Hatena::ブログ(Diary)

高田薫 手づくり花づくり

2014-07-09

ロケ日記『イチから作る花壇づくり』8月2日土曜日放送用です。

f:id:k-heidi:20140709115749j:image:left今回は、兵庫県丹波市山南町にあります花苗生産農家「山下ガーデン」からお送りします。山南町は、山々に囲まれ、緑豊かな場所です。なんとなく懐かしさがこみあげてくるような風景です。お花づくりのプロ!山下さんにお話をいただきました。今回は、イチから花壇をつくるということだったのですが、その場所は草ぼうぼう。大丈夫なのでしょうか?
f:id:k-heidi:20140709105217j:image:right「任せて下さい!」という山下さん。まずは、草刈りです。草刈り機の刃は、以前私も使用した『草刈りUFO』です。軽く感じられて腰やひざへの負担が少ないし、安全面も考えて作られた画期的なものです。女性でも使いやすいのが魅力です。草刈りの後は、刃を変えました。根ををおこして、取り去る『くわUFO』です。この2つできれいに整地することが出来ました。
f:id:k-heidi:20140709122400j:image:left今回は、その土を耕すのではなく、防草シートを敷き、花壇のヘリになる部分にレンガなどを置きます。土は、園芸店に売っている元肥入りの培養土をそのまま使うととても簡単です。レンガの外側に枠になるようなもので花壇を囲みます。きれいに見えるということもありますが、おいているだけのレンガが倒れないように守る役目もあるんですよ。10センチほど土を入れたら、準備OKです。
f:id:k-heidi:20140709124814j:image:rightお花を植えつけるのですが、実際に植えてしまう前にシュミレーションをしてみました。奥には草丈の高いものを、前にいくにしたがって低いものを置いていきます。株と株の間は、この時期の成長を考えて、少し離しておくとよいそうです。色や、置き場所を確認して植えていきます。私も山下さんと一緒に植え付けましたよ。番組で、完成した花壇をいろいろな角度からご覧になってくださいね。
放送は、サンテレビで8月2日土曜日朝6:00から、再放送は水曜日朝8:00からです。