Hatena::ブログ(Diary)

はっしのオレ物語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-20 ロッドビルド IMガイド (振り出しガイド交換)

IMガイド (振り出しガイド交換)

| IMガイド (振り出しガイド交換)を含むブックマーク IMガイド (振り出しガイド交換)のブックマークコメント

ヤエン竿はインターラインやら上物竿と色々試してみたが、結局安物の竿に落ち着いた。

この釣りを始めた時こそ、外ガイド磯竿5.3mの糸がらみにイラついてインターライン最強説を唱えはいたが メバルサビキをやってたおかげかとくに気にならないことが判明(笑)ホルダーの糸止めも利用するし自分には高価な竿は不向きだとある時気付く、実際の話、穂先折れで2万の価格帯はさすがのオレも痛かった。









おかげで1万もしない安物磯竿を全種番手を試してみると、思わぬ発見もあった。

なぜか、この竿だけは異常にアタリが多いという番手がある。不思議な現象が起きるのは何故なのか?理由は全くわからない。なにか良いバランスがあるみたいだ、イカの触り加減とでもいうのだろうか?





そんな前置きはさておいて、TM・TAガイドからIMガイドに交換。

f:id:k-pac:20160520120606j:image

中古で4000円台の竿。

f:id:k-pac:20160520121953j:image

これを2セット

IMガイドのトップガイドには T-LGTT。

磯竿初のトルザイト♡

f:id:k-pac:20160520121954j:image

IMガイドのリングサイズが4.25なら TOPガイドは基本ワンサイズアップの4.5を選択するが トルザイトといえどもリングサイズは5でも全然違和感がなかった。

まーいいとしよう。









ロッドビルドの前にこれ↓

D

もうこういった工場は日本には少なくなっていると思う(お前らが安物ばかり買うから…ああぁ俺もか…)

研がないとラップのリブが残るがこれはこれでブランクが糸を弾いてくれるからいいとか悪いとか…マグナムクラフト・ヤマガブランクス・MCワークスと名立たるメーカーはこっちのアンサンドを採用している。 昔のUFMウエダ PRO4なんかは普通よりラップが厚くてリブを一層立ててあった。

この辺の工程を頭に入れて釣りをしていないとつぶしが効かないし、要領がつかめないから メーカー表示に頼って通称カタログマンになってしまう。





ヤエンの操作における糸出しという放出系の竿は普通の竿と違いアジをコントロールすることと アオリに捕食を集中させる意味が大きい。今回のガイド交換は一時期流行ったIMガイドを使ってみた。このガイドに付け替えると竿の特性によっては竿の性格が全く違う竿になる場合があるので一長一短である。狙いの竿調子になればいいが実際は??う、うん(´・ω・`)ぐらいだろう。





TOPガイドは軽く熱してペンチで外し固定ガイドは周りをマスキング物差しや木片で軽くコンコンと叩けば簡単に外れる。万力を使うのはちょっと… 半割れ塩ビパイプコンコンもいけるかもしれないがこれらは大した力も必要なくすんなりいける。最悪100円ライターで瓶の栓抜きのようにシュポンとするのも!ま、おすすめしない。TOPガイドさえ外せば全ガイドの交換が可能だが 古いガイドの接着跡を綺麗に除去しスパインの確認するなら竿尻栓からブランクを全て抜いてしまわないと作業できない。マークングしたい人ならこのとき一緒にしてしまおう。




古い接着跡は完全に取った方がいい!!わけではなくて購入したIMガイドのサイズによっては フィッテングして緩いようなら

そのまま残して、キツイもしくは入らないようなら除去してしまう。ブランクを傷めないことを考えたら古い接着剤は基本的に除去しない方がいい場合が多い。耐水ペーパーで慎重にね。




IMガイドのパイプサイズ選びは基本的に穂先ガイドをセットした状態で5mm程度上をノギスの外側測定面の先端より腹の部分で測り、小数点第2位が5の場合は ワンサイズの小さい物を選択する。1.65φなら1.6φを選択。穂先側の注意点としてワンサイズぐらいは小さいパイプサイズを選択した方が失敗が少ない。どのガイドにも言えるが穂先側のIMガイドは千枚通しで簡単にサイズを広げて調整できるので パイプサイズMax3.5〜3.9ぐらいまではそんなにシビアに考えなくていい。大きいサイズを選んでしまうと後で小さくできないので注意が必要だ。広げすぎた穴はお湯で湯がいて多少は戻るが...それからガイドを測る姿勢も正面の机に竿を置いて手前で測るようにしよう。穂先側は0.1ミリの差で大きく変わってしまうので注意が必要だ。特殊な穂先はカーボンシートで巻き巻きしてパイプサイズを上げている竿はキッチリフィッテングしないと危ない。

シエラ参考





余談だが固定用のガイドと誘導式のガイドは昔からのLM・LAガイド=TM・TAガイドが同じ派生、上位機種のIMガイド=LMガイドが同じ派生である。派生が違うもの同士を交換するので大きいサイズがない。上位と下位の以外の中間機種でもIMガイドを穂先のみにしてある竿は元竿や元上の♯4♯5に合うガイド展開が無いためである。

f:id:k-pac:20160520121955j:image

穂先ガイドの 1.5φにはリブが入っていないが1.6φからはリブがある。リブがあれば千枚通しで微調整しやすい。







そんなこんなで完成。IMガイドはIM-Hを選択しない限りトップカバーのSTC-Bはそのまま使える。

f:id:k-pac:20160520124924j:image

Hはラインがブランクから離れラインが垂れて風の影響を受けやすいのでヤエンには不向きって、まー体感はできんけどね。1本9050円の自己満足なり(`・ω・´)シャキーン





振り出しガイド交換その2に続く。







うらやましずぎる...

全国のヤエン釣果情報→こちら

二ホンブログ村






にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

二ホンブログ村