!」

「いい服着なくても心が綺麗ならそれでいいんだ!」

「お前に彼女が出来ないのは、お前の心が汚いからだ!」

等と執拗に絡みだしてきた。

「別にいい服着てるかっらって、彼女とか関係ないんじゃないか。」

等と反論してみても

「じゃあ何でラコステなんか着てんだよ!」

「いい服着て彼女出来ないからって、言い訳ばっかしてんじゃねぇよ!」

等々と非道く論われる始末。

そして話は、オレが彼らに誘われて行った合コンの話題に飛び火する。

「オマエ、××さんとメール交換したのか!」

「??」

その合コンに来てた女性陣に、30代前半くらいのなかなかよく喋る明るい人が居たんだけど、その女性の話題をイキナリ持ち出されてきて面食らってしまった。

オレは別にその人が好きとか嫌いとかじゃなく「まぁ、飲み会で飲むくらいならイイ人だし、別にいいんじゃない」位にしか思っていなかったから、何故ソレが「メール交換」に結びつくのか皆目見当が付かなかった(オレにとってメール交換は、本当に気の合った人としか交わさない「特別な」事なのだ)。

そして「交換してない」と言ったら

「だからダメなんだオマエは!」

「何でそこでメール交換とかしないんだよ!」

「そんなに消極的だから彼女ができねぇんだよ!」

等と、更に激化してしまった。

別の人が何とかとりなそうと必死でフォローしていると、さらにソレも気に食わなかったみたいで

「そうやって甘やかすからダメなんだ!」

「○○さん(オレの言う「姐さん」)も甘い顔ばっかするからなぁ。」

「オマエはそんな○○さんに甘えてばっかしなんだよ!」

「こんなヤツにはガツンと言わないとためにならねぇんだよ!」

等々と荒れだしてきた。

さらに別の人も加わって来て

「そんなの消極的なアンタが悪い。」

「俺たちはアンタの為を思って言ってんだよ。」

等と同調してきた。

そうなるともうダメだ。

(今まで彼女がいなかったオレは、悪い人間なんだろうか・・・。)

(いい服着ているのに彼女がいないオレはダメ人間なんだろうか・・・。)

(別にモテ云々で服を着ているつもりは無いけど、それは結局モテない男の言い訳でしかないんだろうか・・・。)

(いや、そもそもいい服を着たら彼女がいないといけないんだろうか・・・。)

(そうだとしたら、彼女いないオレはやっぱりダメ人間なんじゃないだろうか・・・。)

(「オマエの為を思って言ってるんだ」っていうのは、ただ単にそんな言葉免罪符にして彼らがストレス解消しているだけなんじゃないか・・・。)

(いや、もし本当にオレのためを思って言ってくれているのだとしたら、嫌な勘繰りをしているオレこそが悪い人間なんだろうか・・・。)

(そうだとしたら、彼らの辛辣言葉をスルーするのはいけないことなんじゃないだろうか・・・。)

(オレは本当にこの場にいていいんだろうか・・・。)

そんないたたまれない気分に陥ってしまったオレは、ヘロヘロ笑いながら(笑うしかなかった)焼酎をガブ飲みしてしこたま酔っ払い、帰り道で10年来の友人に電話を掛けて非道く愚痴るくらいしか道が無かった。




事はそれだけじゃ終わらない。

この数週間の間、会社人間関係でも非道くいたたまれない気分になることが多い。



ウチの会社は社員僅か10数名の小企業

しかも、オレを境に上は40歳以上の人々ばっかで、オレはまだ若い方に属する。

そして、オレより5〜6歳若い人(最年少)とオレの間の年齢層に6人ほど集中している。

そのうちの5人が、非常に仲がいい。

女性3人に男性2人、その内夫婦が1組。

その5人は、休み時間や昼食時には一緒に行動し、休日にはライブに行ったり花火を観に行ったりと、ほとんど学生時代のサークルのノリだ。

さてお気づきか。

6人のうち5人が仲がいい。

つまり、オレははぐれ者なわけだ。

いや、オレも彼らの輪に入ろうとした事はある。

それも1度や2度じゃない。

だけど、オレと彼らの間にはどうにも深い溝があるような感じがする。

具体的に言うなら、彼らの話す言葉がオレには全く分からない。

ラーメンズ」「モリヒロシ(誰?)」「トモフ」「小島よしお」等々・・・。

今までまったく聞いたことの無い単語のオンパレードだ(ちなみに「小島よしお」だけは後にテレビで観た。出始めのインパクトは面白かったけど、ただ単に勢いに任せてネタを繰り返すグダグダ感が次第に嫌になってきて観るのを止めてしまった)。

だけど、彼ら彼女らの間では既にそれらは完全に共通認識になっているのだ(あの「小島よしお」で笑えるのだ!)。

そうなると、もうついていけない。

もはや彼らは、オレとは全く別世界人間のようにしか思えなくなった。

年齢も近く、それなりに固まったグループなのに、オレはそんな、比較的自分と近しい年齢層の人々と共通認識を持てないまま30年以上過ごしてきてしまった。

オレの周回遅れぶりをまざまざと見せ付けられて、非道く落ち込んでしまった。

理解できないまま彼らの話に加わったところで、多分全くついていけずにただ閉じこもるだけ。

そうなったら、彼らはオレを疎んじるようになるんじゃないだろうか。

いや、もう既に陰で

「アイツは話なんかろくすぽ出来ない癖になぜか居るんだよねぇ〜」

「ウザくねぇ〜?」

空気読めねぇよなぁ、アイツ。」

等と言ってオレを蔑んでいるんじゃないか。

彼らとてオトナなわけだから表立っては言わないだろうけど、腹の奥底ではオレを蔑んで爪弾きにしたがっているんじゃないんだろうか。

ソレは丁度、中学高校時代にオレをそうやって爪弾きにしてきた、あの連中と同じように・・・。

そうなってくると、もう止まらない

(オレは、本当にこの場に居ていいんだろうか・・・。)

(オレと彼らは、別世界人間なんだろうか・・・。)

(彼らの世界に憧れるのは、悪いことなんだろうか・・・。)

(オレは、もはやとり返しの付かない所まで遅れてしまっているんじゃないんだろうか・・・。)

一度陥ったマイナススパイラルに、どんどんはまり込んでいってしまった。

最近では、彼らが仲良さげに話をしている声を聞いただけで気分が落ち込んできてしまう位にまでなってしまった。



で、結局その無理が祟ってとうとう大爆発してしまった。

仕事上の些細な行き違いだったんだけど、ソレを切欠にオレの中に溜め込んだモノが噴出し、机を蹴飛ばし、椅子を壊し、大声で喚き散らしながら頭を壁に打ち付けて額から血を流してしまった。

コレで、会社内でのオレの立場がさらに微妙になってしまった。

中学高校時代以来ずっとそうやって来てしまって、その度に「今度こそはガマンしよう!」と心に誓ってきたはずなのに・・・。



全く、オレはいつまで経っても全然変わることが出来ない。

相も変わらず、一端マイナス思考に陥るとトコトンまで落ち込んでいってしまう。

そして、腹の内に収めて収めて収めて、収めきれずに爆発してしまう。

本当にしょうがない人間だ。

最近じゃ、夜に布団に入ってもあまり寝付けなくなってしまっている。

そのまま西武線の踏み切りに飛び込んでしまおうかとすらも考えてしまった。

そのために、割と本気で遺書まで書いた。

彼女がいる状態、仲良し同士で若者らしい会話をしてコミュニケーションを深める状態、何れも、オレが過去味わおうとしてとうとう出来なかった事ばっかりだ。

同い年くらいの人々はそうやって謳歌しているのに、オレは一体何なんだろう。

彼女がいる」っていう状態は、ひょっとしたら性質の悪い都市伝説か何かじゃないかとすらも思えてきてしまうオレは、最早取り返しの付かないほどまでに遅れてしまっているんじゃないんだろうか。

だとしたら、一体何が一番悪いんだろう。

オレをひたすら爪弾きにしたスクールカーストが悪いのか。

そんなオレに「逃げ道」を与え続けてきたオタク業界が悪いのか。

それとも、そんな「逃げ道」にまんまとハマり込んで10年以上惰眠を貪り続けてきたオレが悪いのか・・・。




そんな取り留めの無い事が次から次へと浮かんできてしまって、今日もまた、なかなか寝付けなくなりそうだ。

rfulrful 2007/09/09 23:57 はじめまして、すべてあなたが悪いと思います。言いたくて言えなかった言葉は体のなかで腐っていくものだと思います。十年来の友人に愚痴り、ここで愚痴を言っても、それらは解消されないと思います。自殺を考えてしまうぐらいならカウンセリングなど自分に気づきを与えるようなものはどうでしょうか?中身から変わるきっかけになると思うんですが。

しゅういちしゅういち 2007/09/10 01:16 おひさしぶりです、相変わらず悩みまくってますね(^^;
そろそろ中身がほしくなってきましたか?

えーと、まず飲み会の席の件ですが、
まあ、ある年齢を超えたあたりから、
実家に帰ると「そろそろ結婚したら」攻撃を受けるようになるのと一緒。
まあ、のらりくらりかわしておけばOKw
とはいえ、一応彼らなりに心配してはくれているわけで、感謝だけはしておきましょうね。
あー、でもk-d-hideさんが彼女を作り「たい」のであれば、彼らのアドバイスはそれなりに適切だと思います。
すごいイケメンで、かつ肩書きもハイスペックとかじゃないと、勝手に彼女ができたりしませんw
ふつうは、それなりに積極的にアプローチしないとだめですよねー
あんまり積極的過ぎても引かれたりするので、なかなか難しかったりしますが(^^;

それから会社での仲間関係ですが、まあ、ちゃんと挨拶が交わせて、
仕事でもちゃんとコミュニケーション取れるレベルであれば、十分じゃないですか?
会社の同僚とそこまで仲良くなくても、愚痴を聞いてくれる十年来の友人がいるだけで十分恵まれてると思うなぁ。
k-d-hideさんが趣味なり何なりに時間をかけている間に、彼らはバラエティ番組を見てるわけで、別にむこうが優れてるとはおもいませんしね。
ただ、k-d-hideさんが会社の同僚と仲良くなり「たい」のであれば、彼らと話題を合わせる努力をする必要はあるでしょうね。小島よしおがつまらんと思っても、そこは話をあわせるとか。ベストはそれよりも面白い会話をやってみせるってことでしょうが、ちとそれはハードル高いっすね(^^;

まあ、結局はk-d-hideさんがどうしたいかが重要なんですよ、
彼女作らなきゃいけないとか、会社の同僚と仲良くならなきゃいけないとか、どちらも義務ではありませんよ。
ただ、やりたいことがあるのであれば、そのために努力や代償が必要になるわけです。まず、自分がどうしたいのか考えてみましょう。

いずれにせよ会社で爆発しちゃうのはよくないですね、あまり溜め込まないようにしたほうがいいと思いますね。どうしても溜め込んじゃう性質でどうにもならないようなら、上でrfulさんがおっしゃっているようにカウンセリングを受けてみるのもいいかもしれません。

あとですね、遅れてるとか考えないほうがいいですね、時間は皆に平等に流れてるのですから。人はそれぞれ別の選択をして生きてるわけで、他人が経験したことを自分は経験できていない代わりに、他人が経験していないことを自分が経験してたりするわけです。それが自分の望んだ方向になってるとは限りませんが、それは進んでいる遅れているというのとは別ですよ。

まあ、私の言いたいことはこのくらいですが、不眠や自殺願望はちょっと気になりますね。これらはうつの症状だったりするので、あまりに深刻なようならカウンセラーや医者にかかったほうがいいかもしれません。

HPHP 2007/09/10 04:07 k-d-hideさんほど自分の弱点や欠点を客観視して、第三者に向けて文章にできる人はなかなかいないと思いますよ。人間なんてみんな自分の評価は甘いもんです。だからこそ人よりも自己嫌悪に陥りやすいのかもしれないですね。少なくともこのブログを読んでいる人のほとんどは、hideさんに好感や共感を抱いているのではないかと思いますが…。

celaeno_wcelaeno_w 2007/09/10 13:01 普通でいるのって、結構なスキルだからね。

愚鈍でいるか、我慢するか、努力しないと、「普通」は維持できない。

普通なことを普通に楽しむだけの人間が居たら、それは尊敬か侮蔑に値する。

そいつらが笑ってる場に居合わせれば判る、笑いが乾いてるから。

そういう付き合いがしたいならそれでもいいけど、おれはしないね。
自分らが多数派だからと変わらずに、相手だけに変化を求める集団にいても疲れるだけだよ。
他人の価値観を考慮できない集団だから。

本当に付き合う価値のある人間は、きちんと相手にあわそうとしてくれる。
当然こちらも歩み寄れるから、付き合いに困ったりなんかしない。


職場の人間は、今のままの付き合いでインジャネ?

なまえーなまえー 2007/09/10 16:39 これはダサイ服を着てれば着てるでまた文句付けるの手合いですよ。
しかしそういう人間は珍しくない。

>それとも、そんな「逃げ道」にまんまとハマり込んで10年以上惰眠を貪り続けてきたオレが悪いのか・・・。

まさにその通りですね、そうすべきではなかったという意味で悪いです。
もし私ならこんな明らかな挑発をされたら怒りますよ。
そうするのが正しい行為なのかはわかりませんが、
舐められたままだとこれから先も何度も何度も同じ目に遭うのではないでしょうか。
みんなで楽しくやれればその方がいいんでしょうけれど、
現状のミサイル打ち込まれてるのに対して遺憾の意を示すようなやり方では世論が右傾化するのもやむを得ないのです!!
もっと打ち込んでくれっ。

TKTK 2007/09/10 16:39 興味深い話でした。僕の考えでは、あなたはまったく悪くないです。 

お友達の方は、「あなたのため」に、「いい服」⇒「彼女」という順接を作ろうとしていたのですが、
貴方が彼女を作ろうと思っていないならそれは貴方の意志が話題になって然り・・・
一言で言うとお友達はおせっかいになってないでしょうか・・・・

服装は個人の自由、彼女がほしいと思ったら作るけど、今はそんな気分じゃない。

が本音なのではないでしょうか?

もし当たっていたら、脱オタに成功して、服装にお友達が思っている「平均」以上に気を配ることがフツーの状態になっている貴方と、友達は、そこまできた経緯が違う分加速度もポリシーも違うのだ、ほっといてくれ、いつか彼女を作る気がするけど、今は彼女はほしくない

とかいえば、お友達が逆上しない限り大丈夫な気がします。

天馬唯天馬唯 2007/09/10 18:16 k-d-hideさんに絡んできた集団とやらが、どのような外見・信条の人たちかは分かりませんが
オタクだの一般人だのというカテゴリーとは関係なく、くだらん奴はくだらないんだなというのが
第三者的な感想であり、正直な意見です・・・。

「職場」という場でなかなか自分らしくあるのって難しいですよね。
そこでは、無理をしないでモリヒロシが誰だか分からなかったら素直に分からないと言い
「分からないんだけれども、自分の世界を広げる為に教えてくれ」くらいな事を言えば
相手も悪い気はしないかと思われます。
なかなか金銭を生み出す場で自己主張って難しいんですよね・・・。
だからこそ、人は職場以外で自分でいられる場を求めて「趣味」の世界に走るのだと思います。
そうやって自分のバランスを取っているのだと思います。
たぶん、k-d-hideさんの職場の人たちも個々に趣味の世界や素の自分でいられる「場」を
持っているのだと推測します。

ちなみにモテる時期って個々で個人差やバラつきがありますから、焦らない事が大切なんですよ。
物凄く月並みな慰め言葉になってしまうの言葉なのですが、実際にそうなのです。
忘れないでいただきたいのが、「恋愛」は人生をより良く生きるための手段のひとつであり
「恋愛」が人生のゴール・目的ではないのではないでしょうか?
ここで忘れてはいけない事が、恋愛は自分だけでは出来ないという事です。
相手がいないと成り立たないのです。
だからこそ「楽しめ」と僕は言います。
いつまでも心の根底に憎しみが渦巻いていると、誰もついてこなくなるんですよ。
人は「楽しさ」を求めて恋愛をするのです。
k-d-hideさんが恋愛に楽しさを見出せないのならば、それで十分なのです。
マイペースでいきましょ♪

とおりすがりとおりすがり 2007/09/10 20:29 頭にきたら殴るのは相手や相手の所有物であり、自分の額ではありません。

普通は、
「他人が、自分が原因で頭に血が上ってる->自分を攻撃してくる。」
と覚悟して身構えてるのが普通です。

それがいきなり自分の頭を壁にうちつけ始めるなんざ、キモすぎて
絶対お近づきになりたいと思わない。

トドメさしてしまいましたね。自分で。

いいですか。
頭にきたら相手を殴る。
自分ではありません。
相手を殴る。

誰の目からみてもわかりやすい行動を。

あきあき 2007/09/10 20:35 「机を蹴飛ばし、椅子を壊し、大声で喚き散らしながら頭を壁に打ち付けて額から血を流してしまった。

これはかなりマズイです。ヤバイです。
想像しただけで、本当に怖いです。
どちらかと言うと余計なおせっかいを焼いたり、邪険にする周囲の人間も悪いかとは思いますが、ストレスを溜め過ぎて爆発し過ぎるのもどうかと。
勇気を出して、ストレスを小出しにして下さい。
ストレスが軽い段階で自己主張していって、そして貴方が仕事ができるとか、特技があるとか、何らかの魅力をアピールすれば周囲も少しずつ認めてくれるようになります。
例えばお洒落センスがあるのなら服装の話題で盛上ってみても良いのでは?
1番いいのは話し上手になる事ですけどね。
落語とかを聞いて勉強するといいみたいですよ。
私も多少周囲から浮きがちで鬱に入る事はありますが、つ机を蹴る等の暴力行為は全部妄想で終わらせています。
お笑い番組や舞台を観に行ったりして、自分から楽しい話題ができるように努力していますよ。
そういう風に「普通の人」に近づく努力をしていないとつまはじきにされたりして、仕事がやりにくくなったり、下手すると意地悪されますからね。

せきのせきの 2007/09/10 21:08
いや〜、その飲み仲間の言い掛かりは酷いもんですね。
正直な感想としては、単なる八つ当たりでしかないですよ。
その人はたぶん楽しい人生を送ってないんだろうなと、その人のことを心配しちゃいます(笑)
重く受け止める必要はないですね。笑ってスルーで終わりましょう。

k-d-hidek-d-hide 2007/09/10 22:48 rfulさん:
>カウンセリングなど
実のところ、それも考えています。
もうこんな自分の嫌な部分に付き合うのにも疲れてきてしまっている部分もあるので。
ただ、なかなかウチの近くでは見つからないので、もうすこし探してみる事にしています。

しゅういちさん:
>のらりくらりかわしておけばOKw
いつもならそうしてるんですけど、どうも今回はそんな自分の態度が相手には気に食わなかったみたいで・・・。
「彼女を作りたいか」と言われても、今の自分には全く想像がつかない事なのでどう考えていいのか全く見当がつかないというのが正直な所です。
「『彼女がいる』という状態は都市伝説か何かじゃないのか」という実感は、あながち大袈裟でもないです。
>どちらも義務ではありませんよ。
そうなんですよね。
ただ、どうしても周りはそう見がちですよね。
というより、30数年誰も居なかった自分がよっぽど珍しいのかもしれませんが。
彼らのとっては多分「義務」とかじゃなくて「普通」の状態で、そうじゃない自分が「普通じゃない」と見えて余計にそう言い立てるという部分はあるかも知れません。
ある意味「お節介」だとは思うのですが・・・。

HPさん:
>第三者に向けて文章にできる人はなかなかいないと思いますよ。
というより、やっとこうやって文章化できるくらいには落ち着いたと言うべきでしょうか。
ひどい時には全く言葉に言い表せなかった位ですから。
自己の客観視は大切なのでしょうが、どうも今の自分は「客観視しなきゃいけない!」という思いが強いあまり、自分の欠点ばっかりに目が向いてしまっている感じですね。

celaeno_wさん:
>普通でいるのって、結構なスキルだからね。
確かに分かります。
そもそも「普通」の概念が曖昧ですし、それぞれ個人がそれぞれ個人の「普通」の尺度を以って接するわけですから、ダブルスタンダードどころの騒ぎじゃないですね。
そして、それぞれの個人と集団の「普通」にいちいち合わせようとすると、途方も無く疲れてしまうだけです。
というより、今の自分がそんな幾つもの「普通の概念」に振り回されてしまっている感がします。
そういった「普通の概念」を自由自在に操れればまた違うのでしょうが・・・。

なまえーさん:
>そうすべきではなかったという意味で悪いです。
今にして思えばそうかも知れません。
それにしても思うのは、最近のオタク向けコンテンツのあまりに「欲望に忠実すぎる」作りです。
自分の世代のときはここまで露骨な欲望の剥き出しは無かったように記憶しているのですけど。
コンテンツ側が手を変え品を変えオタク男子の口に欲望を放り込んでいるような、そんな状態のような気がします。
このまま彼らオタクたちが成長して、数年後に自分と同じ、あるいは自分以上に苦しんで行くのではないかと思うと、他人事ながらちょっと心配ですし、そうやって前途洋々たる若年層を欲望の渦に引きずりこんで、彼らを縛りつけ苦しめていく事になりかねない作品を(意識的あるいは無意識的に)作り続けていくコンテンツ供給者の責任はいかばかりかと思うこともあります。
これこそ要らぬお節介なのでしょうが・・・。

TKさん:
>服装は個人の自由、彼女がほしいと思ったら作るけど、今はそんな気分じゃない。
まさにそうです。
ただ、このまま気分に任せてノホホンとすごしていく事に対して「本当にそれでいいんだろうか」という思いもあります。
でも一方で、そうやって自分を追い込んで「誰かを好きにならなきゃ!」と強迫的に思っちゃうと、どなたかが書かれてた「その人を好きなんじゃなく、その人に好かれている自分が好き」という、ナルシスティックな状態に陥ってしまいかねないというリスクはあるかも知れません。
女性と付きあった試しが殆ど無いため、自分の中に明確な「好みの女性」が確立していないというのも、いざそうなった場合にそんなナルシズム状態のリスクを高めそうな気がします。
まだまだ課題は多いです。

天馬さん:
>恋愛に楽しさを見出せないのならば、それで十分なのです。
ありがとうございます。
何か、そういっていただくと少し心が軽くなっていくような感じがします。
ただ、いつまでもそのままじゃいけないんだろうという思いはあり、だからこそ「恋愛しなきゃ」とか「彼女作れ」という言葉に敏感に反応して、二律背反状態に陥ってしまうのです。
恐らく彼らは、そんな自分の態度が「どっちつかず」「消極的」「言い訳ばっかり」に見えてしまったのでしょう。
これまた、その人の人生経験や理念に負うところが大きいのでなかなか一概に言えない問題ですね。

とおりすがりさん:
>頭にきたら相手を殴る。
それが出来れば、確かにここまで苦労することはなかったと思います。

あきさん:
>ストレスが軽い段階で自己主張していって
常日頃からストレスは溜めないように心がけているのですが、どうも上手くいきません。
小出しにする方法が、全くつかめないまま過ごしてきてしまっているような感じですね。
この件で先輩から「もっと普段から自分を出した方がいい」とアドバイスを受けたのですが、そうやって自己主張することに妙な罪悪感を感じてしまうことが多々あります。
一体その心の奥底には何があるのか、自分では良く分からないのですが。

せきのさん:
>笑ってスルーで終わりましょう。
普段ならそう出来たかもしれません。
ただ、たまたまそういったストレスが妙に重なってしまって、結果的に酷く自分を追い込んでしまったのかなぁと思います。
それにしても、何故「彼女がいない」というだけでこうも言われなきゃならないのか、不思議でしょうがないです。
これが、巷間に言う「恋愛至上主義」なんでしょうかねぇ。

楽しみに読んでます楽しみに読んでます 2007/09/11 00:11 彼女がいる・いないは、その人の人間性や人格とは全く関係がないと思います。ろくでもない人間でも結婚したり恋愛してますし 別に職場は働く場所なのですから仲良くしたくなければ挨拶程度でいいのでは 私なら(欲しくなくても)お洒落して頑張ってんだけど彼女が(結婚が)なかなか出来ないんだ
よ 困ったなぁなどと適当に下手に出ると思います。適当にあわせて本当に仲良しの友人だけ大切にするべきです 飲み会の人は貴方に美人の彼女が出来たらひがんでまたいちゃもんつけてきますよきっと

しゅういちしゅういち 2007/09/11 01:07 コメントへのお返事ありがとうございます。
k-d-hideさんはいつも丁寧な回答をしてくださって、
人の良さがとてもよく分かります。

それにあまえて、さらに返事を書かせていただきますと、

>「彼女を作りたいか」と言われても、今の自分には全く想像がつかない事なのでどう考えていいのか全く見当がつかないというのが正直な所です。

これを読んで思ったのですが、
k-d-hideさんはコンプレックスのあまり、自分が本当は何がしたいのかと考えることから逃げていませんか?
少し時間をかけて自分と向き合ってみてはいがかでしょうか。

あるいは、やりたいかやりたくないかわからないことはとりあえず全部やってみるとかいう荒療治はどうでしょうか。
とりあえず彼女も作ってみる、合コンを自分でセッティングしてみたりする、会社の仲間とも仲良くなって見る、苦手だったスポーツもやってみる、etc...etc...

これ、第3者的にはすごく面白いなw
無責任なようで申し訳ないですが(^^;

あー、でも暴力とか麻薬とかそういう反社会的なのはだめですよ、当然。

うんじゃまかうんじゃまか 2007/09/11 05:16 最近になってこちらを知り楽しく、且つ参考にさせてもらっています。落ち込むことなんて何もないですよ。あなたは十分な良識をそなえた素晴らしい方です。少なくとも飲みの席でいきなり理不尽なことを言ってきた輩よりずっと人として優れてい
ますよ。そいつらはあなたことを思ってなんて言ってません、ただ単に自分たちのストレス発散のイチャモンってレベル(それも酒の力を借りた)です。小っさい人間ですよ。何ひとつ気にする必要無しですから。今回そこまでの状況になってしまったのは、もちろんいろんなことが積もり積もってのことな訳ですが、無理もないですよ、だって理不尽なことを自分の中に取り込んでも消化できないのは当然です。大人すぎて自分な中に取り込んでしまったんですね。でもそれをしても当然、消化できる、納得のいく結論は出ませんよ。あなたのせいじゃなく相手に問題があるのだから。他の方も言ってますが、もし今度、また言われるような事があったならその場で怒って言い返せるように、悩むとしたら、その事を悩むべきです。k-d-hideさん、大人になりすぎですよ。自分と向き合う必要はなし、その分人と向き合えばいいんですよ。もう十分あなた立派な人間なんですから。

涅槃涅槃 2007/09/11 05:46
もう充分悩んだと見受けられるので、救いの手を差し伸べましょう。

結論から言うと、あなたは言葉に振り回され過ぎています。
どのような言葉で語られた言説もそれらはしょせん人間の
脳が生み出したものにすぎないのです。
ケツからクソを出すのと、脳から言葉を出すのに、
それほど大きな差はありません。
「正しい」とか「正しくない」というのも人間が
地球上に於いて勝手に規定した概念でしかないのです。

あなたは、人類がどのように発生してきたのかについて
もう少し深く思考しなければなりません。
手始めに、人間の脳のことについて書かれた
「唯脳論 養老孟司」
などを読まれることをオススメします。

今からでも全然遅くはありません。間に合います。
足場を固め、自分なりの言論を手に入れるために勉強してください。
足場がないと全ての思考は無意味であり徒労です。

k-d-hidek-d-hide 2007/09/11 20:29 楽しみに読んでますさん:
>彼女がいる・いないは、その人の人間性や人格とは全く関係がないと思います。
人間性・・・という言葉も結構曖昧ですからねぇ。
彼女の有無だけで人格が判定されるという事も十分ありえますし(参考>http://www.page.sannet.ne.jp/mayuri/zyosei/h_30su.html)。
「いくらダメでも彼女がいるというのは、つまりはその人の中に人間的に優れたものがあるからだ」という理由付けも出来ますからね。

しゅういちさん:
>自分が本当は何がしたいのかと考えることから逃げていませんか?
逃げているのか・・・と問われれば、確かに逃げている部分は否定できません。
というより、自分の中が曝け出されるのが怖いのです。
何か、自分が今思っているよりも、もっともっと恐ろしい、汚い、醜い心が蠢いていそうで・・・。
逃げずに向き合うと、余計に精神的ダメージを受けそうな恐怖心が常にあります。
杞憂であればいいのでしょうが・・・。

うんじゃまかさん:
>大人すぎて自分な中に取り込んでしまったんですね。
大人だからなのでしょうか。
むしろ大人に成りきれていないからこそ、かわし方も分からずに真正面から受け取ってしまうのではないかと感じています。
大人なら、そういうのは笑って受け流せる強さを持っていますから。
人と向き合うというのは、凄く難しいですね。
下手するとその人たちに取り込まれていってしまいそうな感じがして。
それが出来たときが、本当に大人に成った時なのかも知れません。

涅槃さん:
>足場がないと全ての思考は無意味であり徒労です。
拠って立つものがない自分には、確かにそんな実感があります。
というより、自分の「拠って立つもの」を、下らない自己嫌悪で潰していってしまった結果なのかもしれません。
次に必要なのは、そんな内面的な拠り所なのでしょうね。

たつやたつや 2007/09/12 00:49 興味深く読ませてもらいました.
飲み会の友人の方,お酒が入って少々言いすぎてしまったとはいえ,挑発的な言葉を投げかけるというのは,k-d-hideさんの「強さ」をある程度,認めているからのことでは?と思います.
僕がその状況にあったら,あまりにも弱い,傷つきそうな人には,多少なりとも気を使うと思います.

挑発的な言葉を受けたら,「俺は怒っているんだぞ」ということを,言葉で,表情で,行動で表せば十分だと思います(硬い表情で,語気を強めて,そういう言い方はないんじゃないの!?とか).
言い過ぎた部分があったにせよ,友人の方はそういう「手応え」を期待して,肩透かしをくらったんでしょうね.そのまま逃げられては,ふっかけた自分の示しがつかなくなるので,後戻りできなくなってしつこくカラんでしまったんでしょう.
怒ったり,悲しんだり,嫉妬したり,計算高かったり…そういう自分の弱い部分や汚い部分を見せられるというのが本当の強さだと思います.恐れずに,少しずつ伝えてみるようにしてみてはどうでしょう.
偉そうですみません.更新頑張ってください.

しゅういちしゅういち 2007/09/12 01:19 またまた、登場してしまいました(^^;
コメントでのみなさんとk-d-hideさんのやり取りを見ていて、
なんとなくk-d-hideさんの今の状況が分かったような気がしてきました。
(あくまで気がしてきただけです、実際他人のことを完全に理解するのは不可能ですから。)

なので、性懲りも泣くまたコメントさせていただきます。
私はk-d-hideさんとこうしてやり取りするのが楽しいからコメントを続けているのですが、正直ウザかったら言って下さいね、もうやめますので。
空気読むのは難しいですよね、ほんとに(^^;

>というより、自分の中が曝け出されるのが怖いのです。
>何か、自分が今思っているよりも、もっともっと恐ろしい、汚い、醜い心が蠢いていそうで・・・。
>逃げずに向き合うと、余計に精神的ダメージを受けそうな恐怖心が常にあります。
>杞憂であればいいのでしょうが・・・。

汚い、醜い心は誰でも持ってると思いますよ、そしてk-d-hideさんがおっしゃっているように、おそらくそれは本人が思ってるよりももっと醜いものである可能性は高いでしょう。人間誰しも自分への評価は甘くなるので。
とはいえ、他人とコミュニケーションをとるときにその醜い、ありのままの自分で接しているわけではない、そこは理性で抑えてコミュニティに迎合できるような自分を表に出しているわけです。
ただ、完全に自分を押さえ込んでしまうと、k-d-hideさんのように、いつか爆発してしまう。だから問題のない程度に小出しにするんです。これについては他の方のコメントにありましたね。じゃあ、どのくらい出してもコミュニティが許してくれるかというと、それはよく分からない。よく分からないから、試行錯誤してみるんです、「このくらいならだいじょうぶかな?」って感じで。
k-d-hideさんの場合、学生時代に不当に虐げられていた経験のせいで、怖くて自分を出すことが全くできなくなってしまっているのではないでしょうか?
まずは醜い部分も含めて、自分を認めてあげませんか?それから、少しずつ、コミュニティと折り合いの付く程度に自分を出していってみましょう。出しすぎた、と思ったら素直に謝って、その経験を自分にフィードバックさせればいいんですよ。

ここまでかいて、k-d-hideさんには私の一番好きな小説を紹介したくなりました。宮部みゆき先生の「ブレイブストーリ」という小説です。アニメ映画かもされてますね。もちろん読めと強制するわけではありません。もしその気があって、暇があったら、読んでみてくれるとうれしいです。

では、少しでもk-d-hideさんの力になれれば幸いです。

k-d-hidek-d-hide 2007/09/13 23:55 たつやさん:
>自分の弱い部分や汚い部分を見せられるというのが
それは自分にとっても非常に敷居が高いですね。
というより、本当に親しくならないと、そこまでの物は出せないです(記事中で言うと、10年来の友人くらいのレベル)。
付き合いが浅いと、どうしても臆病に成りがちです。

しゅういちさん:
>まずは醜い部分も含めて、自分を認めてあげませんか
よく聞く話ですね。>自分を認める
聞きはするけど、なかなかその段階には達しきれないというか。
どうしても、自分の悪いところは目に付いてしまいますし、一度目に付くとそればっかりに気をとられて、自分を責めがちです。
本当に自分の全てを認められれば、これほどいいことは無いのでしょうが、いかんせん今の自分にはその境地が良く分からないです。
>宮部みゆき先生の「ブレイブストーリ」という小説です。
友人が映画版を観たみたいです。
なかなか良かったらしいので、機会があれば観て見たいと思います。

オレンジオレンジ 2007/09/18 07:49 すげー共感できますw「逃げ道」にもはまってます

自分も彼女いない暦=年齢=21年ですが飲みの場で似たような事言われたことあります・・・

でも彼女いたり結婚してる人が人間的に優れてるとは思いません


似たような自己嫌悪もよくあります

周りの人間の言葉、思想、行動はk-d-hideさんをすべて理解した上でのことじゃないですし
大して何も考えてないだけだと思います。話したいから話したりしてるだけで
だからk-d-hideさんが真剣に悩み、心を裂くだけ無駄かもしれないです

自己嫌悪してもんもんとしてるといろいろ汚く見えて朝から晩まで気分悪いですし、精神的によくない気がします

興味のない話題も無理にあわせる必要はないと思います。
こじまよしおは自分もつまらないと思いますし。なぜあれで笑えるのか理解できないw
でも、ラーメンズは面白いですw
感性が違いで食べ物の好き嫌いと変わらないんだと思います自分は。

billy the kidbilly the kid 2007/09/21 15:18 はじめして。今期の「Lee×マッコイ 101Z TAXI DRIVER Version」
を探していたら貴方の一年前の「非モテ映画-TAXI DRIVER」に辿り付き
色々ログを拝見させて頂きました。
俺も1973年生まれなので三十路になるわけだが、完全な「ジーンズ」「ハワイアンシャツ」
「スニーカー(ジョーダン)」オタクになるな。マニアといった方がいいかな。
自宅に収まりきれず、レンタルボックスまで借りて其処に収納しているしまつ。一生あっても
着れない(履けない)位→でも着る・履く派だから俺は。友人からは「お前、やりすぎ!」とか「お前の物欲、理解できない」とか言われる。っで俺から見れば貴方は十分おしゃれだが(時々これはねーじゃん!ってはあるけれどTPOに気を使っているのがすげーわかる)・・・。譲れないものはあって良いと思いますよ。失礼ながら、NBは1300か996か576しか買わないし持ってない(計15〜16足だったかな・・俺は履く派だから996が廃盤につきどっさり買った→後で後悔するの嫌だし、履きたい時に市場にないと嫌だから)。今は1700とかのハイテクが出て、昔はオタが履いていた物が流行になっているが全然興味がない。掃き心地ならNBは576か996で十分だと思っている。「今の流行はそーなのね」みたいな。服に関して言えば、「好きなものをTPOに気を使ってきればいいじゃん」程度。で、このログの彼女の話になるわけだが、服とは全然別次元の話だと思う。
バーニーズNY、アルマーニ、ユナイテッドアローズ、ポールS、着てようが性格や価値観が合わなければいらねーって。お互いを刺激しあって一緒にいると和んだり、楽しかったり、モチベーションがあがったり、するのならアタックするけれど今は「いないならいいや」って感じ。だからこのログみて貴方の気持ちがなんとなくわかる。必ずピーンとくる女性がきたら、積極的になるから。それまで適当に待てばいい。あまり考えすぎ過ぎない方がいいですよ。それとあまり雑誌にこだわらない事!
また、拝見させていただきます。失礼しました。

k-d-hidek-d-hide 2007/09/24 11:02 オレンジさん:
>飲みの場で似たような事言われたことあります・・・
21歳でもそうですか。
30代の自分からしてみたら、まだまだチャンスはあるのに・・・等と思っちゃったりするんですが。
大体において「○○歳だから女作れ」とか「○○歳で居ない暦○○年?ダッセ〜!」等という価値観がどっから来るのか全く分からないのですが・・・。
>感性が違いで食べ物の好き嫌いと変わらないんだと思います
そう考えると、確かに幾分か楽ですね。
そう言えば、誰かが謂れ無き恋愛至上主義的言動に対して「カレーが嫌いな人間だって居るんだ」等と反論していたことがありました(参考>http://d.hatena.ne.jp/rangelife422/20051202)。
それも一理あるなぁと感じます。

billy the kidさん:
>俺も1973年生まれなので三十路になるわけだが
おぉ、同い年ですね。
ハワイアンシャツマニアとは、なかなか渋い・・・。
自分の好みを完全に確立させているというのは、敬服します。
>あまり雑誌にこだわらない事!
今の自分の服に関する悩みはその辺ですね。
どうしても「確立された何か」があるわけじゃないから、ついつい雑誌に流されてしまう・・・。
最近じゃメンクラ見限って2nd一辺倒ですが、これもまた雑誌に流されている証拠でしょうね・・・。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証