Hatena::ブログ(Diary)

はっしのオレ物語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-22 ロッドビルド ガイド交換

振り出しガイド交換

| 振り出しガイド交換  - はっしのオレ物語 を含むブックマーク 振り出しガイド交換  - はっしのオレ物語 のブックマークコメント

前回の記事



ルアーロッド、振り出し竿にかかわらずロッドビルドに欠かせない道具にヤゲン台とサーフェスゲージ(トースカン)がある。

 



ビルドを生業にしている人は当然持っていて不思議ではないが、意外に目見当や糸を張って印をする適当な人が多い。(←オレの事)まーそのくらい適当でも3〜5m先のガイドの曲がりなんて視力がいくら良い人でもわからない。垂直なものにあててみないとほとんど解らない、トラブルさえなければ大した問題ではないというのが本当のところ。



しかし、必ず用意してほしいのがこのヤゲン台とトースカンである。

今回はここを解説していく。




ヤゲン台(Vブロック)とは円形のものに印をつける台で、M字型の鋼製の台である。A型はM字で上なら1か所、ひっくり返せば2か所で測定できる。ヤゲン台のセンターがどんなパイプでも芯になる。B型はV字で肉抜きしてあるが上しか測るところがない。

f:id:k-pac:20160521122730j:image:w360

ビルドで使うなら100〜75のサイズが妥当。

俺が使用するのは大西測定のA型ヤゲン台75タイプ。

f:id:k-pac:20160521125220j:image:w360

6ft前後、それ以上の1ピースなら3〜4台は必要だろう。(なくてもいいが作業が早いかも)センターの溝は100サイズまでは3mmなのでそれ以下のブランクならセンター溝にはまってしまうので写真にあるような堅紙などを置いて修正、穂先側のブランクはこれで十分。大西計測以外のメーカーは5mmとかとにかくここが広い。曲がったピトンを送ってくんなって言ったのに1本だけ曲がったピトンを送ってくるもんだから定盤の上にヤゲン台を置いてプラハンマーで修正した。ひそかな抵抗が小物感があってかわいい。そういう使い方もできる。





人生とは如何にいいトースカンに巡り合うかが、生きていく試練でもある。

f:id:k-pac:20160521122735j:image:w360

こちらも大西測定の角台タイプの150。

ステッカーが貼ってないのは本当にショックだった。。。

f:id:k-pac:20160521125127j:image:w360

トースカンには芸術系の鉛筆トースカンと鋼材加工系のケガキ用トースカンがある。ビルドには両方必要だが、めったに使わない物を2つ持つことに異常な抵抗を覚える。つ〜ことでピトンの切れ端の内径12φと転がっていたパイプ内径15φを使って鉛筆トースカンとマーカートースカンのアタッチメントを作ってしまう。

準備するものは5mmの蝶ナットと皿ビス、4mmの蝶ボルトとナットそれからホームセンターにある金具とさっき言ったパイプ類。



f:id:k-pac:20160521135758j:image:w360

6mmはぎりぎり入らない。が150トースカンのボルトはすんなり入る。

(メーカー確認によると150mm〜350mmまでのトースカンなら↑の金具は使用できる)

f:id:k-pac:20160521135842j:image:w360

パイプはいくらでもある。せっかく作るなら2種類のパイプを用意。

f:id:k-pac:20160521135827j:image:w360

こういう溶接が一番難しい。

f:id:k-pac:20160521135812j:image:w360

出来上がコレ。




f:id:k-pac:20160521135748j:image:w360

鉛筆はこのパイプを使って、なかったからマーキーw

f:id:k-pac:20160521135740j:image:w360

マーカー系は太い方を使用する。

いいから鉛筆トースカンのアタッチメントだけでも販売してくれよ!!

延長すれば、半径200以下もしくは高さ40cm以内ならこれで十分能力を発揮する。






で、ロッドビルドの方だが、トースカンは定盤の上で作業するのが鉄則である。しかし、一般家庭にそんなもんないからガラス台で十分、ブランクをヤゲン台に乗せて輪ゴムなどでタスキ掛けし軽く留めて縦に起こす。グラグラにならないよう回転しないように。

f:id:k-pac:20160521141055j:image:w360

ヤゲン台は75だから半分の37.5mmがパイプのセンターとなる。あらかじめなるべくマーキング位置を合わせておいてマーキーを水平にセットする。ガイド交換する場合はガイドを外す前に下にテープなのでマスキングしてそこに印をつけておく。そこに37.5mmのマーキングを合わせブランクとマーカーの先端を微調整してブランクのセンターを出す。スパインでお好みの硬さにしたい人は任意で。

f:id:k-pac:20160521141106j:image:w360

ガイド位置が決まってガイドの前後にマスキングしておけばそのままトースカンの台の部分をもって筆先をなでるようにマーキングしていけば、綺麗に真直ぐマークできる。コツはここと場所を決めたら印をするたびに上下に動かしたりしないことだ。それからヤゲン台の間隔が遠くてブランクが斜めったりするようならヤゲン台を追加するか、たんびたんびに盛替えるしかない。慣れている人なら物差しを後ろから立ててブランクごと摘まんでマーキングすればいい。穂先なんて自身がねじれるので真直ぐ引けたらそれでいい。曲がったりしたらすぐに消して修正する。




今回はついでにガイド合わせのマーキングを行った。

f:id:k-pac:20160521141042j:image:w360

本来は、ブランク塗装によるマーキングが理想であるが、仕上げにクリアー系のウレタンで仕上げないといけないので全塗装できるブースが必要になってくる。数千円の竿にそこまでせんでもブレーキクリーナーで簡単に落とせるし1シーズンは楽に持つ、ガイドを合わせやすくするためであって使い勝手を考えたらこれで十分。パッと見てわかるところでもないし、ちなみにこの上からクリアー塗装してしまうとマーキングの方が滲むから無理。もうガイドも注文してたからパイプ径も変わるし。ガイド合わせは慣れてくるとガイドが付いたままでもマーキングできるようになる。





磯竿の♯1ブランク穂先は繊細なものだが、安物はガイドを外して竿を抜いてみると反っていたり曲がっているものが多い。普通に使うときにはガイドの重さで下に垂れるのでパッと見はわからないし実釣では不具合はないが、基本♯1のスパインは横に向ける。♯2ぐらいからお好みで硬さ調整してもいいだろう。






楽しくなって手あたり次第マーキングしたくなるから注意が必要だ。

f:id:k-pac:20160521144826j:image:w360

父の日のプレゼントやご贈答用にいかが(笑)

f:id:k-pac:20160521144845j:image:w360





おまけ ↓曲がってる

f:id:k-pac:20160521150435j:image:w360

↑これは変えてもらった

f:id:k-pac:20160521150619j:image:w360

色々印できるぞ(笑)






なんで、今年の山陰はこんなにアオリが釣れねーんだ!!

うらやましずぎる...

全国のヤエン釣果情報→こちら

二ホンブログ村






にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

二ホンブログ村











2つ買えば送料無料の最安値かな。

2016-05-20 ロッドビルド IMガイド (振り出しガイド交換)

IMガイド (振り出しガイド交換)

| IMガイド (振り出しガイド交換) - はっしのオレ物語 を含むブックマーク IMガイド (振り出しガイド交換) - はっしのオレ物語 のブックマークコメント

ヤエン竿はインターラインやら上物竿と色々試してみたが、結局安物の竿に落ち着いた。

この釣りを始めた時こそ、外ガイド磯竿5.3mの糸がらみにイラついてインターライン最強説を唱えはいたが メバルサビキをやってたおかげかとくに気にならないことが判明(笑)ホルダーの糸止めも利用するし自分には高価な竿は不向きだとある時気付く、実際の話、穂先折れで2万の価格帯はさすがのオレも痛かった。









おかげで1万もしない安物磯竿を全種番手を試してみると、思わぬ発見もあった。

なぜか、この竿だけは異常にアタリが多いという番手がある。不思議な現象が起きるのは何故なのか?理由は全くわからない。なにか良いバランスがあるみたいだ、イカの触り加減とでもいうのだろうか?





そんな前置きはさておいて、TM・TAガイドからIMガイドに交換。

f:id:k-pac:20160520120606j:image

中古で4000円台の竿。

f:id:k-pac:20160520121953j:image

これを2セット

IMガイドのトップガイドには T-LGTT。

磯竿初のトルザイト♡

f:id:k-pac:20160520121954j:image

IMガイドのリングサイズが4.25なら TOPガイドは基本ワンサイズアップの4.5を選択するが トルザイトといえどもリングサイズは5でも全然違和感がなかった。

まーいいとしよう。









ロッドビルドの前にこれ↓

D

もうこういった工場は日本には少なくなっていると思う(お前らが安物ばかり買うから…ああぁ俺もか…)

研がないとラップのリブが残るがこれはこれでブランクが糸を弾いてくれるからいいとか悪いとか…マグナムクラフト・ヤマガブランクス・MCワークスと名立たるメーカーはこっちのアンサンドを採用している。 昔のUFMウエダ PRO4なんかは普通よりラップが厚くてリブを一層立ててあった。

この辺の工程を頭に入れて釣りをしていないとつぶしが効かないし、要領がつかめないから メーカー表示に頼って通称カタログマンになってしまう。





ヤエンの操作における糸出しという放出系の竿は普通の竿と違いアジをコントロールすることと アオリに捕食を集中させる意味が大きい。今回のガイド交換は一時期流行ったIMガイドを使ってみた。このガイドに付け替えると竿の特性によっては竿の性格が全く違う竿になる場合があるので一長一短である。狙いの竿調子になればいいが実際は??う、うん(´・ω・`)ぐらいだろう。





TOPガイドは軽く熱してペンチで外し固定ガイドは周りをマスキング物差しや木片で軽くコンコンと叩けば簡単に外れる。万力を使うのはちょっと… 半割れ塩ビパイプコンコンもいけるかもしれないがこれらは大した力も必要なくすんなりいける。最悪100円ライターで瓶の栓抜きのようにシュポンとするのも!ま、おすすめしない。TOPガイドさえ外せば全ガイドの交換が可能だが 古いガイドの接着跡を綺麗に除去しスパインの確認するなら竿尻栓からブランクを全て抜いてしまわないと作業できない。マークングしたい人ならこのとき一緒にしてしまおう。




古い接着跡は完全に取った方がいい!!わけではなくて購入したIMガイドのサイズによっては フィッテングして緩いようなら

そのまま残して、キツイもしくは入らないようなら除去してしまう。ブランクを傷めないことを考えたら古い接着剤は基本的に除去しない方がいい場合が多い。耐水ペーパーで慎重にね。




IMガイドのパイプサイズ選びは基本的に穂先ガイドをセットした状態で5mm程度上をノギスの外側測定面の先端より腹の部分で測り、小数点第2位が5の場合は ワンサイズの小さい物を選択する。1.65φなら1.6φを選択。穂先側の注意点としてワンサイズぐらいは小さいパイプサイズを選択した方が失敗が少ない。どのガイドにも言えるが穂先側のIMガイドは千枚通しで簡単にサイズを広げて調整できるので パイプサイズMax3.5〜3.9ぐらいまではそんなにシビアに考えなくていい。大きいサイズを選んでしまうと後で小さくできないので注意が必要だ。広げすぎた穴はお湯で湯がいて多少は戻るが...それからガイドを測る姿勢も正面の机に竿を置いて手前で測るようにしよう。穂先側は0.1ミリの差で大きく変わってしまうので注意が必要だ。特殊な穂先はカーボンシートで巻き巻きしてパイプサイズを上げている竿はキッチリフィッテングしないと危ない。

シエラ参考





余談だが固定用のガイドと誘導式のガイドは昔からのLM・LAガイド=TM・TAガイドが同じ派生、上位機種のIMガイド=LMガイドが同じ派生である。派生が違うもの同士を交換するので大きいサイズがない。上位と下位の以外の中間機種でもIMガイドを穂先のみにしてある竿は元竿や元上の♯4♯5に合うガイド展開が無いためである。

f:id:k-pac:20160520121955j:image

穂先ガイドの 1.5φにはリブが入っていないが1.6φからはリブがある。リブがあれば千枚通しで微調整しやすい。







そんなこんなで完成。IMガイドはIM-Hを選択しない限りトップカバーのSTC-Bはそのまま使える。

f:id:k-pac:20160520124924j:image

Hはラインがブランクから離れラインが垂れて風の影響を受けやすいのでヤエンには不向きって、まー体感はできんけどね。1本9050円の自己満足なり(`・ω・´)シャキーン





振り出しガイド交換その2に続く。







うらやましずぎる...

全国のヤエン釣果情報→こちら

二ホンブログ村






にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

二ホンブログ村

2013-01-08 ロッドクラフトのコツ

ロッドクラフトのコツ

| ロッドクラフトのコツ - はっしのオレ物語 を含むブックマーク ロッドクラフトのコツ - はっしのオレ物語 のブックマークコメント

初めてロッドビルドに挑戦する人には

参考になりませんが・・・




ロッドクラフトの方法は

FUJIのカタログや、マタギ、ジャストエースのHPに載ってますので、

その辺を参考にしてください。

頭で理解するより、実際何度もトライした方が良い竿に仕上がります。

ココでは、何度か挑戦したことがある方の為に

カタログには記載のないちょっとしたコツを紹介したいと思います。





手順はFUJIカタログの方法で良いと思います。

FUJI クラフトガイドブック.pdf 直

P17コーティングは非常によく解説されています。

エライです(^o^)



準備するものは、

アルコール

アルコールランプ

カップ

カッターナイフ

ドライバー

ロッドフィニッシャー

筆(使い捨て)

綿棒

エポキシ主剤・硬化剤

新聞紙

幅150〜200・長さ180cm程度の杉板

f:id:k-pac:20130108205936j:image

写真にある杉板は非常に便利です。

机や椅子にクランプで固定しておくとフィニッシャーやスタンドの台になりますし

垂れたエポキシは真下に落ちるので養生も兼ねています。

マスカーテープを貼ってガイドスペックを転写しておけば

簡単にガイドチェックできます。





24時間以上回し続けるので

ロッドフィニッシャーやスタンドはテープで固定しておきましょう。

そうしないと朝起きたら振動で 倒れていたなんてことになりかねません。

竿尻とチャックも挟んだらテープで固定しておきましょう。

あまりガチガチに固定する必要はありません。






コーティングのポイントですが1ピースロッドの場合は

6ftなら5センチ〜4センチ、グリップを上げ竿先が下がる様に

勾配を付けた方が良いです。

穂先を下げることによってコーティング剤が窓を通じて

フレーム前方までいきわたりやすくなります。

仕上がりも若干逆三角形になりますので見た目も良いと思います。

(Wフッドのガイドならその半分で良いと思います)

竿尻:モーターチャック:高さ5cm

中央:スタンド    :高さ2.5cm

穂先:スタンド    :高さ0cm

な感じでセットすると良いでしょう。

回転中のブランクはキッチリ芯が出るように調整してみてください。

少しの勾配で格段に塗りやすくなります。




それから、コーティング材はカップの大き目な物を使用します。

混ぜる量も少量では 非常にシビアな分量調整を行わないと

硬化不良を起こすので、少量の使用でも一度にカップ半分以上の量を

使います。(この辺は書いてありますね)




粘度はサラサラの方が塗りやすく、コーティングが細部まで行き渡り

ムラの無い綺麗な仕上がりになります。

が、かといってカタログにあるように主剤や硬化剤を

お湯で瓶ごと温めたり、カップをアルコールランプ

で温めたり、ドライヤーを使って温めてしまうと問題があります。

一度熱を加えると撹拌中に硬化が促進され、最初は良くてもある時間から

一気に硬化が始まります。結果ガイド全て塗ることが困難になります。

特にWフッドのガイドは塗る場所も多く注意が必要です。

この場合はアルコールを垂らして 希釈した方が賢明です。

私はいつも、主剤6:硬化剤4の配合としていて

アルコールは一割か1目盛り程度添加して撹拌します。

熱しなくてもコーティング材がサラサラになり塗りやすくなります。

そのまま、1分ぐらいそのまま放置して気泡を飛ばすか、

カップをコンコンと机に叩き気泡を散らします。

細かい気泡が残りますが、そのまま使用します。




ここからがポイントですが、

元ガイドの方(一番大きなガイド)からコーティングしていきます。

全体にコーティングを済ましたら、アルコールランプで

サッサッとブランクを潜るように エポキシをあぶり

細かな気泡を飛ばします。

f:id:k-pac:20130108174053j:image

(アルコールを多めに希釈してしまうと引火しやすくなるので撹拌後の放置時間で調整しましょう)

炙ったコーティング材が垂れてきますので

垂れたコーティングがガイドの足に垂れないように

筆ですくいそのまま次のガイドのコーティングに使用しましょう。

一度火であぶったコーティング材はカップに直に戻さず、

次のガイドのコートに使用するか筆に付いたコーティング材をカップの縁で切り

熱した材料とカップのコーティング材がなるべく混ざらない様に

するのがポイントです。

(熱を加えると硬化スピードが促進されるので決して戻さない様に!!)

筆はそのまま使用しますが

後は、これを繰り返し先端部分まで仕上げていきます。

大型ガイドは特にガイド足とスレッドの三角スポット(黄色い丸の部分)

f:id:k-pac:20130108165725j:image

にコーティング材が行き渡りにくく、BSSもここに海水が入り錆が回ったのでした。

(市販の竿でもガイドを取るとここに空隙があるものがあります)

コーティングを炙って垂れない場合はココにエポキシがしっかり浸透したことが

確認できますが、すぐ垂れるようでしたら浸透していません。

f:id:k-pac:20130108211017j:image

また、スレッドをキツメに巻いてしまうとエポキシが浸透しない傾向にあります。

ドライヤーで熱してしまうと波紋が出来たり、部屋の埃が舞いその時は良くても

硬化中に埃が付いてしまうトラブルがありますので使用しない方が賢明です。

f:id:k-pac:20130108210449j:image

BSS無事巻き直しコーティングも完了です。(^O^)

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

2013-01-07 2ピースロッドが抜けない(対処方法)

2ピースロッドが抜けない(対処方法)

| 2ピースロッドが抜けない(対処方法) - はっしのオレ物語 を含むブックマーク 2ピースロッドが抜けない(対処方法) - はっしのオレ物語 のブックマークコメント





2ピースロッドの継ぎ部分は・・・





大きく分けて

印籠継ぎ・並継ぎとありますが、

つなぎ目が固着して抜けなくなる場合があります。

キャスティングロッドや船竿は継いだまま船のロッドホルダーに

セットして数時間の移動で、揺れや振動でドンドン入っていく為

よくなります。





f:id:k-pac:20130108184520j:image

写真は並継ぎですが印籠継ぎも同じ方法でいけます。

用意するもの

パイオランテープ

木の棒


温水で濡らしたタオルで継目部分の汚れを

拭き取ります。

水分を拭き取った後、

パイオランテープを刺さっている方のブランクに巻きつけます。

(なるべくジョイントに近い位置で)

この時、継ぎの部分にいちばん近いガイドのスレッドの厚みより

大きくなるようにしっかりテンションをつけて巻きつけます。


対処1

巻き付けたパイオランに木の棒を添えて一緒に2周程度巻きつけます。

この状態でジョイント付近を握って、右左5度〜10度くらい廻して

外します。

f:id:k-pac:20130108184847j:image

コツとしては一気にキュッキュってな感じです。

注意するポイントは、木の棒がガイドやスレッドにあたらないように注意しましょう。

大概はこれで外れます。



対処2

固定した木の棒がパイオランテープ(2巻)を切るようでしたら

それ以上力を加えるとブランクが破損してしまうので、バットガイド側にも

jointから10cm以上離して、同じようにパイオランと木片を取付け抜いてみましょう。




対処3

固着してから時間が経過しているものは温水に15分程度漬けるか濡れタオルと

ドライヤーを使用して、温めた後すぐに乾かし氷で冷やして対処1・2と

あわせてやってみましょう。

この方法なら絶対に抜くことができます。

二人で引き合うのは思ったより力が伝わりませんから

怪我をするか破損するかの何れで良いことはありません。



グリップジョイントは対処1で十分です。

バットジョイントは(真ん中にジョイントがある場合)対処1で

殆どの場合 抜けると思いますが対処2の方が無難かもしれません。

グリップを持ってジョイント付近でねじるとバットブランクに結構

負荷がかかるので注意してください。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

2013-01-03 ガイド交換

ガイド交換

| ガイド交換 - はっしのオレ物語 を含むブックマーク ガイド交換 - はっしのオレ物語 のブックマークコメント




バタバタした毎日です。






正月休みを利用して、長年使っているロッドのガイド交換・・・

今回は以前作ったジャストエースのMMW762Mの

ブランクのガイドを取っ払い。

パームスのベイサルバーBSS-632Tに移植します。

幸いにも同じガイドリング径です。

f:id:k-pac:20130108024849j:image

(写真のようにマスキングテープにガイド寸法を写しておけば無難)



2代目MMW762Mを作った当初はKガイドの走りで

元々持っていた1代目MMW762Mをコージに譲ったため

前回作った物は2本目でした。

参考ガイドスペックは

f:id:k-pac:20130108024248j:image

これはこれで良いロッドでしたが、

リーダーを3ヒロ取るのでキャスト時、ブランクに

打ちつけたラインが絶妙に飛距離を落とすので

1代目のようにローライダーの方が良かったか!?

なんて思ってたら、その翌年にはK・Rコンセプトなる

KL-HやKBガイドを使った新しいチョークシステムが

FUJIから発表されました。_| ̄|○

だったら最初から一緒に出せよ!!

とクレームを申しましたら丁重な回答をいただきました。



ちなみに遊動Kガイドシステム(いわゆるKM・KWMガイド)

も去年発売されましたがこれは完璧な物ではありません。

バッドガイド側のいわゆるWキャスピンに該当するHタイプの

Kガイドが存在しないので、振り出し竿専用と言っても

オールKガイド仕様に取り付けできる竿そのものが、

世の中に存在しません。

遠投振り出しコンセプトはKガイドのWキャスピンの

スペック(サイズ)をカバーできなければ、

ガイド交換してもKガイドのシステムが機能しないのは

一目瞭然で、いつか出るだろうとバットガイド以外を

KM・KWMガイドに交換しても、KタイプのWキャスピンが

発売された暁にはまた一から全てのガイドを取っ払い

やり直すと言う訳のわからんことになってしまいます。

振り出しの宿命というか本当に振り出しに戻ります。

FUJIの回答では、その辺のことは良く理解されて

いましたので数年のうちに発売されると思います。





篩を掛けたところで本題ですが

BSS-632Tは国産の竿だったハズですが、エポキシの黄ばみや劣化

ステンレスガイド特有のサビがスレッドに周り、釣り納めで使用した時

驚くほどサビがまわっていました。

テンヤメインでサブロッドとして毎回船に持ち込むと

メインの竿よりメンテがおざなりに・・・

結果、腐食も進むのかもしれません。

オフショアとして最も長く愛用してきた竿なのでその辺も

考えられますがこの際ガイドを交換するのは無難でしょう。

なんつったてBSSシリーズは 希少なスピニングモデル!!

ガイドスペックもサイズも全て元のガイドに合わせます。

この時、ガイドの位置はリングのセンターでそろえるのが無難です。

最終的には見た目のバランスで仕上げると良いと思います。

f:id:k-pac:20130108025142j:image






MMW762MはK・Rコンセプトで仕上げるのでトップガイド

以外は全て取っ払います。

f:id:k-pac:20130108025421j:image




余ったガイドも利用して更にベイサルバーBSC-592Tに

移植し残りのWフットも全てKガイドにします。

f:id:k-pac:20130108025414j:image




つうことで3本まとめてガイド交換となりまして昨年中にスレッドまで

巻きたかったのですが、結局年を越してしまいました(*^.^*)




そして、6日急に初釣りとなりまして、慌ててコーティングすると

f:id:k-pac:20130108025733j:image

燃えてしまいました_| ̄|○

スレッドまで切れてないのでこのまま持っていきます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ

後日…