k-takahashi’s 雑記

2018-02-03

[][]ゲームジャーナル 65号

付録ゲームは、『幕末維新始末』と『薔薇戦争』の2本立て。

日本での知名度が低い上に話のややこしい薔薇戦争の方は、10ページのヒストリカル解説が付いている。(リプレイ漫画の方も、そちらを意識したもの)

幕末維新始末』の方は、最近主流の「佐幕派の方が優勢だった」という視点をベースに、戊辰戦争前年の1867年開始となっている。カードを使うけれど、それを公開状態にすることで「イベントについてはお互い大体先が見えている」というのを表している。


あとは、『Red Sun Black Cross 2』の制作開始がアナウンスされている。デザインは高梨俊一先生。大サトー逝去で検討が始まったのだろうが、さすがに単なる再版というわけにはいかない。プレイアブルなところにもってくるということで、それなりに手を入れる必要があり、周囲が納得できる人選となると高梨先生ということになるのだろう。

出版時期は、2,3年以内ということで、実質これから検討かな。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-takahashi/20180203/1517670176