Hatena::ブログ(Diary)

はっしのオレ物語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-05 アオリだより

アオリだより

| アオリだより - はっしのオレ物語 を含むブックマーク アオリだより - はっしのオレ物語 のブックマークコメント




大型連休後半行ってきました。







連休は仕事だったので(見てるだけですが)諦めていましたが...

今年は かなり釣果が良くて連日のように釣果情報が入ってきてます。

(いろいろあって去年はたった3匹でした( ノД`)シクシク…)



釣り場に到着するとどこもかしこもまーホント人が多い!!

去年の2倍近く居るんじゃない??

すごい数の人、人、人、車、車、それをしり目に オレは先ず餌、餌、餌…





が!





肝心のアジが全く釣れません。どこに行こうがどんな仕掛けを使おうが

2日間で4匹・・・

一応 竿は出すも・・・

この時点でもうヤエンどころではなく頭の中はアジ釣りでいっぱいです。

エギングロッドにピノキャノか?クロやキスかオイカワのべか…時間に追われてアッという間にタイムアップを迎えようと…その時でした。













『チリチリチリ・・・・』

















ここは初めての場所なのでOKでキャッチ。


















f:id:k-pac:20170511142252j:image

なけなしのアジでなんとか1.8kgのメスでした。

このサイズのメスは初めてでした。たぶん

親イカのメスはリリースを心がけていますが(小イカの性転換説もあり)初物なので(笑)

そして明るくなって2回あたり(おそらく同じ奴)藻がらみとOKヤエン外れ。。。_| ̄|○(←矢右衛門ヤエン使っとくべきだった)

アジもないので帰ろうかとした時でした、親切な常連さんの方々が帰るからと言って次々に活きアジをくれました。

ホントありがとうございましたm(__)m



A難度でなんとかアジを確保しどうにかこうにかアオリに頭をシフト!延長戦確定!も時間がない移動!

しかし本命ポイントに行くも漁港に行くもどこもかしこも人だらけ、順番待ちしてても仕方がないのであちこちめぐって超浅場に陣取ります。

外側から左周りに沿うように潮通しがあり その目の前には大量の藻がびっしり、普段はノーチェック、ここなら餌木もヤエンもできないなって場所には殉職されたアジにウキ仕掛け、通過してきた取りこぼしを狙って正面側には本命ヤエン♡を遠近に投げ分け2本出し。 




しばらくして…




ヤエンに全神経を集中していた時でした。気付くとウキがなくなってます。

そういえばさっきウキが立ったまま動いてたよなと糸ふけを取って合わせるとボシュ!!っとのりのりました。

キロちょいの雄。

f:id:k-pac:20170511142356j:image

微妙な気持ち・・・




一時間後に今度はヤエンのホバチリ 

(・´з`・)ちぇ群れてないんかい

ここも沈みブイが点在していたのでOKヤエンでブシュ!

f:id:k-pac:20170511142348j:image

これもキロちょい

ヤエン外してってその時!




超浅側ウキのリールがジージー逆回転!!

マジか!!ダブルヒット?

すかさず合わせて(←必要ないが)

クッソ重い・・・

これは・・・

まさか・・・さん・・・4キ・・・

じゃない!藻?!Σ(゚д゚lll)ガーン

やばいと思ったが何とか引きずり出して水面に浮いてきた! 

ボシュ!

よっしゃ!

f:id:k-pac:20170511142338j:image

仕掛けがイカに完全にホールド、おまけに脱力万歳スイッチが入っていたおかげでなんとか藻が切れたみたい。

これもキロちょいのオス



そんなこんなでタイムアップ!





目のあたりにしてた近くのエギンガーが寄ってきたので

『餌木釣れんでしょ?』って言ったら

『あっちで朝揚がってた』との事・・・



そーですか…



考えてみるに1日約100人が入れ替わり立ち代わりエビを10〜20回投げて 約1000〜2000回それで1杯ってことなら残る999〜1999空振りに勝る何かを自分が持っていないと釣れないって現実にいつか気付くのでしょうか?もはやシャクリ地獄という修行のような気もします。

ま〜エギングを止めてしまえば考えなくて済むが確かに釣れる時はあるのもまた事実、辞めるのものまた...シャクリ中毒で(笑)

人が釣ったっていうのは聞いた時点でもう遅いからやっぱ釣るためのいろんな要素は重要かなと。エギ辞めてアジ釣ろうぜ!! 

オレなんか+アジ釣りからだからな(笑)

今年はコウイカの墨跡が多いからやっぱそうゆう場所は視覚的に餌木スレが早いので ますますヤエンやウキには軍配があがるかなという初回の印象でした。






ヤエン2杯

ウキ 2杯

合計5.3kg

今度アジが余れば常連さんに渡そうな。

しかし、アジがないとどーもこーも ヤエン極めるためには 先ずアジングからなのか???






うらやましずぎる...

全国のヤエン釣果情報→こちら

本場はすげーや!!





にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

二ホンブログ村




最近、手作りサビキが気になるんよね・・・

無限仕掛け

無限仕掛け ←レガシーで使ったユキ技研の153フレームなんだろうけどね。

ロックシステム

この価格帯なら自作より買った方が安いけど入れ物がね…

2015-07-27 まだいけるヤエン!と秘密兵器

まだいけるヤエン!と秘密兵器

| まだいけるヤエン!と秘密兵器 - はっしのオレ物語 を含むブックマーク まだいけるヤエン!と秘密兵器 - はっしのオレ物語 のブックマークコメント


ソーラー テールライト

テールライト








にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ




この時期世間は夏休み。日中の温度が軽く30度を超え昼はまともに釣りをすることはできません。







何度も何度も言いますが山陰地方では春アオリと言ったら5月〜6月の約二ヶ月間がシーズンとなり 反応もエギ→活きアジ→死にアジとスレるほどに餌に軍配があがりアオリイカも小型→大型→キズ多目とイカの産卵場では入れ替わりが起こります。そんな中、今年最後?の釣行でどうしても 結果を出したかったあのヤエン!ですが今回、真夏のアオリイカ|ω・)前情報も無くガチンコでやってきたのでした。





つっても 真冬に釣れる1kgオーバーのアオリイカや、春先に釣れる超極小の個体など 一般に言われているアオリイカのシーズンではありえない&説明できないアオリがいることは皆さん周知の事実でありそれら存在するのであれば必ず それを生んだ親が存在するものまた事実なので御座います・・・って事はやれば釣れるのでは?と思うことの方がしごく自然なことではあります(が 中々行動に移すことは脳内的に難しいのです(笑)




台風情報を気にしながら 早速アジ取りに行くと手始めに5cm程度の豆アジの猛攻を受けどうにもこうにも… 辛うじて餌になるサイズが20匹に1匹ぐらいの割合で釣れます_| ̄|○ それもそのはず通年なら6月半ばから豆アジと小鰯の群れでサビキではほとんどアジが取り辛くなってしまうため死にアジをメインにするのですが 今回は台風の接近に伴い風が強く死にアジでは十分にメソッドを発揮することができない事情があるのでした(゚∀゚*)エヘ




普段は餌にしない10cmのアジをはじめなんとか15匹程の活きアジを確保しポイントに向かいます 到着すると朝早くから2〜3ファミリーがポイントを占領しており中にはゴミみたいなタックルでジェット天秤を投げて根掛かり多発していますが明らかにやり方間違っていますョ(笑) 仕方なく温泉に浸かり仮眠をとります日中はまともに外に出る気にもなりません。





夕方、入り直すとそこには誰もいません当たり前ですがエギンガーはもちろんヤエン師もウキ釣りも人っ子一人いません(笑) 支度をしていると自分が正気かなのか?どうか自問自答してしまいます(笑) 気になる台風ですが相変わらずの南風。53の竿では吹きあげて竿が飛びそうに時より突風が吹き抜けます。夜までの勝負かな!?と竿を3本出して…しばらくすると陽が落ちた頃でした、チリチリ...久しぶりの回転音♪♡ 竿で聞こうにも爆風でうまく聞けません 『小さいな』辛うじてアオリでは無いことは 分ったが久しぶりだったのでいつものシマノヤエンを使うも潮の流れにながされて浮いているイカと吹け上がるラインと竿でうまくコントロールできません。 ヤエンの重さだけで寄っているようなへんな感覚とヤエンの到達や跳ね上がる感覚もないままなんとか寄せて海面を見ると プルッとしたケンサキでした_| ̄|○ 蝕腕に辛うじてかかっていたそれは ギャフを出したとたんフッっとテンションが抜けていくのでした。うーむ釣りにならん!




しばらくしてまたチリチリチリ…今度も小さそうです。感覚は戻った!いよいよ登場したのがこれ→矢右衛門 ヤエン!まさにこのシュチュエーションにもってこい! ヤエンを投入するとわずかに感じることができるヤエンの重みが絶妙 一見するとヤエンを入れていないような錯覚に陥ります。私は基本アンチ超軽重量派でしたが イカに違和感を与えない、風や潮流など外的要因の件下ではこれは相当の武器になります。風で流される竿や糸の違和感をうまくいなしながら操作するとヤエンが到達した時コツッと軽く手応えありました (これほどまでとは…)慎重に操作して合わせを入れると『プシュ!!』ケンサキかな…と思って上がってきたそれを見るとなんとアオリイカでした。

f:id:k-pac:20150727135649j:image

300g♀




この時期にこのサイズとなると 1月〜2月に産れた個体なのか?それともアジが極小だったので小さい個体のまま育ってきたのでしょうか?もう何が何だか(笑) 数の少ない春イカに普通のヤエンではとてもとることのできない貴重な一匹でした。ヤエンを見ると鬼バリが目の付近にキッチリかかっており個体が小さくて風がある場面でも ちゃんと跳ね上がりこのサイズでは中々ない綺麗なかかり方でした。♀のリリースなんてすっかり忘れて(笑)

f:id:k-pac:20150727135535j:image





小一時間風向きが安定しない中、時より風が緩みます。嵐の前の静けさ?これがまた吹き出したらもう撤収だな〜と 竿を聞くとわずかな重みが…居食い!!!コヤツはいつ喰いだしたか分らないのですかさずヤエンを投入します。このヤエンは本当にヤエンの感覚があるのにまったく重さの抵抗を感じないのが不思議です。ヤエン先端の持ち重りが無いのでスムーズに跳ね上がるのも大きな利点です。さっきより大きいかな?と足元を照らすと『オオ!』立派なアオリです。ヤエンもガッチリかかってます!

f:id:k-pac:20150727135522j:image

上がってきたのは1kgUPの♂




その後、風と雨がひどく納竿となりました。





これぞ!秘密兵器『矢右衛門ヤエン』釣れることは何よりですが本当に使ってて楽しいヤエンです。

簡単なインプはまた次回にでも(^o^)





やっぱり、当たり前ですがアオリイカはいました。私は今まで真夏にアオリイカを釣った事がありません、誰も居ないからみんなそうだと思います。釣れないという思い込みと釣れるという思い込み(笑)

所詮は自然相手ですから どっちでもどうでもいいんですが異次元のアオリと出会えるのはやはり異次元のヤエンが必要でしょう。全ては魚(イカ)との一対一の命のやり取りですからゴミのような自分の邪念を捨てることから始まります。合掌(人'д`o)








にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2015-06-03 山陰釣行

山陰釣行

| 山陰釣行 - はっしのオレ物語 を含むブックマーク 山陰釣行 - はっしのオレ物語 のブックマークコメント




シーズン3回目

いつものポイントでアジを確保しようにも...






全く釣れません。_| ̄|○

おまけに自作の羽根つきウキを2本もロストする始末Σ(゚д゚;)ガーン

また作ればいいか(笑)


マズメに集中してなんとかアジを釣りますが

極小のサバの猛攻に合い大苦戦に

目の前でシーバスのボイルって(゚∀゚ ;)タラー



オレ的にはアジは大きければ大きいほど良い

20〜22cmが最も良いサイズだが2匹ぐらいしか混ざっていない。

それ以外は手の平あるなしの小ぶりをはじめ25匹程度確保。



朝マズメに間に合い一投目でした。

『ジージージー』

早速のアタリに寄せを入れますがすぐに離します。

入れ直してもダメ…


アジを付け替え

またすぐにアタリます。

『ジージージー』

今度こそ待って待って

ヤエン投入♡

f:id:k-pac:20150606120350j:image

〇村さんのお土産GET♪d(゚∀゚d)

メスかと思ったキロジャストの♂



それから何回かアタリを逃し

観光と温泉に場所移動

夕方の地合いに備えます。



選んだのは潮通し良さそうなポイント。

アジを付けて流しながら支度していると

『ジー――ジー――』

待たずにヤエン投入♡

ギャフを沈めながらのノリック(笑)

f:id:k-pac:20150606120348j:image

バースデイアオリ(笑)

その後、3度ほどアタリがあるも乗らず…





離れた波止で死にアジ ヤエンの先行者が

20数センチ超級のジャンボ死にアジで

f:id:k-pac:20150606120530j:image

長細い2.35のアオリをGET




時置かず更に良型を追加されている。_| ̄|○

また死にアジパターンかよ…と

嫌なパターンにハマりこっちはまったくアタリが無くなる。_| ̄|○

(これも例年通り)



エギングに反応が無くなると死にアジに

非常に食いが良くなるのは例年通りである

大きいアジに大きいアオリが来るのも例年通り。



つまり、エギングは最初は釣れるも

概ね5月半ばぐらいから悪くなる

この時期に至っては殆ど釣れることは無い。

理由を想像してみるに...

24時間毎日毎日 エギをシャクリ続ける事とは?

イカの食いが立ってる時はともかく そんな気分では無い時まで

24時間毎日毎日…

シャクリ続けられる…

外洋から入って来たばかりのフレッシュなイカがピンポイントで

エギを偶然見つけ且つ食いが立っているなら釣れるだろう。

ただ、産卵の準備でオス同士の戦いやメスに似せたりと

そういった浅場の格闘に エギのエンドレス上下運動は非情に。


反面、アジの場合は ただ泳いでいるだけ(笑)

死にアジに至っては ゆっくりひらひら舞ったり

着底して じっとしているだけ(笑)

D

1:06ぐらいかな(^o^)

『エギ何するぅ〜?』

『上下するも釣れへん〜』

『じゃどうするぅ〜?』

『死にアジにするぅ〜』

『死にアジ、ひらっひらっひらっひらー』

『大体底でじっとしてる』




だが、死にアジと活きアジの差は何処にあるのだろうか?

イカは深海の底に着底している屍骸を食べる習性がある。

と考えれば

産れたばかりの成長期に生き餌をメインで捕食し

大きくなって深海に落ちた時は死に餌を捕食する

エギにスレることによって 活きアジを無視し

普段食べている死にアジに原点回帰しようとするのは

本能的な何かかもしれない。




と、プチ死にアジフィーバーしている遠くの波止を眺めながら

1匹アジにとどめを刺している。(笑)

こんなことしてもダメなのは分かっている

そもそもシルエットが大きく違うし

そして最大に違うのは匂いである。



本場では活きのいいアジが良いとされている

死んでしまってはダメと…

それは死にたてのホッカホカで腐敗臭がない。

ただ死んでいるだけでは 全く駄目の様だ。

死に具合は常温放置の1〜2回解凍した冷凍もの

ただ放置しただけでは干物になってしう。

死にアジのプロフェッショナルはおそらく存在する。




そんなことを考えながら

数時間…



更に暗くなって まったくアタリが無くなる_| ̄|○

アジ殺しのチビの回遊があり

3匹程やられたが なんとかチビ退治 (´・ω・`)ホッ

f:id:k-pac:20150606120339j:image

生意気にも頭を落して食べている。






この時点でアジが残り4匹ほど朝マズメのアジが少なく。

竿を並べた端っこにはATフィールド竿に仕方なくかじられたての内臓ポロリの

死んだアジをウキを付けて放置している。

(本命竿にエギンガーがキャストしてこない様に)





仮眠をとって数時間

深夜目を覚ますと

ウキが遥か彼方遠くに流されている。

船の往来もあるのですぐに回収すると

ラインが張った瞬間!!薄暗い静けさの中!はるか遠くで

『ブシュ!!』

って喰ってますやん。(笑)

ノーカウントの1.49kg

f:id:k-pac:20150606120329j:image

やべーただのイカ好きなおっさんになってる。



死にアジ強し!

30cm級のアジを投げるのには最低でも5号ぐらい必要かも




その後、朝マズメにONEストロークの非常に大きいアオリを逃し

更に立て続けに2回ほどアタリを逃して

納竿。

今回は2杯+ウキ1杯に外道1杯となった。




ところで 運良くオスばかり釣っているが

メスを釣った時はスカリに生かして 安否を確認しないとリリースは出来ない。

メスのリリースは果たして意味があるのだろうか?

続く。

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2015-05-24 今シーズン初!

今シーズン初!

| 今シーズン初! - はっしのオレ物語 を含むブックマーク 今シーズン初! - はっしのオレ物語 のブックマークコメント



今年もヤエン始動しています!





実は12日〜にシーズン初行きましたが

なんと関東中部エリアからの先行者が陣取っておられました。。。


噂には聞いていましたが システムの凄いこと凄いこと!!

圧巻の一言。

そこまでするならだれも文句は言えないでしょうね。

少しお話しさせていただきましたが

なんと僕と釣るポイントが 偶然にも一緒!!w( ̄o ̄)wオーット!

何年も本場で釣りをしている人と 独学でここまで来たオレが

違う方向からアプローチした果てに 同じなんて オレ間違っていない証拠でしょうか(笑)

ついつい話し込んでしまいましたが

『はっしさんやろ!?』

ってバレてますやん(笑)

ステッカーありがとうございました。

『ホントは仲良く釣りしたい』ってのは

僕も同じです安心しました。



気分よく移動し色々まわりましたが

この日は切れ藻と赤潮と不潮で沈黙。

コウイカ2バイト

シャークアタック10回ぐらいで

この日はフォーゲルパークで鳥見て帰りました。


------------------------------------------


そんで24日 2回目の釣行

今年は非常によく釣れると情報がありますが

土日を挟んでしまうと 人が多くて釣りになりません。

ただ 5月も後半になるとエギンガーは10〜20人に1人ぐらいしか釣ってません。

しかも 1kgあるなしの小型が多いみたいです。

これは通年通りのパターンです。

いくら人が多くても シャクリ続けて

心が『ポキッ』っと

折れてくれるとだんだん人が少なくなっていきます。




アジは例年になくすこぶる大きくてよく釣れます。

今年から新しいポイントですが ここいいみたいで

早朝にアジを確保していつものポイントに向かいます。



エギンガーが店じまいして お帰りになっているのを尻目に

アジを付けて竿を1本出したまま入れ替わりに 荷物を運んでいた時でした。

『ジーーーーー』

サメのような回転に 様子を見ながら

今年初のアオリGET

f:id:k-pac:20150601190454j:image

今年初の2.02kg

が、しばらくしてまったくアタリありません。

そのまま観光して帰ります。またかよヾ(・ε・。)ォィォィ

アジが余っていたので 朝だけ狙いでポイントに向かうと

エギンガーたちが帰っていきます。

例年通りです。

ポイントは赤潮でベットリしていましたが ○△□★の呪文で見事に

アタリです。

『ジージ―ジ―――ジ―』

f:id:k-pac:20150601190513j:image

f:id:k-pac:20150601190457j:image

※二枚とも同じアオリです。

読みが大当たり(笑)

が、2.23kg_| ̄|○

3キロ届かず・・・

その後、ひったくるアタリと居食いのアタリを逃して終了。




f:id:k-pac:20150609012239j:image




普通は2kgで『スゲー』とか言われますが

本当に3kgオーバーを本気で狙ってるので

2kgが釣れても 実は微妙…

食べるのなら1kg前後だし

(店の人が捌くのならならともかく)

つまり、キロ前後と3kgしかいらない!

なんて 絶対に言うなよ!




それから今年から メスをリリースしようと思うのだが丁度いいかな?

みんなはどう思うの?意味ない?

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2014-05-04 山陰 ヤエン釣行〜(о’з’о)♪♪

山陰 ヤエン釣行〜(о'з'о)♪♪

| 山陰 ヤエン釣行〜(о'з'о)♪♪ - はっしのオレ物語 を含むブックマーク 山陰 ヤエン釣行〜(о'з'о)♪♪ - はっしのオレ物語 のブックマークコメント

この季節になると

浜田市(島根県)は 【広島県浜田市】と地元の方が(揶揄する)言うように

広島ナンバーで波止が埋め尽くされる。


前回釣行ではアジに赤潮に振り回され結局まともに

ヤエン釣りにはならなかった。。。






もっ〜と気になるのは

(アジよりなにより)

地元のアジ師のおっちゃんに全く逢わないということだ。

先行者に聞くと

『さっきまで来てたよ』

小一時間で釣って帰ったよ』

と、行き違いになるものの 御健在ではいるようだ。

この御方に確実なアジの情報を聞くまでは オレの判断ではどうもこうも




そんなこんなでアジを調達してポイント選びに・・・

1日にあんなにあった赤潮も全く無くなっていて

風さえ我慢すれば何とか釣りになりそうだったが

何処に行っても 人が多くやっぱり釣りになりそうにない。





いつものポイントに向かうと

ドカッと荷物を置いて人の姿が見えない。

場所取りをして トイレでも行っているのか!?と。

その横で腹ごしらえしようかと 椅子を出して座ると

隣りのエギのオッサンがオレに注意してきた!

『そこは息子がおるからダメだぞ!!』

オレ

『☞コレ!?』

と弁当の入った袋を見せてその場に座った。





オッサンは【ならええわい!】と

やや不満そうな 表情をしつつもすぐにエギをシャクリ続けている。

別に人の場所を横取りしてまで釣りをしようと思わんわい!!

それにしてもビッチり人が入っていて

それも見渡す限りエギンガーだ!!

エサ釣りの人を見かけない。






しばらく後・・・





弁当も食い終わり

向かい風に風向きが変わり

エギンガーには釣りにくくなってきた。

荷物を置いた息子も う〇こにしては長すぎやしないか!?

もしかして・・・と思い。

オッサンに 息子は何処におるん?

おらんのんなら竿出していい?

と聞いてみた?





すると思った通り、場所だけ取って

違う場所で釣りをしているという。

だから オレにダメだという!!





おいおい!!

それはルール違反だろう!!

こんなに人が多い場所で 一人であちこち荷物を置いて

違う場所で釣りをするなんざぁ〜!!

とオッサンを一喝すると!!

『弁当を喰うだけだろう?』

約束が違う!といいやがった!!






面白い奴だな・・・

オレがあんたといつ約束した!?

(こういう馬鹿は広島県人にホント多い、地もピーでこんな人はいない)





ムキになったオッサンがクリーチャーぽい顔をして

『ほいじゃぁお前のいとけ!!』

『息子を呼んでくるけー』

と折角あっちの風向きがまだましな場所で釣っている息子を

呼び戻しに行き 向かい風の吹くこの場所に戻ってきた。

連れ戻された息子の方は 向かい風に少し困惑ぎみだったが

それに気付いていないオッサンは

横目でオレを見ながら 薄ら笑いすら浮かべている。

子供の為の必死さは 分らんでもないが

【こいつもまともに仕事ができそうにないバカだな】

などと思いながら 車に戻ってしばらく様子(親子と徐々に強くなっている風)

を見ることにした。

どうせ、地合いは逃してしまったし 冷静に場所を選択して。。。

将棋ウォーズで オレの振り飛車穴熊がガッチリ決まって

絶対詰まないZの形。。。



フッ( ̄ー ̄)と見ると

親子は帰り支度をしている。

息子を呼び戻して数投で 向かい風に気づいたが オレに啖呵を切った手前

今更移動もできず... かと言ってここでは釣りにならないし…といった葛藤の狭間で

ノミの心臓が揺らいでいるのだろう。視点は遠くを見る表情でこちらを注視しつつ

オレと目を合わせないように車に乗り込んでいった。

『向かい風で釣りにならんだろう?』

『子供にルールを教えとけ!!』と

追い打ちをかけようかと思ったが、さすがに子供の前で恥をかかしてはかわいそうかな?

それともそんな情ないおやじの背中を見ながら反面教師としてそうはならないように学んでいくか...

0.2秒ぐらいで思ったが 

本当は【言ってやるのが本人の為なのだ】が...






んなこたぁどうでも良く。






気を取り直してそこに2本出し、

アジが極小だから遠投せず

泳がして行くようにラインを送る。

そんでエギンガーに情報を集めると

朝マズメに湾内一番奥で600g程度が一杯で

あとは誰もあげていないとの事だった。

まーそんなもんだろう。

イカの入れ替わりがあっても エギングだけなら一日中やっても

ここでは難しいだろうな。。。






しばらくして

家族連れが両サイドに陣取り

投げ釣りやサビキをはじめだした。

何度かお祭り後に場所を譲って移動することにした。

こっちは一人遊びだし、向こうは4〜6人の家族なら

同じ場所でもオレが引くべきだろう(。^-')v






西に大きく移動をしようと思ったが

今回はいつもの場所も見ておこうかと

大きく東に移動した。





それでも道中

活きアジが無いか漁協を回ってみるも

そんな看板は一枚も見当たらない(当たり前か...)

何カ所目かの港に行く途中 細い路地を通っていると

おばさんたちが空を指さして 何やらガヤガヤ騒いでいる。

f:id:k-pac:20140507122404j:image

妖艶な虹が逆さまになっていた。





不吉な予感がしたものの

この波止では先行者のエギンガーがつい先ほど

2kgクラスのアオリをバラシたという。

そんな目にあったら この人は夜まで帰らんだろう。

恐ろしい話だ。(´゚ェ゚)チーン




銭湯でも行こうかと思ったが

ココでも2本出しで30分ほどやってみた。

・・・

・・・

・・・

沈黙&移動。。。







何やかんやでいつものポイントに到着。

先行者はなんとエギングタックルに 死にアジを付けた。

欲張りヤエンスタイルエギンガーリミテッドだ。

(ある時はエギにある時はヤエンにと)

軽く挨拶をして 横に竿を出した。

快く話しかけれたのも やはり地元の方だったからだ。

(大田から東は広島でも三次や備後方面の方が多い)

このスタイルも嫌いではないが・・・





支度をしていると両サイドにエギンガーが陣取り

ビシバシシャクッているが いっこうに釣れそうにはない。

アジだけ漬けて 銭湯に行こうか迷ったが

もう地合いなので夕方に向けて本気モードに入った。





相変わらず外向きのテトラと波止 渡船の渡しは

エギンガーでビッシリ埋め尽くされている。

(100人以上はいるだろうか)

ヤエン人口が山陰で増えないのは活きアジを取り扱っている店が無いからだ。

しかし、死にアジを使ったウキ釣りは山陰でもここら一帯は非常に盛んで

昔アオリが釣れだしたらココの地元のウキ釣りのおっちゃんが

『釣れ出したよ』と連絡をしてくれたもんだ。

(ここいら一体が釣り禁止にならないのも地元の方が温かいからだ)






2日前の時化の影響か 湾内には大量の切れ藻が散乱し漂っている。

その時は爆風で 外側の波止まで波があがったらしい。

竿を出して5分もたたないうちに...

水道上流に出していた竿が逆回転♡

一年ぶりのアタリだ!!

8cm足らずの豆アジなので どうやって釣ればいいのか!?

悩んだが 結局早掛けを目指すことに...が!!!!!!!






ラインから伝わるズリズリ音。_| ̄|○

切れ藻がラインに絡んでるΣ(゚д゚;)ガーン

緩めようが竿先を着けてかわそうが藻が外れない。

ヤエンを入れてラインを沈ますも結局アジを離された。

(´゚ェ゚)チーン

足元に切れ藻が大量にあがっているのもそういう事だ。

皆これに引っかかっているようだ。

アジに至っては キッチリ完食されていて

再度、打ち直そうにも しっぽが軽すぎて飛距離がまったく...届かない_| ̄|○

よわったな〜 (゚Д゚ll)

地元のヤエンスタイルエギンガーリミテッドのおにーさんは

一声かけてお帰りになった。

そこに竿を出してしばらく...






リールの逆回転音♪♡

ここはブイがあるのだが見事に絡んでいるΣ(゚д゚;)ガーン

あかーん!!

ヒョイっと外そうと引っ張るも余計ガッチリとブイに根掛かり_| ̄|○

こんなに障害物があったら矢右衛門ヤエンは封印!

恐ろしくて使えんわい!!

(この日はどういう訳か 何度もラインがブイに絡んだ)

と!

そうこうしていると上流側のリールが逆回転。

今度は慎重にラインを漬けたまま寄せて

ヤエンを投下!!!

切れ藻をかわしながら!!ノリック!!!

f:id:k-pac:20140507130334j:image

一年ぶりの引きをじっくり味わいながら♡

f:id:k-pac:20140507130536j:image:small:left一杯目ジャスト900gの♂







しかし、事件が起こった。

イカからヤエンを外して(写真に写っているやつ)

海にポッイと投げると ラインから外れてそのまま海に沈んでいったのでした。

ガガガ━(ll゚д゚ll)━ン!!

このヤエンはオレが初めてアオリを仕留めたヤエンで

何度も踏んづけられながら その都度直して

大事にしていたものだったのに..._| ̄|○

【このヤエンとこのあのテンヤは本当に気に入っていたのに】

また買えばいいっか!?







さらに水道正面側のリールにアタリ♡

ドンドン下流に上ります。

(このポイントは上るのが定跡だったがこの日はなぜか?!下ってる!?)

やれブイをかわし、藻をかわし

f:id:k-pac:20140507144311j:image

なんとか、2杯目690gの♀GET。






相変わらず

両サイドにエギンガーがシャクリ続けていましたが

オレが釣ったのは気付いていない(フリの)ようでした。

( ̄∀ ̄)ウシシ♪

しばらくして地元の釣師が話しかけてきました。

ヤエンとウキ釣りだそうで もちろん快く隣を譲りました。

そこは さっきまでエギンガーが永遠(2時間くらい)投げ倒し

藻ばっかりあげていた場所。

実はビッシリと藻が生えていてエギはおろかヤエンでも厳しいポイントです。

今日は切れ藻もすごいし。。。

地元のおっちゃんはそんなことは百も承知で ヤエンとウキを1本ずつ出します。







すると竿を出して

1分も経ってない時でした。

おっちゃんのウキ竿が大きく曲がっています。

根掛かりにしては派手に曲がってるな〜と思った瞬間!!

ギュイ〜ンと竿がギュインギュイン入ってます。

身切れするのでここはドラグを効かせたいところですが

そこ(底)はアマ藻の絨毯!!

ラインなんか出せれません。

折れんばかりに寄せて来た

それは...

f:id:k-pac:20140507132546j:image

驚愕の2.66kgのモンスター!!!!

ズガビ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━ン!!

秤をもってないおっちゃんに 計ってあげようと

持ち上げると たちまち人だかりに

イカの写真撮らせてください!

どうぞ!と(人の釣ったイカを) 私が持ったままという。。。

このおっちゃんのタックルが

3号5.2mの遠投竿、遠投カゴ用のリールにラインがナイロン5号のヒラマサ用のタックル!!

確かにそれなら少々強引にやり取りしても...

話をすると おっちゃんは毎日来ているらしく

昨日も4杯釣ったらしい(ウキ3杯・ヤエン1杯)

しかも 餌の死にアジは一昨日からのヤツで目は濁ってるし

内臓も半分出かかってます(^o^)

オレ『結構、匂い強烈ですね』

とアジを差すも

ニッコリ笑うおっちゃん

『ええ〜い!!始末を付けぇ〜い!!』

と内臓出たままのアジを投げています。

(オレには考えられません)






しばらくして ↓

『ウキが沈んだで!!』と教えてくれたおっちゃんを

撮影。見るとウキがスーと横に走っています!

D

こっちも藻とブイがあるのですが

難なく寄せてきます。

開始早々で2杯ゲット!するおっちゃん。

f:id:k-pac:20140507145305j:image:medium:left

ぽっちゃりした1.42kgの♀

諄いが さっきまで 散々エギを投げ倒していた場所なのに

ゾンビのような死にアジにバンバン当たってます。





おっちゃんはおっちゃんでヤエンにアタリがあるもドラグを締めたままで離されたり。

ウキが沈み走るも乗らなかったり・・・と大忙し。

ウキはウキでもコツがあるんだな〜と見ていると

ブイに根掛かりを連発させるも

さすがのヘビータックル!!

圧巻のゴリ巻き合わせに 仕掛けをひん曲げてでも

何があろうが回収しておられます。

それはそれで見ていて面白い(^o^)





えへへと

関心している場合じゃありませんz!

今頃(オレが釣ったわけでもないのに)誰かの何処かのSNSに

オレの引きつった顔と2.66kgのアオリがばら撒かれていると思うと

ゾッとするのである!!






しかーし!!!

程なくしてオレにも来ました♡

こいつは居食いでした。

f:id:k-pac:20140507144301j:image

3杯目1.17kgの♂

そんでさっきのおっちゃんの♀と並べてみます。

f:id:k-pac:20140507145205j:image:medium:left

♀の方が太っちょですね。大きさは♂の方がデカく見えるけど...

『競争じゃの』とボソと

つぶやくおっちゃんに

『ですね』と答えるオレ。

でも 色々ポイントとか潮の観方とか教えてくれました。

暗くなり始めて とうとう切れ藻が見えなくなったので

竿を立てます。(効果のほどはわからんが)






そして、ついにキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

D

【逆回転のバックラッシュアタリは大概、穂先かリールによるライントラブルが

一気に解放されてなる場合が多いですが (不意にアジやアオリにも強烈なのが

いるようですが)竿の長さが結局のところ重要なのかもしれませんね、どうでも釣れればいいわけですが】

急な走りには竿の曲りを利用するか手持ちスタイルで調整か?






今日一番の

f:id:k-pac:20140507154329j:image:small:left

4杯目 1.77kgの♂

こいつがまたよー引いて♡

ギャフをもつ手を変えたり戻したりと

あたふたしてたら

おっちゃんが(ギャフ)『やっちゃろうか?』

いや、いいです(゚д゚)

これも楽しみの一つなんでね(^_-)-☆

f:id:k-pac:20140507154319j:image

↑2kg越えには ならなかった。








その後、雨と風が強くなり

おっちゃんは撤収した。

オレもアジが2匹程あったので

朝マズメを狙うも 爆風と豪雨...

一瞬天候が緩んだ時にアタリがあるも

切れ藻に絡んで離され 入れ直すも 飛距離足らず...

納竿となりました。

良い人と出会えたそんな釣行でした。

 オレ   4530g 4杯

おっちゃん  4080g 2杯





D

↑おまけ

D

ダメよ♡





次回もお楽しみに。

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ

動作が鈍かったり動画が見れない方は

Firefox

Google Chrome

のブラウザでお試しください。

Internet Explorer(IE)は

はてなブログと相性が悪いです。






文中

エギングを否定しているわけでは無いのであしからず、

その証拠に、前も言ったが

春のアオリのシャクリは

着底後20秒〜30分ぐらい時間をとって

大きく一段シャクリ 【着底→待つ→一段シャクリ】これの繰り返しだ。

だから オレのエギは下のカンナを曲げている。

(ほとんど処分したが)

それからエギは赤テープだ!!

実際、周りが釣れない中、オレ一人これで釣った事があるし

この究極のメソッド(奥義)を波止でアドバイスして目の前で

実際釣ったエギンガーも数名いる。

分っている人はウンウン(゚▽゚*(。_。*)と思うはずである。




それから軽トラにベビーシートを付けて子供を運んでいる人からエギは何色でもいいんだよ!

ってメールが来ていたが(笑)トライアンフに手を出す前に 乗用車を買おうぜ!

隣りの家族に手を出して保険金で家を買い取り 家族を崩壊させて 嫁が宗教に走るとかもう人として終わってるから・・・近所で評判よになっとるよ『あの家・・・』ってH〇RA一家みたいに軽トラでウロウロすると怖いよ。昔赤テープを進めて一発で釣れたでしょ?(笑)藻にまかれたけど(笑)

なかやnなかやn 2014/05/09 23:36 初コメです。

ナイスな毒舌ジョークが好きで、いつも楽しく拝見させて頂いています。m(_ _)m

私の家の目の前が海なので、夜に度々ヤエンに出撃しますが去年今年と、なかなか釣果上がらず、さすがにへこたれそうな感じです。

4ハイで4.5kとは羨ましい限りです。

次回の記事を楽しみにしています。

失礼しました・・m(_ _)m

はっしはっし 2014/05/10 12:29 どうもです。
応援?!ありがとうございます。
毒を吐くのはオレの物語なもんで(笑)
釣果は時の運ですので たまたまかと
どうやったら釣れるか…考えるのも楽しみの一つですね。

ヤエン修行中ヤエン修行中 2014/05/29 08:37 初めましてです♪
自分も関西の方でヤエン釣りをしている者です!
ちょっとリールの事で聞きたいことと悔しい思いを聞いてもらいたいことがあるので良かったらでいいので聞いてくれませんか?(*^▽^*)

はっしはっし 2014/05/29 13:25 ぶった切っていいのならどぞー(^o^)丿
所詮、お遊びでしょう??
釣りで悔しい思いなんてあんまりしたことないですよ。